前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

[レビュー] 小説版 ガールズ&パンツァー (MF文庫J)

11月22日にメディアファクトリーから発売された小説版『ガールズ&パンツァー』(MF文庫J)のレビューです。


ガールズ&パンツァー (MF文庫J)



小説版 ガールズ&パンツァー (MF文庫J)

概要

ガールズ&パンツァー (MF文庫J) ガールズ&パンツァー (MF文庫J) ガールズ&パンツァー (MF文庫J)
カバー(表・帯なし) カバー(裏・帯なし) 口絵イラスト(P.4~5)
※初版本は印刷ミスで左右反転
目指せモテモテ
「戦車道」!! 武部沙織の視点で描く、もう一つのガールズ&パンツァー!
(帯・表側から引用)

『戦車道! それは伝統的な文化であり、古来より世界中で、女子の嗜みとして受け継がれてきました!』――。私、武部沙織16才、大洗学園の2年生! オリエンテーションで「戦車道」の説明を聞いて、私決めたの。もっとモテモテ女子になるために選択科目は「戦車道」を選ぶんだって! 早速、友達の華、転校生の西住みほ・みぽりんと一緒に「戦車道」の授業に向かったんだけど、みぽりんには何か悩みがあるみたいで・・・・・・!? そう、ここから幼馴染の冷泉麻子、戦車マニアの秋山優花里の2人を加えた私たち5人の「戦車道」ライフが始まるんだよ! 人気アニメ待望の小説版!!
(カバー・裏側から引用)
  • 本書はTVアニメ「ガールズ&パンツァー」のノベライズ版であります。著者はひびき遊さん、原作はガールズ&パンツァー製作委員会。イラスト担当は お二人いて、カバーイラストが島田フミカネさん、本文イラストが京極しんさんという布陣。判サイズは文庫判(148×105ミリ)で、価格は税込609円(税別590円)。総ページ数は264あり、表紙カバー、総扉(P.1)、口絵(P.2~5)、キャラ紹介(P.6~7)、目次(P.8)はフルカラー印刷です。
  • 既に各所で指摘されているとおり、口絵のカラーイラスト(2枚)が なぜか左右反転してますね。色校の時に気付かなかったのか、校了後の印刷工程でミスをしたのか、原因は不明だけど、増刷分からは修正されるもよう。初版本を買った場合も交換に応じてくれるとのこと。でも小生は交換依頼しないじぇ。何しろ初版本は貴重だし、印刷ミスというプレミア要素まで付いてるし。

