前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

[マンガ感想] 女子高生Girls-Live 11時限目 『Girls-Don't break time』 (コミックハイ! 2012年5月号)

コミックハイ! 2012年5月号(VOL.85)に掲載されている「女子高生Girls-Live」11時限目『Girls-Don't break time』の感想です。

コミックハイ! 2012年5月号(VOL.85) 女子高生Girls-Live 11時限目 『Girls-Don't break time』

以下、マンガの内容に触れていますので、未読の方はご注意ください。



女子高生Girls-Live 11時限目 『Girls-Don't break time』

連載スタート!!
女子高バカ漫画新シリーズが「すもも」から凱旋移籍!!

(コミックハイ!5月号 表紙から)
大島永遠先生の公式ブログ「COMICすもも」VOL.11で告知されていたとおり、今回から「コミックハイ!」へ移籍です。

教師の新キャラ登場

7時限目 『Girls-Job』速水 英はやみ ひでる以来となる、咲女の新・教師キャラがお目見え~。

女子高生Girls-Live 11時限目 『Girls-Don't break time』 / ストリート須藤 須藤
咲女の理科教師(理科総合A・地学担当)。年齢は23歳。フルネームは不明だが、生徒たちからはストリート須藤というニックネームで呼ばれている。ストリート系のファッションで、チャラ男っぽい喋りをすることから付けられたニックネームなのだろう。初登場早々、理科教師の人気をかけ小田桐と対決することになるが・・・。

ストーリー&感想

大変長らくお待たせいたしました!! 大島永遠完全帰還!!
(扉ページ[P.3]の柱文)

「COMICすもも」から円満移籍で月刊連載化!!
もはや説明不要の伝説のバカ女子高漫画新シリーズ!!

(2ページ目[P.4]のアオリ文)

はじめましてっつーか
ただいまっつーか
バカを超えたバカが
コミックハイ!に
やってきた!!

(3ページ目[P.5]のアオリ文)

女子高生Girls-Live 11時限目 『Girls-Don't break time』
  • 第11時限目は全26ページで、「COMICすもも」連載時とほぼ同じボリューム。最初の4ページ(P.3~6)はフルカラーです。ストーリーの冒頭部はキャラ紹介、作品のノリ紹介的な構成になっております。移籍後の初回ということで、本作を知らない「コミックハイ!」読者に向けたイントロダクションですね。
  • 前作「女子高生Girls-High」も掲載誌が2回変わっていて、「漫画アクション」から「COMIC HIGH」へ移籍したときの50限目『部活を発足しよう』、「COMIC HIGH」が「コミックハイ!」として復刊したときの58限目『目指せモテ軍団』も、出だしは作品紹介的な内容でしたっけ。
  • そんなわけで、今回の巻頭カラーでは 田中花子がいきなり包帯ちちガード&ふんどし姿を披露しちゃってます(右図参照)。本作ではお馴染みの設定だけど、カラーなのでビジュアル的には すごいインパクト。小生の場合は、バステティシャンの乳部を思い出しましたよ。大島先生の描くオッパイは、どれも程よい弾力と やわらかそうな質感を兼ね備えた理想の乳。 (*´Д`*)
  • 花子のオッパイについて補足しておくと、設定ではCカップなんですわ。こんなボリューミーな乳なのに!こんなたわわに実っているのに!! きっと限りなくDに近いCなのでしょう。高1の育ち盛りなので、今後さらに大きくなりそうな予感。


