前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

[マンガ感想] みなみけ 第191話 「鬼だもの」

週刊ヤングマガジン2012年No.10に掲載されている「みなみけ」第191話『鬼だもの』の感想です。

週刊ヤングマガジン2012年No.10 みなみけ 第191話 「鬼だもの」

以下、マンガの内容に触れていますので、未読の方はご注意ください。



第191話 『鬼だもの』 ストーリー&感想

なぜマコちゃんが誕生したのか?節目の時期に単行本を読み返そう。
何年たっても食べるマメの数は変わらない。
マコちゃんが誕生したのも、もう遥か昔。
歴史たっぷり単行本第①~⑨巻発売中!!
(扉ページ[P.377]のアオリ文)

知らなくても鬼に食べられるわけじゃないよ。
(扉ページ[P.377]の柱文)

邪気たっぷりのカナが鬼になった。ただのマメで退治できるのか!?南家流の節分をご覧あれ。
(2ページ目[P.378]の柱文)
  • 予定どおり(?)、今回もアニメ化に関する情報はナッシング。この時期に続報無しってことは、少なくとも4月スタートのTVアニメという線は消えたと思う。前回の記事でも書いたけど、連載200回となる6月に詳細を発表し、10月頃にTVアニメ放送開始またはOVA発売か? コミックス第10巻(限定版)の特典OADの可能性も無きにしも非ずだけど。
  • 「何年たっても食べるマメの数は変わらない」って! 何気にアオリ文がサザエさん時空について言及しているじゃないか。

▊ 南家流の節分
みなみけ 第191話 「鬼だもの」
  • 節分の日を迎えた南家。、ちなみに今年の節分は2月3日(金)。私服のマコちゃん以外は制服姿なので、帰宅直後と思われる。リビングルームにはカナ、チアキ、マコちゃんの3人が集まり、節分の話題を口にしている。どうやらマコちゃんは、節分という季節行事を知らないらしい(右図参照)。ハロウィンに続き、マコちゃんの世間知らずネタ再び!なんか最近、チアキがマコトに付けたアダ名「バカな子供」を、そのまま地で行くキャラになってない?
  • 「みなみけ」で季節行事は多いが、実際に行動を伴う話は意外と少ない。過去に於いては ぐらいかな。正月とか雛祭り関連の話題はあるが、初詣に行ったり、雛人形を飾る描写はない(セリフで済ませている)。原作にない大晦日はアニメ1期・最終回でオリジナル話が作られてたっけ。今後も絶対に無さそうなイベントをあげると、母の日、父の日、成人の日の三つは鉄板。学校行事も含めれば、林間学校、修学旅行も無理っぽい。
  • 閑話休題。節分を知らないマコちゃんに対し、カナが簡単に説明。ところが、マコちゃんはハロウィンみたいなイベントと勘違いしやがります。いったい節分の何処にオシャレは要素があるというんだ。もしもこの場に吉野ちゃんが居たら、ニコニコしながら「謎ですね」と、モノローグツッコミを入れたことだろう。
  • 百聞は一見にしかずということなのか、実際に豆まきをやることになり、カナが鬼の役を買って出る。鬼のお面のデザイン吹いた(笑)。ただ残念なのは鬼のコスプレが無い件。ハロウィン回みたいなセクシーなコスチュームを見たかったぞ!
  • 一方、豆まき役を務めることになったのはマコちゃん。チアキから一合枡いっぱいに入った豆を受け取り、カナに向けて投げつける。しかしカナは腕組みしたまま全く動じず、「我を倒したければ1億粒のマメを用意しろ!」と言い出す始末。鬼の面を付けているためか、セリフ回しまで不貞不貞しい。マコちゃんは愕然となるが、チアキは黙々と反撃開始。「鬼は外!」の掛け声もなしに、いきなり『ふじおか1号』をぶつけちゃいます。カナがルールを破ったかと思ったら、それを逆手にとって利用するチアキ。バカの仮面を被った策士vs天下無敵のおりこうさん。これが柱文に書かれていた「南家流の節分」か!
  • そんな状況の中、ハルカ姉さまが登場。豆だらけになったリビングの床を見て、おかんむりだ。そして、さすがのチアキたちも本物の鬼(失礼!)にはかなわず、豆拾いをする羽目に陥る。ハルカ姉さまは たった今帰宅したわけではなく、キッチンで南さん特製 恵方ロールケーキを作っていたようだ。普通のロールケーキにしか見えないのはご愛敬。恵方ロールケーキと呼ばれるモノは、その名のごとく恵方巻を模している