内容と感想

ガールズ&パンツァー (MF文庫J) ガールズ&パンツァー (MF文庫J) ガールズ&パンツァー (MF文庫J)
本文挿絵(P.43)
初めての訓練で戦車に乗り込んだ4人
本文挿絵(P.125)
朝6時集合と聞き、愕然となる麻子
本文挿絵(P.189)
練習試合に負けて、あんこう踊り
  • 本書のストーリーは、基本的にアニメ第1話「戦車道、始めます!」~第6話「1回戦、白熱してます!」を踏襲しています。「基本的に」と書いたのは、アニメを補完する内容や、アニメとは微妙に違う部分が盛りだくさんだからであります。
  • また、アニメは第三者(視聴者)の視点で描かれていますが、本書は武部沙織殿の一人称視点で書かれてます。著者の「あとがき」によると、読みやすさを考慮して『戦車を知らない』キャラである沙織を主人公したとのこと。確かに読みやすいのですが、独特の一人称口語文体なので、最初は面を食らいました。それでも、リズム感がある文章なので、読み進めていくうちに全く気にならなくなりました。これはこれで、ありですね!
  • アニメとの違いはかなりあります。ネタバレになるので詳細は記しませんが、主なものを挙げておきましょう。
    • 西住殿と五十鈴殿・武部殿が友達になるくだり、西住殿が戦車道を履修するに至るくだりが省略。武部殿の回想でさらりと説明されているだけです。
    • 武部殿が生徒会副会長・小山柚子先輩の巨乳に妙なコダワリを持っている。武部殿の乳もそれなりの大きさですが、副会長の巨乳が気になって仕方ないようす。どうやら著者はオッパイ星人らしく、武部殿を使って巨乳の素晴らしさを喧伝しているもよう。(・∀・)ィィョィィョー
    • 戦闘中、西住殿はキューポラから身を乗り出さず、車内に入って指示を出してます。実弾が飛び交う中、「滅多に当たらないから」と言ってたアニメとは大違いですね。
    • 聖グロリアーナ女学院との練習試合関連の描写が微妙に違います。冷泉殿が朝6時集合に愕然となった後の振る舞いとか、試合で生き残った聖グロ側の両数、ダージリンが試合後にプレゼントを贈るくだり等、意識的に改変している感じ。
    • サンダース大学付属高校との公式戦も、細部の描写が異なってます。というか試合の描写自体が少なく、これをそのまま映像化した場合、Aパートだけで終了しそう。小説版ではサンダースの1両が撃破された後も、車両数は5対9のまま進行してます。
    • そしてこれが一番の驚きなのですが、何と!あの蝶野亜美1尉がちゃんと教官している!!アニメでは大洗女子に1回だけしか来てませんが、小説版では何度もやって来て、熱血指導してるじゃありませんか!武部殿の質問メールにも即座に回答していて、教官の鑑みたいなキャラになってる!また、蝶野1尉には意外と お茶目な部分もあり、「逃げる戦車は敵よ!逃げない戦車はよく訓練された敵よ!」というネタには吹いたじょ(笑)。
  • アニメの補完要素も多々あり、中には意外な設定も。
    • 大洗女子には中等部がある。五十鈴殿・武部殿は中等部からのエスカレーター進学組、いわゆる内部生だった。また、同校には普通科の他に、商業科と被服科があるもよう。パンツァージャケットを作ったのは被服科の生徒と書かれています。
    • 戦車道による物損に関しては、公式戦以外でも全て補償される。蝶野1尉が壊した大洗女子学園理事長の高級車も補償の対象。だから、大騒ぎにならなかったのか~。
    • 大洗女子のチーム名(あんこうチーム、カメさんチーム、他)は、武部殿が購入した とあるステーショナリーグッズの形に由来。あんこう型のそれに関しては、ちょっと苦しい言い訳を書いてるけど(苦笑)。
    • 聖グロとの練習試合、サンダースとの公式戦で、西住殿が細かい指示を出している。え!あれもそうだったのか~!という設定が多々あります。
    • 第63回・戦車道全国高校生大会の組み合わせ抽選会場は「さいたまスーパーアリーナ」で確定。固有名詞がちゃんと明記されています。西住殿たちが抽選会場へ向かう際、自衛隊の大型ヘリを使用(機種は書かれてないけどCH-47か?)。他の高校もヘリで来訪しているらしく、アリーナ前の広場は駐機場の如し。この広場というのは、さいたまタワー計画跡地と思われます。ヘリが着陸できる広大な土地は、そこしかありません。
    • 秋山殿がサンダース偵察に赴いた際、コンビニ(サンクス)の制服を着ていたが、実は本物ではなかった!秋山殿は、けっこう手先が器用なんですね。なお、偵察で捕まった場合は捕虜となり、試合が終わるまで解放されないらしいッス。
    • 冷泉殿はネコ好きらしい。アニメのOPでネコを抱いてるのは、ネコ好き設定から来ているのか?それとも、アニメのOPを見た著者がネコ好き設定を考えたのか?まあどちらにせよ、彼女の性格とか普段の行動はネコっぽいから、さもありなんな設定ですね。そして冷泉殿といえば、二つ名があることも判明。中二病っぽい呼称ではなく、紅茶の商品名みたいな名前だけど。

おわりに

  • 先述したとおり、アニメを補完する要素が多々あるので、ガールズ&パンツァーの世界を深く知りたい人には超オススメ。アニメとの違いを見つけ出し、ニヤニヤするのもいいでしょう。逆に アニメを見ていない人が、いきなり読むのは止めておいた方が吉です。まず始めにアニメの第6話までを視聴しましょう!
  • アニメも人気があるし、小説版も続刊が出ると思います。ただ、アニメの制作が大幅に遅れているため、小説版の刊行スケジュールにも影響がありそうで。本作がアニメのノベライズ版であることを考慮すると、第2巻の発売はアニメの最終回がオンエアされた後でしょうね・・・(涙)。
【関連記事】
■ [レビュー] ガールズ&パンツァー リトルアーミー 第1巻 (アライブコミックス)
■ [レビュー] モデルグラフィックス2013年1月号 (ガールズ&パンツァー特集)
■ [舞台訪問] ガールズ&パンツァー (第4話) さいたま新都心

【関連サイト】
■ ガールズ&パンツァー MF文庫J (メディアファクトリー)
■ ガールズ&パンツァー(GIRLS und PANZER) (アニメ公式)
■ 月刊モデルグラフィックス2013年1月号 (アートボックス)
■ ガールズ&パンツァー 1 (MEDIA FACTORY / コミックフラッパー)
■ ガールズ&パンツァー リトルアーミー 1 (MEDIA FACTORY / コミックアライブ )
■ ガールズ&パンツァー (Wikipedia)



