前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

[マンガ感想] 女子高生Girls-Live 12時限目 『Girls-LUNCH BATTLE』 (コミックハイ! 2012年6月号)

コミックハイ! 2012年6月号(VOL.86)に掲載されている「女子高生Girls-Live」12時限目『Girls-LUNCH BATTLE』の感想です。

コミックハイ! 2012年6月号(VOL.86) 「女子高生Girls-Live」12時限目『Girls-LUNCH BATTLE』

以下、マンガの内容に触れていますので、未読の方はご注意ください。



女子高生Girls-Live 12時限目 『Girls-LUNCH BATTLE』

ストーリー&感想

弁当派は知らない
女子高の恐るべき真実!?

(扉ページ[P.53]のアオリ文)

バカ弁ターイム!?
(2ページ目[P.54]の柱文)
  • 12時限目は全16ページでカラーページは無し。本作は通常24ページだけど、今回8ページ少ないのは単行本化のためのページ数調整と思われ(詳細後述)。ストーリーの方は学園モノの定番ネタ、昼飯争奪戦をテーマにしている。そういえば、前作「女子高生Girls-High」にも19時限目『昼飯戦争』というエピソードがあったよね。
▊ 昼食戦争
「女子高生Girls-Live」12時限目『Girls-LUNCH BATTLE』
  • とある日の咲女・高一蘭。午前中の授業が終了し、昼食タイムに突入。トンチキ軍団の3人は昼飯持参派のようで、三者三様の個性的なメニューだ。花子はドカ弁の山盛りオムライス。いったいどうやって持ってきたんだ?亜季子は食欲が失せそうなキモイ見た目のアウトロー弁当ならぬデコ弁。これはるん@Aチャンネルのキャラ弁といい勝負だわ(笑)。真理子は胸が大きくなりすぎて困っているため、ヨーグルトだけダイエットだという。そればかりか胸を小さくするため、ブラを着けずに爆乳を「ばるんっばるんっ」揺らしまくっております。逆効果だとも知らずに・・・。彼女は現在Fカップだけど、これを続けたらGカップになりそうな予感!(*´Д`*)
  • 昼食を済ませた花子たちが図書室へ。するとそこにはトンチキ内部チームの美波と真紀がいた。美波はテーブルに突っ伏し、ひどく落ち込み、それを真紀が慰めている。花子が理由を尋ねたところ、「負けてしまったんだ昼食戦争に・・・!」と悔しがる美波(右図参照)。4時間目の授業が長引き、購買部に昼食を買いに行ったら全て売り切れだったらしい。ふと花子が周囲を見渡すと、昼食戦争の敗者たちがそこかしこで呻き声をあげていた。
  • 「商売になる!」――唐突に叫ぶ花子。これまで数々の迷企画を生み出してきた彼女の脳裏に、新たなアイデアが浮かんだもよう。今度はクッキング部やスイーツ部などの料理系クラブに昼飯を作らせ、それを昼休みに売る魂胆だ。前作の香田や絵里子たちとは発想のベクトルが全然違いますな。
  • 思い立ったが吉日、善は急げならぬ膳は急げということなのだろう。ただちに行動に移す花子。食べ物関係の部活へ交渉に向かうが、その道すがら家庭科部の部員募集ポスターが目に飛び込んできた。花子たちトンチキ軍団は、とりあえず家庭科部が活動している調理室を訪れるが・・・。

▊ 家庭科部とビジネス交渉
「女子高生Girls-Live」12時限目『Girls-LUNCH BATTLE』
  • 調理室では10名弱の家庭科部員たちが 料理作りに取り組んでいた。その中には高一蘭のクラスメイトにして自治委員の田中カナの姿も!(ちなみにカナは家庭科部副部長) これはまさに渡りに船。花子は大喜びでカナの胸の中に飛び込んじゃいます。その際、ネコミミ&尻尾を着けて猫に擬人化した姿でキャワワ 不覚にも萌えてしまった。
  • 花子はさっそくビジネスの交渉を開始。しかし、カナは花子の計画を悪だくみと断じ、食品衛生法まで持ち出して突っぱねるありさま。もっとも、その程度のことで花子があきらめる筈もない。「これは咲女全生徒の救いの道なんだぞ!?」と大上段に構えた物言いでカナを叱り飛ばし、共働きで弁当を作れない家庭がどうのこうのという演説をぶちまける。根が真面目なカナは まんまとそれに乗せられ、花子のビジネスに協力することに(右図参照)。
  • その翌日。昼飯作りの仕込み作業のため、花子やカナたち4人は朝早くに登校。食材は花子・亜季子・真理子3名がそれぞれに持ち寄ったのだが、花子と亜季子が用意したモノはに関係したグロいものばかり。とても料理に使える代物ではない。そんな中、唯一まともだったのは真理子が持ってきた素麺や缶詰めのセット(お中元の品)。弁当の食材としてはそぐわないが、花子たちはそれを逆手にとり、麺類メニューを用意すべく仕込みに着手するが・・・。
  • はい、ストーリー紹介はここまで。この先の話はコミックハイ!6月号でご確認くだされ。
次回 カナの徹底指導が飢えた娘たちを救う!?
(最終ページ[P.68]の柱文)
  • (・∀・ )エ? この話まだ続くの!?と思ったけど、花子の反応見ると本当に続きそう。今回はベタな終わり方だったけど、次回以降の展開はまったく読めないッス。

