前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

[マンガ感想] みなみけ 第186話 「最高の器」

週刊ヤングマガジン2011年No.50に掲載されている「みなみけ」第186話『最高の器』の感想です。

週刊ヤングマガジン2011年No.50 みなみけ 第186話 「最高の器」

以下、マンガの内容に触れていますので、未読の方はご注意ください。



第186話 『最高の器』 ストーリー&感想

休み時間に何をやっているんだ!?
(扉ページ[P.343]の柱文)

残念な美男子イケメン・保坂。その料理にかける熱情と行動は、ついに巨匠の域へ。お前、本当に高校生か!?
(2ページ目[P.344]の柱文)
まさか原作に北大路魯山人というか海原雄山ネタが出て来るとは ( ̄□ ̄;)!!
保坂。
南家長女・ハルカの先輩。高校生。寒くなってもシャツのボタンは開ける気持ち悪い男。他の追随を許さない孤高の料理人。

速水。
同じく南家長女・ハルカの先輩。我が道を行く保坂の唯一無二の理解者。おもちゃにして楽しんでいるとの説も。いつもながらツッコミはするごい!
(3ページ目[P.345]の柱文/キャラ紹介)
今回の登場人物のうち、キャラ紹介があるのは保坂と速水の二人だけ。スペース余ってるんだから、マキも入れてあげて!

▊ 保坂と速水とお皿

みなみけ 第186話 「最高の器」 とある日の高校。教室の片隅では、保坂が皿を手にして まじまじと見つめていた。するとそこ、保坂の理解者にして面白いこと大好きな速水が現れる(左図参照)。速水が皿について尋ねたところ、 保坂は速水に顔を向けることもなく、「オレの新作料理に合う器が見つからなくてな」 「自分で作ったわけだ」と言う。しかも、「ようやく納得いくものができた」と満足げだ。

会心の自信作を速水に手渡した保坂は、皿の色や形に関するウンチクを語り始める。しかし、速水ときたら皿をコンコン叩きながら、「白だね」「丸だね」と見たまんまの感想を口にしやがります。さすが保坂いじりのエキスパート!ちなみに、速水が皿を叩く描写は、後半の伏線っぽい。

速水の容赦ない所感に、珍しく気分を害したらしい保坂。突然寡黙になり、速水が「どんな料理を盛るの?」と訊いてもだんまりを決め込む。速水的にはまさかの展開だ。もっとも、保坂は怒っているわけではないらしい。そう思われること自体が心外で、「オレは器の大きい男 保坂」と言い切るわけだ。英語でいうとトレラントなわけだ。そして保坂は 皿に盛る料理についての意見を聞くため、教室を後にする・・・。

ここまで読んで気付いたんだけど、今回は速水の開眼シーンは無し。悪巧みを思い付く前に、保坂が教室を出て行ったので仕方ない。ただ、速水は手を小さく振って保坂を見送っているので、内心ではほくそえんでいる筈。

▊ 保坂とマキとお皿とヤカン

みなみけ 第186話 「最高の器」 保坂が最初に意見を求めたのはマキだった。この場面の場所がよく分からないけど、
  1. 保坂がどこかの部屋に潜んでいて、廊下を通りかかったマキに声をかけている
  2. 保坂が2年の教室にやって来て、教室内を歩いていたマキを呼んでいる
のどちらかなのだろう。過去のパターンからすると「2」だけど、「1」の方が保坂っぽくて「きもちわるい」な。あと、保坂が開けたドアがパースの影響で開き戸に見えるが、よく見ると鴨居があるので引き戸とみて間違いない。このあたりの描写は、アニメ化する場合にスタッフを悩ませそうだ(笑)。

