前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

[マンガ感想] みなみけ 第200話 「成功前夜」

週刊ヤングマガジン2012年No.29に掲載されている「みなみけ」第200話『成功前夜』の感想です。

週刊ヤングマガジン2012年No.29 「みなみけ」第200話『成功前夜』

以下、マンガの内容に触れていますので、未読の方はご注意ください。



「みなみけ」連載200回記念の特報

既に各所で報じられているとおり、連載200回記念に連動してアニメ4期や単行本・第10巻(限定版)の情報などが公開されたよ。

週刊ヤングマガジン2012年No.29 「みなみけ」連載200回記念企画 週刊ヤングマガジン2012年No.29 「みなみけ」アニメ情報
カラー扉(P.220) 特報①(P.221)の見出し

▊ 連載200回記念企画 複製原画プレゼント
やったぜぇ~!
連載200回!!
2004年3月1日、ホットケーキを作る話から始まった
連載ですが、正直、こんなに長くつづくとは思っていま
せんでした。これも、ひとえに読者の皆さまのおかげ
です。『みなみけ』を今後ともよろしくお願いします。
(カラーページ[P.220]から)
  • 連載200回を記念して、久々の読者プレゼント企画であります。賞品は桜場コハル先生の複製原画で、絵柄はヤンマガの表紙およびカラーページ(P.220)に印刷されている南家3姉妹のカラー描き下ろしイラスト。全員セーラー服をモチーフにした夏っぽいデザインの服を着ております。
  • プレゼントの当選者数は200名。欲しい人は郵便ハガキに応募券を貼り、必要事項を記入の上、ヤンマガのプレゼント係まで応募しましょう。締め切りは2012年6月26日(火)で、当日消印有効とのこと。詳細はヤンマガ今週号を買って確認してね。
▊ 特報① テレビアニメ化決定
テレビアニメ化正式決定!!
今冬放送開始
ドラマCDのラストで「アニメ化」と言ったっきり、ちょろちょろと
情報は出していたのですが、ついに皆さまへ正式にお伝えすることが
できました。監督、シリーズ構成、キャラクターデザインなど
スタッフも決まり、最強の布陣で、『みなみけ』
史上最高のアニメを作る所存です。
でも過度な期待はしないでね。
(特報①ページ[P.221]から)
  • 「みなみけ」アニメ4期がTVアニメであること、今冬放送スタートであること、そして主要スタッフの名前が発表された。監督は川口敬一郎氏、シリーズ構成は鴻野貴光氏、キャラクターデザインは鈴木豪氏、プロデューサーは山中隆弘氏で、4人の方々の短いコメントが掲載されている。
  • また、男性キャラ3名(保坂、タケルおじさん、藤岡)のキャラクターデザイン設定(線画)も同時公開された。保坂はイケメン度がアップし、藤岡は可愛らしい感じ。原作では老化が著しいタケルおじさんだけど、アニメ4期では華麗に若返ってるじゃん。
  • 鴻野氏のプロフィールが「最初の『みなみけ』アニメで保坂を担当した人」になってて吹いた。鴻野氏の保坂推しは有名で、その対象は「みなみけ」だけにとどまらない。シリーズ構成を担当したTVA版「今日の5の2」の第3話第5話第8話第11話には、保坂の蕎麦打ち、岡持、山登りネタを仕込んでいたほどだ。
  • シリーズ構成の鴻野氏は予想どおりの人選だったけど、川口監督は超意外!「ハヤテのごとく!(1期)」や「にゃんこい!」、OVA版「怪物王女」の監督として有名だけど、小生にとって川口作品といえば「月面兎兵器ミーナ」と「もえたん」ですわ。「ハヤテのごとく!」もそれなりに面白かったけど、やっぱり「ミーナ」と「もえたん」が川口監督の最高傑作だじぇ!ちなみに、カナ役の井上麻里奈さんがTVアニメ初主役を張ったのが「ミーナ」であります。
  • 唯一気になるのは、川口監督はパロとかネタに走る傾向がある件。はたして「みなみけ」ではどうなるのか?シリーズ構成が鴻野氏なので、大丈夫だとは思いますが・・・。
  • なお、ヤンマガ本誌には制作スタジオの情報は載っていないが、ヤンマガ公式サイトには「制作:feel.」と書かれている。
▊ 特報② コミックス第10巻(限定版)の特典はOAD
アニメDVD付き限定版 (3年ぶりに)
発売決定! 本日より予約受け付け開始!!
(特報②ページ[P.222]から)
  • 単行本・第10巻は2012年10月5日(金)に発売され、限定版には第6巻(初回限定版)以来となるOAD(オリジナルアニメDVD)が特典として付いてくる。価格は3,700円(税込)で、予約の締め切りは2012年8月28日(火)となっている。予約方法として①書店で注文、③インターネット(講談社公式サイト)で注文、③電話で注文が挙げられているが、Amazon等のネット書店でも予約を受け付けてますな。
  • OADは全5話収録で、次のエピソードがアニメ化されるもよう(リンク先はマンガ感想記事です)。アニメ向きの話が多いッスね!第192話は保坂オチなので、いかにも鴻野氏らしいチョイスだじょ!!
     第179話 「暑いからね」
    カナ・内田・吉野ちゃんのスク水回。
     第181話 「どことなく」
    マキがおにぎりに見えるよ回
     第185話 「魔法の言葉」
    ハロウィンのコスプレ回
     第189話 「フンイキ」
    速水先輩の高級ジュース再び回
     第192話 「気まぐれ」
    保坂の気まぐれサラダ回
  • 「今時、BDじゃなくてDVD?」と思ったけど、値段を抑えるための措置だろう。更に、近い将来「みなみけ」コンプリートBD-BOXを発売することも考慮して、敢えてDVDにしたのかもね。

