前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

【第2回】 みなみけ(原作) キャラクターの本編登場回数 調査

【第2回】キャラクターの扉絵登場回数調査につづき、マンガ本編の登場回数も調べてみました。2年半前の調査ではカナが1位でしたが、はたして今回もトップを維持できたのか!?

【第2回】 みなみけ(原作) キャラクターの本編登場回数調査



はじめに

調査の範囲、集計方法等は以下のとおりです。
  • 調査範囲は第1話『ホットケーキにしましょう』第197話「もう1回」です。2012年5月22日現在、「みなみけ」の最新話は第198話『私のほうが!』ですが、第197話までがコミックス第10巻の収録範囲と思われるため、第198話は対象外にしました。
  • 次の作品は調査対象から外しました。
    1. コミックス第1巻の巻頭描きおろしマンガ。
    2. コミックス第2巻(限定版)の特典「桜場コハルSpecial Booklet」に収録されている氏家ト全先生とのコラボ漫画『みなみけも妹も思春期』。
    3. 今日の5の2宝箱(DVD付き漫画文庫)に掲載されている描きおろしコラボ漫画『今日のみなみけ』。
    4. 週刊ヤングマガジン2010年No.29に掲載されたヤンマガ30周年記念 合作マンガ『アゴなしゲンと30周年物語』。
  • 女装キャラ(マコちゃん、アキちゃん)は、オリジナルのキャラとは別に集計してあります。
  • 一部のモブキャラ、人間以外のキャラ(天使・悪魔チアキ、ふじおか1号・2号など)も調査対象です。

調査結果

キャラクター別のマンガ本編登場回数の調査結果です。ランキングおよび単行本・巻数ごとの変動をまとまてあります。

【第2回】マンガ本編登場回数ランキング

  • 調査結果をもとに、登場回数の多い順でランク付けしてみました。順位の他に、前回順位、変動、登場回数、登場率、最初に登場した回および直近の回の任意の1コマを掲載してあります。