最高の料理に必要なものとは何だ?」――マキを呼び寄せた保坂は、出し抜けに質問を投げかける。言語明瞭、意味不明な問いかけに「愛情・・・・とか?」と答えるのが精一杯なマキ。で、保坂がそれに乗ってボケるのかと思ったら、「この場合そういうことではなく」と、あっさり否定。速水との会話でもそうだったけど、今回は意外と普通の反応を示すな。皿の仕上がりが、よほど気に入ってるのかもしれない。マキが苦し紛れに「なかなかお見事な漢字ですね・・・・」と褒め称えた直後に、「そうだろう なかなかお見事な感じなのだ」と満更でもない感じだし。

そんな中、問題が発生。マキが手にして眺めていた皿がパカッと真っ二つに割れてしまったのだ(右図参照)。速水が皿の経絡秘孔でも突たのか?それともマキが直死の魔眼の持ち主で、知らず知らずのうちに能力を発動させてしまったのか?原因は分からないが、マキの表情はじわじわと変化し、ついには瞳がぐるぐる渦巻き状態に!! ちょうど第170話 レッツ お野菜」のチアキやヒトミちゃんのような感じだ。一般的な漫画のぐるぐる目 とは違い、黒ベタが多いのが特徴的だ。 一方、よもや そんなことが起こっていようとは思わない保坂は「土選びがどうのこうの」「釉薬のあれこれ」というウンチクをたれまくる。 セリフ内に『どうのこうの』とか『あれこれ』というフレーズを織り込むのが、いかにも保坂的というかコハル先生らしい表現ですな。

そんな感じで、保坂が皿の出来に自己陶酔している間、マキはその場を一目散に駆けだす。逃げ出したのかと思いきや、すぐに戻って来やがります。どこで仕入れてきたのか、その手には なぜかヤカンが握られていた。そして保坂が皿の色や形について触れようとしたため、マキはヤカンを差し出しながら 「シルバーです」 「無駄のない機能美です!」と、無理やり話を合わせるわけだ。もぉ なるようになれなわけだ。ところが保坂はまったく気付かず、お皿(というかヤカン)の使い道は「お湯をわかしましょう!」という結論に・・・。

教室に戻った保坂は自分の席に座り、ヤカンを真剣に見つめている。 速水に指摘されるまでもなく、誰がどう見てもヤカンじゃないか(笑)。 ところで、マキは 割れた皿をどこに持って行ったんだ?その真相は単行本・第10巻描き下ろしの挿絵で明かされそうな気がする。
目を皿のようにして読んでた人はお気付きでしょうが、今回は3姉妹が一人も出ていません。こんなことって初?
(最終ページ[P.350]の柱文)
第102話『オレと仲良く』(単行本・第6巻収録)でも、3姉妹は出てないッスよ!今回と同様、高校が舞台で保坂がメインの話。他の登場キャラは速水、マキ、アツコの3人だけだった。

【参考記事】 みなみけ(原作) 南家三姉妹の登場回に関するまとめ

保坂はマキとアツコだったら、まず先にマキの所に行くよね。第102話の将棋の駒を見ると、保坂の脳内ではマキ=桂馬アツコ=龍馬(角行の成駒)なので、(2011年11月20訂正/龍馬=速水、アツコ=もう一つの桂馬です) マキの方が話しやすいのかもしれない。まあ今回みたいに、その桂馬に詰まれることもあるけど(笑)。

次回掲載号

次回は11/28発売号。キャラソンCDで発表したアレの詳細はもう少し待っててね!
(最終ページ[P.350]の柱文より)
ということで、次回の「みなみけ」はヤンマガ11月28日発売号(No.52)に掲載されます。ビッグプロジェクトは今秋には発表できるってことだったので、いよいよ次回発表か?気象学でいう「秋」とは9月・10月・11月のことですよ!!

