前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

[マンガ感想] 女子高生Girls-Live 9時限目 『Girls-After Festival』 (COMICすもも VOL.10)

COMICすもも VOL.10に掲載されている「女子高生Girls-Live」9時限目『Girls-After Festival』の感想です。

COMICすもも VOL.10 女子高生Girls-Live 9時限目 『Girls-After Festival』

以下、マンガの内容に触れていますので、未読の方はご注意ください。



女子高生Girls-Live 9時限目 『Girls-After Festival』

今回は大人気御礼 豪華二本立て!!
一本目は祭りの2日目だ!!
(扉ページ[P.101]のアオリ文)

萩組との激しい集客争いに燃える蘭組・・・ってアレ?
(2ページ目[P.102]の柱文)

私立山咲女子学園富士高等学校、通称・咲女。中途半端なお嬢様学校と銘打たれながらも、そこは女ばかりということで、実態は・・・な感じではありますが、その中にあってもなお、ひときわ異彩を放つ新入生三人組、それがトンチキ軍団なのであった!!
(4ページ目[P.104]のSTORY紹介文)
前号で予告されていたとおり、COMICすももVol.10では一挙に2本掲載されております。1本目は文化祭(芙蓉祭)の続きで、花子たちトンチキ軍団3名とトンチキ内部チーム1名(カナ)が校内のし物を見て回る話。前回、手痛い敗北を喫した高一萩・西園寺紗里奈もそこかしこに登場。花子やカナに恥をかかすべく、あの手この手で工作活動を仕掛けるが、果たしてリベンジは成るか!?

女子高生Girls-Live 9時限目 『Girls-After Festival』
  • 文化祭2日目を迎えた咲女。高一蘭のし物・男装コンテストMISS DANDYは盛況のうちに終了し、暇を持てあました花子たち4人は 教室でUNOざんまいだ。高一萩・西園寺が再勝負を挑んでくるも、それを軽くスルー。邪魔者を追い払ったところで、カードゲームも切り上げ、校内の他のブースを見て回ることに。ちなみに トンチキ内部チームの一人、南美波は運動部合同の巨大おばけ屋敷に参加中。もう一人のメンバー、小牧真紀の姿は見えない(終盤に登場してるけどね)。
  • 芙蓉祭は中等部・高等部合同なので、規模も大きく、ユニークなし物も多くい。外部生(高校からの入学組)の花子は、もの珍しさで興味津々なようす。そんな中、スタイリング部のイメチェン美容室サロンなる看板が目に飛び込んでくる。スタイリング部は服飾部を今風にアレンジした感じのシャレオツな部活らしく、ファッションやコスメのトータルコーディネートを体験できるもよう。花子たちは早速イメチェンをしてもらうことになる。
  • 花子はコンサバファッションのお嬢様(右図参照)、亜季子はお色気女教師、真理子は元気ギャルに変身だ! 真理子のおっぱいでけぇぇぇぇぇぇえええええ!!さすが爆乳Fカップの持ち主!ブヒー!ブヒー!! 『つけま』初体験の花子は、その重さと痒さと視界の悪さに音を上げているが、どうやら本当らしい。「つけまつげ 重い かゆい 視界」で検索すると1万件近くヒットする。
  • 一方、イメチェンを拒んでいたカナは、花子に手を引かれて強制参加。その結果、エレガントな幅広帽、ひらひらレースワンピを身に纏った少女趣味全開の森ガール風の美少女に大変身! 「女子高生」シリーズで、ここまで可憐な美少女は初めて見たきがする。 あまりの可愛らしさに、花子でさえも鼻血ブー状態だ。実は このファッション、西園寺が裏工作してカナに恥をかかせようとしたものなんだけど、けっきょくそれが裏目に・・・。西園寺=自爆キャラという立ち位置は、もはや不動のものですな(笑)。