第200話 『成功前夜』 ストーリー&感想

連載200回のカラー扉を見逃すな! 3ページ前から始まってるぞ!!
TVアニメ化とDVD付き単行本第⑩巻の情報、
カラー複製原画プレゼント企画が本編の前に
あります。お見逃しなく!!
(本編/扉ページ[P.223]のアオリ文)

連載200回目の奇跡。めでたいことが続くね。
(本編/扉ページ[P.223]の柱文)

奇跡と呼ぶにふさわしい出来事だ。けど、ちょっと盛り上がりすぎだぞ、バカ野郎!
(本編/2ページ目[P.224]の柱文)
  • 扉絵はジャージを着て鉄棒をしているチアキ。キャラの背後にスクリーントーンで描かれた空があるけど、背景付きの扉絵は初めてじゃないか。念のため過去の扉絵をチェックしてみたところ、第80話「態度には」で雨の中を走るトウマが描かれていた。ただし、雨は純然たる背景(静物)とは言えない。なので今回の「空」が背景第1号だと思う。チアキのジャージ姿は第90話「オレでよければ」以来かな。
  • ストーリーの方は連載200回にふさわしいハートフルな内容だ。3姉妹の絆を淡々と、ときにはユーモラスに綴っている。気が早いが、アニメ4期の最終回には もってこいの話だと思う。
▊ 逆上がり記念日
みなみけ 第200話 「成功前夜」
  • 「逆上がりができるようになりました!」――帰宅するなり破顔一笑で報告するチアキ(右図参照)。ハルカは妹の快挙を褒めるが、カナは疑いの眼差しを向けやがります。何しろチアキといえば運動音痴の代名詞みたいな人物。第90話「オレでよければ」で運動がダメである件が明かされている。そんなチアキが難易度の高い鉄棒種目=逆上がりをクリアしたなど、にわかには信じがたい。カナは「じゃあ今から公園行ってやってみせてよ」と挑発する。まあ当然やね。もちろんチアキも「おやすいご用だバカ野郎」と応じております。
  • 一方、ハルカ姉さまは同行したいのはやまやまだが、夕飯の準備があるため断念。代わりにお祝いの準備をすると言う。そしてパーティーだの逆上がり記念日だのと、話がどんどん大事になっていき、チアキはただならぬプレッシャーを受け始める・・・。
  • チアキが逆上がりに成功した様を魚に例えているが、「コイのように登る」発言は第9話「説明せよ」にも出て来た広島カープネタか?「シャケのように登る」の方はアニメ1期・第12話に出て来たチアキの夢(ふじおかがシャケを狩る場面)を思い出したじょ。
  • チアキの「バカ野郎」発言は第191話「鬼だもの」以来なので、ほぼ4ヶ月ぶり。連載200回記念の「バカ野郎」ですな。
  • そんなこんなで、カナとチアキは近所の公園にやってきた。カナは「さあ!見せてみろ!」とせっつくが、チアキは鉄棒を前にして浮かない表情だ。カナが攻勢を掛け、チアキが守勢に回るという珍しい光景である。ところが、カナは逆上がりに失敗した後のことまで考えていなかったようだ。チアキの失敗、それは即ち お祝い(豪華な夕飯)の中止を意味するというのに・・・。チアキの指摘でそれに気付いたカナは、頭を抱え始める。そして、「チアキ!絶対に成功してくれよ!1発で!」などと言い放ち、今さっきとは真逆の態度をとりやがります。実に現金なバカ野郎である。「1発で」と妙なルールを加えているが、よっぽど焦って混乱したのだろう。
  • 3ページ目(P.226)の最初にぶち抜き作画再び!第187話「感想をひとつ」第188話「こう見えて」第189話「フンイキ」に続き、今回が4回目となる。ただ、背景が無いせいか、せっかくのぶち抜きなのにコジャレナイ感が・・・。原稿用紙の右上に、タチキリで背景トーンを貼っておけば、もっと見映えがすると思うじょ!
  • カナとチアキが訪れた公園は、第188話「こう見えて」で雪合戦をした公園と思われる。第183話「かぶってる」で藤岡とヒトミちゃんが駆け込んだ公衆トイレも、この公園内にありそうだ。