【関連記事】
■ [マンガ感想] みなみけ 第185話 「魔法の言葉」
■ [マンガ感想] みなみけ 第187話 「感想をひとつ」

■ [レビュー] みなみけ 第9巻 (初回限定版・通常版) (単行本のレビュー)
■ [レビュー] みなみけ 第9巻(初回限定版) ドラマCD・キャラソンCD
■ [レビュー] ねんどろいどぷらす ぬいぐるみシリーズ みなみけ 南千秋
■ [レビュー] みなみけ ふじおかぬいぐるみ(りあるさいず)
■ みなみけ(原作) 速水先輩が開眼した場面まとめ
■ みなみけ(原作) モブキャラに関するまとめ
■ みなみけ(原作) キャラクターの南家マンション訪問回数ランキング

■ 「みなみけ」「今日の5の2」「そんな未来はウソである」関連記事まとめ (関連記事の全目録

【関連サイト】
■ ドラマCD付き「みなみけ」限定版公式サイト (講談社 特設サイト)
■ みなみけ (StarChild アニメ公式)
■ みなみけ (Wikipedia)



みなみけ(9) (ヤンマガKCスペシャル)

桜場 コハル

みなみけ(9) (ヤンマガKCスペシャル)

Amazon.co.jpで見る

 

CD付き みなみけ 9 限定版 (ヤングマガジンコミックス)

桜場 コハル

CD付き みなみけ 9 限定版 (ヤングマガジンコミックス)

Amazon.co.jpで見る

 

そんな未来はウソである(2) (KCデラックス)

桜場 コハル

そんな未来はウソである(2) (KCデラックス)

Amazon.co.jpで見る

 
スポンサーサイト

| みなみけ | この記事のURL | comments:6 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT

今回は、あまりのシュールさに電車の中で盛大に噴いてしまいましたw何でやかん!?ww
ふと前を見たら、向かいに座ってた外人のお姉さんがニヤニヤこっち見てました…ミナイデハズカチィ

>まさか原作に北大路魯山人というか海原雄山ネタが出て来るとは ( ̄□ ̄;)!!

っぽいキャラが外野でウンウン頷いてるのを、何かで見た記憶がありますが、この路線なら、本人がその境地に達してしまうというのが、保坂らしいですよね、はい。

>回の登場人物のうち、キャラ紹介があるのは保坂と速水の二人だけ。スペース余ってるんだから、マキも入れてあげて!

私も「おや?」と思いました。
編集さん、良い紹介文が思いつかなかったのでしょうか?w

>あと、保坂が開けたドアがパースの影響で開き戸に見えるが、よく見ると鴨居があるので引き戸とみて間違いない。このあたりの描写は、アニメ化する場合にスタッフを悩ませそうだ(笑)。

遭遇シーンの演出では色々悩ませそうですよね、これは難しい、うん!
だから、背景美術的には、普通の校舎だから悩む必要のない方のスタッフに任せるのが吉ですなw

>セリフ内に『どうのこうの』とか『あれこれ』というフレーズを織り込むのが、いかにも保坂的というかコハル先生らしい表現ですな。

アニメの場合、トレースしてあっさり流すパターンと、作務衣を脱ぎながら土を捏ね、輝く汗をかきながら窯入れする、二パターンを幻視しました。
後者でお願いしたいです。

>ところで、マキは 割れた皿をどこに持って行ったんだ?その真相は単行本・第10巻描き下ろしの挿絵で明かされそうな気がする。

その説に1票!

>第102話『オレと仲良く』(単行本・第6巻収録)でも、3姉妹は出てないッスよ!今回と同様、高校が舞台で保坂がメインの話。他の登場キャラは速水、マキ、アツコの3人だけだった。

私もすぐに気づきましたよ。
三四郎さんの記事のおかげですね(`・ω・´)

|  長男 | 2011/11/18 | URL

◆長男さんへ

> 今回は、あまりのシュールさに電車の中で盛大に噴いてしまいましたw何でやかん!?ww
> ふと前を見たら、向かいに座ってた外人のお姉さんがニヤニヤこっち見てました…ミナイデハズカチィ

