前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

[マンガ感想] みなみけ 第192話 「気まぐれ」

週刊ヤングマガジン2012年No.12に掲載されている「みなみけ」第192話『気まぐれ』の感想です。

週刊ヤングマガジン2012年No.12 みなみけ 第192話 「気まぐれ」

以下、マンガの内容に触れていますので、未読の方はご注意ください。



第192話 『気まぐれ』 ストーリー&感想

単行本第⑨巻まで発売しています。気まぐれで買ってください。
書店員さんの気まぐれで
単行本を置いてない店もあるかと思います。
その際は注文してください。
(扉ページ[P.345]のアオリ文)

いい加減な内容なので、気まぐれで読んでね。
(扉ページ[P.345]の柱文)

3姉妹が気まぐれに行動して、適当なことを言っていると、どんなことになるのかな?
(2ページ目[P.346]の柱文)
  • はい、ご覧のとおり、今回もアニメ化の続報は無し。第9巻(初回限定版)ドラマCDで発表されてから かれこれ3ヶ月半経過しているので、ファンにとっては実にもどかしい。大部分の人が知りたいのは アニメスタッフの人選ですよね。それだけでも、ほのめかしてくれればなぁ・・・。もっとも、小生はけっこう楽観視していたりする。理由は2つあり、1つ目は第8巻第9巻のドラマCDで脚本を担当していたのが、「みなみけ」アニメ1期に携わっていた鴻野貴光氏である点。普通に考えれば、ドラマCDだけに限定した起用とは思えない。これでもしアニメ4期の脚本家が2期・3期と同じになったなら、ヤンマガの編集さんは とんでもないドSだ(笑)。2つ目は講談社がアニメ製作に直接乗り出すというニュース。講談社の直接関与が高まれば、今までスタチャにほぼ丸投げであった製作(プロデュース)に、編集部の意向が強く反映される可能性が高い。鴻野氏の登板は それの布石ではないかと思うのですよ(キリッ。
  • 閑話休題。今回のストーリーは「気まぐれ」をテーマに、小気味よくも淡々と物語が進む構成になっている。1つのフレーズ(単語)を駆使し、その流れで「くすり」とした笑いを誘う展開。これは「みなみけ」では時々見られる手法で、最近のエピソードでは吉野ちゃんに焦点を当てた第174話「謎です」がそうだ。
▊ 気まぐれはいい加減?
みなみけ 第192話 「気まぐれ」
  • とある日の南家リビングルーム。カナとチアキが見ているTV番組で、「シェフの気まぐれサラダ」なる料理が話題になっている。「うまそうだなー」と好意的な意見を述べるカナ。チアキは「気まぐれで料理を付くってほしくない」と、実に対照的な反応を示す。物語とは直接関係ないけど、姉妹の座る位置はちゃんといつも通りですな。TVの真正面がチアキ、その左隣がカナという設定。日常系作品では、こういったさり気なくも細かいコダワリが重要だと思うのですよ。
  • ハルカ姉さまが晩ごはんを持って登場。今夜のメニューは「気まぐれお好み焼き」なる料理だった(右図参照)。一口食したカナは、お好み焼きの材料が残りもの(昨日余ったちくわ等)であることに気付き、ご不快のご様子。一方、今さっき 気まぐれ料理に異論を唱えていたチアキは、「美味しいです」と称賛。その身代わりの早さを見て、「お前 気まぐれ反対派だろ?」とツッコミを入れるカナ。気まぐれ反対派のチアキが、気まぐれで態度を豹変したように見えるが、ハルカを崇拝してのことなので、決して気まぐれではない。キャラ紹介文でも解説されてるけど、見方によっては非常にややこしい!
  • そんなことがあった後日。カナの行動は気まぐれまみれとなる。日曜昼の気まぐれ起床(目覚まし無し)に始まり、気まぐれくつ下(左右違う柄)、気まぐれ歯みがき(下の奥歯ばっかり)と、気まぐれ三昧。単なるずぼらに見えなくもないが、カナ的には気まぐれらしい。そんなカナに向かい、「お前の気まぐれは ろくなもんじゃないね!」と手厳しい言葉を浴びせるチアキ。裏を返せば、ハルカ姉さまの気まぐれは良い気まぐれということか。
  • この日、ハルカ姉さまはお出かけで、昼食はカナとチアキで用意することに。ハルカ姉さまの行き先は明示されていないが、日曜だからマキやアツコと遊びに行ったのかな?この話をアニメ化する際には、是非その設定でお願いします。m(_ _)m