▊ プレッシャーに弱い女
みなみけ 第200話 「成功前夜」
  • 満を持してのチアキの逆上がりは、ものの見事に失敗。よく見ると、チアキの鉄棒の握り方は順手ですな。最近の小学校では順手で指導してるのだろうか?逆手の方が力が入り、成功率が高いと思うけど・・・。
  • けっきょく、カナが1発ルールを課したため、その場での逆上がり再挑戦は無かったもよう。帰宅した二人はハルカに結果を報告する(右図参照)。逆上がり失敗を聞いたハルカは実に意外そうな表情だ。
  • 三姉妹はリビングに集まり、この後の対応を協議し始める。カナはパーティーの中止を主張するが、ハルカは「でも ごはんの準備しちゃったし」と言う。チアキは涙目になり「異常なプレッシャーのせいで・・・・」と弁明。まあ確かに1発ルールは相当なプレッシャーだよね。そんな妹の心情をくみ取らず、カナは「プレッシャーに弱い女だね」と追い打ちをかけやがります。あまつさえ「学校で成功したってのは・・・・もしかして夢だったりしないか・・・・?」と言い出す始末。これはヒドイ!
  • 「せめて もう一度チャンスをください!」と訴えかけるチアキ。その際、カナではなくハルカ姉さまに懇願している。せっかく姉さまが作ってくれた豪華な料理を無駄にはできないと考えたのだろう。ハルカもそれに応えてチアキを励まし、夕飯は成功の前祝いということになった。カナもそれには大賛成。さっきまでの主張は何処へやら。本当、現金なやっちゃのぉ。ハルカ姉さまが用意した豪華な夕飯(P.229の3コマ目)は、ちらし寿司ですかね?
  • 前祝いを平らげたチアキは「今ならやれる気がする!」、モチベーションもアップ。3姉妹揃って公園に向かうこととなる。公園到着後、逆上がりに再挑戦するチアキ。だがしかし、前祝いが完全に裏目に出てしまい、お腹が重くて身体が上がらない・・・。カナの発案で、腹ごなしのランニング後に再々挑戦してみたが、今度は疲れて上がらない・・・。姉さまからのアドバイスで、チアキはベンチに座り一休みするが、満腹&疲労で眠気を覚えたようだ。隣に座った姉さまの肩にもたれかかり、そのまま熟睡してしまう。姉さまはチアキを起こさず背中におぶり、帰宅の途へとつくのだった。「明日は うまくいくといいな」「そしたら明日もごちそうだ」――カナの締めのセリフに全俺が泣いた。

姉2人の優しさがチアキの心理的ダメージを和らげる。夢の中では逆上がり200回ぐらいできたかな?
(本編/最終ページ[P.230] 小口側の柱文)
  • 一括りに「優しさ」と言っても、ハルカ姉さまとカナの優しさは対照的だよね。ハルカ姉さまの方は母性的な「慈愛の優しさ」で、カナの方は突き放した感がある「無情の優しさ」かな。

次回掲載号

次回登場は7/2発売号。アニメ情報は随時お伝えしていきます。
(本編/最終ページ[P.230] 地側の柱文より)
ということで、次回の「みなみけ」はヤンマガ7月2日発売号(No.31)に掲載されます。
3姉妹の設定画 はよ!