女子高生Girls-Live 11時限目 『Girls-Don't break time』
  • 9ページ目(P.11)から物語の本題に入ります。トンチキ軍団の一人、渡辺真理子(Fカップ)が曜日を間違えたことが判明。この日は火曜日なのに、水曜日の時間割りの教科書を持ってきてしまったのです。しかも運が悪いことに この日は理数系の授業が多く、真理子は涙目に・・・。
  • 博識キャラでとおっている真理子だけど、実は理数系が大の苦手だったもよう。とり急ぎクラスメイトの佐倉桜に数学の予習ポイントを尋ねるんだけど、桜がギャル語しゃべりで説明するのでちんぷんかんぷん。まるで頭に入らず。トンチキ軍団メンバーの山田亜季子(Aカップ)も、高一蘭・自治委員にしてトンチキ内部チームの田中カナ(カップ数不明)も、何とかしてあげたいけど打つ手無しの状態であります。
  • そんな中、花子が妙案を思い付きます。全ての元凶は「時間割り」にあると言い出し、「時間割らない」システムを提唱。クラス単位で同じ科目の授業を受けるのではなく、生徒一人ひとりが、その日に学びたい科目を選択できる仕組みです(右図参照)。要は 授業を屋台村化したようなシステムですな。お客が好きな屋台で好きなものを食べられる屋台村に対し、生徒が好きな時間に好きな授業を受けられる「時間割らない」システム。いかにも花子らしい思いつきだけど、けっこう画期的な発想かも。そしてよく見ると、花子の脳内イメージの中に前作の高橋絵里子・香田あかり・鈴木由真がいるじゃありませんか。これは嬉しいファンサービスですね。
  • 花子は持論を携え職員室に向かい、教頭のヒトラー岩戸に直談判。同行した真理子はパソコンで情報検索し、「最終的に必要単位数がそろえば学習指導要領的にも問題なさそう」と援護射撃。すると花子の熱意と真理子の情報攻勢にほだされたのか、ヒトラー岩戸は一週間・一学年限定での試行を許可しちゃいました。ヒトラー岩戸というニックネームから分かるとおり、ドイツ人的な論理的思考の持ち主なのかもしれません。花子の提案は突拍子もない発想だけど、方法論的には一理ありますから。そんなこんなで咲女の一年生を対象として、時間割らない制が一週間試行することに・・・。
  • 生徒に授業選択の自由が与えられたことで、教師は戦々恐々。厳しい教師の授業には生徒が集まらず、同じ科目の教師同士で競争が始まります。数学ではルート原vsコサイン小阪、体育ではマッチョ松尾vs速水英。中でも理科は激戦で、アイドル小田桐(化学)vsストリート須藤(地学)vsマリオ中川(生物)、三つどもえの戦いであります。そして、この三人の中で人気が振るわないのは、花子たちのクラス担任でもある小田桐だったわけだ。アイドルも歳には勝てないわけだ。
  • 担任教師の人気を上げるため、花子は とある方法を伝授。それは授業で下ネタを披露することでした。花子曰く「JKはけっこー下ネタ振られんのキライじゃないんだぞー」とのこと。マジっすか?一方、それを聞いたカナは、小田桐の下ネタセクハラ語呂合わせ伝説を思い出します。前作の4限目『バカ軍団的期末対策』に出て来た元素記号のエロい覚え方のことです。で、人気回復のためには背に腹は代えられず、封印していセクハラ暗記術たを今ふたたび解き放つ小田桐!しかし、敵(ストリート須藤)も然る者。地学なのに そんな手で反撃してくるとは・・・。ていうか その程度の数なら、普通に覚えた方が頭に入りやすいと思うんだけど・・・。詳細はコミックハイ!5月号で確認してね。

次号発売日

次号、コミックハイ!6月号(VOL.86)の発売日は5月22日(火)です。

表紙&巻頭カラーは森永みるく先生の新連載作品「学園ポリーチェ」であります。百合+学園+警察モノらしいッス。

【関連記事】
■ [マンガ感想] 女子高生Girls-Live 10.5時限目 『Girls-Petit Fes.』 (COMICすもも VOL.11)
■ [マンガ感想] 女子高生Girls-Live 12時限目 『Girls-LUNCH BATTLE』 (コミックハイ! 2012年6月号)
■ [マンガ感想] 女子高生Girls-High スペシャル読み切り (漫画アクション2011年No.21)
■ [マンガ感想] 女子高生Girls-High スペシャル読み切り (コミックハイ!2011年11月号)
■ [レビュー] 女子高生 バカ軍団波乱の修学旅行 準備編・上陸編
■ [レビュー] バステティシャン (マンサンコミックス)

■ [壁紙制作] 女子高生GIRL'S-HIGH (自作壁紙1枚目~9枚目)
■ 女子高生GIRL'S-HIGH 自作壁紙 10枚目
■ 女子高生Girls-High 鈴木由真の一人称に関する考察
■ 女子高生GIRL'S-HIGH(アニメ版) 鈴木由真の一人称に関する考察


【関連サイト】
■ TOWA OSHIMA official website TOWA OSHIMA official website (大島永遠先生 公式サイト)
■ TVアニメ「女子高生 GIRL’S-HIGH」 TVアニメ「女子高生 GIRL’S-HIGH」 (アニメ公式サイト)
■ WEBコミックハイ! (双葉社)
■ 女子高生 (Wikipedia)



コミックハイ! Vol.85 2012年 5/21号 [雑誌]
コミックハイ! Vol.85 2012年 5/21号 [雑誌]
  女子高生Girls-Live(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))
女子高生Girls-Live(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))
  女子高生 1 新装版 (アクションコミックス)
女子高生 1 新装版 (アクションコミックス)
  女子高生 GIRL’S HIGH 〈期間限定生産〉 [DVD]
女子高生 GIRL’S HIGH 〈期間限定生産〉 [DVD]
スポンサーサイト

| 女子高生GIRL'S-HIGH | この記事のURL | comments:0 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/772-f6d8e6e4

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事