▊ 気まぐれはいいものだ
みなみけ 第192話 「気まぐれ」
  • 気まぐれなカナは率先して料理作りに着手。そして出来上がったのが「気まぐれシェフの気まぐれサラダ」。気まぐれ×2というネーミングだけど、中身は かなり確信犯的だ。何しろ緑・黄・赤のピーマンを7対2対1の割合でブレンドした10割ピーマンだったのだ。これはヒドイ! やるな策士!
  • チアキは涙目で抵抗の意志を示していたが、突如として気まぐれが発動!嫌がらせのピーマン10割サラダを箸でひとつまみすると、もごもごと噛みしめ、そのまま飲み込んでしまったのだ・・・(右図参照)。気まぐれとはいえ、自分の意志でピーマンを食べるのは初めてじゃないか。チアキとピーマンの因縁は下記のとおり。
    1. 第34話「負けてしまえ」 ピーマンを残してハルカ姉さまに怒られる
    2. 第53話「誰だっけ」 髪をつかまれてピーマンとか食べさせられる夢を見る
    3. 第137話「一番えらい」 BBQ大会でナツキにピーマンを食べさせられる
    4. 第170話 レッツ お野菜」 催眠術にかかり、スーパーで大量の野菜をカゴに入れる
    いやそれにしても、妹の成長に涙しているカナがいいね。強がってるチアキも可愛い。こういった姉妹愛の描写は久しぶりに見た気がする。
  • ハートウォーミングな雰囲気で盛り上がっていたところ、唐突にタケルおじさんが登場。近所まで来たついでに立ち寄ったもよう。約4ヶ月前のハロウィン・パーティー以来の顔見せだ。タケル登場の法則を適用すると、次に南家マンションを訪れるのは、単行本・第11巻の範囲となる第198話以降になりそう。
  • 編集さんの気まぐれで、ページ下の欄外にタケルのキャラ紹介が載ってて吹いた(笑)。要注目なのは、タケルとレイコさんの関係に関する言及だ。最近はレイコさんのことを話題にしないので、未練を断ち切ったと推測している。最後にケイコさんの名前が出て来たのは第167話 「もらって」なので、当たらずとも遠からずといったところか。
  • タケルは手土産としてあの店のプリンを持参。チアキからは「気まぐれおじさん」の称号を授かり、カナからは「ナイス気まぐれ!」と褒め称えられる。そしてほぼ同時に、ハルカ姉さまが帰宅。こちらはあの店のドーナツを買ってきたという。ちなみに、これまで「みなみけ」に登場しているスイーツ店と商品は次のとおり。
    1. 第57話「ケンカでも」 駅前の角のあの店のプリン
    2. 第121話「やる気」 あの店のチョコ
    3. 第139話「だらだら」 駅前の交差点に新しい甘いものの店(あの店)のケーキ
    4. 第176話「余った」 例の店のドーナツ
    「新しい」と明示されている「3」を除き、どれも同じ店を指しているのかもね。
  • そんなこんなで月曜日。まだまだ続くよカナの気まぐれ。気まぐれ早起き、気まぐれに髪をなびかせ、気まぐれな気遣いと、日曜日とは打って変わって「良い」感じの気まぐれだ。ツインテールを解いたカナを見て、胸キュン状態の藤岡君。気持ちはよく分かるぞ! カナが髪型を変更するは けっこうレアだけど、直近では第161話「わかったぞ」の二つ結び(低い位置で髪を束ねる髪型)がある。ストレート髪は今回が初めてではなく、第17話「つきっきり」で披露済み。
  • 最終ページは高校が舞台で、最近ワンポイントリリーフが多い保坂が登場。今回はオチ要員だ。そして保坂といえば定番の料理ネタ。深刻そうな表情で「この間 気まぐれに作ったサラダの味がどうしても再現できないのだ!」という悩みをぶちまけている。で、味もレシピを思い出せないのに「保坂の幻の気まぐれサラダ」と命名しやがります。モヤモヤしたモノに名前を付けることで、そのモヤモヤが解消することはあるけど、これはどうなんだろう?却ってモヤモヤしないか?速水が助言しているように、忘れた方がいいような気がする(笑)。
単行本1巻当たりのタケル登場頻度を表したもの。第9巻以降は2回登場している。それ以前の範囲(第3巻~第8巻)では、1巻当たり1回しか出番がない。
コハル先生が気まぐれで描いたらこんな話になりました(気まぐれでいつもと違う書体を使ってみました)。
(最終ページ[P.352]の柱文)
柱文に使われている書体はモリサワの新丸ゴかな。スペースの都合で少し平体が掛かってるけど、「い」という文字のデザインが特徴的だし。