ヤンマガを電車の中で読むのは危険です!!w


> >まさか原作に北大路魯山人というか海原雄山ネタが出て来るとは ( ̄□ ̄;)!!
>
> っぽいキャラが外野でウンウン頷いてるのを、何かで見た記憶がありますが、この路線なら、本人がその境地に達してしまうというのが、保坂らしいですよね、はい。

この話をアニメ化する場合、制作会社によっては雄山っぽいキャラが出て来そうな予感。( ̄_ ̄|||)


> >回の登場人物のうち、キャラ紹介があるのは保坂と速水の二人だけ。スペース余ってるんだから、マキも入れてあげて!
>
> 私も「おや?」と思いました。
> 編集さん、良い紹介文が思いつかなかったのでしょうか?w

直近の話では、184話と181話の欄外にマキの紹介が載ってますよね。

 「マキ。高校生でヒトミの先輩。自称・恋愛マスター。トークは強いけど、実技はどうなんでしょう?」(184話)
 「マキ。ハルカの同級生。アツコとは中学の友達。小柄だが態度はデカめ。おしゃべり好き」(181話)

話の内容に応じて紹介文を変えているので、今回は考えてる時間が無かったのかも。


> >あと、保坂が開けたドアがパースの影響で開き戸に見えるが、よく見ると鴨居があるので引き戸とみて間違いない。このあたりの描写は、アニメ化する場合にスタッフを悩ませそうだ(笑)。
>
> 遭遇シーンの演出では色々悩ませそうですよね、これは難しい、うん!
> だから、背景美術的には、普通の校舎だから悩む必要のない方のスタッフに任せるのが吉ですなw

御意に!


> >セリフ内に『どうのこうの』とか『あれこれ』というフレーズを織り込むのが、いかにも保坂的というかコハル先生らしい表現ですな。
>
> アニメの場合、トレースしてあっさり流すパターンと、作務衣を脱ぎながら土を捏ね、輝く汗をかきながら窯入れする、二パターンを幻視しました。
> 後者でお願いしたいです。

アニメ化の際には「きもちわるい」回想シーンをお願いしたいものです。
保坂マイスターの鴻野氏なら、必ずや期待にこたえてくれることでしょう!


> >ところで、マキは 割れた皿をどこに持って行ったんだ?その真相は単行本・第10巻描き下ろしの挿絵で明かされそうな気がする。
>
> その説に1票!

ヤカンが何処にあったのかも知りたいッス!


> >第102話『オレと仲良く』(単行本・第6巻収録)でも、3姉妹は出てないッスよ!今回と同様、高校が舞台で保坂がメインの話。他の登場キャラは速水、マキ、アツコの3人だけだった。
>
> 私もすぐに気づきましたよ。
> 三四郎さんの記事のおかげですね(`・ω・´)

あの記事作ったのって、もう2年前なんですね。時の経つのは早いものです。
エピソードも増えているので、そろそろ再チェックが必要ですな。
でも時間がない・・・。^_^;

| 三四郎. | 2011/11/18 | URL

こんにちは
久しぶりのコメントとなります。

今回の話は自分も読みながら思わず吹きだしてしまいそうでした。シュール流れがもう・・・(笑

マキの必死の取り繕いに「参考にしよう!」と大真面目に叫ぶ保坂がヤバイです。
今回の保坂は職人キャラみたいになっていて、意外と台詞が普通でしたね。
最後の机のヤカンを眺めている姿がなんとも言えません。(笑


>保坂はマキとアツコだったら、まず先にマキの所に行くよね。第102話の将棋の駒を見ると、保坂の脳内ではマキ=桂馬でアツコ=龍馬(角行の成駒)なので、マキの方が話しやすいのかもしれない。まあ今回みたいに、その桂馬に詰まれることもあるけど(笑)。

アツコの扱いそんなに上だったっけ!?と思ったのでマンガを見てみましたが、速水の頭の中の1枚目の桂馬がマキ。保坂の頭の中の2枚目の桂馬がアツコ。最後の龍馬が速水。ではないかと思われます。
流石に龍馬の速水は逃げることなくビンタしてますし、射るのはやはり困難なようです(笑

