前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

[マンガ感想] Aチャンネル (まんがタイムきららキャラット2012年2月号)

まんがタイムきららキャラット2012年2月号に掲載されている「Aチャンネル」の感想です。

まんがタイムきららキャラット2012年2月号 Aチャンネル (まんがタイムきららキャラット2012年2月号)

以下、マンガの内容に触れていますので、未読の方はご注意ください。



「Aチャンネル」(まんがタイムきららキャラット2012年2月号)

扉絵はスーツを着て、アンダーリム眼鏡をかけたトオル先生。背後にある黒板には、白チョークで作品タイトル、例のシマウマ、謎の生物が描かれています。丸いフォルムをした正体不明の生物は、単行本・第1巻の奥付、アニメ第6話(るんの机の上)、アニメ第11話(場面切り替え)にも登場してますね。単行本の奥付によると「ペンギンよりもっと小さく」、アニメでは緑色に塗られていたので 蛙なのか? シマウマの件もあるし、考えすぎたら負けかもしれないので、蛙ってことにしておきます。

Aチャンネル (まんがタイムきららキャラット2012年2月号) Aチャンネル (まんがタイムきららキャラット2012年2月号) Aチャンネル (まんがタイムきららキャラット2012年2月号) Aチャンネル (まんがタイムきららキャラット2012年2月号)
【扉4コマ】 『言えない』 『親バカ』 『若』
三者面談を前にして、狼狽えるナギ。 ナギが将来なりたいもの。それは・・・ 三者面談を終えたナギ。異様にげっそりしている理由とは? 高校の廊下で ばったり出会あったママさんたち。

「Aチャンネル」は学校行事の話が少ない作品で、今のところ学園祭や体育祭等のエピソードはありません。そんな中、今回のお話のテーマは三者面談。学校行事の中でも、かなりレアなイベントが来ました。