次回掲載号

次回掲載は3/5発売号。掲載日は気まぐれで変わりません。
(最終ページ[P.352]の欄外より)
ということで、次回の「みなみけ」はヤンマガ3月5日発売号(No.14)に掲載されます。

【関連記事】
■ [マンガ感想] みなみけ 第191話 「鬼だもの」
■ [マンガ感想] みなみけ 第193話 「どういうものか」
■ [レビュー] 桜場ワールド2012年カレンダー
■ [レビュー] みなみけ 第9巻 (初回限定版・通常版) (単行本のレビュー)
■ [レビュー] みなみけ 第9巻(初回限定版) ドラマCD・キャラソンCD
■ [レビュー] ねんどろいどぷらす ぬいぐるみシリーズ みなみけ 南千秋
■ [レビュー] みなみけ ふじおかぬいぐるみ(りあるさいず)
■ [レビュー] グッドスマイルカンパニー みなみけ ねんどろいど 南千秋

■ みなみけ(原作) モブキャラに関するまとめ
■ みなみけ(原作) 速水先輩が開眼した場面まとめ
■ みなみけ(原作) アツコがトウマを男の子と勘違いするに至った経緯

■ 「みなみけ」「今日の5の2」「そんな未来はウソである」関連記事まとめ (関連記事の総目録

【関連サイト】
■ ドラマCD付き「みなみけ」限定版公式サイト (講談社 特設サイト)
■ みなみけ (StarChild アニメ公式)
■ みなみけ (Wikipedia)



みなみけ(9) (ヤンマガKCスペシャル)

桜場 コハル

みなみけ(9) (ヤンマガKCスペシャル)

Amazon.co.jpで見る

 

CD付き みなみけ 9 限定版 (ヤングマガジンコミックス)

桜場 コハル

CD付き みなみけ 9 限定版 (ヤングマガジンコミックス)

Amazon.co.jpで見る

 

デザイン事典 文字・フォント (+DESIGNING)

デザイン事典 文字・フォント (+DESIGNING)

Amazon.co.jpで見る

 

いいことづくめのピーマンレシピ―血管強化、コレステロール、脂肪代謝にいい! (角川SSCムック 毎日が発見ブックス)

いいことづくめのピーマンレシピ―血管強化、コレステロール、脂肪代謝にいい! (角川SSCムック 毎日が発見ブックス)

Amazon.co.jpで見る

スポンサーサイト

| みなみけ | この記事のURL | comments:4 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT

>鴻野氏の登板は それの布石ではないかと思うのですよ(キリッ。

そうであってほしいですね。
日常系と分類されている作品群の中で、コハル先生の作品は、独特の光を放っていますよね。
あるある系のネタは少なく、台詞回し、言葉遊びといったところで笑いを取る
所謂『起承転結』の、結ではなく、承や転にこそ笑いのツボがある、とでも言いましょうか。
3期は、『結』に拘泥しすぎて、承や転を、結に至る単なる過程、のような認識で、サラリと流してしまう傾向が強く、原作をなぞってはいるのに何だか…。
という状態でしたので、鴻野氏やあおしま氏は、承転でぞんぶんにニヤニヤさせてもらえる脚本が普通に書ける、ということを、編集部でも評価されているんだ、と信じたいです、はい。

>1つのフレーズ(単語)を駆使し、その流れで「くすり」とした笑いを誘う展開。これは「みなみけ」では時々見られる手法で、最近のエピソードでは吉野ちゃんに焦点を当てた第174話「謎です」がそうだ。

コハル先生流言葉遊びですよねw
しかし、この流れでオチが保坂は予想外でしたwでも1番のポイントは、気まぐれで髪をなびかせたカナですね。
そして、藤岡はトキメキ状態なのに
「変だもん!」
と言っちゃうあたりがまた、笑いのツボだと思います、はいw
あ、でもピーマン頑張っちゃったチアキも(*´Д`*)でしたw

| 長男 | 2012/02/22 | URL

◆長男さんへ

> >鴻野氏の登板は それの布石ではないかと思うのですよ(キリッ。
>
> そうであってほしいですね。
> 日常系と分類されている作品群の中で、コハル先生の作品は、独特の光を放っていますよね。
> あるある系のネタは少なく、台詞回し、言葉遊びといったところで笑いを取る
> 所謂『起承転結』の、結ではなく、承や転にこそ笑いのツボがある、とでも言いましょうか。
> 3期は、『結』に拘泥しすぎて、承や転を、結に至る単なる過程、のような認識で、サラリと流してしまう傾向が強く、原作をなぞってはいるのに何だか…。
> という状態でしたので、鴻野氏やあおしま氏は、承転でぞんぶんにニヤニヤさせてもらえる脚本が普通に書ける、ということを、編集部でも評価されているんだ、と信じたいです、はい。

おっしゃるとおり、「みなみけ」という作品はオチで笑いを取るのではなく、「流れ」とか「会話の妙」でニヤニヤする作品ですよね。なので、表面的に原作をなぞっても、すぐにボロが出てしまう。そう考えると、アニメ1期のシナリオチームは、今考えると奇跡の集結と言えそうです。


> >1つのフレーズ(単語)を駆使し、その流れで「くすり」とした笑いを誘う展開。これは「みなみけ」では時々見られる手法で、最近のエピソードでは吉野ちゃんに焦点を当てた第174話「謎です」がそうだ。
>
> コハル先生流言葉遊びですよねw
> しかし、この流れでオチが保坂は予想外でしたwでも1番のポイントは、気まぐれで髪をなびかせたカナですね。

保坂というキャラが、いよいよ新たなステージに突入!w


> そして、藤岡はトキメキ状態なのに
> 「変だもん!」
> と言っちゃうあたりがまた、笑いのツボだと思います、はいw

「いつもと様子が違う」とか「変だもん!」っていうセリフは、制服の汚れを取ってくれたことに対するものなんですかね。髪型の変更は目には入っているんだけど、意識としては気付いていない。直前の気遣いの方に、ときめいている感じとでもいいましょうか。


> あ、でもピーマン頑張っちゃったチアキも(*´Д`*)でしたw

同じく(*´Д`*)

| 三四郎. | 2012/02/22 | URL

ご無沙汰しております。
以前コメントさせて頂いたちょうと申します。

今回のブログの前書きを見て驚いたのですが、講談社が自社でアニメ製作に乗り出すのですね。
そう考えると、2期以降はスタチャに丸投げして、素材のポテンシャルを引き出せずに終わったみなみけのテコ入れに乗り出しても不思議はないですね。
何せ1期は今でも日常系の代表作と評価される傑作だったのですから。