キャラ




(%)
本編の1コマ
初登場の回 直近の回
1 1 南夏奈
(カナ)
172 87.3 みなみけ(原作)から引用
第1話『ホットケーキにしましょう』
みなみけ(原作)から引用
第197話『もう1回』
2 2 南千秋
(チアキ)
165 83.8 みなみけ(原作)から引用
第1話『ホットケーキにしましょう』
みなみけ(原作)から引用
第197話『もう1回』
3 3 南春香
(ハルカ)
145
73.6 みなみけ(原作)から引用
第1話『ホットケーキにしましょう』
みなみけ(原作)から引用
第197話『もう1回』
4 5 内田ユカ 71 36.0 みなみけ(原作)から引用
第13話『天才だもん』
みなみけ(原作)から引用
第195話『さあ名探偵』
5 4 南冬馬
(トウマ)
70 35.5 みなみけ(原作)から引用
第40話『意地をはってる』
みなみけ(原作)から引用
第195話『さあ名探偵』
6 5 藤岡 55 27.9 みなみけ(原作)から引用
第2話『お手紙』
みなみけ(原作)から引用
第192話『気まぐれ』
7 8 吉野 49 24.9 みなみけ(原作)から引用
第3話『おかしな事』
みなみけ(原作)から引用
第195話『さあ名探偵』
8 7 マキ 41 20.8 みなみけ(原作)から引用
第4話『不満だらけ』
みなみけ(原作)から引用
第194話『勝手なイメージ』
9 13 ふじおか1号 34 17.3 みなみけ(原作)から引用
第26話『ふじおかの意志』
みなみけ(原作)から引用
第191話『鬼だもの』
10 12 南ナツキ 33 16.8 みなみけ(原作)から引用
第49話『向こうの南さん家』
みなみけ(原作)から引用
第193話『どういうものか』
11 10 ケイコ 32 16.2 みなみけ(原作)から引用
第6話『点で勝負』
みなみけ(原作)から引用
第194話『勝手なイメージ』
12 13 マコト 31 15.7 みなみけ(原作)から引用
第3話『おかしな事』
みなみけ(原作)から引用
第195話『さあ名探偵』
13 9 マコちゃん 30 15.2 みなみけ(原作)から引用
第29話『似合─う』
みなみけ(原作)から引用
第191話『鬼だもの』
14 10 アツコ 27 13.7 みなみけ(原作)から引用
第4話『不満だらけ』
みなみけ(原作)から引用
第194話『勝手なイメージ』
15 17 保坂 26 13.2 みなみけ(原作)から引用
第8話『バレー部に入ろう』
みなみけ(原作)から引用
第192話『気まぐれ』
16 15 リコ 24 12.2 みなみけ(原作)から引用
第23話『仲良くしましょう』
みなみけ(原作)から引用
第194話『勝手なイメージ』
17 速水 24 12.2 みなみけ(原作)から引用
第8話『バレー部に入ろう』
みなみけ(原作)から引用
第192話『気まぐれ』
18 15 南アキラ 23 11.7 みなみけ(原作)から引用
第49話『向こうの南さん家』
みなみけ(原作)から引用
第193話『どういうものか』
19 19 タケル 16 8.1 みなみけ(原作)から引用
第7話『やさしくしよう』
みなみけ(原作)から引用
第197話『もう1回』
20 20 南ハルオ 13 6.6 みなみけ(原作)から引用
第49話『向こうの南さん家』
みなみけ(原作)から引用
第193話『どういうものか』
21 22 ヒトミ 12 6.1 みなみけ(原作)から引用
第103話『その目』
みなみけ(原作)から引用
第184話『伝えたい』
22 - NEW ミユキ 8 4.1 みなみけ(原作)から引用
第140話『教えて』
みなみけ(原作)から引用
第190話『帰ってきた』
23 - NEW ふじおか2号 6 3.0みなみけ(原作)から引用
第160話『足りない』
みなみけ(原作)から引用
第176話『余った』
21 シュウイチ 6 3.0 みなみけ(原作)から引用
第3話『おかしな事』
みなみけ(原作)から引用
第84話『楽しくなる』
25 27 熊田先生 5 2.5 みなみけ(原作)から引用
第77話『白いですが』
みなみけ(原作)から引用
第182話『忘れたい』
26 27 天使チアキ 4 2.0 みなみけ(原作)から引用
第95話『オレも』
みなみけ(原作)から引用
第146話『知ってたよ』
27 悪魔チアキ 4 2.0 みなみけ(原作)から引用
第95話『オレも』
みなみけ(原作)から引用
第146話『知ってたよ』
22 5年1組・少女A 4 2.0 みなみけ(原作)から引用
第36話『どんな関係?』
みなみけ(原作)から引用
第52話『どうしたいんだよ』
22 5年1組・少女B 4 2.0 みなみけ(原作)から引用
第36話『どんな関係?』
みなみけ(原作)から引用
第52話『どうしたいんだよ』
22 ヒロコ 4 2.0 みなみけ(原作)から引用
第37話『おもしろい本』
みなみけ(原作)から引用
第103話『その目』
22 ユウ 4 2.0 みなみけ(原作)から引用
第37話『おもしろい本』
みなみけ(原作)から引用
第103話『その目』
32 27 柔道部エース 3 1.5 みなみけ(原作)から引用
第65話『マジメだよ』
みなみけ(原作)から引用
第120話『ほんの少し』
27 剣道部エース 3 1.5 みなみけ(原作)から引用
第65話『マジメだよ』
みなみけ(原作)から引用
第120話『ほんの少し』
34 33 アキちゃん 1 0.5 みなみけ(原作)から引用
第117話『与える側』
33 田中先生 1 0.5 みなみけ(原作)から引用
第77話『白いですが』
33 黒猫 1 0.5 みなみけ(原作)から引用
第69話『思いがけない』
33 ニュース
キャスター
1 0.5 みなみけ(原作)から引用
第12話『教えてやろう』
33 先生 1 0.5 みなみけ(原作)から引用
第12話『教えてやろう』
33 二宮くん 1 0.5 みなみけ(原作)から引用
第12話『教えてやろう』


