前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

[アニメ感想] gdgd妖精s 第10話

ぐだぽよ~。gdgd妖精s #10の感想です。

gdgd妖精s #10

以下、アニメの内容に触れていますので、まだ見ていない方はご注意ください。



あらすじ

#10のあらすじはアニメ公式サイトから引用しておきますわ。
「最後の一日」
もしこの世が明々後日滅びるとしたら・・・
妖精たちは最後に何をするのか?
そんなお話。

「メンタルとタイムのルーム」
魔力の弱い3人でも、自由に魔法を使える特殊な部屋
今回は魔法で「ドッキリ」を仕掛ける事に!

「アフレ湖」
違う世界が見える「アフレ湖」を覗くと・・・
今回はみんなハイテンション♪
あれ?「gdgdティータイム」のサブタイトルおかしくね?アニメのアイキャッチでは「最後の3日」になってたけど。まあでも、このアニメのスタッフのことなので、わざやってるんだろうね。

ストーリー&感想

OP

gdgd妖精s #10

尺が足りずOPの一部をカット。通常は約52秒だけど、今回は約33秒に短縮された。本編が増えたからOPを削るってパターンは、パンスト第11回放送でもあったな。普通のアニメには絶対に出て来ない発想だ。

一瞬映った「ゴゴゴゴゴ」は「ジョジョの奇妙な冒険」のキング・クリムゾン(時間を十数秒消し去る能力)か(笑)。投稿アイキャッチにもジョジョのパロがあったし、インスパイアされたのかも。

・・・・いやまてよ。そうなると「ゴゴゴゴゴ」ネタをやるために、逆に本編を増やした可能性も!通常時・52秒と今回・33秒の差は19秒。ギリギリ「十数秒」の範囲内じゃないか!!

最後の3日 (公式サイトでは「最後の一日」)

gdgdティータイムは2本構成。前回「アフレ湖」の滑舌事件(笑)でコロちゃんの更迭が心配されが、何事もなく登場していて何より。

gdgd妖精s #10


▊ 1本目

「ちょっと変なこと聞いていい?」 「もしもこの世が明々後日しあさって滅びるとしたらどうする?」と、唐突な質問を投げかけるシルちゃん。妙なことを訊かれたピクちゃんは「明々後日」の部分にツッコミを入れるが・・・という出だして始める1本目。

シルちゃんが前置きした「変なこと」というのは、「明々後日」の部分。つまり、あらかじめツッコミを想定したミスリードなボケだった。そればかりか、地球が滅びるまでの時間を3日間とすることで、ガチリアルな感情や行動が分かるという。シルちゃんはバカっぽい言動が多いけど、やっぱり策士だわ、この娘。

もっとも、リアリティのことならピクちゃんも負けてはいない。「地球は何で滅びるの?」とか「どうやって知らされたという設定?」と、細かいところにチャチャを入れやがります。でも、シルちゃんに華麗にスルーされて置いてけぼり。典型的なM型ツッコミストですな(笑)。

一方、二人の会話を聞いていたコロちゃんは、Sっ気たっぷりのボケを披露する。
  • パニックに陥っている群衆を見て楽しむ。
  • 我を忘れてテンパッテル人たちに、端からドッキリを仕掛ける。
  • こっそりみんなの時計を1時間進ませておいて、「うわ~滅亡だぁ」「あれ?」みたいな。
  • で、みんなぬか喜びした頃、やっぱり本当に滅亡して、「あ?えぇぇぇぇぇえええ」みたいな。
オチはシルちゃん発案の「赤いヘルメットを被ってプラカードを持ったコロちゃん」。過去の「gdgdティータイム」では、コロちゃんがボケっぱなしというオチばかりだったけど、今回はシルちゃんとのコラボでオチのマッシュアップに成功してマッシュ。元ネタは「元祖どっきりカメラ」(参考動画:元祖どっきりカメラED(1986) )の赤ヘルの野呂さんで、これを知らないと面白さ半減どころかマイナスですな。

