前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

[マンガ感想] そんな未来はウソである 第37話

別冊少年マガジン2012年10月号(通巻37号)に掲載されている「そんな未来はウソである」 Vol.37 『人間関係など』の感想です。

別冊少年マガジン2012年10月号(通巻37号) 「そんな未来はウソである」 Vol.37 『人間関係など』

以下、マンガの内容に触れていますので、未読の方はご注意ください。



「そんな未来はウソである」 Vol.37 『人間関係など』

新キャラ登場

新キャラ祭りだった前号に続き、今回も初顔見せの女子キャラが登場だじょ。モブだけどな!

「そんな未来はウソである」 Vol.37 『人間関係など』 2-Aの女子生徒 【名前不明】
2-Aの「占いの館」で占い師をしていた少女。名前不明のモブキャラだが、本作で2年生の先輩が登場するのは初めて。セリフの数はやたらと多く、Vol.18に登場した秋吉さんのセリフ数を軽く凌駕してるじゃないか。
占い師っぽい頭巾を被っているため、髪型はよくわからない。フェイスラインからストレートの黒髪が覗いているので、黒髪ロングか?ミツキと交わした会話の内容から察するに、文化祭のエピローグに出て来そうな予感。ていうか、ぜひ再登場して欲しい。

ストーリー&感想

『みなみけ』桜場コハル本気作!
JK超能力のスクールデイズ!!

(扉ページ[P.465]のキャッチコピー)

突如現れたアカネの親友(といわれる)リオ登場!
ちょっとヤキモキ気味のミツキが取った行動は・・・!?

(扉ページ[P.465]のアオリ文)

他人の未来が少しだけ見えてしまう大橋ミツキ。彼女の最大の悩みは、大好きな友達・佐藤アカネと深い親友関係になれないこと・・・・・・。そんな中、クラスメイトの高山とアカネが将来結婚する未来を見たり、アカネの旧友・リオの登場で、悩みはさらに深まるばかり。一方のアカネは、ミツキと高山をくっつけて、一人静かな学生生活を満喫しようと画策中――
(2ページ目[P.466]の柱文/前号までのあらすじ)
  • 前号で3周年を迎え、今回から連載4年目に突入した「そんな未来はウソである」。それを記念してか、「あらすじ」の文言が一新されてるじゃないか。最近はキマシ展開が増えてるから、これは納得できる変更だ。特に「佐藤アカネと深い親友関係になれない」というフレーズが、なかなかの なかなかだね。
  • ストーリーの方は文化祭のつづき。今回はシーンの時々切り替わりが多く、数えたら10シーンもあった。そのため、小気味よいテンポで物語が進行している。「そんな未来はウソである」には、「みなみけ」では見られないような趣向が時々見受けられますな。過去に於いては、Vol.23Vol.26Vol.32で映像的なコマ割りや演出が導入されていた。別マガの編集コンセプトは「週マガでできないことをやろう」らしいが、コハル先生的には「ヤンマガでできないことをやろう」なのかも。

▊ Scene.1 アカネとリオ
  • 「『文化祭とは男女の仲を飛躍的に深めるイベントである・・・・・・』はず」と独りごちるアカネ。静かな場所に移動し、新たなくっつけ作戦を考えようとするが、その矢先にキマシ娘・リオが登場!前回同様、いきなり背後から現れやがります。例のワープ能力を発動したのかも。一方、突然うしろから抱きつかれたアカネは、心底 迷惑そうな表情だ。コハル先生の作品で、こういった顔つきは初めて見るなぁ。作画的な新しい試みかも。

