前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

[レビュー] 咲-Saki- OFFICIAL FANBOOK

今さらですが、2009年12月に学研パブリッシングから発売された咲-Saki-OFFICIAL FANBOOKオフィシャルファンブックのレビューです。


咲-Saki- (アニメ1期) OFFICIAL FANBOOK



概要

  • 本書はTVアニメ「咲-Saki-」(1期)の版権イラスト、キャラ紹介、ストーリー解説、スタッフ&声優インタビューなどを満載した公式ガイドブックです。出版元はアニメディアやメガミマガジンでお馴染みの学研で、「咲-Saki-阿知賀編 OFFICIAL FANBOOK」とは異なります。
咲-Saki- (アニメ1期) OFFICIAL FANBOOK 咲-Saki- (アニメ1期) OFFICIAL FANBOOK 咲-Saki- (アニメ1期) OFFICIAL FANBOOK 咲-Saki- (アニメ1期) OFFICIAL FANBOOK
カバー(表・帯なし) カバー(裏・帯なし) 本体(表紙) 本体(裏表紙)

アニメ版初の公式ガイドブック!!
植田佳奈 小清水亜美
堀江由衣 釘宮理恵
伊藤静 白石涼子
福原香織 茅原実里
出演声優インタビュー


とじこみ特典 両面描きおこしピンナップ!!
【帯・表側から引用】

本格ガールズ麻雀ストーリーアニメ・・・の・・・本・・・ですよね?(原村和)
エッチなアニメの本・・・じゃないと思います(宮永咲)
描きおこしギャラリーにストーリーダイジェスト・・・ファンにとっては永久保存版よね!!(竹井久)
私の下半身も見たいという京太郎みたいな×××なヤツは絶対に買うべきだじぇ!!(片岡優希)
【帯・裏側から引用】
  • 発売日は2009年12月8日頃。TVアニメ(1期)の放送終了2ヶ月後ぐらいです。製本仕様は 変型A4判(235mm×297mm)・右綴じ・全118ページ(表1~4を除く)で、定価は2,381円(税別)。アニメの公式ファンブックとしては、ごくごく標準的な価格だと思います。
  • 巻頭には両面ピンナップ(三つ折り・297mm×630mm)が綴じ込まれております。 原画はキャラクターデザイン&総作画監督の佐々木政勝氏による描きおろしで、表面は咲ちゃん、裏面はのどっちです。とにかく、のどっちのオッパイがスゴイ!(*´Д`*)
  • 表紙カバーのイラストは、ピンナップの絵をトリミングして合成したものです。このピンナップイラストは「咲-Saki- ビジュアルコレクション 上」(2012年9月発売)に再録されてました。サイズはA4判と小さめですが、折り目無しですよ。
  • 帯の裏側には、清澄高校・麻雀部女子部員4人の温泉入浴イラスト(初出:メガミマガジン2009年9月号)が印刷されています。タコスが「私の下半身」云々と言ってますが、イラストがトリミングされている為、本書を購入しないと腰より下は見えないんですよ。なかなか上手い宣伝ですね。帯にはワカメがいないけど、元のイラストにもいません(笑)。
咲-Saki- (アニメ1期) OFFICIAL FANBOOK 咲-Saki- (アニメ1期) OFFICIAL FANBOOK
阿知賀本(左)と本書(右)を並べてみた 本書の方が幅25mm大きい
  • 咲-Saki-阿知賀編 OFFICIAL FANBOOK」のレビュー記事でも書きましたが、本書と阿知賀編オフィシャルファンブックはサイズが異なります(上図参照)。出版社が違うので致し方ありませんが、できれば後発の阿知賀本も同じサイズにして欲しかったッス!判サイズが大きくなることで、値段は多少上がったかもしれませんが・・・。

主な内容

  • 総扉は目次も兼ねています。巻頭に両面ピンナップ(A4×6ページ相当)があるため、総扉ページのノンブルはP.7です。掲載されている目次は次のとおりで、章タイトルだけ。「細かい内容はページをめくって確認して!」的なシンプルさですね。
    • イラストギャラリー
    • キャラクター紹介
    • 美女東風戦
    • かおりんでもわかる!? 花天月地
    • ストーリーダイジェスト
    • DVD COLLECTION
    • スタッフ&キャストインタビュー
    • 設定資料

カラーページ

咲-Saki- (アニメ1期) OFFICIAL FANBOOK 咲-Saki- (アニメ1期) OFFICIAL FANBOOK 咲-Saki- (アニメ1期) OFFICIAL FANBOOK
総扉(目次)
イラストギャラリー (P.32~33)
初出:e-animedia vol.1
キャラクター紹介 (P.36~37)
宮永咲&原村和