【関連記事】
■ [マンガ感想] みなみけ 第199話 「見てないもの」
■ [マンガ感想] みなみけ 第201話 「忘れずに」
■ [レビュー] みなみけ 第9巻 (初回限定版・通常版) (単行本のレビュー)
■ [レビュー] みなみけ 第9巻(初回限定版) ドラマCD・キャラソンCD
■ [レビュー] ねんどろいどぷらす ぬいぐるみシリーズ みなみけ 南千秋
■ [レビュー] みなみけ ふじおかぬいぐるみ(りあるさいず)
■ [レビュー] 桜場ワールド2012年カレンダー
■ 【第2回】 みなみけ(原作) キャラクターの本編登場回数 調査
■ 【第2回】 みなみけ(原作) キャラクターの扉絵登場回数 調査
■ みなみけ(原作) ケイコがメガネを外した場面まとめ
■ みなみけ(原作) 速水先輩が開眼した場面まとめ
■ みなみけ(原作) モブキャラに関するまとめ
■ 「みなみけ」「今日の5の2」「そんな未来はウソである」関連記事まとめ (関連記事の全目録

■ 月面兎兵器ミーナ 設定資料集を入手
■ 月面兎兵器ミーナ 汁実BOX 【完全初回限定生産】 を購入
■ 「ハヤテのごとく!」と「もえたん」で見れる「月面兎兵器ミーナ」ネタのまとめ
■ [壁紙制作] もえたん(黒威すみ)

【関連サイト】
■ DVD付き「みなみけ」限定版公式サイト (講談社 特設サイト)
■ みなみけ (StarChild アニメ公式)
■ みなみけ (Wikipedia)



 
   
スポンサーサイト

| みなみけ | この記事のURL | comments:12 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT

ついに!ついに情報が出ましたね!
制作がfeelとのことですが(あまり詳しくない)脚本がしっかりしていればそう酷くはならないのではないかなあと。
とにかく楽しみです。秋くらいからラジオも始まりますかね?

| 名無し | 2012/06/21 | URL

>鴻野氏のプロフィールが「最初の『みなみけ』アニメで保坂を担当した人」になってて吹いた。

同じくwしかし、みなみけ的には、これ以上ない紹介文だと思いますw
これでとりあえず、原作なぞっているのに、ネタの解釈がおかしなことになって、なんだか微妙、というやりきれない事態だけは、回避されることが確定しましたね。
やれやれです、ふぅ。

>シリーズ構成の鴻野氏は予想どおりの人選だったけど、川口監督は超意外!

そうですね。
結局、ゆるゆりチームとのスケジュール調整が難航した、ということなのでしょうか。

>唯一気になるのは、川口監督はパロとかネタに走る傾向がある件。

この作品は、パロディとの親和性が激しく悪い作品ですので、空気読んでくれることを祈ります。
とにかく、パロじゃない笑いに関しては、大丈夫なんじゃないかと。私も、もえたん好きですしw

しかし、みなみけほど制作スタジオ選定に翻弄された作品は、過去にも無いですよね。
こう、やっちゃったので代わった、というのであれば、幾つか例がありますが、上手くやったのに外す、という例はこれだけだと思います。
さらに、やっちゃったほうを続投させるというのも、例が無いでしょう。ぶっちゃけあり得ませんもんw
リベンジさせるのはいいとして、何故同じ作品でw所謂どん判というやつですよね。

結局、制作スタジオ及びスタッフの適正を考査する、という仕事ができなかった、スターチャイルドの責任が重大、ということですね。
二社競作というのも、スタチャ製作で過去にありましたが、みなみけは、これが最悪の結果になった、という訳で。
とにかく、中央高速のインターチェンジにあるっぽい御名前のエライ人がいなくなったりなどしない限り、スターチャイルドに対する不信感は、そう簡単にぬぐえそうにないです、はい。
今では新作情報で、製作スタチャが判明すると不安になります、何か変なことにならないかと。

OADに189話が入っているのはニヤリw
放送コードを気にせずにできますねw


>「異常なプレッシャーのせいで・・・・」と弁明。まあ確かに1発ルールは相当なプレッシャーだよね。

プレッシャーに弱いチアキは可愛かったですね(*´Д`*)
あと、この話は、日常系と称されるみなみけに、実は少ないあるあるネタでもあると思います。

>一括りに「優しさ」と言っても、ハルカ姉さまとカナの優しさは対照的だよね。ハルカ姉さまの方は母性的な「慈愛の優しさ」で、カナの方は突き放した感がある「無情の優しさ」かな。

「チアキを可愛がってください」
と言われたら、ハルカ姉さまは、ナデナデしたりお菓子作ってあげたり…
カナは、一緒に遊びそうですよねwで、お前の方が楽しんでないか?と突っ込まれるようなw
こんな感じですよね。
このあたりの機微を、よくわかってる鴻野氏起用が確定して、心底ほっとしてます。

