前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

[マンガ感想] 女子高生Girls-Live 17時限目 『Girls-Meeting』 (コミックハイ! 2012年12月号)

コミックハイ! 2012年12月号(VOL.92)に掲載されている「女子高生Girls-Live」17時限目『Girls-Meeting』の感想です。

コミックハイ! 2012年12月号(VOL.92) 女子高生Girls-Live 17時限目 『Girls-Meeting』 (コミックハイ! 2012年12月号)

以下、マンガの内容に触れていますので、未読の方はご注意ください。



コミックス第3巻の情報

女子高生Girls-Live コミックス第3巻の発売日

早くも単行本・第3巻の刊行が決定!ご覧のとおり、年明けの2013年1月12日(土)発売であります。 第3巻の収録範囲は12時限目 『Girls-LUNCH BATTLE』以降で、漫画アクション2011年No.21に掲載された「女子高生Girls-High」スペシャル読み切りも入る筈。とりあえず、現時点での単行本化ストックを一覧表にまとめておいたよ。

時限目
(話数)
サブタイトル 掲載誌 頁数 累積
※1
12 Girls-LUNCH BATTLE コミックハイ! 2012年06月号(VOL.86) 16 16
13 Girls-Co Buy Boo コミックハイ! 2012年07月号(VOL.87) 24 40
14 Girls-Lesson コミックハイ! 2012年08月号(VOL.88) 24 64
15 Girls-Marriage コミックハイ! 2012年10月号(VOL.90) 24 88
16 (コミックハイ!掲載時にサブタイ無し) コミックハイ! 2012年11月号(VOL.91) 28 116
17 Girls-Meeting コミックハイ! 2012年12月号(VOL.92) 14 130
番外編 (漫画アクション掲載時にサブタイ無し) ※2 漫画アクション 2011年No.21 16 146
※1 「累積」はマンガ本編の合計で、単行本の総頁数ではありません。
※2 「女子高生Girls-High」のSP読み切り第1弾。SP読み切り第2弾は「女子高生Girls-Live」7時限目とリンクしているため、単行本・第2巻に先行収録されている。

女子高生Girls-Live 17時限目 『Girls-Meeting』

  • 先出の一覧表に記したとおり、今月の「女子高生Girls-Live」は全14ページ。通常は24ページなので、10ページ少なくなっている。単行本・第3巻のお仕事(表紙カバーイラストなど)が入った影響かな? あと、単行本化を見越したページ数調整の側面もありそう。
  • 扉絵はキマシ全開!花子の膝枕で寝ているカナカナであります。マンガ本編のページ数は少なくなってるけど、ハイテンションなノリは健在!物語の主軸は、花子・桜・紗里奈・カナという珍しい組み合わせで展開してるじょ。

ストーリー&感想

遅寝遅起♥ お泊まり女子会
(扉ページ[P.311]のアオリ文)
▊ 兄貴のお宝ゲットだぜ!
女子高生Girls-Live 17時限目 『Girls-Meeting』 (コミックハイ! 2012年12月号)
  • 物語冒頭の舞台は、花子の自宅。「忍法!兄貴の部屋 家捜しの術!!」などと言いつつ、妙な決めポーズで花子が登場する(右図参照)。兄の部屋に忍び込んで何をするのかと思ったら、エロ本探しだった。エアコンの上、辞書の外箱の中、ベッドの下など、お約束の場所をチェックし始める花子さん。家捜しの結果、エロ本より大物の(裏)無修正DVDを発見しちゃいます。
  • 花子の兄は3人いるが(10時限目 『Girls-Memory』参照)、忍び込んだ部屋は1時限目『Girls-Love』に出て来た兄の部屋と思われ。1時限目に登場している兄貴は茶髪なので、10時限目で虫網を持ってる三男っぽい兄貴でしょうね。一番エロ本とか持ってそうな感じだし。
  • しっかし花子の兄貴よ、ケースに堂々とDVDの中身を書いちゃマズイっしょ!・・・いやまてよ。花子の兄なら、妹がやりそうなことを事前に察知してる可能性が高い。実は、このDVDは兄貴が仕込んだトラップで、中身は可愛い子猫とか子犬の無修正動画だったりして。
  • そんなことがあった翌日。舞台は咲女・高一蘭の教室に移る。昨日ゲットしたお宝DVDを持ち込み、真理子と亜季子に見せびらかす花子。しかも、エロDVD鑑賞会を兼ねたお泊まり会を提案しやがります。サブタイの『Girls-Meeting』とは、お泊まり会のことだったわけッスね。
  • そんな中、花子たちトンチキ軍団の会話が耳に入ったらしく、カナが登場。花子はネトゲの話だと言って誤魔化し、なんとか事なきを得る。もしカナに知られていたら、エロDVDは没収間違いなしだよね。そしてDVDは担任の小田桐に届けられ、小田桐は扱いに苦慮するわけだ(笑)。カナカナが去った後、お泊まり会の名称はオール女子会に決定!前作「女子高生Girls-High」の絵里子・由真・香田・姫路・小川ちゃんがイメージショット的に描かれているじょ。・・・あれ?綾乃は?