▊ イラストギャラリー
  • アニメ誌・美少女誌に掲載された版権イラストが多数再録されています。先頭から順番に挙げておきましょう。
    1. アニメージュ 2009年4月号 (咲・和・優希)
    2. 電撃G's magazine 2009年5月号 (咲・和・久・優希)
    3. 電撃G's magazine 2009年4月号 (咲・和・優希)
    4. Megamiマガジン 2009年5月号 (咲・和)
    5. Megamiマガジン 2009年7月号 (咲・和・久・優希・エトペン)
    6. アニメディア 2009年7月号 (咲・和・優希・福路)
    7. Megamiマガジン 2009年8月号 (咲・和・優希・福路・池田)
    8. Megamiマガジン 2009年9月号 (咲・和・久・優希)
    9. アニメージュ 2009年5月号 (咲・和)
    10. Megamiマガジン 2009年6月号 (咲・和・久・まこ・優希)
    11. Megamiマガジン 2009年7月号 表紙 (咲・和)
    12. 娘TYPE vol.02 (咲・和)
    13. MegamiマガジンDX vol.13 (咲・和)
    14. Megamiマガジン 2009年7月号 (衣)
    15. 娘TYPE vol.01 (咲・和・優希・エトペン)
    16. アニメディア 2009年6月号 (咲・和・久・まこ・優希)
    17. Megamiマガジン 2009年8月号 (咲・和・衣・エトペン)
    18. アニメージュ 2009年8月号 (咲・和)
    19. e-animedia Vol.1 (咲・和・衣・福路) 上図参照
    20. 電撃G's magazine 2009年7月号 (咲・和・衣・エトペン)
    21. Megamiマガジン 2009年10月号 (咲・和・久・まこ・優希)
    22. 電撃G's magazine 2009年6月号 (咲・和)
    23. 「咲-Saki-」アニメ用キービジュアル (咲・和・久・まこ・優希・エトペン)
  • 上記イラストの一部は、先日発売された「咲-Saki- ビジュアルコレクション 上」に再々録されてました。ビジュアルコレクションの下巻は2012年10月に発売予定で、残り全部が収録されるものと思われ。
  • いやそれにしても、咲ちゃん&のどっちの2人だけというパターンが多いですね。本作的には当然のことで、異論を差し挟む余地はありません。一方、複数キャラが描かれているイラストに目を向けると、ワカメだけハブられているケースが多すぎやしまいか!!(苦笑)
▊ キャラクター紹介
  • 本作に登場するキャラを高校別に分類して紹介しています。
    1. 清澄高校 (6名・全4ページ)
    2. 龍門渕高校 (5名・全2ページ)
    3. 風越女子高校 (5名・全2ページ)
    4. 鶴賀学園 (5名・全2ページ)
    5. その他“関係者”のみなさん (24名・全2ページ)
  • 咲・和・衣・福路キャプテンには各1ページ割り当てられ、他のキャラよりも詳しく解説されております。この扱いを見るに、龍門渕の顔は透華お嬢様ではなく衣なんですね。片腹大激痛!
  • 各キャラの紹介には、「ドラマチックangle」とか「キュンキュン必殺技」というポイント解説があり、咲ちゃんは上気する太股。のどっちは問答無用のわがままオッパイ。池田は猫耳と小さな牙。ワカメは広島弁(笑)。
  • 「その他“関係者”のみなさん」には、咲や和の父親、和の中学時代の後輩(マホ&裕子)、龍門渕のハギヨシ&歩、マスコミや実況関係者、対戦相手の高校生、そして白糸台高校関係者もとりあげられています。ただし、白糸台は宮永照、弘世菫、大星淡の3人だけ。照は夏服姿と冬服姿を披露してますが、夏はセーラー服で冬はブレザー。しかも色とスカートの丈が全然違うという、他に類を見ないような設定ですよね。
咲-Saki- (アニメ1期) OFFICIAL FANBOOK 咲-Saki- (アニメ1期) OFFICIAL FANBOOK
美女東風戦 (P.52~53)
東場三局 百合々々対子
ストーリーダイジェスト (P.58~59)
第1局「出会い」 / 第2局「勝負」