▊ 2本目

1本目に続き、「最後の3日」にやることを議論する妖精さんたち。ピクちゃんは「普通に過ごしちゃいそう」と、毒にも薬にもならない発言。ネタフリしたシルちゃんは「基本的にあたし、三日坊主だからさ!」と、ボケをかます。そんな中、ピクちゃんが「消去法で考えてみたら?地球滅亡3日前には絶対にしないこと」などと言い出す・・・というお話。

shrshr&krkrボケコンビが出した「絶対にしないこと」は次のとおり。どれも具体的すぎて、逆にリアリティ無ぇ!
  • 衣替え(シルちゃん家のタンスの中に「じゃまばかりするカバ」Tシャツがあった)
  • バイトの面接(コロちゃんの服装が例のOL風衣装)
  • 梅酒を漬ける(酒瓶のラベルが「いいとこ 妖精酒 本格焼酎」/梅酒作りはシルちゃんの中の人ネタ)
  • 10年後の自分に手紙を書く(何気にコロちゃんの淑パンチラ/下図参照)
gdgd妖精s #10 コロコロのパンツシーン
  • ロープレのレベル上げ(ゲーム画面は#4のRPG/ゲーム機は初代ファミコンっぽいのに高解像度)
  • 下半身をキャタピラに改造する(キャタピラパーツは#5「アフレ湖」の再利用か?)

メンタルとタイムのルーム

本日の「お題」はgdgdティータイムの続きで「ドッキリ」。今回は一つのネタを引っ張るね。

gdgd妖精s #10
アイキャッチはビックリマン

妖精とは、かくも悪戯好きなものである。 ノリノリのピクちゃんを見て、そんな妖精の本質が垣間見えた話だった。「外面は超ーいいんじゃん」とか「当然腹黒いところもある」(#3・シルちゃん談)が完全に証明された(笑)。

まずはブーブークッションとかパンチガムといった昭和ネタで肩慣らし。ブーブーの方は「スターどっきり(秘)報告」のブーブーインタビューをリスペクトしたものだろう。いちいち「懐かしい」という相づちを打つコロちゃんは、バラエティ番組でいうところのガヤ芸人みたいなものか。

前フリ後の本編は「架空のごく平均的なおじさんを魔法で出して、その人のリアクションを見て楽しもう!」というもの。
  • 壊れる椅子ドッキリ
  • ロト6の1等4億円大当たりドッキリ
    • 1等が4億円ってことはキャリーオーバー中だったのか
    • ロトの英字表記がROTOになってるが、本物はLOTO
  • 当たりくじ入れ替わりドッキリ
    • ロト6券に47、55、84、99といったあり得ない数字が印刷されてるってことは、01~99の数字から6種類を当てるのか(本物は01~43)
    • 本物のLOTO6で1等が当たる確率は約600万分の1だけど、このROTO6は約11億2千万分の1になるぞ
  • 100坪おばさんドッキリ
オチは、いわゆる「逆ドッキリ」。仕掛け人自身がドッキリの対象となっていて、逆にハメられるというネタ。イタズラ成功後のコロちゃんの含み笑いがひでぇ!

gdgd妖精s #10

パンツアニメとしての「gdgd妖精s」は健在。パンツ見せまくりのピクちゃん。まったく とんでもない淫乱ピンクの雌豚妖精だよ!!

アフレ湖

gdgd妖精s #10
アイキャッチはジョジョ

笑いのツボを刺激されたらしく、異様にテンションが高い中の人たち妖精さんたち。いつもハズしまくってるピクちゃんからは、久々の名言「出オチ感がハンパ無い」も飛び出していた。これだけハイな状態ってことは、朝10で2本録りでもしたのだろうか?

ED

gdgd妖精s #10

ついにダンス無し!これまでとは趣向を変えて、gdgdティータイムの逆作画崩壊バージョン!

gdgd妖精s #10 シルシルのロケット乳

シルちゃんのロケットおっぱいすげぇぇぇぇぇえええええ!!

