前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

[マンガ感想] Aチャンネル ~days in junior high school~ (まんがタイムきららカリノvol.1)

まんがタイムきららカリノvol.1に掲載されている「Aチャンネル ~days in junior high school~」の感想です。

まんがタイムきららカリノ vol.1 Aチャンネル ~days in junior high school~

以下、マンガの内容に触れていますので、未読の方はご注意ください。



まんがタイムきららカリノ vol.1

「まんがタイムきららカリノ」は漫画雑誌ではなく、同じ芳文社から発行されている「つぼみ」みたいなアンソロジーコミックス(単行本)です。

判サイズはA5判(148mm × 210mm)で、総頁数は338ページ(表1~4を含まず)。表紙カバーと総扉ページ(蒼樹うめ先生のイラスト)のみフルカラー印刷になっていて、他はモノクロ印刷仕様。

キャッチコピーは「最旬、ドラマチックヒロイン誌」で、「きららキャラット」のストーリー漫画版といった感じ。vol.1に掲載されている作品は次のとおりです。
  • マドの向こう側 (蒼樹うめ)
  • あるてぃめっとエチュード (月神るな)
  • Aチャンネル (黒田bb) ※掲載頁では「Aチャンネル ~days in junior high school~」になっている
  • こいこいドロップ (kona)
  • コイノボる (カヅホ)
  • 私たちのせんせい。~歩の場合~ (ゑむ)
  • 漠然とした (大沖)
  • 恥ずかしがりやのお姉さんはいかが? (那岐山)
  • ぐだぐだスープレックス (Peg) ※第1話と第2話の2本掲載
  • クロノヒメ (雛咲)
  • ひよこのみ (Toもえ)
  • 誰かの為の彼女の機械 (笠)
  • ぶらっくろにくる~中2病男子と恋する方法~ (むらたたいち)
  • 蚕の空~human race~ (ゆーげん)
(以上「もくじ」ページから抜粋)

Aチャンネル ~days in junior high school~

タイトルに付けられた副題からも分かるとおり、本作は「Aチャンネル」登場キャラの中学時代を描いたエピソードで、るんとトオル、ヒラちゃんの放課後の出来事にスポットを当てています。全12ページの構成で、全てモノクロ印刷。扉絵(タイトル絵)は3ページ目にあり、るんとヒラちゃんがトオルの左右から抱きついている 記念撮影風のイラストです。

Aチャンネル ~days in junior high school~

中学時代のるん。髪型が微妙に違う

同じく中学時代のヒラちゃん。るんとの約束を口にするが・・・

Aチャンネル ~days in junior high school~ Aチャンネル ~days in junior high school~
      少し幼い顔つきのトオル
  • 舞台は とある日の中学校教室。ヒラちゃんがるんに「今日遊ぶ約束」について確認しようとしたところ、るんは完全に忘れているようす。で、お互いに抜けたところのある天然キャラなので、本当に約束したのか してないのかで議論になり、収拾がつかなくなる。するとそこにトオルが登場。二人にアドバイスを与えるが、それでも話が脱線しまくり、トオルは目が点に。けっきょく、ヒラちゃんの勘違い(エア約束)であることが判明し、事態は収拾する。この後、るんが「せっかくだし本当に遊ぼない?」と提案。ヒラちゃんは もちろんOK。一方トオルは遠慮するが、 ヒラちゃんが強引に(?)誘い、三人でるんの自宅で遊ぶことに・・・という出だしで始まるストーリーであります。中盤以降は「きららカリノ」で確認してね。
  • るんの髪型が微妙に違い、後ろ髪2箇所をヘアゴムで結ってますな。インコみたいなアホ毛は同じだけど、後ろ髪がさっぱりしているため、少し幼い印象を受けます。トオルも顔つきが幼くなってるけど、どこがどう違うのか具体的に挙げるとなると難しいッス!それだけbb先生の描き分け技術が凄いってことになりそう。ヒラちゃんは・・・え~と、今と一緒かな。第29話『ヒラちゃん』~『天辺』と比較しても、特に差はない感じ。
  • るんは部活に入っているそうだけど、何部なのかは明示されていない。「今日部活ない日」と言ってるので、文化系か?運動系の部活だったら、普通は試験前を除いて毎日活動するよね。でもいったい何部なんだろう?「食べることが好き」だから料理部? 時々ぬいぐるみを作ってるから手芸部? そのどちらも兼ね備えた家庭部? 「Aチャンネル」では音楽の話題が滅多に出て来ないから、吹奏楽部とか軽音楽部等の線は無さそうだけど・・・。
  • ヒラちゃんの「トオルちゃんも部活ないし~」というセリフから判断すると、トオルも部活に所属しているもよう。帰宅部だったら、「部活入ってないし~」と言う筈だし。トオルのことなので、るんと同じ部に所属している可能性が高いと思う。
  • 「るんちゃんもこたちゃん派なんだね~」――るんの“こたつ”好きは第17話『寒いと頭が回りません』と第30話・扉4コマで描かれていたけど、ヒラちゃん同類だったもよう。なお、今回の話で“こたつ”が設置されているのは、るんの部屋。
  • 物語の中盤、ヒラちゃんのドジッ子属性が炸裂した際、トオルが「ヒラちゃん・・・不思議ちゃん・・・」というモノローグ突っ込みを入れていて吹いた(笑)。トオルの半目で呆れた感じの表情が実にイイ.ヽ(≧▽≦)ノ. でもまあ小生に言わせれば、トオルも十分不思議ちゃんだけどね。
  • トオルがヒラちゃんと二人きりになった時の反応が、ユー子の時(第20話『選ばせてあげる』)とは、えらい違いじゃないか。ヒラちゃんの突拍子のない話に、振り回されたり赤面したりで、表情の変化が楽しい。
  • 話のオチにケータイが使われているんだけど、ヒラちゃんは赤外線通信機能を知らなかったのか。これって第36話『ボディを』のるんと一緒やね。これだけ共通属性が多ければ、「Aチャンネル.zip」で「類は友を呼ぶ?」と書かれますわ。