▊ Scene.2 ミツキ
  • 場面は変わり、ミツキちゃんが登場。『親友って・・・・・・どうしたら なれるものなのだろう・・・・・・』と考えながら、元気なく廊下を歩いている。前回、高山から聞いた情報が原因で、アカネとリオは親友同士だと勘違いしているもよう。そんな中、彼女の目に「2-A 占い館」というポスターが飛び込んでくる・・・。
「そんな未来はウソである」 Vol.37 『人間関係など』 ▊ Scene.3 アカネとリオ
  • リオの頭を「ぐいっ」と押さえつけ、力ずくで引き離すアカネ。「あんまり近づかないでくれます?」という滅多に使わないお嬢様言葉が、二人の距離感を如実に表してますな(右図参照)。
  • でもリオにとっては、そんなことは慣れっこだ。逆にアカネの心を見透かしたように、痛いところを突きやがります。「アカネちゃんは他人を避けてるつもりでも いつの間にか他人に どっぷり深入りしてる」とか「好きでもない子の世話を焼きすぎて行為を抱かれる」とか、全部大当たり。ワープ能力だけでなく、テレパス能力も持ってるのか?と思わせるようなツッコミじゃないか。

▊ Scene.4 高山と愉快な仲間たち
  • 中庭らしき場所のベンチに座り、周囲を警戒しつつ、弁当箱を開ける高山。へーそうなんだー。アカネの弁当作り(Vol.5で宣言/Vol.6でスタート)は、まだ続いてたのか~。Vol.7「気がむいたらまた持って来てあげる・・・」と言ってたけど、ここまで長続きすると、もはや無償の愛に近いレベル。
  • こっそり弁当を食べようとした高山だったが、やにわに男友達2名(黒髪&茶髪)が背後から現れる。あ~あ、ついにバレちゃった。まあそれでも唯一の救いは、弁当を作った女子を特定されなかったことですね。
  • 黒髪&茶髪が食べている侘びしい昼食は、2-Bの油っぽい焼きそば。つまり2-Bの催し物は屋台の類と思われる。今回の1ページ目・3コマ目の背景で、学年不明のB組が「大迷路」という看板を掲げているが、あれは1年または3年ってことになりそうだ。なお、黒髪が登場するのは5回目で、茶髪の方は3回目。そろそろ名前を付けてあげて!
▊ Scene.5 ミツキと占い師 「そんな未来はウソである」 Vol.37 『人間関係など』
  • 「占いの館」が気になり、2-Aの教室にやって来たミツキ。占い師役の女生徒に「あなたはあれですね 何か悩んでますね」と声をかけられる。「ど どうしてわかるんですか!?」とマジで驚くミツキちゃん。それ占い師の常套句や!真に受けたらあかんで!!
  • 占い師は悩みの種類を「人間関係」であると言い切り、それを聞いたミツキは またしても衝撃を受ける。いくら何でも驚きすぎだろ!と思ったが、この後の彼女の言葉から、その理由が透けて見える。ミツキは「私が変だからというわけでは無いのですか!?」と打ち明けているので、アカネとのキマシ関係に関する悩みなのだろう。
  • 一方、占い師の方は、ミツキの悩みを男性との恋愛と勘違いしているようす(右上図参照)。そのせいか、祖母から聞いた恋愛に関する格言――「男を捕まえるには胃袋をつかめ」――をミツキに伝えている。なかなかお茶目な娘である。