扉4コマ ~ 『将来の夢』
娘が大好きなナギの父。娘としては複雑・・・。
(扉ページ[P.75]の柱文)
  • 冒頭の2ページ(4コマ×3本)はフルカラーです。三者面談で父親が来ることになり、気が滅入ってしまうナギ。三者面談を前にして、いつにも増して張り切る鬼頭先生。将来何になりたいのか?という話題を振るナギが描かれております。
  • 鬼頭先生のスーツは、扉絵でトオル先生が着ている服と似てますな。スーツの下の胸のサイズは、天と地ほどの差があるけど。てか、鬼頭先生の胸って、回を追う毎に大きくなってない?
  • るんが将来やりたい仕事は「接客業」で、トオルは「公務員」。人当たりの良いるんは、確かに接客には向いていそう。トオルの公務員は、具体的には何を指しているのか不明。もし学校の先生だったら「教師」って言う筈だし、官庁に勤める公務員ってことかな? 一方 ユー子はというと、何のためらいもなく「お嫁さん」なんて言っちゃってますよ。まあ読者アンケートの「嫁にしたいキャラクターは?」で 堂々の第1位になるぐらいだから、素晴らしい新妻プレイを披露してくれるに違いない!(*´Д`*)
『言えない』 ~ 『即効性求む』
  • 「お嫁さん」発言で、るん達から無言のガン見ツッコミを受けたユー子。話題をそらそうとして、ナギの将来の夢を問いただす。るんも ナギの進路についてあれこれ想像するが、当のナギ本人の希望は語られず終い。それもその筈。ナギの夢は「寝て過ごす」ことだったのだ(笑)。「Aチャンネル.zip 」のキャラ解説で「疲れること、面倒なことが嫌い」と書かれているけど、筋金入りの自堕落娘だ。
  • るんとトオルが将来のビジョンを持っていることに危機感を覚えたナギ。しかも三者面談が目前に迫っており、このままではマズイことになりそう。ナギは焦りを隠せず、廊下で右往左往し始める。するとそこに鬼頭先生が登場し、相談に乗ると言い出す。しかし、ナギにとって鬼頭先生は大の苦手な相手。叫び声を上げながら、一目散に逃げ出すことに・・・。で、この後 担任教師(鎌手先生)の所へ行き、そのアバウトな人生観に感銘を受けるのでありました。しっかし、「流れ」で教職に就いた鎌手先生スゴイ!見た目とは裏腹に、実は陰で努力しているタイプとか? ヾノ∀`)ナイナイ
  • この日は1年生も三者面談があり、ユタカは憂鬱さを隠せない。面談を早く終わらせる方法をトオルとミホに相談するが、それが却って凶となる。普段の生活態度をあれこれ責め立てられ、自爆することに・・・。なお、ユタカとミホの将来の夢は語られていません。ユタカは馴れ馴れしいけど愛敬があるので、デパガ等に向いてそう。ミホは人の扱いとか、調整に長けているので、マネジメント職がいいんじゃないかな。
『無駄な時間』 ~ 『おカタイ話』
  • ナギのケータイに父親からの電話が着信。どうやら校門の前まで来ているらしく、ナギはわざわざ迎えに行くという。父親を誰にも合わせたくないからだ。ところが父親はナギの要請を無視して玄関まで来るわ、三者面談では娘自慢の親バカっぷりを披露。日頃は冷静なナギであるが、さすがに恥ずかしさのあまり取り乱してしまう。唯一の救いは、その父親を友達に会わせずに済んだことぐらいか。今回もナギ父親の姿は描かれていなかったけど、兄貴同様しばらく謎のままになりそうな予感!
  • ナギの三者面談が終わり、次はいよいよ百木母娘の番となった。しかし担任の鎌手先生はテーブルに頬杖をつき、何だかやる気のない様子。るんママが呼びかけても反応無し。もともと面倒くさがりな性格なので、さもありなんな展開だけど、これには理由があったのです。ナギパパの娘自慢演説をスルーするため、実は耳栓をしていたというオチ。 そんなモノを最初から用意しているなんて、やっぱり抜け目ないわ この人。
  • 百木母娘との面談では、教師らしい態度で臨む鎌手先生。さっそく「授業態度に問題あるかなー」と厳しいお言葉をかけちゃいます。るんママは「言って聞かせます!」と謝罪するんだけど、当の娘は言ってるそばから居眠りを始めてしまう。まるで親子漫才みたいなていで吹いた(笑)。
『若』 ~ 『処理係』
  • 百木母娘の三者面談は終了。その帰り際、るんママは一井母娘とばったり出会う。マンガ本編でママ同士が顔を会わせるのは、これが初めての筈。ただ、るんとトオルは小学時代からの付き合いなので、二人のママさんも顔見知りなんでしょうね。ちなみに、るんママの方が年上らしいです。
  • トオルの三者面談はすぐ終了。成績優秀だし、授業態度も真面目だから当然か。でもトオルにも問題行動があり、男子生徒に対する金属バット振り回しと、るんが記憶喪失になった時の鍋騒動(第32話『あの子がまさか』)がありますね。しかし前者に関しては鬼頭先生は知りません。後者については事件現場を目撃してますが、鬼頭先生は無理やり別の解釈をし、とどのつまり見て見ぬふりをしていました。
近い将来、遠い未来、いったいみんなどうなってるのかな。
(最終ページ[P.82]の地柱文)
  • 母親のお茶の誘いを断り、トオルはるん達と一緒に帰宅することに。「るんちゃんと帰る」と言うトオルを見て、友達が増えたことを微笑ましく思うトオルママ。「Aチャンネル」のアニメ化以降、原作でも時々見られるようになったハートウォーミングな展開ですね。
  • 最後の4コマでは、るんの将来の夢(接客業)について、トオルが詳しく尋ねています。その質問に対する るんの回答は「とりあえずカフェでバイトしてみたいなー」とのこと。トオルンが早速シニカルなツッコミを入れてるけど、メイド喫茶の『ドジっ娘店員』だと思えば問題なし!

