前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

[アニメ感想] gdgd妖精s 第9話

ぐだぽよ~。gdgd妖精s #9の感想です。

gdgd妖精s #9

以下、アニメの内容に触れていますので、まだ見ていない方はご注意ください。



あらすじ

#9のあらすじはアニメ公式サイトから引用しておきます。
「趣味」
「趣味」がないピクちゃんとシルちゃんは
コロちゃんに相談しながら、新しい「趣味」を探すことに。

「メンタルとタイムのルーム」
魔力の弱い3人でも、自由に魔法を使える特殊な部屋
今回は魔法で憧れのおうちを建ててみよう!

「アフレ湖」
違う世界が見える「アフレ湖」を覗くと・・・
コロちゃんに危機が!

ストーリー&感想

今回の構成は通常フォーマット。目新しいところでは、視聴者投稿のイラストがアイキャッチに使われている。

趣味

gdgd妖精s #9

「何かしらの趣味を見つけたい」というピクちゃん。相談を受けたシルちゃんも特に趣味らしい趣味は無いらしい。そこで二人は一緒に何かを始めるため、意見を出し合っていくが・・・という話。

▊ 1本目

いきなり冒頭で、シルちゃんが「ぐだぽよ~」。バックステージ#7(放送前)を意識したネタですな。このアニメの収録はかなり前に済んでいるそうなので、急遽録音したものではなさそう。つまり全て計算尽くの展開。やはり、我々はそうた氏の掌の中で踊らされているだけなのだ。

小説の読み方が分からないというシルちゃん。そのくせ「事実は小説よりも奇なり」ということわざを使い、ツッコミ(自爆)に余念がない。この娘は頭がいいのかバカなのか、本当に判断が付かない。#1のヒツジを升目状に並べる件とか、#5のインスタントラーメンの個数の件みたいに、計算にはやたらと強いんだよね。

gdgd妖精s #9

コロちゃんのイミフ提案は普通のショッピングでもウインドウショッピングでもないショッピング。脳内イメージ画像の中に、gdgd関連グッズがあるじゃないか。
  • 「じゃまばかりするカバ」のTシャツ
  • 「じゃまばかりするカバ」のぬいぐるみ
  • コロちゃんのキノコ帽子とエノキ
  • 「房子♥」のTシャツ
  • 「ごますんだ」のTシャツ
  • ティータイムコーナーのポットとカップ(色違い)
  • 「非実在(?)」のTシャツ
  • ピクちゃん・シルちゃん・コロちゃんのぬいぐるみ
  • ピクちゃん・シルちゃん・コロちゃんの衣装(子ども服?)
  • 持田房子のぬいぐるみ(?)
左の棚・中央にあるピンクのバッグは、#1(シルちゃんの脳内イメージ)に出て来たピンクのバッグとは別物のようだ。

gdgd妖精s #9
アイキャッチ1枚目(左)/忍たまトレフィグの箱(右)

アイキャッチの右側に「忍たま乱太郎」っぽいキャラが登場。髪型と体型から判断すると
  • ピクちゃん → ユキ
  • シルちゃん → トモミ
  • コロちゃん → シゲ
と思われ。3人のポーズはコトブキヤ製トレフィグの箱に似てるなぁ(トモミとユキの位置が逆だけど)。イラスト紹介という企画自体も忍たまのパロなんすね。

▊ 2本目

なかなか珍しい趣味を見つけられないピクちゃんとシルちゃん。そんな中、コロちゃんが「ごくありきたりの趣味でも、一捻りすれと、あまり他の人がやっていない趣味になる」と言い出す。興味をもったシルちゃんが具体例を尋ねたところ、コロちゃんの口からは「映画館鑑賞」や「人間観察観察」といった突拍子もない言葉が飛び出し・・・。

gdgd妖精s #9

映画館で上映されている作品は次の3本。
  • 「そうです、わたしが非実在おじさんです」
  • 「熟れた果実は蜜の味」
  • 「僕が邪魔する理由」
絵柄はBD/DVDの仮ジャケット同じ。映画館の名前「YOU&SAYS」は「妖精s(ようせいず)」をもじったものか。

で、コロちゃんの趣味はというと・・・
  • 色んなお店のポイントカードを集めて、そのカードを壁の隙間に差し込んでいくことで、室内の空気圧を変えて、一番いい呼吸法を見いだすこと。
  • 親の七光りでプロのポートボール選手になった人たちを集めてきて、それぞれを新品のパジャマに見立てて、入念に手洗いすること。
  • な~んていうデタラメなことを言って、相手が困惑してる顔を見ることが私の一番の趣味。
毎度お馴染みの人を煙に巻くようなオチ(笑)。ポートボールは懐かしいな。久々に聞いたよ。小学校の体育の授業とかで、まだやってるのだろうか?