- 保坂クラスメイトA 1 0.5 みなみけ(原作)から引用
第42話『こんな日のために』


- 保坂クラスメイトB 1 0.5 みなみけ(原作)から引用
第42話『こんな日のために』


- 保坂クラスメイトC 1 0.5 みなみけ(原作)から引用
第42話『こんな日のために』


- 高校の教師 1 0.5 みなみけ(原作)から引用
第79話『何者かを』
第143話 「おとずれ」のハルカはセリフ(吹き出し)だけの登場ですがカウントしてあります。

ランキングをグラフ化

  • ランキングの数字をもとにグラフ化してみました。各キャラの横棒は単行本の巻数毎の積み上げです。
【第2回】 みなみけ(原作) キャラクターの本編登場回数 ランキング

登場回数の変動

  • 単行本毎の登場回数を累積集計し、その推移を折れ線グラフ化してみました。2012年5月22日現在、コミックス第10巻は未発売ですが、第179話「暑いからね」第197話「もう1回」(計19本)は便宜上「第10巻」としてあります。
  • マコちゃんは中学1年生という設定ですが、実体はマコトなので小学生キャラとしました。南ハルオは学年・年齢不詳のためその他キャラに含めました。
  • グラフがゴチャゴチャして見にくくなるので、次のキャラはグラフ化していません。
    • 保坂クラスメイトA・B・C
    • 先生と二宮くん
    • ニュースキャスター
    • 田中先生
    • 高校の教師
    • 黒猫
  • 毎回ペアで登場している次のキャラは一つの折れ線で表してあります。
    • 5年1組・少女Aと5年1組・少女B
    • ヒロコとユウ
    • 柔道部エースと剣道部エース
    • 天使チアキと悪魔チアキ
【第2回】 みなみけ(原作) キャラクターの本編登場回数 南家三姉妹の推移
南家3姉妹
【第2回】 みなみけ(原作) キャラクターの本編登場回数 小学生キャラの推移
小学生キャラ
【第2回】 みなみけ(原作) キャラクターの本編登場回数 中学生キャラの推移
中学生キャラ
【第2回】 みなみけ(原作) キャラクターの本編登場回数 高校生キャラの推移
高校生キャラ
【第2回】 みなみけ(原作) キャラクターの本編登場回数 その他キャラの推移
その他キャラ

まとめ

  • ランキング1位~3位は前回と同じ結果になりました。1位・カナと2位・チアキの差が若干広がりましたね。登場率で見ると、カナは前回87.6%→今回87.3%(0.3%減)、ハルカは前回73.4%→今回73.6%(0.2%増)となっていて、ほとんど変化していません。一方、チアキは前回84.9%→今回83.8(1.1%減)で、お姉ちゃんたちより変化が大きくなっています。
  • 小学生キャラの中では、内田ユカ嬢が堂々の第4位にランクイン!僅差(1差)ですが、ついにトウマを抜きました。最近出番が増えていましたから、この結果は当然かなぁ。もっとも、今回調査対象外の第198話『私のほうが!』にトウマが登場し、内田は未登場なので、最新データ上では二人は同数・第4位になります。
  • 地味なところでは、マコトがマコちゃんの登場回数を抜いています。これは第149話「アレルゲン」で南家マンションへの出入り禁止が解かれことの影響と思われます。マコトの姿のまま南家マンションを訪問できるようになり、その結果としての逆転劇です。小生が大好きな吉野ちゃんは前回8位から1ランクアップして7位に!ユカ嬢と一緒に登場することが多いので、棚ぼた的な浮上とも言えそう。
  • 中学生キャラは軒並みランクダウン。中学校を舞台にしたエピソード自体が少なく、小学生キャラの躍進に食われた感じかな。高校生ではマキの第8位が最上位。前回の7位から1ランクダウンするも、高校生キャラの中では一際頑張っております。面白いことに、扉絵登場回数ではアツコの方が上位なんですよね。コハル先生はマキよりもアツコの方が好みなのかな?
  • その他キャラの中では「ふじおか1号」が突出!コミックス第9巻で登場数が急上昇していますが、「ふじおか2号」という弟分が出て来た影響かも。タケルはコミックス第3巻以降、各巻に1回登場というペースでしたが、第9巻で2回、第10巻では3回と地味ながらも登場回数を増やしています。
  • 【第2回】扉絵登場回数 調査でも書きましたが、絵柄の変化がパネェっすね。比較的新しいキャラのヒトミちゃんでさえ、並べてみるとけっこう変化しているのが分かります。個人的に素晴らしいと思ったのは熊田先生。以前は妙なテンションの養護教諭というイメージでしたが、最近では気だるくも妖艶な感じに描かれていて素敵♪素敵♪