▊ 美少女東風戦
  • 特定のテーマに沿って、キャラ同士を競わせる企画物コーナー。東風戦のタイトルどおり、バトルは全部で4局です。
    1. 東場一局 コスプレ戦
    2. 東場二局 ひとり脳内戦
    3. 東場三局 学校別対抗ラブラブ戦
    4. 東場四局 学校別対抗アイドル戦
  • 基本的にアニメ内の出来事(キャプチャ画像)を使い、擬似的なバトルに仕立て上げてます。例えば「東場一局 コスプレ戦」は温泉回の浴衣&湯煙、喫茶店アルバイト回のメイド服、プール会の水着といった具合。勝者が誰かは書かれておらず、勝負を決めるのは読者という設定らしいです。
  • 「東場二局 ひとり脳内戦」は京太郎の脳内妄想シーンをまとめたもので、のどっちオッパイ祭りてい。「東場三局 学校別対抗ラブラブ戦」はキマシ場面のまとめで、百合相関図やカップリングを解説(上図参照)。
  • ラストの「東場四局 学校別対抗アイドル戦」は主要4校の良い子キャラ対局。清澄=タコス、龍門渕=衣、風越=池田、鶴賀=モモという顔ぶれです。桃子以外は、良い子というよりも、ぷに系のウザカワキャラのような・・・。
▊ かおりんでもわかる!? 花天月地
  • 「咲-Saki-」に登場している、代表的な麻雀の役を解説するコーナー。かおりんというのは衣役の福原香織さんのことではなく、鶴賀学園の妹尾佳織(かおりん先輩)のことです。念のため。
  • とりあげられている役は全部で4つあり、咲ちゃんの嶺上開花、衣の海底撈月、かおりんの四暗刻国士無双であります。章タイトルが花天月地なので、嶺上開花と海底撈月の解説がメインになってます。
▊ ストーリーダイジェスト
  • アニメのファンブックでは基本中の基本、各話のストーリー紹介です。「咲-Saki-」の全25局(話)を名場面(キャプチャ画像)と一緒に振り返っています。全26ページですが、台割的には1局1ページではなく、見開きページの中に1局~3局を割り振ってます。例えば冒頭の2ページは、第1局「出会い」と第2局「勝負」です(上図参照)。
  • 各話解説には「あらすじ」だけでなく、「本日の和了」というミニコーナーがあり、主なアガリ役が一目で分かるようになってます。
  • ストーリーダイジェストとは別に、FILM THEATERというOP&EDのシーンを集めたページも載ってます。全2ページの中にOP2種類、ED3種類を詰め込んでいるため、一つひとつのキャプチャ画像が小さくなっていて残念!
▊ DVD COLLECTION
  • その名のとおり、DVDのデータ(パケ画・仕様・値段など)を載せたページ。本書の発売時期の関係で、DVD第6巻までとなってます。当然のことながら、BD-BOX(完全受注生産限定盤・通常版)の情報は載っていません。

モノクロページ

咲-Saki- (アニメ1期) OFFICIAL FANBOOK 咲-Saki- (アニメ1期) OFFICIAL FANBOOK
STAFF & CAST INTERVIEW (P.88~89)
スペシャル対談
STAFF & CAST INTERVIEW (P.108~109)
天江衣役 福原香織

