前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

[レビュー] 夏色キセキ 第2巻 (ヤングガンガンコミックス)

「夏色キセキ」関連書籍のレビュー第4弾。今回は10月25日に発売された「夏色キセキ」第2巻 (ヤングガンガンコミックス)です。

夏色キセキ 第2巻 (ヤングガンガンコミックス)



概要

夏色キセキ 第2巻 (ヤングガンガンコミックス) 夏色キセキ 第2巻 (ヤングガンガンコミックス) 夏色キセキ 第2巻 (ヤングガンガンコミックス) 夏色キセキ 第2巻 (ヤングガンガンコミックス)
カバー(表・帯なし) カバー(裏・帯なし) 本体(表紙) 本体(裏表紙)

御石様の力で「空を飛ぶ」という
不思議な体験をした夏海たち。
そんな出来事があっても、まだ仲直りしない夏海と紗季だったが、
今度は突然身体がくっついてしまい・・・!?
仲良し4人組が紡ぐ、ひと夏のキセキはまだまだ続く――
(カバー裏側から引用)
  • 本書はTVアニメ「夏色キセキ」のコミカライズ第2巻で、「ヤングガンガン」2012年11号~15号、17号~19号に掲載されたエピソードを収録しています。第1巻同様、原作・原案は「夏色キセキ」製作委員会、漫画は たつひこ先生が担当。判サイズはB6判、総ページ数は210頁、表紙カバー・総扉・目次はフルカラー印刷仕様。帯には名塚佳織さん(優香の姉・瑞帆役)の推薦文が印刷されてます。第1巻よりページ数が増えてますが、値段は533円(税別)に据え置かれてます。
  • この第2巻も、単行本の表紙と裏表紙に4コマが印刷されてました。表紙の方は、たつひこ先生のエッセイ的な内容で、スフィアの話題。裏表紙の方には、マンガ本編で割愛された場面が描かれてます。アニメでは30秒程度の場面でも、マンガ化すると、けっこうページ数を使っちゃいますからね。
  • 巻末のメッセージコーナーには、アニメのシリーズ構成を担当した浦畑達彦氏、キャラクターデザイン/総作画監督の田中雄一氏、たつひこ先生のお三方が登場。田中氏とたつひこ先生のページには描き下ろしイラストも掲載されております。

主な内容

夏色キセキ 第2巻 (ヤングガンガンコミックス) 夏色キセキ 第2巻 (ヤングガンガンコミックス) 夏色キセキ 第2巻 (ヤングガンガンコミックス)
kiseki 8 「フタリはひとつ」 kiseki 12 「夏風邪とクジラ」 kiseki 14 「旅の空のサキのサキ」
御石様の力でくっついてしまった
夏海と紗季
仲良くなった時のことを思い出す
優香と凛子
紗季の引っ越し先の島に到着
旅館の娘は巨乳だった!
  • 第1巻にはマンガ版オリジナル・エピソード(前日談)がありましたが、この第2巻は全てアニメのエピソードです(下表参照)。紗季の魔女っ子話(アニメ・第3話「下田ではトキドキ少女は空をとぶ」)、夏海が二人に分裂する話(同・第6話「夏海のダブルス」)、のど自慢大会の話(同・第7話「雨にオネガイ」)は飛ばされてますが、アニメ第6話と第7話はヤングガンガン20号~22号でマンガ化されているので、順番の入れ替えがあるもよう。
マンガ版 アニメ 備考
話数 サブタイトル 話数 サブタイトル
kiseki 8 フタリはひとつ 第2話 ココロかさねて アニメのAパート、Bパート冒頭に相当
kiseki 9 ココロかさねて Bパート残りに相当
kiseki 10 ユカまっしぐら 第4話 ユカまっしぐら アニメのAパートに相当
kiseki 11 瞳のキミ アニメのBパートに相当
kiseki 12 夏風邪とクジラ 第5話 夏風邪とクジラ  
kiseki 13 ゆううつフォートリップス 第8話 ゆううつフォートリップス  
kiseki 14 旅の空のサキのサキ 第9話 旅のソラのさきのさき アニメのAパート、Bパート前半に相当
kiseki 15 ワカレあれば Bパート後半に相当
マンガ版とアニメの関係(対応表)
  • どのエピソードもアニメ準拠のストーリー展開ですが、完全にアニメと一致しているわけではありません。マンガ化されてない話に関連した描写は、整合性を保つためにカットされています。また、ページ数の都合で入らなかった箇所もあり、代表格は裏表紙で補完されている場面ですね。
  • 第1巻の出来が良すぎたので、第2巻での失速を心配しましたが、完全に杞憂でした。たつひこ先生の絵は上手いし、可愛いし、「夏色キセキ」の世界を心底楽しんで描いている印象。コミカライズ作品にありがちな、ストーリーをなぞるだけという感じは一切無く、どのページからも作品愛をひしひしと感じます。特に白紙ページの挿絵は、作品をちゃんと理解してないと、絶対に描けないと思うのですよ。
  • 以下、各話の感想です。

