前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

[アニメ感想] gdgd妖精s 第8話

ぐだぽよ~。gdgd妖精s #8の感想です。

gdgd妖精s #8

以下、アニメの内容に触れていますので、まだ見ていない方はご注意ください。



あらすじ

#8のあらすじはアニメ公式サイトから引用しておきます。
「ことわざ」
ピクピクがお姉ちゃんとレストランに行った話をしていると、
突然シルシルが叫ぶ「待ってました、ピクちゃん!」
シルシルが待っていたものは?
「ことわざ」を題材としたコロコロとシルシルのユニゾンを見逃すな!

「メンタルとタイムのルーム」
魔力の弱い3人でも、自由に魔法を使える特殊な部屋
今回は「グダグダ生放送」にチェレンジ!

「アフレ湖」
今回の「アフレ湖」は・・・?

ストーリー&感想

変則フォーマット再び!

#5で「gdgdティータイム」がハブられ、#6では「メンタルとタイムのルーム」が「ネコノコ昼寝ルーム」になり、そして今回は大取コーナーの「アフレ湖」が休止に・・・。まるで「大喜利」の無い「笑点」を見たようで、モヤモヤして不完全燃焼な気分が残ったでござるの巻。まあそれはともかく、各コーナーの休止ネタをやってしまったので、次の変則フォーマットは全編EDとか全編「次回予告」か?ヾノ∀`)ナイナイ

ことわざ

gdgd妖精s #8

今回の「gdgdティータイム」コーナーは2本立て。見所は いつもとキャラが違うコロちゃん。テンションの低さは相変わらずだけど、内面から弾け出るような芸人魂を見たような気がする。

▊ 1本目

単なるもののたとえで「隣の芝は青く見える」という ことわざを使ったピクちゃん。すると それを横で聞いたシルちゃんが ↑↑なテンションで食らいつき、「おかしいじゃん」と言い切る。ネタを振られたコロちゃんも、いつもと違うノリで同調し・・・というお話。

ピクちゃんに姉がいることが判明!今までの情報を合わせると、ピクちゃんの家族構成は次のとおり。
  • 釣りが趣味の
  • 持田房子体型の
  • レストランで たらこスパゲッティを注文する
お姉ちゃんの名前がヒクヒクとかチロチロとかレロレロだったらどうしよう・・・バキッ!!☆/(x_x)


▊ 2本目

ことわざが持つドヤ顔感が気に入らないシルちゃん。「こんなに旨いこと言ってやったぜ~どうだ~みたいな雰囲気」が押しつけがましいと言う。そして「馬の耳に念仏」を例にあげ、問題点を指摘し始める・・・。

長い物には巻かれろ」が、教室でカーテンにくるまってる人のことって・・・。その発想はなかったわ(笑)。

2本目の後半では新しいカメラワークが採用されていた。カット切り替えではなく、ワンシーン・ワンカット的な~。最後のユニゾン・ドヤ顔オチには吹いた(爆)。ていうか公式サイト(ストーリー#8)に載ってる画像が超ネタバレやん。

メンタルとタイムのルーム

gdgd妖精s #8

「うわぁ~出たぁぁぁ ニコ生ネタにしたメタ展開じゃん!」とか「受け狙いマジリスペクト!」という声を承知でやってるのだろう。我々はそうた氏の掌の中で踊らされているだけなのだ。

冒頭シーンで、けなげなセリフを口にしているピクちゃん。
pkpk「妖精を信じてくれる人たちが増えれば、この森も豊になるね♪」
これを聞いて、なかなかいい娘だ・・・と思った人もいるかもしれない。だがちょっと待って欲しい。何しろピクちゃんは腹黒妖精である。以前シルちゃんが語っていたとおり、外面は超ーいいけど、内心は何を考えているか分かったものではない。このセリフも「生放送を見てくれる萌え豚が増えれば、BDやDVDが売れてボロもうけや~ウヒヒ」とか思ってるのに違いない(キリッ。

最初は踊ってみたシリーズ。どんなネタが来るのかと思ったら、懐かしのウッーウッーウマウマ(゚∀゚)。確か2007年頃に一度流行り、2008年になってニコ動にアイマスMADが投稿されて再ブームになったんだっけ? 実際そんなに古くはないんだけど、最近は世の中とかネットの動きが速すぎて、一昔前のムーブメントのように感じる。

   
【参考】らき☆すた/ひぐらし

gd生コメントのうち、一番最初の「初見ですが帰ります」とか、「アルセーヌみたいな声しやがって!」や「声ふたばだし、マジ天使」には吹いた。他にも面白いコメントが散見されたけど、面倒なので調べるのはやめた。

2発目は化粧配信シリーズ。#4でシルちゃんが化粧云々言ってたが、すっぴんは披露できなことが分かった。メイク落としたら、いったいどうなってしまうん?意外とギャルっぽさが消えて、森ガール系のナチュラル美少女的な~?

