前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

[アニメ感想] gdgd妖精s 第11話

ぐだぽよ~。gdgd妖精s #11の感想です。

gdgd妖精s #11

以下、アニメの内容に触れていますので、まだ見ていない方はご注意ください。



あらすじ

#11のあらすじはアニメ公式サイトから引用しておきますわ。
「前回までの未公開gdgd妖精s」
まさかの未公開動画。

「メンタルとタイムのルーム」
魔力の弱い3人でも、自由に魔法を使える特殊な部屋
今回は猛獣に襲われた時の危機回避マニュアルを作成!

「アフレ湖」
違う世界が見える「アフレ湖」を覗くと、また・・・
あの女性の姿が!

ストーリー&感想

変則フォーマット再び!そして まさかの房子祭り!!

前回までの未公開gdgd妖精s

gdgd妖精s #11
①ピクピク「ええぇぇぇぇええ!全部かわされてるぅぅぅうううう!!」
②コロコロ「ポカポカするやつ」
③シルシル「‶備えあれば憂いなし″――なんて ことわざもあるし!」
④ピクピク「不幸せの極みだよ~」
⑤コロコロ「JOYSOUNDのこの年のモデル。質感とフォルムが芸術的なんだよ~」
⑥シルシル「こっちは筋トレしか出来ないのにぃ!」
  • 公式サイト・森のバックステージによると、BDの特典映像ではなく単なるネタらしい。「マイアミ☆ガンズ」第2話のインチキ総集編を思い出したわ。
  • ただ、このアニメのことなので、視聴者の裏の裏をかき、特典映像サプライズの可能性もありそう(笑)。

メンタルとタイムのルーム

gdgd妖精s #11
  • シルちゃんの提案で、猛獣に襲われた時のことを考えて、訓練をすることに。「前回までの未公開gdgd妖精s」の「備えあれば憂いなし」を実践するってことか。
  • 本作ではコロちゃんの案件ネタとか、シルちゃんの「営業日」ネタが出たりしたが、危機回避マニュアルの作成もビジネスっぽいネタだ。やってること自体は、この本と変わらないけど(笑)。
テストに出ない危機回避マニュアル
危機回避マニュアル研究会

ティー・オーエンタテインメント
2011-03-26
Amazon.co.jp ランキング: 405149位


Amazon.co.jpで見る
  • マミるネタは、見た目がまどかのパクリピンク髪ツインテのピクちゃんよりも、金髪のシルちゃんの方が合うんじゃないか?
  • 「アフレ湖」専属キャラと思われた持田房子が、メンタイ・コーナーに出張出演。ちょっと持ち上げすぎの感があるが、コロちゃんの対戦相手としては最適。ていうか、彼女以外は思い付かない。
  • 森のバックステージ(#11・放送前)で、コロちゃんが「私の秘密がひとつ、明らかになります」と焚きつけていた。大方の視聴者は「きのこ帽子の紐=リミッター」と推測したと思うが、正解は「怒った顔のパーツがある」という肩すかしネタだった。どんだけ~。

アフレ湖

gdgd妖精s #11

今回の見所は・・・
  • シルちゃんは鉄壁の腐女子。ギャップ萌え~ 公共の電波で鎧受けとか薄い本とか言うな!「ジーディージーディーフェアリーズ」発言は、作品タイトルを素で間違えたのか?
  • コロちゃんは「元カノ」ネタが好きだなぁ。前回も「元カノさんが元カノさんが来てくれてます」ってアテレコしてたけど、もしかして同日収録か?
  • そして#3#6に続き、持田房子が3度目の降臨!房子の使用済みランジェリーとか誰特? > コロちゃん
  • 淫乱ピンクが暴走!「今夜どう?」とか「もう準備万端の格好」とか、思わず本性をさらけ出すピクちゃん。まったく とんでもないビッチ妖精だよ!!一刻も早く 薄い本の餌食になるべき。
  • 「房子だから熱海のチョイスなの!」(シルちゃん)。「ラブプラスより持田房子」(コロちゃん)。実在する地名とか固有の商品名には、ちゃんとピー音入れなきゃダメじゃないか(笑)。これこそ放送できないシリーズじゃん(面白いぞもっとやれ!)

ED

gdgd妖精s #11
  • EDにも房子登場か!?と思って視聴していたが、さすがにそれは無かった。
  • 今回は、ついに全員ダンス無し。「アフレ湖」でコロちゃんが「ぼっち」発言してたけど、それにインスパイヤされたのかもね。
  • 設定としては、通常EDの後日談的な~? ダンスが終わり、ピクちゃん&シルちゃんは森のおうちを後にしたけど、コロちゃんだけが一人残った的な~。
  • コロちゃんは帽子の紐を外せば空も飛べるんだから、一緒に飛んで変えればいいんじゃね?――なんてことを考えたけど、それをやると帽子の紐だけ森のおうちに残すことになるか・・・。ピクちゃん・シルちゃんに紐だけ持ってもらうにしても、かなりの重さなので無理っぽい。何しろ、「メンタイ」で紐が地面にめり込んでいたし(笑)。