ガールズ&パンツァー (MF文庫J)
ガールズ&パンツァー (MF文庫J)
  ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です! [Blu-ray]
ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です! [Blu-ray]
  ガールズ&パンツァー IV号戦車D型 エンディングver. (塗装済完成品)
ガールズ&パンツァー IV号戦車D型 エンディングver. (塗装済完成品)
  ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます! ライバルは宝物BOX
ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます! ライバルは宝物BOX
スポンサーサイト

| ガールズ&パンツァー | この記事のURL | comments:4 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT

僕もガルパン観てます。

しかし、ミリタリーに全くの無知なので突っ込みを入れられませんでした…

小説版も面白そうですね。

| tyrant | 2012/12/20 | URL

◆tyrantさんへ

> 僕もガルパン観てます。

ガルパンは大人気ですね。
でも、次回は総集編PART2、最終回は来年の3月・・・・(涙)


> しかし、ミリタリーに全くの無知なので突っ込みを入れられませんでした…

CG映像のクオリティが高く、ストーリーもスポ根の王道なので、どんなにぶっとんだ設定でも、思わず「なるほど」と納得してしまいますね。(^_^;)


> 小説版も面白そうですね。

意外な設定が分かり、買って良かったです。

| 三四郎. | 2012/12/20 | URL

時間無くて、やっと読了しました。
華さんと沙織の過去とか、ちゃんと教官してる蝶野一尉とか補完されてましたが、一番期待していた要素は補完されていませんでした。
それは、聖グロリアーナ戦の最後のチャーチルとの決戦で
みほ「弾種、Gr38!」
優花里「頭の白いやつですね」
という会話が当初あったんですが、マニアックすぎるという理由でカットされたそうです。
いや、なぜカットしたし!?と全国の戦車オタがorzになったという…w
決着ついたあと、破片のようなものが周囲に散らばって燃えてましたが、アレはHEAT弾の燃えカスだったんですよ。
Gr.38 HI/Cを使用で貫徹力は100ミリなので、チャーチルの砲塔側面94ミリを何とか抜けたんですよね。
みほの作戦で右側部に回り込みましたが、ダージリンさんに察知されて、砲塔正面152ミリを向けられてしまいましたが。
熱かったですよね、この回、手に汗握りましたw

こういう所を補完期待してたのですが、う~ん、続巻はどうしようかなwというところです。

| 長男 | 2013/01/03 | URL

◆長男さんへ

> 時間無くて、やっと読了しました。
> 華さんと沙織の過去とか、ちゃんと教官してる蝶野一尉とか補完されてましたが、一番期待していた要素は補完されていませんでした。
> それは、聖グロリアーナ戦の最後のチャーチルとの決戦で
> みほ「弾種、Gr38!」
> 優花里「頭の白いやつですね」
> という会話が当初あったんですが、マニアックすぎるという理由でカットされたそうです。
> いや、なぜカットしたし!?と全国の戦車オタがorzになったという…w

( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェーヘェーヘェー。その情報は初めて知りました。
BD第2巻(第4話)のオーディオコメンタリー(スタッフ版)でネタにされそうな予感!


> 決着ついたあと、破片のようなものが周囲に散らばって燃えてましたが、アレはHEAT弾の燃えカスだったんですよ。
> Gr.38 HI/Cを使用で貫徹力は100ミリなので、チャーチルの砲塔側面94ミリを何とか抜けたんですよね。
> みほの作戦で右側部に回り込みましたが、ダージリンさんに察知されて、砲塔正面152ミリを向けられてしまいましたが。

重装甲のチャーチルに対し、IV号の75ミリ短砲身じゃ非力だから、すごい的確な選択ですよね。
歴史的にも、IV号の短砲身で戦い抜くため、HEAT弾が投入されたそうですし。


> 熱かったですよね、この回、手に汗握りましたw

他の試合もなかなかですが、聖グロ戦は抜きんでてますね。
市街地戦での西住殿の戦術は、細かいところが理にかなっていてスゴイと思いました。


> こういう所を補完期待してたのですが、う~ん、続巻はどうしようかなwというところです。

小生の場合、ミリタリー方面の補完は全く期待してませんでしたw
とりあえず2/23に発売される第2巻は買う予定でおります。
特にアンツィオ戦の扱いがどうなるのか、わたし気になります!

| 三四郎. | 2013/01/03 | URL













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/872-809f437b

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事