▊ スタッフインタビュー
  • スタッフインタビューは対談形式の全8ページ。小野学監督、シリーズ構成・脚本の浦畑達彦氏、キャラクターデザイン&総作画監督の佐々木政勝氏、CGプロデューサー・「サンジゲン」代表取締役の松浦裕暁氏の皆さんが参加され、アニメの企画から制作の裏話等を語っていらっしゃいます。個人的に本書のイチオシコーナーです。
  • 最初のページを開いて、目に飛び込んでくるのは「和の胸はもっと大きくと言われていました(佐々木)」という見出し文ですね(上図参照)。これはのどパイのことで、原作者・小林立先生からの強い要請だそうです。確かに、原作を読んでも巨乳キャラが多いので、さもありなん(全く逆の貧乳ツルペタ娘も多く出てますけど)。一方、パンツはいてない(ように見える)件については、言及されていないので、暗黙の了解なのでしょう。
  • 松浦氏のCG制作に関する裏話は興味深いですね。対局シーンの手のアップもCGだったなんて、当時、この本を読むまで気付きませんでしたよ。
  • 対談の中には宮永姉妹の過去に関する言及もあるので、引用しておきます。
小野:小林先生からは、咲と照の間にこういうことがあって 今こうなっているんだというのは聞いてますし、それを元にしてキャラを作っています。
浦畑:咲と照の間に起きた物語はちゃんと考えられているので、照が咲に対してこういうリアクションをするというのは理にかなっているんですよ。
(本書P.95から引用)
  • つい先日発売された「ヤングガンガン」2012年No.19掲載の第102局「困惑」(P.246~247)で、ついに咲ちゃんの過去のトラウマの一端が出て来ました。セリフやモノローグ無しのフラッシュバック的な描写ですが、それが逆に咲ちゃんのトラウマの重さを浮き彫りにしてますね。オフィシャルファンブックでの浦畑氏の発言――「理にかなっている」――というのは、ともすると合理的な思考と思われがちですが、本来の意味は道徳や倫理、正義を守るといったものです。照の反応が「理にかなっている」ということは、裏を返すと咲ちゃんがやってはいけないことをしてしまった!ということの現れかもしれません・・・。でも僕は咲ちゃんを信じてるよ!!
▊ キャストインタビュー
  • キャストインタビューには主要キャラを演じている、次の方々が登場!お一人あたり、2ページ割り振られています。いかにも「咲-Saki-」らしく、麻雀に関する話題が多いじぇ。
    1. 植田佳奈さん (宮永咲役)
    2. 小清水亜美さん (原村和役)
    3. 釘宮理恵さん (片岡優希役)
    4. 伊藤静さん (竹井久役)
    5. 白石涼子さん (染谷まこ役)
    6. 茅原実里さん (龍門渕透華役)
    7. 福原香織さん (天江衣役) 上図参照
  • 全員に「卓を囲むならこの3人!」 「『咲-Saki-』のベストカップルは このふたり!」という2つの質問がぶつけられ、各人各様な回答で面白いッス! 対局相手に咲ちゃんを挙げた人は1人だけ・・・。タコス、衣、福路キャプテンに人気が集まってました。百合カップルの方は、咲×のどっち、久部長×福路キャプテンを挙げた人が各2名。中には、吉留×池田というマニアックな選択をする人も!
▊ 設定資料
  • 設定資料は、ぶっちゃけ おまけ的な扱い。キャラクター編が2ページ、美術編が4ページ、合計6ページしかありません。ビジュアル的な見所は清澄高校・麻雀部女子5人のちちくらべぐらいかな。
  • 掲載スペースが少ない中、牌や点棒の持ち方といった、手のポーズ集も載ってました。前出のスタッフインタビューの中に「手のアップはCG」という話題があったので、それに連動したものと思われます。

おわりに

  • アニメのファンブックとしては、実にオーソドックスな構成です。良くいえば基本に忠実、辛口で評せばサプライズが少ない。そんな感じの一冊といえます。新作イラストがピンナップだけというのも、ちょっと寂しいッス! 誌名が「ビジュアルファンブック」ではなく「オフィシャルファンブック」なので、致し方ありませんが・・・。
  • 一方、スタッフやキャストのインタビューは読み応えあります。アニメ制作の裏側を知りたい人には、なかなかのなかなか。今から約3年前に出版されたので、新品での入手は困難かもしれませんが、「咲-Saki-」(アニメ1期)をおさらいするのには、もってこいの本だと思いますよ。

【関連記事】
■ [レビュー] 咲-Saki- ビジュアルコレクション 上
■ [レビュー] 咲-Saki- ビジュアルコレクション 下
■ [レビュー] 咲-Saki-阿知賀編 OFFICIAL FANBOOK
■ 咲-Saki-阿知賀編 / 阿知賀女子・麻雀部員の身長を測定してみた

【関連サイト】
■ 『咲-Saki- OFFICIAL FAN BOOK』 (学研出版サイト)
■ TVアニメ「咲-Saki-」シリーズ スペシャルサイト (アニメ公式)
■ 咲-Saki- (テレビ東京・あにてれ)
■ 咲-Saki- 作品紹介 (ヤングガンガン YOUNG GANGAN OFFICIALSITE)
■ 咲-Saki- (Wikipedia)



咲-Saki- OFFICIAL FAN BOOK
咲-Saki- OFFICIAL FAN BOOK
  咲-Saki- ビジュアルコレクション 上 (メガミマガジンスペシャルセレクション)
咲-Saki- ビジュアルコレクション 上 (メガミマガジンスペシャルセレクション)
  咲-Saki- ビジュアルコレクション 下 (メガミマガジンスペシャルセレクション)
咲-Saki- ビジュアルコレクション 下 (メガミマガジンスペシャルセレクション)
  咲-saki- BD-BOX (通常版) [Blu-ray]
咲-saki- BD-BOX (通常版) [Blu-ray]
スポンサーサイト

| 咲-Saki- | この記事のURL | comments:0 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/839-aba40fac

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事