   
【参考】伝説のニコ生化粧配信


アフレ湖

gdgd妖精s #8

夕焼けを背景にして、森に響くヒグラシの鳴き声がもの悲しさを誘う。SE的には次回予告つながりになってるのか(笑)。

エンディング

gdgd妖精s #8

EDはウッーウッーウマウマ(゚∀゚)の逆作画崩壊・シルエットバージョン。カメラがいつも以上に近づいていてエロいい感じ。一つだけ注文をつけると、ED曲をアップテンポにアレンジし直しておっぱいをぶるんぶるん揺らして欲しかった

次回予告

gdgd妖精s #8

pkpkのレナ絵とkrkrの予告NA怖ぇぇぇえええええええ!!

パロ予告は「ひぐらしのなく頃に」。サブタイトルの元ネタは「罪滅し編 其の参 34号文書」でがんす。

【参考】ひぐらしのなく頃に 次回予告集其の弐
(3分45秒あたり~)

ぴくらしのなくコロに」ではなく「ぴくらしのなくに」としている点に、妙なコダワリを感じる。字幕は次のとおり。
  • 妖精の森
  • 大穴
  • 声優殺し
  • パンツアニメ
  • ED詐欺
  • 持田房子
  • 予告アウト
  • 低予算
#6以降は、もう完全にヲタアニメコアなファン層をターゲットにしたアニメにシフトしてますな。 あと、中の人が出演していたアニメとも被っていない。そうなると、shrshrとkrkrの中の人が出演していた「らき☆すた」は候補から脱落か?
  1. ドラゴンボール (制作:東映アニメーション、放送開始:1986年)
  2. 新世紀エヴァンゲリオン (制作:GAINAX/タツノコプロ、放送開始:1995年)
  3. 涼宮ハルヒの憂鬱 (制作:京都アニメーション、放送開始:2006年)
  4. ONE PIECE (制作:東映アニメーション、放送開始:1999年)
  5. ケロロ軍曹 (制作:サンライズ、放送開始:2004年)
  6. ローゼンメイデン (制作:ノーマッド、放送開始:2004年)
  7. マクロスF (制作:サテライト、放送開始:2008年)
  8. ひぐらしのなく頃に (制作:スタジオディーン、放送開始:2006年)

【関連記事】
■ gdgd妖精sが面白い!
■ [アニメ感想] gdgd妖精s 第7話
■ [アニメ感想] gdgd妖精s 第9話

【関連サイト】
■ gdgd妖精s(ぐだぐだふぇありーず) (作品公式サイト)
■ TOKYO MX * 「gdgd妖精s(ぐだぐだフェアリーズ)」 (TOKYO MX番組紹介ページ)
■ gdgd妖精s チャンネル (ニコニコチャンネル)
■ gdgd妖精s (Wikipedia)



gdgd妖精s 第1巻 【BD】 [Blu-ray]

gdgd妖精s 第1巻 【BD】 [Blu-ray]

Amazon.co.jpで見る

   

gdgd妖精s 第1巻 【DVD】

gdgd妖精s 第1巻 【DVD】

Amazon.co.jpで見る

   

ウッーウッーウマウマ

キャラメル, らっぷびと

ウッーウッーウマウマ

Amazon.co.jpで見る

   

OVA「ひぐらしのなく頃に煌」Blu-ray 完全限定版 file.04

OVA「ひぐらしのなく頃に煌」Blu-ray 完全限定版 file.04

Amazon.co.jpで見る

スポンサーサイト

| gdgd妖精s | この記事のURL | comments:2 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT

ニコ生ネタは、爆笑してたんですが、こう、スタッフはっちゃけすぎて、警察沙汰になったネタなど、やっちゃって顰蹙買ったりしないかと少しヒヤヒヤしてましたw流石にソレは自重したようで無事に終わってほっとしましたww
しかし、ネットの世界は流行り廃りのサイクルが早いですね…。

パロ予告はひぐらしでしたね。
次回は果たして…。

|  長男 | 2011/12/03 | URL

◆長男さんへ

> ニコ生ネタは、爆笑してたんですが、こう、スタッフはっちゃけすぎて、警察沙汰になったネタなど、やっちゃって顰蹙買ったりしないかと少しヒヤヒヤしてましたw流石にソレは自重したようで無事に終わってほっとしましたww
> しかし、ネットの世界は流行り廃りのサイクルが早いですね…。

今回の話で一番爆笑したのは、お茶会冒頭のシルちゃんのセリフ「待ってました!ピクちゃん!!」です。
シルちゃんというか水原さん独特のイントネーションには、毎回感心しながら見ていますw


> パロ予告はひぐらしでしたね。
> 次回は果たして…。

「苺ましまろ」来て欲しいですね。予告ナレも使えそうですしw
「次回も見てましまろ」 → 「次回も見てマッシュルーム」

| 三四郎. | 2011/12/03 | URL













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/698-6d0c0fad

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事