    kiseki 8 「フタリはひとつ」
    kiseki 9 「ココロかさねて」
    夏海たち4人が空を飛んだ翌日の話。夏海と紗季の関係は相変わらずギクシャクしていた。一方、優香は御石様にあれこれお願いを始めるが、なかなか力は発動しない。そんな中、優香がたまたまつぶやいた一言で、紗夏海と紗季の身体がくっつき、離れなくなってしまう・・・。
    キマシタワー(n‘∀‘)η゚・*゚・* アニメで見た時はコミカルな印象が強かったけど、マンガで見るとキマシ全開ですわ~。上半身スポブラだけの夏海に覆い被さる紗季さん素敵♪素敵♪
    なお、アニメ第3話「下田ではトキドキ少女は空をとぶ」のマンガ化がスルーされたため、祐介(大樹の友達)が夏海たちを見て驚く描写(伏線)はありません。

    kiseki 10 「ユカまっしぐら」
    kiseki 11 「瞳のキミ」
    従兄の貴史に想いを寄せる優香。しかし、貴史は紗季のことが好きらしい――。優香は凛子の神社を訪れ、御石様の所で相談を持ちかける。その際、「私も紗季みたいになれたら・・・」とつぶやいたことで、またまた御石様の力が発動。今度は優香と紗季の心と身体が入れ替わってしまった!
    凛子の優香に対する感情が、友情以上のものであることが分かるエピソード。こうしてマンガ版で振り返ってみると、「夏色キセキ」はガチですね。白紙ページの挿絵でも、夏海と紗季がキマシタワー(n‘∀‘)η゚・*゚・*
    しゃべり方の変化で入れ替わりを補足できるアニメに対し、マンガでは吹き出しの線の太さで入れ替わりを表現しています。もっとも、吹き出しは補助的なもので、キャラを見ただけでも入れ替わりが分かりますよ。たつひこ先生の画力はマジぱねぇっす!

    kiseki 12 「夏風邪とクジラ」
    優香に付き合い、CDショップに行った凛子。その帰り道、にわか雨に降られ、風邪をひいてしまう。心配した優香は凛子のお見舞いに訪れ、仲良くなったキッカケ――小学時代の出来事――を振り返り始める・・・。
    このエピソードはアニメ1話分(第5話「夏風邪とクジラ)」を2分割せず、1回で完結しています。そのため、アニメのアバン(優香がCDショップでクレームを付ける場面)、Aパートにあった夏海と紗季のテニス練習場面などがカットされてます。ストーリーの主軸は優香と凛子の百合百合した関係なので、キマシ描写がより前面に押し出されてグッド。この再構成は、なかなかの なかなかだね。

    kiseki 13 「ゆううつフォートリップス」
    引っ越しの荷造りを終わらせ、手持ちぶさたになった紗季に、夏海から連絡が入る。4人で旅行に行こうというのだ。行き先は すったもんだの結果、紗季の引っ越し先=東京に決定!優香たちは東京観光だと盛り上がるが、紗季の引っ越し先は東京は東京でも離島だった・・・。
    この話も2分割せず、1回で描いているため、アニメにあった一部の場面がカットされてます。冒頭シーンで紗季のお母さんが出て来なかったり、旅行の準備(水着を購入する場面)、伊豆急の移動場面はバッサリ削除。島へ向かう船内場面も部分的にカットされ、アニメBパートの後半に重きを置いた構成になってますね。