【関連記事】
■ 【第2回】 みなみけ(原作) キャラクターの扉絵登場回数 調査
■ みなみけ(原作) キャラクターの本編登場回数を調べてみた
■ みなみけ(原作) アツコがトウマを男の子と勘違いするに至った経緯
■ みなみけ(原作) 速水先輩が開眼した場面まとめ
■ みなみけ(原作) モブキャラに関するまとめ
■ みなみけ(原作) ケイコがメガネを外した場面まとめ

■ [マンガ感想] みなみけ 第197話 「もう1回」
■ [マンガ感想] 今日のみなみけ (漫画文庫版「今日の5の2」描き下ろし)
■ [レビュー] みなみけ 第9巻 (初回限定版・通常版)
■ [レビュー] みなみけ 第9巻(初回限定版) ドラマCD・キャラソンCD
■ [レビュー] グッドスマイルカンパニー みなみけ ねんどろいど 南千秋
■ [レビュー] ねんどろいどぷらす ぬいぐるみシリーズ みなみけ 南千秋
■ [レビュー] みなみけ ふじおかぬいぐるみ(りあるさいず)

■ 「みなみけ」「今日の5の2」「そんな未来はウソである」関連記事まとめ (関連記事の総目録

【関連サイト】
■ ドラマCD付き「みなみけ」限定版公式サイト (講談社 特設サイト)
■ みなみけ (StarChild アニメ公式)
■ みなみけ (Wikipedia)



みなみけ(9) (ヤンマガKCスペシャル)
みなみけ(9) (ヤンマガKCスペシャル)
  CD付き みなみけ 9 限定版 (ヤングマガジンコミックス)
CD付き みなみけ 9 限定版 (ヤングマガジンコミックス)
  みなみけ(8) (ヤングマガジンコミックス)
みなみけ(8) (ヤングマガジンコミックス)
  CD付き みなみけ8巻 限定版 (ヤングマガジンコミックス)
CD付き みなみけ8巻 限定版 (ヤングマガジンコミックス)
  みなみけ+今日の5の2 キャラファンBOOK (KCデラックス)
みなみけ+今日の5の2 キャラファンBOOK (KCデラックス)
スポンサーサイト

| みなみけ | この記事のURL | comments:4 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT

詳細な調査お疲れ様です(`・ω・´)

絵柄の変化については…まぁ士別れて三日、括目して相対す、と言いますから…w
と、ここで気になるのが、新アニメでのキャラデザですね。
越智さんが担当されるのであれば、あまり変えなくてもいいと思うんですが、どうなるでしょうか。

>面白いことに、扉絵登場回数ではアツコの方が上位なんですよね。

これは面白い現象ですね。
オチ担当が扉絵になる確率が高いように感じるんですが、どうなんでしょう。
マキは、話の起点、或いは引っ掻き回す役どころが多く、アツコがオチ、或いは被害を被ることが多いために、このような逆転現象が起きているのでしょうか。

| 長男 | 2012/05/23 | URL

◆長男さんへ

> 詳細な調査お疲れ様です(`・ω・´)

(`・ω・´) シャキーン

> 絵柄の変化については…まぁ士別れて三日、括目して相対す、と言いますから…w
> と、ここで気になるのが、新アニメでのキャラデザですね。
> 越智さんが担当されるのであれば、あまり変えなくてもいいと思うんですが、どうなるでしょうか。