女子高生Girls-Live 9時限目 『Girls-After Festival』
  • スタイリング部を後にした花子たち。パンフレットを眺めつつ、めぼしいし物を探し歩いていたところ、目の前に下着部のフィッティングコーナーが御出まし。教室の廊下側にブラやパンツを堂々と掲げている為、逆に清々しい雰囲気を醸し出している。学校公認の部活なんだろうけど、前作のセレ部の方がまだマシじゃないか?
  • 下着部の部員に誘われるまま、花子たちはフィッティングを試すことに(右図参照)。・・・あれ?花子は 1時限目の冒頭で「アンチ下着部!!」って叫んでたやん。その結果、「女子高生ガールズ裸部らぶ」っていう出オチギャグが生まれたわけだし。まあでも 「フィッティング」を「ぺってぃんぐ」と勘違いしてのことなので仕方ないか。できれば、花子の脳内妄想(女同士のお触り行為)をイメージとして見たかったッス!
  • 今さっき自爆した西園寺が再び陰で暗躍。花子たちに「チョー↓だせぇ」下着を用意するよう、下着部員に働きかける。しかし、トンチキ軍団にその手は通用する筈もない。そもそも、花子たち(カナを除く)は普通の女子高生とは感性が違うのだ。三人ともブラを付けてない上、パンツは斬新な履き方。これを思い出したよ。
  • 花子たちは三人は、「ランジェリー戦隊ブラックパンティーズ」を名乗り、得意気に決めポーズをとりやがります。ところが、「パンティー」は死後ではないか?という話になり、名称に関する議論が始める。そして本作では お馴染みの昭和ネタ再び!ドヤ顔で「すきゃんてぃ」と言い出す花子。久々に見たわ、その死語(笑)。
  • 下着部のコーナーを出たカナたちは、ひとけの無い校舎の奥の方へと向かう。するとそこには、暗澹たる雰囲気を醸し出す一角があった。カナ曰く「芙蓉祭の暗部」にして「泊まり込みバットゾーン」である文化祭実行委員会の部屋だった。文化祭の準備で不眠不休が続いたらしく、今にも死にそうな委員たち。興味津々の花子に対して、「実行委員にだけはなっちゃいけないよ」と忠告する。だがしかし、その言葉が花子のトンチキ魂に火を付けてしまう。来年(2年生)になったら、実行委員になると宣言する花子。それを聞いた真理子は「伏線張られたー!」と驚愕の叫びを発するのであった。
  • この伏線を回収するには、花子たちが2年生に進級する必要があるよね。つまり、時間軸がサザエさん時空ではないことが前提となる。前作「女子高生Girls-High」では、絵里子たちが高1から高2に進級した後、サザエさん時空に突入。2年生を2回繰り返し、最終回でも高2のままだった。さて、本作はどうなるのかな?
  • そんな感じで、今回もハイテンション連続の「女子高生Girls-Live」。この続きはCOMICすももVol.10でチェックしてね。終盤はハートウォーミングな展開になるんだけど、やっぱりオチは下品。真面目人間にして高一蘭・自治委員のカナも、花子たちに感化されてしまったもよう。トンチキ内部チームから、トンチキ軍団メンバーに昇格する日も近そうだ。

同時掲載されている10時限目『Girls-Memory』の感想記事へは下記のリンクで。


【関連記事】
■ [マンガ感想] 女子高生Girls-Live 8時限目 『Girls-IKEMEN☆PARADISE』 (COMICすもも VOL.9)
■ [マンガ感想] 女子高生Girls-Live 10時限目 『Girls-Memory』 (COMICすもも VOL.10)
■ [マンガ感想] 女子高生Girls-High スペシャル読み切り (漫画アクション2011年No.21)
■ [マンガ感想] 女子高生Girls-High スペシャル読み切り (コミックハイ!2011年11月号)
■ [レビュー] 女子高生 バカ軍団波乱の修学旅行 準備編・上陸編
■ [レビュー] バステティシャン (マンサンコミックス)

■ [壁紙制作] 女子高生GIRL'S-HIGH (自作壁紙1枚目~9枚目)
■ 女子高生GIRL'S-HIGH 自作壁紙 10枚目
■ 女子高生Girls-High 鈴木由真の一人称に関する考察
■ 女子高生GIRL'S-HIGH(アニメ版) 鈴木由真の一人称に関する考察


【関連サイト】
■ TOWA OSHIMA official website TOWA OSHIMA official website (大島永遠先生 公式サイト)
■ TVアニメ「女子高生 GIRL’S-HIGH」 TVアニメ「女子高生 GIRL’S-HIGH」 (アニメ公式サイト)
■ COMICすもも (双葉社 コミックハイ!公式サイト)
■ 女子高生 (Wikipedia)



COMIC (コミック) すもも VOL.10 2012年 3/10号 [雑誌]
COMIC (コミック) すもも VOL.10 2012年 3/10号 [雑誌]
  女子高生Girls-Live(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))
女子高生Girls-Live(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))
  女子高生 GIRL’S HIGH 〈期間限定生産〉 [DVD]
女子高生 GIRL’S HIGH 〈期間限定生産〉 [DVD]
  まんがかぞく 一家4人全員漫画家(2) (アクションコミックス)
まんがかぞく 一家4人全員漫画家(2) (アクションコミックス)
スポンサーサイト

| 女子高生GIRL'S-HIGH | この記事のURL | comments:0 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/738-7b5a3477

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事