    kiseki 14 「旅の空のサキのサキ」
    kiseki 15 「ワカレあれば」
    11時間かけ島に着いた夏海たち。到着早々、優香は大はしゃぎして海でおぼれかかるが、地元の子に助けられる。しかし、その子のキツイ物言いに、紗季は島での生活に不安を覚えてしまう。それでも気を取り直し、予約してあった旅館に向かう4人。出迎えてくれたのは、優香を助けたくれた子の双子の姉・千晴だった・・・。
    アニメ第9話「旅のソラのさきのさき」には、温泉入浴シーンとか、透明人間・紗季の全裸観光シーンとか、特殊イベントがてんこ盛りなので、再び2分割構成になってます。ラストで紗季が元に戻りますが、アニメよりもサービス満点!カメラの位置が低く、肉付きの良いお尻が見えちゃってます。(*´Д`*)

おわりに

  • ストーリーはアニメ準拠なんだけど、夏海と紗季、優香と凛子のキマシっぽい描写が多く、大満足!コミカライズの鑑としか言いようがない、実にすばらっ!な一冊でした。第3巻も楽しみです。
【関連記事】
■ [レビュー] 夏色キセキ 第1巻 (ヤングガンガンコミックス)
■ [レビュー] 夏色キセキ 第3巻 (ヤングガンガンコミックス)
■ [レビュー] 夏色キセキ オフィシャルフォトブック
■ [レビュー] 夏色キセキ OFFICIAL MUSIC GUIDE
■ HMVで予約しておいた「夏色キセキ Complete Songs ~あの夏のカケラ~」が届いた
【関連サイト】
■ 夏色キセキ (アニメ公式)
■ 夏色キセキ 番組サイト (MBS/毎日放送)
■ アニメ「夏色キセキ」 (TOKYO MX)
■ アニメ 夏色キセキ (BS11)
■ 夏色キセキ 作品紹介 ヤングガンガン (SQUARE ENIX)
■ 夏色キセキ (Wikipedia)
[PR]
スポンサーサイト

| 夏色キセキ | この記事のURL | comments:2 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT

面白くって一気に読んでしまいました。
何気に裏表紙の漫画が気に入っています。

アニメ第3話がスルーされているのが少し残念です。
たつひこ版魔女っ娘紗季ちゃんが見たかった~!!!ww

基本アニメ準拠ですが、たつひこ先生の画力と、やっぱり話が面白いですね!
もはやコミカライズの枠を超えていると思います。

もしかして次巻で終わってしまうんですかね…?

とにかく、第3巻が楽しみです~!!!

同志万歳!!!

| tyrant | 2012/11/29 | URL

◆tyrantさんへ

> 面白くって一気に読んでしまいました。
> 何気に裏表紙の漫画が気に入っています。

たつひこ先生(`∀゚)bグッジョブです。
P.138→裏表紙→P.139の順番で読めば、アニメどおりになりますね。


> アニメ第3話がスルーされているのが少し残念です。
> たつひこ版魔女っ娘紗季ちゃんが見たかった~!!!ww

マンガ版には順番入れ替えがありますが、魔女の話はスルー確実ですね。残念!


> 基本アニメ準拠ですが、たつひこ先生の画力と、やっぱり話が面白いですね!
> もはやコミカライズの枠を超えていると思います。

コミカライズの完成度は、マジでキセキですよ。


> もしかして次巻で終わってしまうんですかね…?
> とにかく、第3巻が楽しみです~!!!

たぶん第3巻で完結と思われます。理由は次のとおりです。

* アニメ第6話、第7話、第10話はヤングガンガン20号~22号でマンガ化済み。
* 第3話はスルー確実なので、残りは11話と12話だけ。
* 単行本1冊あたり7~8本収録なので、11話と12話を再構成すればストック的にピッタリ。

ヤングガンガンは毎月2冊発売なので、来年の1月 or 2月で最終回を迎え、
第3巻の発売はその1ヶ月後ぐらいですかね。

| 三四郎. | 2012/11/29 | URL













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/863-8b39909c

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事