越智さんが来ればベストですよね。
脚本陣は8巻・9巻ドラマCDの流れで鴻野氏は参加されると思いますが、作画陣・演出陣は
本当どうなることやら・・・。


> >面白いことに、扉絵登場回数ではアツコの方が上位なんですよね。
>
> これは面白い現象ですね。

マキとアツコの扉絵登場の差は僅か1なので、たまたまかもしれませんが・・・


> オチ担当が扉絵になる確率が高いように感じるんですが、どうなんでしょう。
> マキは、話の起点、或いは引っ掻き回す役どころが多く、アツコがオチ、或いは被害を被ることが多いために、このような逆転現象が起きているのでしょうか。

そういえばリコとケイコの登場数も、扉絵と本編で逆転してますよね。

    リコ   ケイコ
――― ―――― ――――
扉絵   8    4
本編  24   32

コハル先生がバランスを考えているのかなぁ?

| 三四郎. | 2012/05/23 | URL

こんにちは
集計お疲れ様です。

前回、吸血鬼カナの扉絵が好きとかいったけどそれは185話の本編の絵でした。扉絵はマコちゃんでした。自分のイイカゲン発言に赤っ恥であります。

>次は本編勝負だ
こちらでもカナは1位でしたね。どうだチアキ、姉の強さを見たか!・・・などと言ってると長女がふてくされて夕飯を作らなくなるので黙っていよう。

>マコトがマコちゃんの登場回数を抜いています。
マコト勝ったー!?これは意外で驚きました。
トウマに勝った内田ってのも驚きですが。
(内田は誰かに正体隠してたり誰かの正体を知らなかったりがないので、有利な立場なのかもしれません。)

あと、藤岡が吉野より多く出ているのが意外でした。
吉野の方がしょっちゅう出てそうなイメージだったのですが、実際に数えてみないとわからないものですね。

新顔のふじおか2号やミユキちゃんは今後に順位上昇の希望がありますが、26位近辺の大部分のキャラは割と絶望的かも。。。
(シュウイチ・ユウ・二宮くん役の大原桃子さん、アニメ4期に出番あるのかなあ)

| ヒツジ | 2012/05/24 | URL

◆ヒツジさんへ

> こんにちは
> 集計お疲れ様です。

(`・ω・´) シャキーン

> 前回、吸血鬼カナの扉絵が好きとかいったけどそれは185話の本編の絵でした。扉絵はマコちゃんでした。自分のイイカゲン発言に赤っ恥であります。

扉絵マコちゃんよりも吸血鬼カナの方が印象が強いですから仕方ないッス!


> >次は本編勝負だ
> こちらでもカナは1位でしたね。どうだチアキ、姉の強さを見たか!・・・などと言ってると長女がふてくされて夕飯を作らなくなるので黙っていよう。

プスー!っとしながら、ふくれっ面になる姉さまの姿が脳裏に浮かびましたw


> >マコトがマコちゃんの登場回数を抜いています。
> マコト勝ったー!?これは意外で驚きました。
> トウマに勝った内田ってのも驚きですが。
> (内田は誰かに正体隠してたり誰かの正体を知らなかったりがないので、有利な立場なのかもしれません。)

それと、内田は色々と使い道のある、居ると便利なユーティリティキャラですよね。


> あと、藤岡が吉野より多く出ているのが意外でした。
> 吉野の方がしょっちゅう出てそうなイメージだったのですが、実際に数えてみないとわからないものですね。

藤岡と吉野ちゃんの伸び率(グラフの傾き)を比較すると、5巻ぐらいまでは藤岡の方が急勾配なので
過去の資産がものをいったみたいです。


> 新顔のふじおか2号やミユキちゃんは今後に順位上昇の希望がありますが、26位近辺の大部分のキャラは割と絶望的かも。。。
> (シュウイチ・ユウ・二宮くん役の大原桃子さん、アニメ4期に出番あるのかなあ)

小生の場合、特に5年1組の少女A・Bを見たいです。

| 三四郎. | 2012/05/24 | URL













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/784-a500533a

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事