サブタイトル一覧

通算・第42話のサブタイトル、登場キャラは下表のとおり。主要キャラは全員登場しています。

 No.   サブタイトル   コマ数   登場キャラ 
 -   【扉絵】  -  トオル先生 
 1   【扉4コマ】 ※ 4  るん,トオル,ナギ,ユー子 
 2   身なり  4  鬼頭先生,鎌手先生,佐藤先生 
 3   将来の夢  4  るん,トオル,ナギ,ユー子 
 4   言えない  4  るん,トオル,ナギ,ユー子 
 5   焦り  4  ナギ,鬼頭先生 
 6   漠然とした不安  4  ナギ,鬼頭先生,女子生徒(モブ),男性生徒(モブ)
 7   即効性求む  4  トオル,ユタカ,ミホ 
 8   無駄な時間  4  るん,ナギ,ユー子 
 9   親バカ  4  ナギ,ユー子 
 10   回避術  4  るん,るんの母親,鎌手先生 
 11   おカタイ話  4  るん,るんの母親,鎌手先生 
 12   若  4  るんの母親,トオル,トオルの母親 
 13   子供の成長  4  トオル,トオルの母親 
 14   軟禁中  4  るん,トオル,佐藤先生 
 15   処理係  4  るん,トオル,ナギ,ユー子 
※扉ページの4コマにはサブタイトルがありません。

Ach通信の「お題4コマ」のテーマは『カイロ』。寒さが苦手なナギがカイロを用意したところ、ユー子が意外な行動に出るお話。いや、もともと友達に抱きつくことが多い娘だから、これはもっともな展開か。人間カイロになったユー子はん、めっちゃ柔らかくて、あったかそうやね。(*´Д`*)

【関連記事】
■ [マンガ感想] Aチャンネル (まんがタイムきららキャラット2012年1月号)
■ [マンガ感想] Aチャンネル (まんがタイムきららキャラット2012年3月号)
■ [マンガ感想] Aチャンネル ~days in junior high school~ (まんがタイムきららカリノvol.1)

■ [レビュー] WAVE BEACH QUEENS Aチャンネル トオル
■ [レビュー] セガプライズ Aチャンネル EXフィギュアVol.1 るん
■ [レビュー] セガプライズ Aチャンネル EXフィギュアVol.1 トオル
■ [レビュー] セガプライズ Aチャンネル EXフィギュアVol.2 ユー子
■ [レビュー] セガプライズ Aチャンネル EXフィギュアVol.2 ナギ
■ [レビュー] セガプライズ Aチャンネル EXフィギュアVol.3 トオル
■ [レビュー] セガプライズ Aチャンネル EXフィギュアVol.3 ユー子
■ [レビュー] Aチャンネル 2012年 カレンダー
■ [レビュー] Aチャンネル 設定資料集
■ [レビュー] Aチャンネル.zip 「Aチャンネル」ビジュアルファンブック
■ [レビュー] Aチャンネル TVアニメ公式ガイドブック -colorful days collection-

■ Aチャンネル アニメ・原作対応表 (第1話)
■ Aチャンネル アニメ・原作対応表 (第12話)
■ +Aチャンネル アニメ・原作対応表 (Blu-ray第1巻収録/だい1わ~だい2わ)
■ +Aチャンネル アニメ・原作対応表 (Blu-ray第6巻収録/だい11わ)
■ 「+Aチャンネル」(だい6わ)に登場した銃を鑑定してみた
■ Aチャンネル BD/DVDシリーズ TV-CMで使用されている話数

【関連サイト】
■ まんがタイムきららWeb (芳文社)
■ Aチャンネル 公式サイト (アニプレックス)
■ Aチャンネル [番組公式] (毎日放送)
■ Aチャンネル (Wikipedia)



まんがタイムきららキャラット 2012年 02月号 [雑誌]
まんがタイムきららキャラット 2012年 02月号 [雑誌]
    Aチャンネル (3) (まんがタイムKRコミックス)
Aチャンネル (3) (まんがタイムKRコミックス)
    Aチャンネル+smile【完全生産限定版】 [Blu-ray]
Aチャンネル+smile【完全生産限定版】 [Blu-ray]
    Aチャンネル トオル (1/10スケール PVC塗装済み完成品)
Aチャンネル トオル (1/10スケール PVC塗装済み完成品)
スポンサーサイト

| Aチャンネル | この記事のURL | comments:0 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/751-625af5eb

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事