前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

[マンガ感想] Aチャンネル (まんがタイムきららキャラット2012年4月号)

まんがタイムきららキャラット2012年4月号に掲載されている「Aチャンネル」の感想です。やっと最新号に追いついた!

まんがタイムきららキャラット2012年4月号 Aチャンネル (まんがタイムきららキャラット2012年4月号)

以下、マンガの内容に触れていますので、未読の方はご注意ください。



「Aチャンネル」(まんがタイムきららキャラット2012年4月号)

  • 今月号のエピソードは トオルやユタカたち下級生組が中心で、ユタカの引っ越し騒動を描いています。先月号同様、カラーページは無しで、マンガ本編8頁+Ach通信1頁という構成です。
  • 芳文社の公式メルマガ(ドキドキ★ビジュアルメールマガジンVOL.083)に「黒田bb『Aチャンネル』は、コミックス第3巻が今月発売でますます注目度アップ!!なんとユタカが引っ越すらしい。トオルとミホはどうするの? 」という記載があるので、3月27日発売の単行本・第3巻に収録されるもよう 3月27日追記 予想が外れ、第3巻には収録されていませんでした。^_^;
Aチャンネル (まんがタイムきららキャラット2012年4月号) Aチャンネル (まんがタイムきららキャラット2012年4月号) Aチャンネル (まんがタイムきららキャラット2012年4月号) Aチャンネル (まんがタイムきららキャラット2012年4月号)
【扉4コマ】 『ユタカの中の二人』 『連れていきます』 『先輩から1』
朝っぱらから、いつにも増して暑苦しいユタカ。泣いている理由は? 引っ越しの件をトオルとユタカに打ち明ければ、二人が号泣するものと確信する 引っ越しの手伝いに来たトオルとミホ。ユタカは唐突にトオルを持ち上げて・・・ 上級生組にもユタカの引っ越しの件が伝わる。引っ越し経験者のユー子はミホにアドバイスするが・・・