次回予告

gdgd妖精s #10

元ネタは「とある科学の超電磁砲」の第3話『ねらわれた常盤台』の次回予告で、ナレーションは ほぼそのまんま。「花」が「キノコ」に変えられているだけ。イラストはピクピク→御坂美琴、シルシル→白井黒子、コロコロ→初春飾利のようだ。

【参考】 とある科学の超電磁砲 第3話 次回予告

なお、公式サイト・森バックステージ(#10放送前)によると1箇所間違い探しがあるらしい。黒子(シルシル)が初春(コロコロ)にダイブしているけど、黒子だったら御坂美琴お姉様に飛びつく筈。初春を襲うのは、本来なら佐天さんの役割。美琴(ピクピク)の短パンが白ではなくピンクになってるけど、髪の色同様、間違いではないのだろう。

――なんてことを書いた直後に公式サイトを見に行ったら正解が発表されていた。話数の間違いですと! どんだけ~。
  1. ドラゴンボール (制作:東映アニメーション、放送開始:1986年)
  2. 新世紀エヴァンゲリオン (制作:GAINAX/タツノコプロ、放送開始:1995年)
  3. 涼宮ハルヒの憂鬱 (制作:京都アニメーション、放送開始:2006年)
  4. ONE PIECE (制作:東映アニメーション、放送開始:1999年)
  5. ケロロ軍曹 (制作:サンライズ、放送開始:2004年)
  6. ローゼンメイデン (制作:ノーマッド、放送開始:2004年)
  7. マクロスF (制作:サテライト、放送開始:2008年)
  8. ひぐらしのなく頃に (制作:スタジオディーン、放送開始:2006年)
  9. 黒執事 (制作:A-1 Pictures、放送開始:2010年)
  10. とある科学の超電磁砲 (制作: J.C.STAFF、放送開始:2009年)
この10本の共通事項は、もはや中の人たちが出演していないアニメってことだけか。キャストの立場を考えているのかもしれない(笑)。

【関連記事】
■ gdgd妖精sが面白い!
■ [アニメ感想] gdgd妖精s 第9話
■ [アニメ感想] gdgd妖精s 第11話
■ [レビュー] とある科学の超電磁砲 OFFICIAL VISUAL BOOK

【関連サイト】
■ gdgd妖精s(ぐだぐだふぇありーず) (作品公式サイト)
■ TOKYO MX * 「gdgd妖精s(ぐだぐだフェアリーズ)」 (TOKYO MX番組紹介ページ)
■ gdgd妖精s チャンネル (ニコニコチャンネル)
■ gdgd妖精s (Wikipedia)



gdgd妖精s 第1巻 【BD】 [Blu-ray]

gdgd妖精s 第1巻 【BD】 [Blu-ray]

Amazon.co.jpで見る

   

OVA「とある科学の超電磁砲」[Blu-ray]

OVA「とある科学の超電磁砲」[Blu-ray]

Amazon.co.jpで見る

   
   
スポンサーサイト

| gdgd妖精s | この記事のURL | comments:2 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT

>尺が足りずOPの一部をカット。通常は約52秒だけど、今回は約33秒に短縮された。本編が増えたからOPを削るってパターンは、パンスト第11回放送でもあったな。普通のアニメには絶対に出て来ない発想だ。

パンストのときは「えっ!?」て思いましたよねww
こういう構成でありがちなのは、OPをカットしてアバンにスタッフロール等を詰め込んでしまうやり方ですね。
超個人的な事情ですが、レコーダーに録画を残す際に、私はサムネイルをタイトルがバーンと表示されてる所にして、パッと見でわかりやすくしてるんですよ。
ですので、OPが無くアバンだけの回は、一覧ですごく浮いてて、微妙な気分になっちゃうんですよねえw特にタイトル文字の表示シーンまで無かったりすると、どこサムネにしていいか悩みますw

>元ネタは「元祖どっきりカメラ」(参考動画:元祖どっきりカメラED(1986) )の赤ヘルの野呂さんで、これを知らないと面白さ半減どころかマイナスですな。

これ、パロ主体のギャグアニメ等では、そこそこあるネタですよね。
当時は、ターゲットがマジで素人だったりして、おおらかな時代でした。
寝起きドッキリは、スターどっきりの方ですよね?テレビが一番面白かった時代ですね。
しかし、二十歳そこそこでは生まれる前の番組ネタ、中の人たちは本当に知っていたのかとか、余計な心配しちゃいます、はいw

>パンツアニメとしての「gdgd妖精s」は健在。パンツ見せまくりのピクちゃん。まったく とんでもない淫乱ピンクの雌豚妖精だよ!!