あとは背景美術を、原作が無理なく再現できるカタチに戻してもらうこと。
そしてパロネタは自重してくださいお願いします、今現在はこんな感じでしょうかw

| 長男 | 2012/06/21 | URL

気になっていたシリーズ構成は鴻野さんですね!シナリオに期待したいです

監督の川口さんの作品は絶チルと最近のまよチキ!くらいしかわからないです
アイキャッチに特徴があったような・・・

藤岡のキャラデザは可愛い感じですねw三姉妹が気になりますなあ

あと三姉妹役のコメントではただいまただいま言ってるのが気になりましたw

来るべき10月、冬を楽しみに待ちたいと思います


コイのように登る・・・のところの千秋の表情とポーズがイイですね!

| 将大 | 2012/06/21 | URL

◆名無しさんへ

> ついに!ついに情報が出ましたね!

いや~長かったですね。
講談社の他のアニメと比べると、情報公開の遅さが際立っています。
色々と大人の事情があったのかもしれませんね。


> 制作がfeelとのことですが(あまり詳しくない)脚本がしっかりしていればそう酷くはならないのではないかなあと。
> とにかく楽しみです。秋くらいからラジオも始まりますかね?

川口監督がパロを自重してくれれば、シリーズ構成が鴻野氏なので、脚本で破綻することは無いと思います。たぶん・・・
アニメのスタートが1月だとすると、ラジオの方も同時期ですかね。

| 三四郎. | 2012/06/21 | URL

◆長男さんへ

> >鴻野氏のプロフィールが「最初の『みなみけ』アニメで保坂を担当した人」になってて吹いた。
>
> 同じくwしかし、みなみけ的には、これ以上ない紹介文だと思いますw
> これでとりあえず、原作なぞっているのに、ネタの解釈がおかしなことになって、なんだか微妙、というやりきれない事態だけは、回避されることが確定しましたね。
> やれやれです、ふぅ。

鴻野氏お一人で全話書くのか、あおしま氏ほかの無印チームも参加するのか、続報に期待したいです。


> >シリーズ構成の鴻野氏は予想どおりの人選だったけど、川口監督は超意外!
>
> そうですね。
> 結局、ゆるゆりチームとのスケジュール調整が難航した、ということなのでしょうか。

大人の事情のような気がします。
スタチャ的に、最大限妥協できる落としどころが、シリーズ構成・鴻野氏だったのではないかと・・・。
ヤンマガ編集部からの強い推しもあったかもしれませんね。


> >唯一気になるのは、川口監督はパロとかネタに走る傾向がある件。
>
> この作品は、パロディとの親和性が激しく悪い作品ですので、空気読んでくれることを祈ります。
> とにかく、パロじゃない笑いに関しては、大丈夫なんじゃないかと。私も、もえたん好きですしw

DVD/BDの特典映像でやる分にはOK、いやむしろ見てみたいのですが、本編では自重して欲しいですねw


> しかし、みなみけほど制作スタジオ選定に翻弄された作品は、過去にも無いですよね。
> こう、やっちゃったので代わった、というのであれば、幾つか例がありますが、上手くやったのに外す、という例はこれだけだと思います。
> さらに、やっちゃったほうを続投させるというのも、例が無いでしょう。ぶっちゃけあり得ませんもんw
> リベンジさせるのはいいとして、何故同じ作品でw所謂どん判というやつですよね。

高校美術科を舞台にした日常系アニメと比べると、実に対照的ですw
あっちもアニメ4期が決まってますが、スタッフはほぼ一貫してますよね~


> 結局、制作スタジオ及びスタッフの適正を考査する、という仕事ができなかった、スターチャイルドの責任が重大、ということですね。
> 二社競作というのも、スタチャ製作で過去にありましたが、みなみけは、これが最悪の結果になった、という訳で。
> とにかく、中央高速のインターチェンジにあるっぽい御名前のエライ人がいなくなったりなどしない限り、スターチャイルドに対する不信感は、そう簡単にぬぐえそうにないです、はい。
> 今では新作情報で、製作スタチャが判明すると不安になります、何か変なことにならないかと。

そういえば放送枠はどうなるんですかね?
テレ東のスタチャ枠消えちゃったし、独立系放送局(旧U局)とかBS11あたりかな??