単行本 第2巻のストックが貯まる

今回の話で、数字上はコミックス第2巻のストックが貯まりました(下表参照)。累積ページ数は第1巻とピッタリ同じ146頁。今月の「コミックハイ!」には単行本に関する情報が載っていなかったけど、来月号では発表されるかな?

巻数 話数 サブタイトル
(リンク先は感想記事)
掲載誌 頁数 累積
1 0 Girls-High 単行本描き下ろし 10 146(※1)
1 Girls-Love COMICすもも VOL.1 20
2 Girls-Vibration COMICすもも VOL.2 24
3 Girls-NAIBU COMICすもも VOL.3 24
4 Girls-The North Wind and the Sun COMICすもも VOL.5 20
5 Girls-Sports Festival COMICすもも VOL.6 24
6 Girls-Re Debut COMICすもも VOL.7 24
2
(予定)
7 Girls-Job COMICすもも VOL.8 24 146
8 Girls-IKEMEN☆PARADISE COMICすもも VOL.9 24
9 Girls-After Festival COMICすもも VOL.10(※2) 24
10 Girls-Memory 24
10.5 Girls-Petit Fes. COMICすもも VOL.11 8
11 Girls-Don't break time コミックハイ! VOL.85 26
12 Girls-LUNCH BATTLE コミックハイ!VOL.86 16
※1 単行本の総扉、挿絵、巻末おまけ漫画などのページは含みません。
※2 COMICすももVOL.10では一挙に2話掲載されました。

次号発売日

次号、コミックハイ!7月号(VOL.87)の発売日は6月22日(金)です。

【関連記事】
■ [マンガ感想] 女子高生Girls-Live 11時限目 『Girls-Don't break time』 (コミックハイ! 2012年5月号)
■ [マンガ感想] 女子高生Girls-Live 13時限目 『Girls-Co Buy Boo』 (コミックハイ! 2012年7月号)
■ [マンガ感想] 女子高生Girls-High スペシャル読み切り (漫画アクション2011年No.21)
■ [マンガ感想] 女子高生Girls-High スペシャル読み切り (コミックハイ!2011年11月号)
■ [レビュー] 女子高生 バカ軍団波乱の修学旅行 準備編・上陸編
■ [レビュー] バステティシャン (マンサンコミックス)
■ [壁紙制作] 女子高生GIRL'S-HIGH (自作壁紙1枚目~9枚目)
■ 女子高生GIRL'S-HIGH 自作壁紙 10枚目
■ 女子高生Girls-High 鈴木由真の一人称に関する考察
■ 女子高生GIRL'S-HIGH(アニメ版) 鈴木由真の一人称に関する考察


【関連サイト】
■ TOWA OSHIMA official website TOWA OSHIMA official website (大島永遠先生 公式サイト)
■ TVアニメ「女子高生 GIRL’S-HIGH」 TVアニメ「女子高生 GIRL’S-HIGH」 (アニメ公式サイト)
■ WEBコミックハイ! (双葉社)
■ 女子高生 (Wikipedia)



コミックハイ! Vol.86 2012年 6/22号 [雑誌]
コミックハイ! Vol.86 2012年 6/22号 [雑誌]
  コミックハイ! Vol.85 2012年 5/21号 [雑誌]
コミックハイ! Vol.85 2012年 5/21号 [雑誌]
  女子高生Girls-Live(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))
女子高生Girls-Live(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))
  バステティシャン (マンサンコミックス)
バステティシャン (マンサンコミックス)
スポンサーサイト

| 女子高生GIRL'S-HIGH | この記事のURL | comments:0 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/787-d28a5acb

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事