次号発売日

帯のそで(折り返し部分)に印刷されている情報によると
まんがタイムきららカリノ vol.2
2012年4月27日 発売予定!
とのこと。3ヶ月後に刊行ってことなので、発行ペースは季刊のもよう。次号の詳細については、どこにも載ってません。

気になるのは、次号にも「Aチャンネル ~days in junior high school~」が載されるのか どうかという点。vol.1だけの読み切りなのか、このまま連載作品になるのか。「マドの向こう側」は連載らしいのですが、「Aチャンネル」はどうなるのか? 販促面からいうと「Aチャンネル」は絶対に外せない筈なので、次号にも載ると思いますが、しばらく やきもきしながら待つ日々になりそう。

【関連記事】
■ [マンガ感想] Aチャンネル (まんがタイムきららキャラット2011年4月号)
■ [マンガ感想] Aチャンネル (まんがタイムきららキャラット2011年5月号)
■ [マンガ感想] Aチャンネル (まんがタイムきららキャラット2011年6月号)
■ [マンガ感想] Aチャンネル (まんがタイムきららキャラット2011年7月号)
■ [マンガ感想] Aチャンネル (まんがタイムきららキャラット2011年8月号)
■ [マンガ感想] 菊花の園 (つぼみvol.18)

■ [レビュー] Aチャンネル 2012年 カレンダー
■ [レビュー] Aチャンネル 設定資料集
■ [レビュー] Aチャンネル.zip 「Aチャンネル」ビジュアルファンブック
■ [レビュー] Aチャンネル TVアニメ公式ガイドブック -colorful days collection-
■ [レビュー] セガプライズ Aチャンネル EXフィギュアVol.1 るん
■ [レビュー] セガプライズ Aチャンネル EXフィギュアVol.1 トオル
■ [レビュー] セガプライズ Aチャンネル EXフィギュアVol.2 ユー子
■ [レビュー] セガプライズ Aチャンネル EXフィギュアVol.2 ナギ
■ [レビュー] セガプライズ Aチャンネル EXフィギュアVol.3 トオル
■ [レビュー] セガプライズ Aチャンネル EXフィギュアVol.3 ユー子

■ Aチャンネル アニメ・原作対応表 (第1話)
■ Aチャンネル アニメ・原作対応表 (第12話)
■ +Aチャンネル アニメ・原作対応表 (Blu-ray第1巻収録/だい1わ~だい2わ)
■ +Aチャンネル アニメ・原作対応表 (Blu-ray第6巻収録/だい11わ)
■ 「+Aチャンネル」(だい6わ)に登場した銃を鑑定してみた

【関連サイト】
■ まんがタイムきららカリノ (芳文社)
■ まんがタイムきららWeb (芳文社)
■ Aチャンネル 公式サイト (アニプレックス)
■ Aチャンネル [番組公式] (毎日放送)
■ Aチャンネル (Wikipedia)



まんがタイムきららカリノ VOL.1 (まんがタイムKRコミックス)
まんがタイムきららカリノ VOL.1 (まんがタイムKRコミックス)
    Aチャンネル+smile(完全生産限定版) [Blu-ray]
Aチャンネル+smile(完全生産限定版) [Blu-ray]
    Aチャンネル (3) (まんがタイムKRコミックス)
Aチャンネル (3) (まんがタイムKRコミックス)
    プレシャスメモリーズ Aチャンネル ブースターパック BOX
プレシャスメモリーズ Aチャンネル ブースターパック BOX
スポンサーサイト

| Aチャンネル | この記事のURL | comments:2 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT

普段は4コマなのでカリノは読んでいてなんだか新鮮でした
他の作品も読んでくと段々少女漫画を読んでるような錯覚に…w

いやぁ、ヒラちゃんぶっ飛んでましたね…w携帯番号を教えたいのに中々伝えられない…
そして暴走…可愛かったです
アニメで少ししか出て来てないのに、不思議とヒラちゃんの声が脳内再生されました
ナギ、ユー子不在の話でこれまた新鮮でした

vol.2もこの3人の話でもいいですが
vol.2はナギ、vol.3はユー子、のようにそれぞれの中学時代も見てみたいです

| 名無し | 2012/02/02 | URL

◆名無しさんへ

> 普段は4コマなのでカリノは読んでいてなんだか新鮮でした

Aチャンネルで10ページを超えるストーリー漫画は初めてですね。
4コマとはまた違った趣があります。


> 他の作品も読んでくと段々少女漫画を読んでるような錯覚に…w

同じ芳文社の「つぼみ」は百合専門ですが、カリノはバラエティに富んでますね。


> いやぁ、ヒラちゃんぶっ飛んでましたね…w携帯番号を教えたいのに中々伝えられない…
> そして暴走…可愛かったです
> アニメで少ししか出て来てないのに、不思議とヒラちゃんの声が脳内再生されました
> ナギ、ユー子不在の話でこれまた新鮮でした

小生も、脳内声優のMAKOちゃんが大活躍してくれました。


> vol.2もこの3人の話でもいいですが
> vol.2はナギ、vol.3はユー子、のようにそれぞれの中学時代も見てみたいです

るんとトオルの小学時代の出会い話も見たいです。

| 三四郎. | 2012/02/02 | URL













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/729-05cf2f6b

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事