前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

ノーラコミックス『劇場版Wake Up, Girls! 七人のアイドル』を買ってきた

学研から発売中のノーラコミックス『劇場版Wake Up, Girls! 七人のアイドル』を買ってきました。

ノーラコミックス『劇場版Wake Up, Girls! 七人のアイドル』


ノーラコミックス『劇場版Wake Up, Girls! 七人のアイドル』

ノーラコミックス『劇場版Wake Up, Girls! 七人のアイドル』 ノーラコミックス『劇場版Wake Up, Girls! 七人のアイドル』 ノーラコミックス『劇場版Wake Up, Girls! 七人のアイドル』
カバー(表・帯なし) カバー(裏・帯なし) 総扉ページ
超話題のアイドルアニメ コミック化 第1弾!!
7人のアイドルたちは、こうしてアイドルになった。
(帯から引用)

この単行本は、アニメ『劇場版Wake Up, Girls! 七人のアイドル』のコミカライズ作品です。奥付や目次のページに初出情報(連載情報)が無いので、最初から単行本の形で出版されたものと思われます(違ってたらごめんなさい)。ノーラコミックスという名称は初めて聞くレーベルなので、ちょっと調べてみたところ、かつて学研が刊行していた漫画雑誌『月刊コミックNORA』の単行本レーベルだとか。同誌休刊後も名称だけは生き残り、現在も使われているそうです。一つ勉強になりました。

漫画の著者は緋呂河とも先生。繊細で柔らかい感じの絵ですが、キャラの肉感もちゃんと描かれていて実にすばらっ! ブラウスの下の胸のふくらみ作画とか最高! 個人的には大好きな絵柄です。コミカライズというと当たり外れが激しく、読んでがっかりすることも多いのですが、本作にはそんな心配はご無用。間違いなく当たり作で、アニメを補完してあまりある高クオリティな内容ですよ。


ノーラコミックス『劇場版Wake Up, Girls! 七人のアイドル』 ノーラコミックス『劇場版Wake Up, Girls! 七人のアイドル』 ノーラコミックス『劇場版Wake Up, Girls! 七人のアイドル』
【第一話】サブタイトル・ページ 【第二話】オーディション 【第三話】真夢の過去
ノーラコミックス『劇場版Wake Up, Girls! 七人のアイドル』 ノーラコミックス『劇場版Wake Up, Girls! 七人のアイドル』 ノーラコミックス『劇場版Wake Up, Girls! 七人のアイドル』
【第五話】デビューイベントが決定 【第五話】予期せぬ事態が発生 【第五話】藍里の熱い思い

STORY

2013年7月。仙台の弱小芸能事務所「グリーンリーヴズ・エンタテインメント」は、最後の所属タレントに逃げられ、廃業の危機に瀕していた。この危機を打開すべく結成されたのが、7人組のアイドルユニット「Wake Up, Girls!」。これは彼女達がデビューするまでの、汗と涙と友情の物語である。
(カバー裏側の「STORY」から引用)

単行本の収録内容は次のとおり。漫画本編が全6話、おまけが二つです。

  • 物語&登場人物(紹介)
  • 第一話『アイドル、やってみない!?』
  • 第二話『オーディション』
  • 第三話『合格!』
  • 第四話『Wake Up, Girls!』
  • 第五話『アイドル、やらせてください!』
  • 第六話『タチアガレ!』
  • 三位一体ワールド!! Wake Up, Girls!
  • Wake Up, Girls! メンバーからの直筆感想文大公開!

ストーリーはアニメ準拠ですが、アニメで省略されていた部分がいくつか補完されています。自分の意思でオーディションに臨んだ三人(藍里、菜々美、夏夜)に関しては、志望するに至った経緯がきちんと描かれていて、物語に深みが増しています。社長や松田のスカウトでオーディションを受けた三人(佳乃、実波、未夕)は、ほぼアニメどおりです。

また、コミック版では藍里の心の動きを追う場面が多くなっています。「ひたむきな努力家」で「アイドルへの思いを一途に持っている」という設定をアニメ以上に上手く表現していますね。第一話のサブタイトル・ページ(P.17)が藍里のぶち抜き描写で始まり、最終話(第六話)のラストは藍里の「願い」で幕を閉じているので、もう彼女が主人公といってもいいぐらいです。

コミカライズとしての完成度は非常に高い作品で、これを読んだだけでも劇場版の世界観はよく分かるようになっています。「読んでから見るか、見てから読むか」。往年の角川映画のキャッチコピーではありませんが、コミック版を先に読むべきか、それともアニメを先に見るべきか、非常に悩ましい問題です。人によりけりだとは思いますが、アニメを先に見た方がいいのかなぁ? だって劇場版の頃の初々しいキャラの声を脳内補完できるし(←そこかよ!)。まあそれはさておき、劇場版アニメを鑑賞済みだけどコミック版は未読という方には強くプッシュしておきます。

単行本情報
漫画  緋呂河とも
原案  山本寛
脚本  待田堂子
出版社  学研パブリッシング
発売日  2014年03月28日
総ページ数  180頁
判サイズ  B6
ISBN  978-4-05-607117-7
定価
 本体667円(別途消費税がかかります)
初出  
関連記事
■ カドカワコミックス・エース『Wake Up, Girls!』第1巻を買ってきた
■ 『Wake Up, Girls! ステージの天使 The Illustrations』を買ってきた
■ ノーラコミックス『リトル・チャレンジャー Wake Up, Girls!-side I-1club-』第1巻を買ってきた
■ 【Wake Up, Girls!】OFFICIAL GUIDE BOOKとCOMPLETE BOOK WUGpediaを買ってきた
■ 『小説版 Wake Up, Girls! それぞれの姿』を買ってきた
■ Wake Up, Girls! 自作壁紙
■ 『Wake Up, Girls!』のタイトルロゴ書体を調べてみた
■ 【アニメ舞台訪問】 高層ビル建設で『さいたまスーパーアリーナ』の撮影スポット消滅へ…
関連サイト
■ WUG!ポータル Wake Up, Girls! Official website
■ Wake Up Girls! TVアニメ公式サイト
■ テレビ東京・あにてれ Wake Up, Girls!
■ Wake Up, Girls!続・劇場版公式サイト
■ Wake Up, Girls!オフィシャルブログ
■ I-1club Official Site
■ うぇいくあっぷがーるZOO!公式サイト
■ 「Wake Up Girls!」第1話無料 (バンダイチャンネル)
■ Wake Up, Girls! (Wikipedia)
■ Wake Up, Girls!とは (ニコニコ大百科)
[PR]
4056071179劇場版「Wake Up,Girls! 七人のアイドル」 (ノーラコミックス)
緋呂河とも
学研マーケティング

B00GZFTLS6劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」 初回限定版[Blu-ray+CD]
エイベックス・ピクチャーズ
スポンサーサイト

| Wake Up, Girls! | この記事のURL | comments:0 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/993-37d416e9

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事