▊ お泊まり会のルール
女子高生Girls-Live 17時限目 『Girls-Meeting』 (コミックハイ! 2012年12月号)
  • オール女子会でテンションの上がったトンチキ軍団。だがしかし、真理子と亜季子は急用等で参加できなくなってしまった・・・。それでも花子はDVD鑑賞会を開催したいらしく、今度は佐倉桜に話を持ちかける。桜というのは、6時限目 『Girls-Re Debut』から登場している化け物特殊メイクのキャラね。咲女の入試に首席合格し、素顔は素朴系の美少女なのに、なぜかケバイメークをしている、あの娘であります。
  • 花子のお誘いに対し、桜は二つ返事で参加することに。ただ問題は、鑑賞会を開く場所だ。桜はマンションで一人暮らししているが、諸般の事情(いかにも彼女らしい理由)でNG。花子の自宅も選択肢には含まれていないもよう。兄貴に気付かれたら、元も子もないしね。
  • オール女子会開催の土曜日。花子と桜が訪れたのは、隣のクラス(高一萩)の西園寺紗里奈の自宅マンションだった。花子は14時限目 『Girls-Lesson』 で一度遊びに来たことがあり、その快適性が気に入ったらしい。一方、予期せぬ客の来訪に呆れ果てる紗里奈さん。それでも花子と桜を家に上げ、お茶を出したり、リクエストに応えたり、なかなかいい娘じゃないか。もっとも、花子と桜のくつろぎっぷりを見てカチンと来たようす。お泊まり会のルールとやらを真剣に語り始める。14時限目でも様々なウンチクを語っていたけど、紗里奈は前作でいうところの桃香的なポジションなんだろうね。
  • 紗里奈の演説を軽く聞き流した花子。担いできたリュックの中から無修正DVDを取り出しやがります。それを見た紗里奈は興味津々で大興奮しちゃいます(右図参照)。この反応を見るに、無修正DVDは未体験の世界なのだろう。ていうか、紗里奈は耳年増の処女のような気がしてきた。
  • この直後、いきなり紗里奈の部屋のドアが開き、カナカナが現れる。予期せぬ展開に、驚きを隠せない花子たち。理由を尋ねたところ、西園寺母に呼ばれてやって来たという(細かい経緯はコミックハイ!で確認してね)。真面目人間のカナカナがやって来たことで、エロDVD鑑賞会に暗雲が立ち込める!どうする花子!?そして扉絵みたいなキマシ描写はあるのか!? 《次号へ続く》

次号発売日

次号、コミックハイ!2013年1月号(VOL.93)の発売日は12月22日(土)です。

【関連記事】
■ [マンガ感想] 女子高生Girls-Live 16時限目 (コミックハイ! 2012年11月号)
■ [マンガ感想] 女子高生Girls-Live 18時限目 『Girls-Night』 (コミックハイ! 2013年1月号)
■ [マンガ感想] 女子高生Girls-High スペシャル読み切り (漫画アクション2011年No.21)
■ [マンガ感想] 女子高生Girls-High スペシャル読み切り (コミックハイ!2011年11月号)
■ [レビュー] 女子高生Girls-High&Live 11th Anniversary (連載11周年記念本)
■ [レビュー] 女子高生 バカ軍団波乱の修学旅行 準備編・上陸編
■ [レビュー] 「コミックハイ!2007年7月号」ほか
■ [レビュー] コミックハイ!2007年9月号
■ [レビュー] バステティシャン (マンサンコミックス)
■ [壁紙制作] 女子高生GIRL'S-HIGH (自作壁紙1枚目~9枚目)
■ 女子高生GIRL'S-HIGH 自作壁紙 10枚目
■ 女子高生Girls-High 鈴木由真の一人称に関する考察
■ 女子高生GIRL'S-HIGH(アニメ版) 鈴木由真の一人称に関する考察

【関連サイト】
■ TOWA OSHIMA official website TOWA OSHIMA official website (大島永遠先生 公式サイト)
■ TVアニメ「女子高生 GIRL’S-HIGH」 TVアニメ「女子高生 GIRL’S-HIGH」 (アニメ公式サイト)
■ WEBコミックハイ! (双葉社)
■ 女子高生 (Wikipedia)



コミックハイ! Vol.92 2012年 12/22号 [雑誌]
コミックハイ! Vol.92 2012年 12/22号 [雑誌]
  女子高生girl's-high&live連載11周年記念本
女子高生girl's-high&live連載11周年記念本
  女子高生Girls-Live(2) (アクションコミックス(コミックハイ! ))
女子高生Girls-Live(2) (アクションコミックス(コミックハイ! ))
  女子高生Girls-Live(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))
女子高生Girls-Live(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))
スポンサーサイト

| 女子高生GIRL'S-HIGH | この記事のURL | comments:0 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/865-32712598

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事