しかも、謎の光さんが出てこないので、安心して観ていられますよね。
パンツアニメとしては、今季No.1ですなww

>シルちゃんのロケットおっぱいすげぇぇぇぇぇえええええ!!

最終回までに、カラーで見れますかね?

次回予告は超電磁砲でしたね。
偶然にも、レコーダーの中身整理していて、今日見てたんですよ、禁書目録Ⅱのほうですがw
中の人が出演していないというのが、ガチな条件として正解かもしれないですね。
だとするなら、町おこしが話題になった某日常系アニメはダメ、ということになりますね。

|  長男 | 2011/12/17 | URL

◆長男さんへ

> >尺が足りずOPの一部をカット。通常は約52秒だけど、今回は約33秒に短縮された。本編が増えたからOPを削るってパターンは、パンスト第11回放送でもあったな。普通のアニメには絶対に出て来ない発想だ。
>
> パンストのときは「えっ!?」て思いましたよねww
> こういう構成でありがちなのは、OPをカットしてアバンにスタッフロール等を詰め込んでしまうやり方ですね。
> 超個人的な事情ですが、レコーダーに録画を残す際に、私はサムネイルをタイトルがバーンと表示されてる所にして、パッと見でわかりやすくしてるんですよ。
> ですので、OPが無くアバンだけの回は、一覧ですごく浮いてて、微妙な気分になっちゃうんですよねえw特にタイトル文字の表示シーンまで無かったりすると、どこサムネにしていいか悩みますw

自分の場合、レコーダーのサムネ作成機能、チャプター登録機能等は使ったことがありません。^_^;
使うのは部分削除機能(CM削除のため)ぐらいですね。


> >元ネタは「元祖どっきりカメラ」(参考動画:元祖どっきりカメラED(1986) )の赤ヘルの野呂さんで、これを知らないと面白さ半減どころかマイナスですな。
>
> これ、パロ主体のギャグアニメ等では、そこそこあるネタですよね。
> 当時は、ターゲットがマジで素人だったりして、おおらかな時代でした。
> 寝起きドッキリは、スターどっきりの方ですよね?テレビが一番面白かった時代ですね。
> しかし、二十歳そこそこでは生まれる前の番組ネタ、中の人たちは本当に知っていたのかとか、余計な心配しちゃいます、はいw

ちょっと前のバラエティ番組でも、どっきりカメラのパロはけっこうありましたね。
騙す対象は芸能人オンリーでしたが。

今回、コロちゃんたちが被ってたヘルメットは、野呂さんのヘルメットとは全然違いますね。
CGのフリー素材が無かったんでしょうねw


> >パンツアニメとしての「gdgd妖精s」は健在。パンツ見せまくりのピクちゃん。まったく とんでもない淫乱ピンクの雌豚妖精だよ!!
>
> しかも、謎の光さんが出てこないので、安心して観ていられますよね。
> パンツアニメとしては、今季No.1ですなww

BD版では、次回予告等のパロイラストに謎の光が出てくるかもw


> >シルちゃんのロケットおっぱいすげぇぇぇぇぇえええええ!!
>
> 最終回までに、カラーで見れますかね?

BD第3巻あたりの特典映像になりそうな予感。


> 次回予告は超電磁砲でしたね。
> 偶然にも、レコーダーの中身整理していて、今日見てたんですよ、禁書目録Ⅱのほうですがw

シンクロニシティですかね。自分の場合は、「みなみけ」の感想記事で超電磁砲ネタを書いて、
更に箱積みしてあった「にいてんごフィギュア御坂真琴」を開封したばかりでしたw


> 中の人が出演していないというのが、ガチな条件として正解かもしれないですね。
> だとするなら、町おこしが話題になった某日常系アニメはダメ、ということになりますね。

あの日常系アニメには、二人も出演してますからね。

この時期、埼玉県民的に気になるのは、正月三が日の神社参拝客数ランキングです。
今年の正月は県内2位に躍進しましたが、来年はどうなるか!?

| 三四郎. | 2011/12/17 | URL













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/706-fd70cec7

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事