▊ 役に立つ鬼
みなみけ 第191話 「鬼だもの」
  • 恵方ロールケーキをお皿に切り分け、カナ達にふるまうハルカ姉さま。予期せぬスイーツにありつけ、マコちゃんは嬉しさもひとしおだ。カナは鬼の面を付けたまま、ケーキを二切れ要求しやがります。不貞不貞しいにも程があるが、ハルカ姉さまは あっさり二切れ差し出しちゃいました。おやさしいお姉さま で、それを見たマコちゃんは、鬼はわがままが許されるものと思い込み、カナからお面を借りることに(右図参照)。これが悲劇(というか喜劇)の始まりになるとも知らず・・・。
  • 鬼の面を被ったマコちゃんは ケーキを もう一切れリクエストし、すんなりゲット成功。ああ素晴らしきかな鬼の威光。ところが ふと横を見ると、ケーキのおかわりをしていないチアキが、もう一皿受け取っているではないか! 事ここに至り、鬼じゃなくても貰えることに気付いたマコちゃん。どんだけ~。しかし時すでに遅かった。カナが「鬼は外だろ?」などと発言し、暗に『帰れ』と言わんばかり。追い出されたくないマコちゃんは、カナの策略にまんまと引っかかり、カナの役に立つ鬼になり下がる。コーヒーのおかわり用意、肩もみ等々、もはやただのパシリである。
  • そんなマコちゃんの見かねたのか、チアキが「正しい鬼のあり方」を伝授するという。鬼の面を被ったチアキは、早速カナと対峙。カナが繰り出す「ジュース買ってきて」命令に対し、「自分で行けバカ野郎」と切り返す。いつもどおりのチアキなので、お面を付けた意味全然なし! まあでも、久々に「バカ野郎」を聞けたので良しとしますか。小生のチェック漏れが無ければ、第171話 「ここだけの話」以来の「バカ野郎」発言であります。
  • 今回は全般的にコメディの王道的な内容だったけど、最後のオチは如何にも「みなみけ」的なノリ。 蛇足だけど、この話をアニメ化する場合、ハルカ姉さまの扱いがポイントになりそう。姉さまだけお面を付けていないので、アニメオリジナルなネタとして使えそうな気がする。

ただ鬼のお面をつけたかっただけだよ。これをつければ、何言ってもおもしろくなるじゃねえか、バカ野郎。
(最終ページ[P.384]の柱文)
  • なるほどね! 自称『天下無敵のおりこうさん』といえども、しょせんは小学生女子。周りのキャラがお面を付けてるのを見て、自分も被りたくなったという心理か~。通常は感想主体の柱文だけど、今回は珍しく作品解説になっているじゃないか。

次回掲載号

次回登場は2/20発売号。チアキがお面をつけるとツノ3本。
(最終ページ[P.384]の欄外より)
言われてみれば確かに、チアキのホイップ髪がツノに見える。今回は編集さんの一言が冴えわたっているな!

【関連記事】
■ [マンガ感想] みなみけ 第190話 「帰ってきた」
■ [マンガ感想] みなみけ 第192話 「気まぐれ」

■ [レビュー] 桜場ワールド2012年カレンダー
■ [レビュー] みなみけ 第9巻 (初回限定版・通常版) (単行本のレビュー)
■ [レビュー] みなみけ 第9巻(初回限定版) ドラマCD・キャラソンCD
■ [レビュー] ねんどろいどぷらす ぬいぐるみシリーズ みなみけ 南千秋
■ [レビュー] みなみけ ふじおかぬいぐるみ(りあるさいず)

■ みなみけ(原作) モブキャラに関するまとめ
■ みなみけ(原作) キャラクターの南家マンション訪問回数ランキング
■ みなみけ(原作) チアキの「バカ野郎」発言に関するまとめ

■ 「みなみけ」「今日の5の2」「そんな未来はウソである」関連記事まとめ (関連記事の全目録

【関連サイト】
■ ドラマCD付き「みなみけ」限定版公式サイト (講談社 特設サイト)
■ みなみけ (StarChild アニメ公式)
■ みなみけ (Wikipedia)



みなみけ(9) (ヤンマガKCスペシャル)
みなみけ(9) (ヤンマガKCスペシャル)
  CD付き みなみけ 9 限定版 (ヤングマガジンコミックス)
CD付き みなみけ 9 限定版 (ヤングマガジンコミックス)
 
 
 
スポンサーサイト

| みなみけ | この記事のURL | comments:2 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT

>連載200回となる6月に詳細を発表し、10月頃にTVアニメ放送開始またはOVA発売か? コミックス第10巻(限定版)の特典OADの可能性も無きにしも非ずだけど。

TVアニメなら秋以降開始がいいですね。夏はゆるゆり2期がありますし、無理にまた違うスタッフで強行されても困りますから。

>ハロウィンに続き、マコちゃんの世間知らずネタ再び!なんか最近、チアキがマコトに付けたアダ名「バカな子供」を、そのまま地で行くキャラになってない?