次回予告

gdgd妖精s #11

  • 11回目となるパロ予告は「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」をリスペクト。本家の予告同様、ナレーションをキャラのチャットで表現してる。
  • あまりにも出来が良すぎるせいか、パロられた側が早速ネタにしてるじゃないか。これは、AMWもしくは角川から「gdgd妖精sビジュアルファンブック」が出版されるフラグか!?
  • 次回のサブタイトルが「未定」以外になるのは初めてですな。「終わりなき追憶の彼方に~Eternal~」って、エロゲとかにありそうなタイトルじゃね?
  • これまでのパロ予告の一覧
    1. ドラゴンボール (制作:東映アニメーション、放送開始:1986年)
    2. 新世紀エヴァンゲリオン (制作:GAINAX/タツノコプロ、放送開始:1995年)
    3. 涼宮ハルヒの憂鬱 (制作:京都アニメーション、放送開始:2006年)
    4. ONE PIECE (制作:東映アニメーション、放送開始:1999年)
    5. ケロロ軍曹 (制作:サンライズ、放送開始:2004年)
    6. ローゼンメイデン (制作:ノーマッド、放送開始:2004年)
    7. マクロスF (制作:サテライト、放送開始:2008年)
    8. ひぐらしのなく頃に (制作:スタジオディーン、放送開始:2006年)
    9. 黒執事 (制作:A-1 Pictures、放送開始:2010年)
    10. とある科学の超電磁砲 (制作:J.C.STAFF、放送開始:2009年)
    11. 俺の妹がこんなに可愛いわけがない (制作:AIC Build、放送開始:2010年)
    共通事項は、前回の記事でも書いたとおり中の人が出演していないアニメってことぐらい。
  • 次回はいよいよ最終回だけど、ウソ予告はやりそうな予感。たとえば「そらのおとしものf」(最終回)の予告をパロって、「特報」「新たな妖精現る!!」と視聴者をあおり、最後に「劇場版 gdgd妖精s」というテロップで締めくくるなんてどう?

パンツまとめ

gdgd妖精s #11

パンチラ数だけならコロちゃんの方が多いけど、ビジュアル的なインパクトでは淫乱ピンクの勝ち。さすが抜け目のない腹黒妖精だぜ!

【関連記事】
■ gdgd妖精sが面白い!
■ [アニメ感想] gdgd妖精s 第10話
■ [アニメ感想] gdgd妖精s 第12話 「終わりなき追憶の彼方に ~Eternal~」

【関連サイト】
■ gdgd妖精s(ぐだぐだふぇありーず) (作品公式サイト)
■ TOKYO MX * 「gdgd妖精s(ぐだぐだフェアリーズ)」 (TOKYO MX番組紹介ページ)
■ gdgd妖精s チャンネル (ニコニコチャンネル)
■ gdgd妖精s (Wikipedia)



gdgd妖精s 第1巻 【BD】 [Blu-ray]
gdgd妖精s 第1巻 【BD】 [Blu-ray]
  gdgd妖精s 第1巻 【DVD】
gdgd妖精s 第1巻 【DVD】
 
 
  魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいど 巴マミ (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいど 巴マミ (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
スポンサーサイト

| gdgd妖精s | この記事のURL | comments:2 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT

マミるネタは、アレですかね、淫乱ピンクのコスチュームが、魔法少女だからじゃないでしょうか?

今回のウソ予告は、本家のツイッターを含めて、非常に楽しめましたねw

>共通事項は、前回の記事でも書いたとおり中の人が出演していないアニメってことぐらい。

は、限りなく正解に近いと思います(`・ω・´)

>次回はいよいよ最終回だけど、ウソ予告はやりそうな予感。たとえば「そらのおとしものf」(最終回)の予告をパロって、「特報」「新たな妖精現る!!」と視聴者をあおり、最後に「劇場版 gdgd妖精s」というテロップで締めくくるなんてどう?

普通にやりそうだから怖いですww
或いは、枠がゴールデンに移動…ウソでーす!みたいな?w
はたまた、偉い人に怒られたので打ち切りになりましたとか、テレ東夕方のご長寿ジャンプアニメ的なとか?ww

今季のアニメも、半分以上最終回を迎えてしまいましたが、gdgdがまだ残ってることが、地味に嬉しい年末です。
MXでは、これが最後なんですよね。

|  長男 | 2011/12/25 | URL

◆長男さんへ

> マミるネタは、アレですかね、淫乱ピンクのコスチュームが、魔法少女だからじゃないでしょうか?

コスチュームもパク・・・いやオマージュですよね。
ねんどろいどまどかをちょっと改造すれば、淫乱ピンクとして発売できそうですw


> 今回のウソ予告は、本家のツイッターを含めて、非常に楽しめましたねw

電撃でも角川でも、どこでもいいのでビジュアル本出して欲しいですね。
タイトルは「gdgd妖精sのひみつ」でw


> >共通事項は、前回の記事でも書いたとおり中の人が出演していないアニメってことぐらい。
>
> は、限りなく正解に近いと思います(`・ω・´)

最後の最後で前例を打ち砕き、まさかの「らき☆すた」とか来たりして。


> >次回はいよいよ最終回だけど、ウソ予告はやりそうな予感。たとえば「そらのおとしものf」(最終回)の予告をパロって、「特報」「新たな妖精現る!!」と視聴者をあおり、最後に「劇場版 gdgd妖精s」というテロップで締めくくるなんてどう?
>
> 普通にやりそうだから怖いですww
> 或いは、枠がゴールデンに移動…ウソでーす!みたいな?w
> はたまた、偉い人に怒られたので打ち切りになりましたとか、テレ東夕方のご長寿ジャンプアニメ的なとか?ww

そういえば、石館氏はサバゲマニアなんですね。
Facebookのプロフィール写真がフル装備の勇姿になってます。
なので、いわゆるミリタリー系アニメが一つもないのが意外といえば意外。


> 今季のアニメも、半分以上最終回を迎えてしまいましたが、gdgdがまだ残ってることが、地味に嬉しい年末です。
> MXでは、これが最後なんですよね。

gdgd妖精sとかPSGみたいに、今後も年に一つぐらいは、ニッチなアニメをやって欲しいです~。

| 三四郎. | 2011/12/25 | URL













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/710-004d5c07

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事