ちょっと話は逸れますが、昨日、某動画サイトの公式生放送で「ゆるゆり」全話放送なるものをやってまして、ちょっと見ただけで「うわっ、みなみけっぽい」と感じました。
調べてみたら、スタッフは、ほぼみなみけ一期のメンツなのですね。

ピアノを基調とした音楽、ゆったりとしているがキレのあるセリフ回しとギャグ、かわいらしいキャラデザ、落ち着いた色彩の背景。

作品内容の良さの割に失敗作になってしまったみつどもえと違い、ゆるゆりは2期も決まるほどのヒット作になったようで(しかも2期から越智氏も参加とかw
)、太田監督をはじめとしたみなみけ1期スタッフの活躍の場が増えそうで嬉しい限りです。
それが、今年後半のみなみけアニメ化、1期スタッフの復帰につながってほしいと切に願っております。

最後に今回のみなみけですが、こういうあっさりした話を面白く見れるのは、キャラの個性がしっかりしてるからですね。今回の話のようなものこそ、1期スタッフの力の見せ所になりそうです。きっとうまく料理するんだろうなあ。

| ちょう | 2012/02/27 | URL

◆ちょうさんへ

> ご無沙汰しております。
> 以前コメントさせて頂いたちょうと申します。

コメントありがとうございます。m(_ _)m


> 今回のブログの前書きを見て驚いたのですが、講談社が自社でアニメ製作に乗り出すのですね。
> そう考えると、2期以降はスタチャに丸投げして、素材のポテンシャルを引き出せずに終わったみなみけのテコ入れに乗り出しても不思議はないですね。
> 何せ1期は今でも日常系の代表作と評価される傑作だったのですから。

最近の漫画・アニメ業界を見ると、優良コンテンツが少なくなってますよね。
そんな中、「みなみけ」は固定ファンの多い人気作品ですから、アニメ製作の際には出版社主導で丁寧に扱って欲しいです。


> ちょっと話は逸れますが、昨日、某動画サイトの公式生放送で「ゆるゆり」全話放送なるものをやってまして、ちょっと見ただけで「うわっ、みなみけっぽい」と感じました。
> 調べてみたら、スタッフは、ほぼみなみけ一期のメンツなのですね。

ゆるゆり公式ファンブックの太田監督インタビューによると、チークワークを重視して同じスタッフを選んだそうです。新しい人が入ってくると力量の探り合いになり、余計に時間が掛かってしまうからだとか。


> ピアノを基調とした音楽、ゆったりとしているがキレのあるセリフ回しとギャグ、かわいらしいキャラデザ、落ち着いた色彩の背景。

作曲家も同じなので、似たようなアレンジの曲が多いですね。


> 作品内容の良さの割に失敗作になってしまったみつどもえと違い、ゆるゆりは2期も決まるほどのヒット作になったようで(しかも2期から越智氏も参加とかw
> )、太田監督をはじめとしたみなみけ1期スタッフの活躍の場が増えそうで嬉しい限りです。
> それが、今年後半のみなみけアニメ化、1期スタッフの復帰につながってほしいと切に願っております。

みなみけ4期がTVシリーズで、あおしま氏チームが参加するなら、放送は今年の秋以降ですかね。
単行本10巻(限定版)の特典OADという線もありますが・・・


> 最後に今回のみなみけですが、こういうあっさりした話を面白く見れるのは、キャラの個性がしっかりしてるからですね。今回の話のようなものこそ、1期スタッフの力の見せ所になりそうです。きっとうまく料理するんだろうなあ。

保坂オチなので、脚本は鴻野氏にお願いしたいですね。
きっと面白いオリジナルネタも用意してくれる筈。

| 三四郎. | 2012/02/27 | URL













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/740-5947b061

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事