> OADに189話が入っているのはニヤリw
> 放送コードを気にせずにできますねw
>

謎の缶はTVでは放送できませんよねw


> >「異常なプレッシャーのせいで・・・・」と弁明。まあ確かに1発ルールは相当なプレッシャーだよね。
>
> プレッシャーに弱いチアキは可愛かったですね(*´Д`*)
> あと、この話は、日常系と称されるみなみけに、実は少ないあるあるネタでもあると思います。

本人よりも周りが異様に盛り上がる、典型的なあるある話ですね。


> >一括りに「優しさ」と言っても、ハルカ姉さまとカナの優しさは対照的だよね。ハルカ姉さまの方は母性的な「慈愛の優しさ」で、カナの方は突き放した感がある「無情の優しさ」かな。
>
> 「チアキを可愛がってください」
> と言われたら、ハルカ姉さまは、ナデナデしたりお菓子作ってあげたり…
> カナは、一緒に遊びそうですよねwで、お前の方が楽しんでないか?と突っ込まれるようなw
> こんな感じですよね。
> このあたりの機微を、よくわかってる鴻野氏起用が確定して、心底ほっとしてます。

第200話は最終回向きの話ですが、鴻野氏がシリーズ構成なので、最終回の一つ前になりそうな気がしてきました。


> あとは背景美術を、原作が無理なく再現できるカタチに戻してもらうこと。
> そしてパロネタは自重してくださいお願いします、今現在はこんな感じでしょうかw

御意に。
南家マンションの間取りも、9巻ドラマCDみたいに1期に(一気に)戻る可能性が高まりましたね!

| 三四郎. | 2012/06/21 | URL

◆将大さんへ

> 気になっていたシリーズ構成は鴻野さんですね!シナリオに期待したいです

「みなみけ」の原作ストックは潤沢にありますが、鴻野氏がシリーズ構成していた「今日の5の2」みたいに、アニメオリジナル話も見てみたいですね。


> 監督の川口さんの作品は絶チルと最近のまよチキ!くらいしかわからないです
> アイキャッチに特徴があったような・・・

アイキャッチにはネタを仕込みそうな予感!!


> 藤岡のキャラデザは可愛い感じですねw三姉妹が気になりますなあ

藤岡は中学の制服を着ていないと、小学生に見えなくもありませんw


> あと三姉妹役のコメントではただいまただいま言ってるのが気になりましたw

4期のタイトルが「みなみけ ただいま」?


> 来るべき10月、冬を楽しみに待ちたいと思います

10巻のOADまで、あと3ヶ月ちょっとですね。
今気になるのは、OADに新OP/EDが先行して入るのか否かという点。


> コイのように登る・・・のところの千秋の表情とポーズがイイですね!

今回の話は、チアキがいつもより可愛らしく描かれてましたね。

| 三四郎. | 2012/06/21 | URL

まずは最悪の事態にならなくて安堵しました。

>鴻野氏のプロフィールが「最初の『みなみけ』アニメで保坂を担当した人」
個人的にはこの紹介の仕方はちょっと気に入らないんですよね。保坂のために鴻野氏を起用しました、と言っているような気がして。

TVA[今日の5の2」のシリーズ構成や8巻9巻のドラマCDなどを並列で紹介して「桜場作品とは縁が深い方」と言う感じの紹介の方が良かったかなぁ、なんて思ったりしました。

>川口監督はパロとかネタに走る傾向がある件
正直これのせいで川口監督へのイメージはそれほど良くないんですよね。ただ1期や3期のようなショートストーリー集合型作品の経験があるのは安心できるのですが・・・。

>シリーズ構成が鴻野氏なので、大丈夫だとは思いますが・・・。
しっかり抑えてくれることを祈りたいです。あと問題は鴻野氏がチームのほかのメンバーをきちんと呼べるかと今までのシリーズ並のネット放映できるか(私が住んでいる地域でも放映してくれるかどうか)って所でしょうね。

余談になりますが、この間「ジュエルペット」を見ていたら小野大輔さんが突然サンマソングを歌いだして、「お前は保坂か!」とか突っ込んでたら、脚本が杉原研二さんで吹いたのと同時にものすごく納得しました。今回のみなみけにもぜひ登板をして欲しい!

>奇跡と呼ぶにふさわしい出来事だ。けど、ちょっと盛り上がりすぎだぞ、バカ野郎!
チアキの逆上がり成功を奇跡と言いきるこの言い方は意外とひどい。

>「学校で成功したってのは・・・・もしかして夢だったりしないか・・・・?」
体育の授業で成功したのなら内田や吉野やマコトなどの証人がいるけれど、個人練習で成功したとするなら・・・。でも確かにこの言い方は輪をかけてひどい!