しかしながら
「最近はハロウィンとかおしゃれなイベント増えたな―」
という台詞回しで、ちょっと“足りない”系のバカではないことがわかりますね。
おしゃれなイベントなんて言い回し、足りないバカでは出てこないかとw
こういうキャラ特性、いや、コハル作品全体の特徴とも言えますが、こういうところを、アニメで勘違いされて描かれると、ガッカリしますよね。
今季ですと、やはり三姉妹が出てくる某アニメでは、とりあえず設定自体に無理があるというツッコミは置いておきまして…w
超シッカリ者の次女が、三女と一緒に賃貸アパートの壁に落書きをする、というオリジナルがファンの方に大不評でした。
みなみけファンとして色々な体験をして来た身としましては、色々思うところがありました…。

>今回は全般的にコメディの王道的な内容だったけど、最後のオチは如何にも「みなみけ」的なノリ。 蛇足だけど、この話をアニメ化する場合、ハルカ姉さまの扱いがポイントになりそう。姉さまだけお面を付けていないので、アニメオリジナルなネタとして使えそうな気がする。

マコちゃんを手玉に取る、カナのトークが、ここ最近では一番切れていたように思います。
一連の罠トークに絡ませるか、或いはオチを付け足す形で、チアキからお面を受け取るか、でしょうかw

| 長男 | 2012/02/08 | URL

◆長男さんへ

> >連載200回となる6月に詳細を発表し、10月頃にTVアニメ放送開始またはOVA発売か? コミックス第10巻(限定版)の特典OADの可能性も無きにしも非ずだけど。
>
> TVアニメなら秋以降開始がいいですね。夏はゆるゆり2期がありますし、無理にまた違うスタッフで強行されても困りますから。

アニメ化の発表が去年の11月ですし、今年の秋以降となるとほぼ1年越しになっちやいますね。

ただ、脚本に関しては、鴻野氏を中心としたスタッフになるものと、楽観視しております。
8巻と9巻のドラマCDが鴻野氏でしたし、講談社は自社製作(プロデュース)のアニメを増やすというニュースを読んだことがあるので。


> >ハロウィンに続き、マコちゃんの世間知らずネタ再び!なんか最近、チアキがマコトに付けたアダ名「バカな子供」を、そのまま地で行くキャラになってない?
>
> しかしながら
> 「最近はハロウィンとかおしゃれなイベント増えたな―」
> という台詞回しで、ちょっと“足りない”系のバカではないことがわかりますね。
> おしゃれなイベントなんて言い回し、足りないバカでは出てこないかとw

そういえば、初期の話で「おかしなこと」に気付いたのはマコトだけでしたねw
マコトは知ったかぶりをしないし、約束は守るし(スペードの髪留めの件)、真面目で律儀な
愛されるべきバカ野郎かと。


> こういうキャラ特性、いや、コハル作品全体の特徴とも言えますが、こういうところを、アニメで勘違いされて描かれると、ガッカリしますよね。

アニメ化した時、妙な「後付け」理由で自爆するのは勘弁して欲しいですね。


> 今季ですと、やはり三姉妹が出てくる某アニメでは、とりあえず設定自体に無理があるというツッコミは置いておきまして…w
> 超シッカリ者の次女が、三女と一緒に賃貸アパートの壁に落書きをする、というオリジナルがファンの方に大不評でした。
> みなみけファンとして色々な体験をして来た身としましては、色々思うところがありました…。

今期の三姉妹アニメというと、学園都市周辺が舞台のアレですね。
おっしゃるとおり設定がイマイチ釈然とせず、途中で見るのを止めました。^_^;
ただ、題材としては面白いので、シスプリみたいな方向でやれば良かったのに・・・。


> >今回は全般的にコメディの王道的な内容だったけど、最後のオチは如何にも「みなみけ」的なノリ。 蛇足だけど、この話をアニメ化する場合、ハルカ姉さまの扱いがポイントになりそう。姉さまだけお面を付けていないので、アニメオリジナルなネタとして使えそうな気がする。
>
> マコちゃんを手玉に取る、カナのトークが、ここ最近では一番切れていたように思います。

キャラ紹介でも言及されてますね。


> 一連の罠トークに絡ませるか、或いはオチを付け足す形で、チアキからお面を受け取るか、でしょうかw

最悪なのは出オチギャグ。例の猿の着ぐるみみたいなパターンですw

| 三四郎. | 2012/02/08 | URL













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/733-b0cada2b

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事