メンタルとタイムのルーム

gdgd妖精s #9

ピクちゃんの発案で「憧れの家」を建てることに。一番手のピクちゃんは魔法でお菓子の家を出すが、細かいところがツッコミ満載の作りになっていた・・・という出だし。

お菓子の家の扉は、板チョコではなくばかうけ。天井には歌舞伎揚が取り付けられ、窓の周りは喉飴で、カーテンは酢昆布。床には蒲焼さん太郎と、駄菓子だらけ。ベッドの掛け布団は、色から推定するとふ菓子か? 残念ながら、「ソフトに見えてわりと腹黒!?」というキャッチコピーで知られるブラックサンダーまんじゅうは無かった(笑)。突然出て来たアリは自然発生っぽかったけど、魔法で出した現実には存在しないアリだよね?

二番手のコロちゃんが出したのは、外見はまともそうなレンガ造りの家。ところが中にはいると、そこはマリオっぽい世界だったという展開。キノコを食べて巨大化したり、パックンフラワーリスペクトな植木鉢があったり、ファイアバーオマージュなキャラで火傷しそうになったり、お隣からはハンマー攻撃を受けたり・・・。よく見ると、ハンマーブロスらしきキャラの影があるじゃないか。レンガ作りの時点で気付くべきだった(苦笑)。

シルちゃんの家が出た来なかったのは残念。デコ素材だらけのギャルっぽい家だと思うけど、外観がカップラーメンだったらやだな(笑)。

gdgd妖精s #9
アイキャッチ2枚目(左)/まじぽかOP(右)

投稿イラストの元ネタは、錬金3級 まじかる?ぽか~んのOP映像の1コマ。キャラの割り当ては
  • ピクちゃん → ゆうま 【主人公・魔法使い・極端なマイペースキャラ】
  • シルちゃん → リル 【オオカミ少女・いつも元気なキャラ】
  • コロちゃん → 鉄子あいこ 【人造人間・内気な いじられキャラ】
となっている。「まじぽか」には、あと一人 パキラ 【ヴァンパイア・高飛車なツンデレキャラ】がいるけど、「gdgd妖精s」には3人しかいないのでハブられました。「まじぽか」は魔界から人間界にやって来た4人(全員プリンセスなんだぜ!)の日常を描いた作品であります。シリアスなOP映像は いわゆる「OP詐欺」になっていて、本編とは全然関係ない。ほぼ全編がシチュエーション・コメディなので、「gdgd妖精s」が好きな人ならきっとハマルと思う。超オススメ! ちなみに鉄子(あいこ)の中の人はコロちゃん役のあけちゃん

【参考動画】 錬金3級 まじかる?ぽか~ん 第1話 [BANDAI CHANNEL] ※第1話のみ無料配信


gdgd妖精s #9

自称・パンツアニメの面目躍如。ピクちゃんの白パン祭り。パックンフラワーに驚くどころか、むしろ悦んでいるように見える。パンツだけかと思ったら、上目遣いでキノコをはハムハムしてるし、まったく人様の家で はしたない!!こんないやらしい娘に育てた覚えはないよ!!!

アフレ湖

gdgd妖精s #9

初っ端からシルちゃんがノリノリでござる。今回みたいに、時々見せる独特のダンスがキャワワ お題に対する3人のネタは次のとおり。
シルちゃん
「生き別れになった親子、20年振りの再開で・・・人違いだったよ」
一番手としてはそつのないクオリティ。
ピクちゃん
「みんな春だよ!春が来たよ~!」
(ノ∀`) アチャー 最後じゃなく、二番目で良かったね。この「嗚呼やっちまった」感こそピクちゃんがピクちゃんたる所以だけど(笑)。シルちゃんの「春男」がナイスフォローだった。
コロちゃん
「お分かりいただけただろうか?」
なかなかいい線いってる心霊ビデオネタだけど、途中で噛んでしまった。
「ダメだ・・・ネタの前に、私 声優としてダメだ。来週からCV変わってるかもしれない」
これで本当に来週からCV変わってたら、マジ受ける。シルちゃんのツッコミ=「ようせいゆう」も上手い!( ^o^)ノ◇ ザブトン1マイ!