>「明日は うまくいくといいな」「そしたら明日もごちそうだ」
相手も思いやりつつ、自分の欲求も忘れない。実にカナらしい言い回しだと思います。

最後にTVアニメのパイロットフィルムとも言うべき10月OADの出来を期待して待ちたいと思います。

| shige | 2012/06/21 | URL

◆shigeさんへ

> まずは最悪の事態にならなくて安堵しました。

御意に!

> >鴻野氏のプロフィールが「最初の『みなみけ』アニメで保坂を担当した人」
> 個人的にはこの紹介の仕方はちょっと気に入らないんですよね。保坂のために鴻野氏を起用しました、と言っているような気がして。
> TVA[今日の5の2」のシリーズ構成や8巻9巻のドラマCDなどを並列で紹介して「桜場作品とは縁が深い方」と言う感じの紹介の方が良かったかなぁ、なんて思ったりしました。

ウケ狙いの出オチ的紹介文で、他意は無いと思うのですが、ヤンマガ的にはドラマCDにも触れておいた方が親切でしたね。


> >川口監督はパロとかネタに走る傾向がある件
> 正直これのせいで川口監督へのイメージはそれほど良くないんですよね。ただ1期や3期のようなショートストーリー集合型作品の経験があるのは安心できるのですが・・・。

本編では自重して、DVD/BD特典映像ではしゃいで欲しいですね。
監督はアツコ推しということなので、アツコのイメージビデオ的なものを希望!


> >シリーズ構成が鴻野氏なので、大丈夫だとは思いますが・・・。
> しっかり抑えてくれることを祈りたいです。あと問題は鴻野氏がチームのほかのメンバーをきちんと呼べるかと今までのシリーズ並のネット放映できるか(私が住んでいる地域でも放映してくれるかどうか)って所でしょうね。

BS11にスタチャ枠があるので、確証はありませんが衛星でも放送すると思いますよ。


> 余談になりますが、この間「ジュエルペット」を見ていたら小野大輔さんが突然サンマソングを歌いだして、「お前は保坂か!」とか突っ込んでたら、脚本が杉原研二さんで吹いたのと同時にものすごく納得しました。今回のみなみけにもぜひ登板をして欲しい!

小野Dといえば、「Aチャンネル」BD4巻のオーディオコメンタリーで、「佐藤先生みたいな片思いキャラが多い。二枚目なんだけど、自分の好きな人に絶対振り向いてもらえない、会話すらできない」と語ってて、思わず「保坂のことか!」とツッコミを入れたくなりましたw


> >奇跡と呼ぶにふさわしい出来事だ。けど、ちょっと盛り上がりすぎだぞ、バカ野郎!
> チアキの逆上がり成功を奇跡と言いきるこの言い方は意外とひどい。

「奇跡」よりも「神のはからい」と言った方が、「みなみけ」っぽいかもしれませんね。


> >「学校で成功したってのは・・・・もしかして夢だったりしないか・・・・?」
> 体育の授業で成功したのなら内田や吉野やマコトなどの証人がいるけれど、個人練習で成功したとするなら・・・。でも確かにこの言い方は輪をかけてひどい!

チアキが「そんな気がしてくるぞ!」と反論してますが、記憶のゲシュタルト崩壊?


> >「明日は うまくいくといいな」「そしたら明日もごちそうだ」
> 相手も思いやりつつ、自分の欲求も忘れない。実にカナらしい言い回しだと思います。
>
> 最後にTVアニメのパイロットフィルムとも言うべき10月OADの出来を期待して待ちたいと思います。

OADは4期を占う試金石になりそうですね。

| 三四郎. | 2012/06/22 | URL

こんにちは
200回めでたいですな
扉絵も(あの気難しいチアキの)笑顔なので、とてもめでたいです。

>南家3姉妹のカラー描き下ろしイラスト
ハルカ姉さま、丈が短いです。
チアキのスカートがヒラヒラしそうです。
カナの脚がニョッキリ健康的です。
つまり三姉妹の脚が素敵過ぎるイラストです!
コハル先生の描く脚は素敵です!