扉4コマ ~ 『完璧でした』
ユタカにまさかの大事件!? 挨拶は大事!!
(扉ページ[P.49]の柱文)
  • 朝の1年生教室。冒頭の1コマ目に、号泣して意味不明の言葉を話すユタカが登場。見かねたミホは ユタカを落ち着かせるため、何を言いたいのか紙に書かせます。混乱している時には、その気持ちを紙に書かせると気が静まるといいますからね。さすがリモコン!ところがユタカはミホのアドバイスを素で勘違いし、朝の挨拶を書いたでござるの巻。よくよく聞いてみると、父親の都合で急に引っ越すことになったという。ユタカが主要サブキャラであることを考慮すれば、オチは何となく想像できちゃいますけど。
  • 2本目の4コマには 後ろ姿だけど、ユタカの母親が登場! マンガ本編への登場は これが初めてだけど、Ach通信では既出です。具体的にはきららキャラット2011年11月号のお題4コマ『掃除』にも後ろ姿で登場し、ユタカを叱っています。
  • 「体は・・ボンキュボン」と、自分のナイスバディを意識しているユタカが素敵♪ 第24話『零!!』(アニメ第5話)でも胸の大きさを自慢してるぽかったし、同じ巨乳キャラでもユー子と比べると実に対照的じゃないか。
『ユタカの中の二人』 ~ 『思い出たち』
  • 引っ越し話をトオルとミホが聞けば、号泣間違いなしと思い込み、ほくそ笑むユタカ。ユタカの脳内イメージでは、ミホが「生き甲斐がなくなっちゃうわー」と泣き叫び、トオルが「もう二度とウニを撫でてもらえないなんて嫌だよ~」と駄々をこねている。しかし、現実はそう甘くはなかった。トオルとミホは実にあっさりした反応を示し、ユタカの脳内イメージにツッコミさえ入れてます。なお、脳内ミホの「生き甲斐」発言は、今月最後の4コマの伏線と言えば伏線。
  • 放課後、汚部屋の片付けをするため、ユタカは一人で帰宅。トオルとミホは餞別のプレゼントを用意するため、買い物に行くことに。二人だけで初めてのお出かけってことで、何だかとってもいい雰囲気 そんな中、トオルとミホのケータイに見計らったかのように、「イチャコラ厳禁! ヽ(`□´)ノ」というメールが届く。文末にケータイの絵文字ではなく、顔文字を使っているのは、「ナンダヨー!」感を出すためと思われます。ユタカの顔にも見えるし(笑)。
『手伝って』 ~ 『我慢してたけど』
  • プレゼントを手渡すため、その日のうちにユタカの自宅を訪れるトオル&ミホ。汚部屋の掃除や荷造りが捗らないユタカは、まさかの救世主の登場に大感激。特にミホは整理整頓が大好きなので(2011年11月号のお題4コマ『掃除』でネタにされている)、ユタカの期待は高まりばかり。ところがどっこい、ミホは家に上がるなり「手伝いわないわよ」と平然と言ってのける。リモコンというニックネームは ミホがユタカをコントロールすることを表し、決してユタカに操られるという意味ではないわけですね。
  • 引っ越し作業のため、家の中は段ボール箱だらけ。トオルが箱を跨ごうとしたところ、突然ユタカに持ち上げられてしまう。トオルがつまずかないよう 親切心から持ち上げたのかと思いきや、さにあらず。トオルを段ボール箱の中に入れ、そのまま梱包するつもりだったのだ。「Aチャンネル」はサブタイトルがオチになっていることが多々あり、このエピソードのサブタイは『連れて行きます』になっております。
  • 第12話の扉4コマ(アニメ第4話)でも、ナギがトオルのことを軽々と持ち上げていたけど、トオルンは どんだけ軽いんだ!? 試しに理想体型目安計算機にトオルの身長(141cm)を入力したところ、体重は37.77kg理想の体重チェック表の方では44.1kg(健康体型)、39.8kg(美容体型)、37.2kg(モデル体型)、35.6kg(スーパーモデル体型)という結果が出ました。文部科学省の学校保健統計調査報告によると、平成23年度の高1女子の全国平均は50.9kgなので、トオルは相当軽いことになりますね。ただそれでも、30kgを超えている人間をいともたやすく持ち上げるユタカの腕力スゴイ! 力学的な見地からすると、セーターを脱がせる体勢で持ち上げている第12話のナギは、もっとスゴイ!!
  • 閑話休題。トオルは猫のアクセサリーを ユタカにプレゼント。ミホと一緒に選んだもので、三人でお揃いらしい。一方、餞別をもらったことで、ユタカは引っ越しの実感が沸いてきたようす。思わず涙がこぼれ落ち、それを見たミホももらい泣き。トオルは相変わらずのポーカーフェースであったが、一人で帰宅する途中、るんにバッタリ遭遇。るんの顔見て、それまでずっと抑えていたものが急に胸にこみあげてきたらしく、涙がポロリ。るんはユタカが引っ越す件をトオルから聞かされており、トオルを気遣って様子を見に来たようだ。るんちゃんってば、ほんまええ娘やで。
『先輩から1』 ~ 『必要不可欠』
  • 翌朝の登校時間。ユタカの引っ越しはユー子やナギの耳にも入り、引っ越し経験のあるユー子はミホに「毎日メールでも電話でもするとええと思うよ」とアドバイス。ところが、ナギが横やりを入れて、せっかくの助言も台無し。たいした用もないのに毎日メールとか電話が来たら、まあ確かにウザイけど(笑)。
  • ユー子やナギとは対照的に、ミホの心をがっちり掴んだのは、るんのアドバイス。普段 天然な行動が多いけど、ユー子の授業中トイレ事件(第8話『ここが痛むの』)の対応等でも分かるとおり、るんは気配り上手の気遣い屋さん。今回のエピソードでは、小生の中でのるんちゃんの株が急上昇しましたよ。
ミポリンてば嬉しいクセに~。今後もユタカをよろしく!!
(最終ページ[P.59]の地柱文)
  • オチはやっぱりユタカの早とちり。引っ越しはするけど、今の高校への通学は可能。つまり転校は無し(笑)。でもミホのリアクション(照れ隠しの関節技)の方は思い付かなかった。これは新しいツンデレ表現ですね。