ED

gdgd妖精s #9

変態カメラマン・森下さん現る!今までのED映像は、ぜ~んぶ彼が撮影していたのか?少なくとも、撮影位置は#1のカメラアングルと同じに見える。

カメラマン(森下さん)がフレームインしてるってことは、彼とは別のカメラマンがいることになる。これって人間観察観察に掛けた妖精撮影撮影ってネタかもね。

次回予告

gdgd妖精s #9

パロ予告の元ネタは「黒執事」らしい。全くの予想外だった。
  1. ドラゴンボール (制作:東映アニメーション、放送開始:1986年)
  2. 新世紀エヴァンゲリオン (制作:GAINAX/タツノコプロ、放送開始:1995年)
  3. 涼宮ハルヒの憂鬱 (制作:京都アニメーション、放送開始:2006年)
  4. ONE PIECE (制作:東映アニメーション、放送開始:1999年)
  5. ケロロ軍曹 (制作:サンライズ、放送開始:2004年)
  6. ローゼンメイデン (制作:ノーマッド、放送開始:2004年)
  7. マクロスF (制作:サテライト、放送開始:2008年)
  8. ひぐらしのなく頃に (制作:スタジオディーン、放送開始:2006年)
  9. 黒執事 (制作:A-1 Pictures、放送開始:2010年)
こうして見ると、カテゴリーが変わってきている。#1#5は一般的な知名度が高いアニメ、#6#8はコアなファンが多いアニメ、そして今回が女子向けアニメ。しかも2010年放映の新しい作品だ。次回以降は「タイバニ」あたりが来そうな予感。

【関連記事】
■ gdgd妖精sが面白い!
■ [アニメ感想] gdgd妖精s 第8話
■ [アニメ感想] gdgd妖精s 第10話
■ マックスファクトリー 錬金3級まじかる?ぽか~ん ゆうまフィギュア レビュー

【関連サイト】
■ gdgd妖精s(ぐだぐだふぇありーず) (作品公式サイト)
■ TOKYO MX * 「gdgd妖精s(ぐだぐだフェアリーズ)」 (TOKYO MX番組紹介ページ)
■ gdgd妖精s チャンネル (ニコニコチャンネル)
■ gdgd妖精s (Wikipedia)



gdgd妖精s 第1巻 【BD】 [Blu-ray]

gdgd妖精s 第1巻 【BD】 [Blu-ray]

Amazon.co.jpで見る

   

gdgd妖精s 第1巻 【DVD】

gdgd妖精s 第1巻 【DVD】

Amazon.co.jpで見る

   

Windows 100% 2012年 01月号 [雑誌]
gdgd妖精s MMDモデル収録

Windows 100% 2012年 01月号 [雑誌]

Amazon.co.jpで見る

   

錬金3級まじかる? ぽか~ん 第1巻 通常版 [DVD]

錬金3級まじかる? ぽか~ん 第1巻 通常版 [DVD]

Amazon.co.jpで見る

スポンサーサイト

| gdgd妖精s | この記事のURL | comments:2 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT

>この娘は頭がいいのかバカなのか、本当に判断が付かない。

ベクトルはやや違いますが、そういう二女に心当たりがありますw

>投稿イラストの元ネタは、「錬金3級 まじかる?ぽか~ん」のOP映像の1コマ。

これ面白かったですよねw確か、ハルヒと同時期に放送していて、パキラも平野綾さんが演じていたのに、こっちのキャラはハルヒの陰に隠れて、話題にすらならなかったという…w

次回予告ですが、4話づつ系統だてていたとしたら、最終回まで腐アニメで!?www
いや、それはないとは思いますが、タイバニは腐女子の皆さんにも大人気ですし?w
はーい♪ポテチの袋はハサミで開けるほうのピクピクです!
で、英語のサブタイ噛み噛みで、みたいな??ww

|  長男 | 2011/12/10 | URL

◆長男さんへ

> >この娘は頭がいいのかバカなのか、本当に判断が付かない。
>
> ベクトルはやや違いますが、そういう二女に心当たりがありますw

策士シルちゃん!


> >投稿イラストの元ネタは、「錬金3級 まじかる?ぽか~ん」のOP映像の1コマ。
>
> これ面白かったですよねw確か、ハルヒと同時期に放送していて、パキラも平野綾さんが演じていたのに、こっちのキャラはハルヒの陰に隠れて、話題にすらならなかったという…w

DVD見返してみたのですが、今見ても面白いですね。
ゆうまが寿司屋で錦糸卵を略称で呼ぶネタが最高ですw


> 次回予告ですが、4話づつ系統だてていたとしたら、最終回まで腐アニメで!?www

記事の一部を修正しました。
#1~#5が有名アニメ、#6~#8がマニア向けアニメでした。^_^;


> いや、それはないとは思いますが、タイバニは腐女子の皆さんにも大人気ですし?w
> はーい♪ポテチの袋はハサミで開けるほうのピクピクです!
> で、英語のサブタイ噛み噛みで、みたいな??ww

ピクピク=虎徹だとすると、シルシル=バーナビー、コロコロ=折紙サイクロン(見切れている)みたいな~↑

| 三四郎. | 2011/12/10 | URL













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/702-3ec8163b

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事