▊ Scene.6 江口姉妹とマドカ
  • お化け屋敷には、腹を空かせた江口さん、眠ったままの江口さんの妹、同じく寝ているマドカの姿があった。インターミッション的な、1コマだけの登場だけど、各キャラの特性がよく顕れてるね。よく見ると、江口妹のおっぱいは けっこう大きいじゃないか。どんなに小さく見積もってもCカップ強はありそうだ。(*´Д`*)
▊ Scene.7 アカネとリオ PART2
  • リオの鋭い指摘に焦ったのか、アカネは「私がタダで何かをすることはありません」と切り出し、「たとえば野菜などをいただいた場合」云々と続けている。野菜というのは、Vol.27で高山から貰った野菜のことですね。ちなみに野菜のお返として、ちりめん山椒を贈ったことがVol.28で判明している。
▊ Scene.8 江口姉妹とマドカ PART2
  • さっきと全く同じシチュエーションで江口姉妹&マドカが登場。夢を見ながら、寝言を言ってるマドカが可愛い。
▊ Scene.9 ミツキと占い師 PART2
  • 占い師先輩の恋愛アドバイスは終了。具体的な助言内容は描かれていないが、ミツキが頬を紅潮させてお礼を述べているので、男女の恋愛に関するキワドイ内容だったのかもしれない。
  • アドバイスを受けている最中、ミツキは占い師の瞳を見てしまったらしい。この後 占い師に起きる悲劇を事細かに伝えている。ナチュラルハイというか饒舌モードになったミツキちゃんキャワワ。連載当初の頃と比べると、ずいぶん明るく積極的になったよね。やぱり恋する乙女の成せるワザなのか!?キマシパワー恐るべし!!
▊ Scene.10 アカネと高山と玉砕するミツキ
  • リオをまき、ようやく一人になれたアカネ。疲れ果てた表情で廊下を歩いていたところ、高山とバッタリ遭遇する。「ミツキを誘って見て回ればいいのに・・・・・・」と恋愛指南するが、シャイボーイの高山には無理な話である。アカネは「文化祭は協力して準備する段階が一番チャンスがあったかも・・・・・・」という結論に達する。
テキトー占いに背中を押され、挑んだ結果は玉砕! 悪いのは占い!? 鈍感!? どっちだ!?
(最終ページ[P.474]の柱文)
  • アカネと高山が二人して溜息をついていたところ、ミツキが登場。高山とアカネをくっつけたいミツキは二人に声をかけ、何か人間関係の悩みがないかを尋ねる。今さっき占い師先輩から聞いた男女恋愛のアドバイスを、目の前の二人に披露する気満々だ。だがしかし、アカネと高山はミツキの申し出をキッパリ拒否。けっきょく、いつもの涙目ミツキちゃんになるのでした。
  • ところでVol.35の冒頭でアカネさんが閃いた完璧な作戦って、いったい何だったんですか? わたし、気になります!

別マガ10月号 特大アンケートプレゼント

別冊少年マガジン2012年10月号 特大アンケートプレゼント

  • 「そんな未来はウソである」関連のプレゼントは、毎度お馴染みの別冊少年マガジン特製クオカ4枚組。セット内容にも変化がなく、「そんみら」以外の3枚は「どうぶつの国」「じょしらく」「神さまの言うとおり」となっております。絵柄も同じです。
  • プレゼント当選者数は20人。ケータイ、PC、スマフォ等から応募サイトにアクセスし、所定のアンケートに答えると抽選で当たります。今月号の締め切り日時は2012年10月8日(月)21時00分であります。詳細は別マガ10月号の巻末ページ(P.736~737)で確認してね。

次号発売日

次号「別冊少年マガジン11月号」は10月9日(火)発売です。

次号掲載分で単行本化のストック(12本)が貯まるから、第3巻の情報が載るかもね。

【関連記事】
■ [マンガ感想] そんな未来はウソである 第36話
■ [マンガ感想] そんな未来はウソである 第38話
■ [レビュー] 桜場ワールド2012年カレンダー
■ [レビュー] そんな未来はウソである 第1巻 (KCデラックス)
■ そんな未来はウソである キャラクター呼称表
■ マガジンSPECIAL (スペシャル) 2010年No.1を買ってきた

■ 「みなみけ」「今日の5の2」「そんな未来はウソである」関連記事まとめ (関連記事の総目録

【関連サイト】
■ そんな未来はウソである (講談社コミックプラス)
■ そんな未来はウソである (Wikipedia)
■ 桜場コハル (Wikipedia)



別冊 少年マガジン 2012年 10月号 [雑誌]
別冊 少年マガジン 2012年 10月号 [雑誌]
    そんな未来はウソである(1) (KCデラックス)
そんな未来はウソである(1) (KCデラックス)
    そんな未来はウソである(2) (KCデラックス)
そんな未来はウソである(2) (KCデラックス)
    DVD付き みなみけ(10) 限定版
DVD付き みなみけ(10) 限定版
スポンサーサイト

| そんな未来はウソである | この記事のURL | comments:2 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT

バーナム効果で釣る系の展開かと思いきや、単なる世間話になっていた!
占いの館が、いかにもコハルワールドな流れで笑ってしまいましたww

>よく見ると、江口妹のおっぱいは けっこう大きいじゃないか。どんなに小さく見積もってもCカップ強はありそうだ。(*´Д`*)

寝る子は育つんですねw
というか、マドカは寝顔(?)がカナにそっくりですなww
コマが小さいので、トーンがいつもより濃く見えます。

>ところでVol.35の冒頭でアカネさんが閃いた完璧な作戦って、いったい何だったんですか? わたし、気になります!

データベースは答えを出せないんだ、ごめんねw
…真面目に推理してみましょうか…w
アカネにとって一番イレギュラーな事態は、キマシリオちゃんの登場であることは間違いないでしょう。
これによって、アカネの行動の自由が束縛され、作戦が遂行できなくなった、と見るのが妥当でしょうか。
つまり、アカネが能動的に活動するタイプの作戦であった、と推測できます。
また、473Pで高山と出会ったときの反応から、高山ではなく、ミツキに何かはたらき掛けるつもりだったのではないでしょうか。
…が、これ以上は情報不足で推理が行き詰まってしまいますw
しかし、3コマ目の台詞から、閃いた完璧な作戦は、すでに忘却の彼方の可能性も…ww

キマシリオさんの、テレパス能力者かのような洞察力、あなどれませんね。
今後が楽しみであります。

| 長男 | 2012/09/11 | URL

◆長男さんへ

> バーナム効果で釣る系の展開かと思いきや、単なる世間話になっていた!
> 占いの館が、いかにもコハルワールドな流れで笑ってしまいましたww

終始ポーカーフェースの占い師先輩。対照的に珍しくテンションが高いミツキちゃん。
文化祭という非日常空間のなせる技を、コハルワールドな流れで見事に演出してますねw


> >よく見ると、江口妹のおっぱいは けっこう大きいじゃないか。どんなに小さく見積もってもCカップ強はありそうだ。(*´Д`*)
>
> 寝る子は育つんですねw
> というか、マドカは寝顔(?)がカナにそっくりですなww
> コマが小さいので、トーンがいつもより濃く見えます。

3人一緒のコマは、色々な意味で濃ゆい!
江口さんが口にくわえているお菓子は「ばかうけ」に見えるッス。


> >ところでVol.35の冒頭でアカネさんが閃いた完璧な作戦って、いったい何だったんですか? わたし、気になります!
>
> データベースは答えを出せないんだ、ごめんねw
> …真面目に推理してみましょうか…w
> アカネにとって一番イレギュラーな事態は、キマシリオちゃんの登場であることは間違いないでしょう。
> これによって、アカネの行動の自由が束縛され、作戦が遂行できなくなった、と見るのが妥当でしょうか。
> つまり、アカネが能動的に活動するタイプの作戦であった、と推測できます。
> また、473Pで高山と出会ったときの反応から、高山ではなく、ミツキに何かはたらき掛けるつもりだったのではないでしょうか。
> …が、これ以上は情報不足で推理が行き詰まってしまいますw
> しかし、3コマ目の台詞から、閃いた完璧な作戦は、すでに忘却の彼方の可能性も…ww

ラブコメ物にありがちなのは、忘れていたことを突然思い出すも時すでに遅しとか、
ミイラ取りがミイラになる展開ですが、コハル先生作品なので絶対やらないでしょうねw


> キマシリオさんの、テレパス能力者かのような洞察力、あなどれませんね。
> 今後が楽しみであります。

リオのキャッチフレーズ(カナ風)
キマシと洞察力を兼ね備えた驚愕のJK!

| 三四郎. | 2012/09/11 | URL













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/834-2a5c25e3

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事