サブタイトル一覧

  • 通算・第44話のサブタイトル、登場キャラは下表のとおり。前回出ずっぱりだった鬼頭先生は出番無し。鬼頭先生が絡んでくると、引っ越し先の住所等からユタカの早とちりが分かっちゃいますからね。
 No.   サブタイトル   コマ数   登場キャラ 
 -   【扉絵】  -  ユタカ 
 1   【扉4コマ】 ※ 4  トオル,ユタカ,ミホ 
 2   嫌です!  4  ユタカ,ユタカの母親(後ろ姿) 
 3   完璧でした  4  ユタカ 
 4   ユタカの中の二人  4  トオル,ユタカ,ミホ 
 5   さあ、来てください!  4  トオル,ユタカ,ミホ 
 6   二人の時間  4  トオル,ユタカ,ミホ
 7   思い出たち  4  トオル,ユタカ,ミホ 
 8   手伝って  4  トオル,ユタカ,ミホ 
 9   連れていきます  4  トオル,ユタカ,ミホ 
 10   もらい泣き  4  トオル,ユタカ,ミホ 
 11   我慢してたけど  4  るん,トオル 
 12   先輩から1  4  るん,トオル,ナギ,ユー子,ミホ 
 13   先輩から2  4  るん,トオル,ユー子,ミホ  
 14   あれ?  4  トオル,ユタカ,ミホ 
 15   必要不可欠  4  トオル,ユタカ,ミホ 
※扉ページの4コマにはサブタイトルがありません。
  • Ach通信のお題4コマは『夢中』というサブタイトル。トオルがゲームソフトやゲーム機本体等をナギに貸す話です。原作にゲームが出て来るのは「Web A channel」の『探検』以来ですが、携帯型ゲーム機はこれが初めての筈。

【関連記事】
■ [マンガ感想] Aチャンネル (まんがタイムきららキャラット2012年3月号)
■ [マンガ感想] Aチャンネル (まんがタイムきららキャラット2012年5月号)
■ [マンガ感想] Aチャンネル ~days in junior high school~ (まんがタイムきららカリノvol.1)

■ Aチャンネル アニメ・原作対応表
    (第1話)  (第2話)  (第3話)  (第4話)  (第5話)  (第6話)
    (第7話)  (第8話)  (第9話)  (第10話)  (第11話)  (第12話)
■ +Aチャンネル アニメ・原作対応表
    (Blu-ray第1巻収録/だい1わ~だい2わ)  (Blu-ray第2巻収録/だい3わ~だい4わ)
    (Blu-ray第3巻収録/だい5わ~だい6わ)  (Blu-ray第4巻収録/だい7わ~だい8わ)
    (Blu-ray第5巻収録/だい9わ~だい10わ)  (Blu-ray第6巻収録/だい11わ)
■ Aチャンネル+smile アニメ・原作対応表
    (OVA第1話)  (OVAエンディング映像)  (OVA第2話)

■ [レビュー] Aチャンネル 設定資料集
■ [レビュー] Aチャンネル TVアニメ公式ガイドブック -colorful days collection-
■ [レビュー] Aチャンネル.zip 「Aチャンネル」ビジュアルファンブック
■ [レビュー] Aチャンネル 2012年 カレンダー

■ [レビュー] WAVE BEACH QUEENS Aチャンネル トオル
■ [レビュー] セガプライズ Aチャンネル EXフィギュアVol.1 るん
■ [レビュー] セガプライズ Aチャンネル EXフィギュアVol.1 トオル
■ [レビュー] セガプライズ Aチャンネル EXフィギュアVol.2 ユー子
■ [レビュー] セガプライズ Aチャンネル EXフィギュアVol.2 ナギ
■ [レビュー] セガプライズ Aチャンネル EXフィギュアVol.3 トオル
■ [レビュー] セガプライズ Aチャンネル EXフィギュアVol.3 ユー子

■ 「+Aチャンネル」(だい6わ)に登場した銃を鑑定してみた
■ Aチャンネル BD/DVDシリーズ TV-CMで使用されている話数

【関連サイト】
■ まんがタイムきららWeb (芳文社)
■ Aチャンネル 公式サイト (アニプレックス)
■ Aチャンネル [番組公式] (毎日放送)
■ Aチャンネル (Wikipedia)



まんがタイムきららキャラット 2012年 04月号 [雑誌]
まんがタイムきららキャラット 2012年 04月号 [雑誌]
    Aチャンネル+smile【完全生産限定版】 [Blu-ray]
Aチャンネル+smile【完全生産限定版】 [Blu-ray]
    Aチャンネル (3) (まんがタイムKRコミックス)
Aチャンネル (3) (まんがタイムKRコミックス)
    Aチャンネル トオル (1/10スケール PVC塗装済み完成品)
Aチャンネル トオル (1/10スケール PVC塗装済み完成品)
スポンサーサイト

| Aチャンネル | この記事のURL | comments:0 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/755-7c788461

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事