>川口作品
うう、存じ上げない作品が多いです。
「もえたん」はたまたま観たことがあります。たしかにパロディだらけでしたね。。。割と無節操な。
OVA怪物王女は内田が人狼で吉野が吸血鬼!本編は真面目ですが、おまけアニメがパロディ満載で吹きましたw(まあ、原作もホラー映画や古典漫画etcを元ネタにしているわけですが)
みなみけにはパロディ似合わないと思うので、うまくコントロールされることを期待します。

>OADは全5話収録
放送1回分以上の量のエピソードが投入されましたね。豪勢だなオイ!
関係ないですが、『みなみけ べつばら』から3年も経過していたことに驚きました。ついこないだのような気でいたのに、おおお恐ろしい・・・
とりあえずハロウィン回が楽しみです。

>アニメ4期の最終回には もってこいの話だと思う。
ですにゃあ。3期の最終回にもハートフルなエピソードがチョイスされてましたものね。

>チアキの鉄棒の握り方は順手ですな。
そうそう、最初は逆手で教わった覚えがあります。

>ハルカ姉さまの方は母性的な「慈愛の優しさ」
もう、今回のハルカ姉さまは完全におかあさんでしたw

またまた関係ないですが、1ページ目で逆上がり成功の報告をするチアキのポーズが、右のページのふじおかとシンクロしてて吹きました。や、桜葉流バンザイポーズが偶然被っただけだと思いますがw

| ヒツジ | 2012/06/25 | URL

◆ヒツジさんへ

> こんにちは
> 200回めでたいですな
> 扉絵も(あの気難しいチアキの)笑顔なので、とてもめでたいです。

今回は扉絵自体がプロローグになってますね。
「みなみけ」には時々、扉絵オチがありますが、扉絵が序章になるのは珍しいかも。


> >南家3姉妹のカラー描き下ろしイラスト
> ハルカ姉さま、丈が短いです。
> チアキのスカートがヒラヒラしそうです。
> カナの脚がニョッキリ健康的です。
> つまり三姉妹の脚が素敵過ぎるイラストです!
> コハル先生の描く脚は素敵です!

もし来年もカレンダーが発売されるなら、是非このイラストを採用して欲しいッス!


> >川口作品
> うう、存じ上げない作品が多いです。
> 「もえたん」はたまたま観たことがあります。たしかにパロディだらけでしたね。。。割と無節操な。
> OVA怪物王女は内田が人狼で吉野が吸血鬼!本編は真面目ですが、おまけアニメがパロディ満載で吹きましたw(まあ、原作もホラー映画や古典漫画etcを元ネタにしているわけですが)
> みなみけにはパロディ似合わないと思うので、うまくコントロールされることを期待します。

川口監督のパロ魂は、アニメ本編では自重してもらって、DVD/BDの特典映像に注ぎ込んで欲しいですね。「みなみけ」と川口作品は声優さんがけっこう被ってるので、ネタとして使えそう。女子中学生アナウンサーのカナとか、ハルカ姉さまがバイトで郵便配達とか、色々とできそうですw


> >OADは全5話収録
> 放送1回分以上の量のエピソードが投入されましたね。豪勢だなオイ!
> 関係ないですが、『みなみけ べつばら』から3年も経過していたことに驚きました。ついこないだのような気でいたのに、おおお恐ろしい・・・
> とりあえずハロウィン回が楽しみです。

小生もハロウィン回が一番楽しみです。


> >アニメ4期の最終回には もってこいの話だと思う。
> ですにゃあ。3期の最終回にもハートフルなエピソードがチョイスされてましたものね。

あおしま氏がシリーズ構成だったら、第200話は最終回1つ前にしそうですね。
一方、鴻野氏は「今日の5の2」でハートフル最終回にしていたので、第200話を使うかも。


> >チアキの鉄棒の握り方は順手ですな。
> そうそう、最初は逆手で教わった覚えがあります。

「逆手は手を痛める恐れがある」とかで、最近は順手で教える学校が多いみたい。


> >ハルカ姉さまの方は母性的な「慈愛の優しさ」
> もう、今回のハルカ姉さまは完全におかあさんでしたw

御意に!

> またまた関係ないですが、1ページ目で逆上がり成功の報告をするチアキのポーズが、右のページのふじおかとシンクロしてて吹きました。や、桜葉流バンザイポーズが偶然被っただけだと思いますがw

今回、ふじおか1号の出番が無かったので、存在をアピールしてるようにも見えますw

| 三四郎. | 2012/06/26 | URL

最近多忙でしたので反応が遅れましたが…

万 歳 !!!

制作はFeel.!!!

もう待てません!www

| tyrant | 2012/07/01 | URL

◆tyrantさんへ

> 制作はFeel.!!!
>
> もう待てません!www

Feel.は美少女作画に定評ありますよね。
現在の原作をベースにキャラデザしてくれるといいなぁ~。

| 三四郎. | 2012/07/01 | URL













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/798-d1e53cd8

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事