まあアツコも龍馬レベルぐらいに好きですけどね(笑

| 颯 | 2011/11/20 | URL

◆颯さんへ

> こんにちは
> 久しぶりのコメントとなります。

どもどもお久しぶりです。


> 今回の話は自分も読みながら思わず吹きだしてしまいそうでした。シュール流れがもう・・・(笑
>
> マキの必死の取り繕いに「参考にしよう!」と大真面目に叫ぶ保坂がヤバイです。
> 今回の保坂は職人キャラみたいになっていて、意外と台詞が普通でしたね。
> 最後の机のヤカンを眺めている姿がなんとも言えません。(笑

保坂の達観っぷりは、もはや高校生とは思えない領域に達していますw


> >保坂はマキとアツコだったら、まず先にマキの所に行くよね。第102話の将棋の駒を見ると、保坂の脳内ではマキ=桂馬でアツコ=龍馬(角行の成駒)なので、マキの方が話しやすいのかもしれない。まあ今回みたいに、その桂馬に詰まれることもあるけど(笑)。
>
> アツコの扱いそんなに上だったっけ!?と思ったのでマンガを見てみましたが、速水の頭の中の1枚目の桂馬がマキ。保坂の頭の中の2枚目の桂馬がアツコ。最後の龍馬が速水。ではないかと思われます。
> 流石に龍馬の速水は逃げることなくビンタしてますし、射るのはやはり困難なようです(笑

あ!言われてみれば確かにおっしゃるとおりです。

6巻P.14の3コマ目を見ると
 王将=ハルカ
 桂馬=ハルカの友人(保坂から見たら部活の仲間)
という設定なので、龍馬=速水で間違いなさそうです。^_^;

後ほど記事を訂正しておきます。ご指摘感謝!


> まあアツコも龍馬レベルぐらいに好きですけどね(笑

今回出番の無かったアツコですが、マキから割れたお皿を渡されて
( ゚д゚)ポカーン としてたのかなぁw

| 三四郎. | 2011/11/20 | URL

こんにちは。

うげ、「みなみけ」載ってる週でしたか。ってここ見て気付いて、慌ててコンビニで探してヤンマガ買いましたよ。
最近別マガや単行本でコハル作品のリリースが多かったせいか、私のコハル時計がまた狂ったようです。助かりました。

>まさか原作に北大路魯山人というか海原雄山ネタが出て来るとは ( ̄□ ̄;)!!
あ~、2回くらい出てましたね雄山。懐かしいw
南ハルカへの愛が、すごい回り道になってるよ!!5の2男子に「それでとうとう皿まで作っちまうんだぜ!?」みたいに噂されてるにちがいないです。

>皿がパカッと真っ二つに割れてしまったのだ
急展開に吹きましたw。すごい力技で保坂の頭の中を捻じ曲げたマキちゃんご苦労様です。

>第102話『オレと仲良く』(単行本・第6巻収録)でも、3姉妹は出てないッスよ!
ああ~、その話がありましたか。いえ私の場合「初?」って言われた時、過去にもっとあったような気がしたんですけど、いざ思いだそうとすると全然でてこなかったのに驚いてたところです。
おかげさまでわかりました。ありがとうございます。
ハルカ姉さまとチアキが出ててカナが出てない話もレアなんでしたよね~。今後も気をつけてみてみます。

>気象学でいう「秋」とは9月・10月・11月のことですよ!!
ホント、もうすぐ冬になってしまいますからね…。秋の前に冬が来てみろ?冬眠前のリスたちにエサはなく……(←言いたかっただけ)

| ヒツジ | 2011/11/20 | URL

◆ヒツジさんへ

> うげ、「みなみけ」載ってる週でしたか。ってここ見て気付いて、慌ててコンビニで探してヤンマガ買いましたよ。
> 最近別マガや単行本でコハル作品のリリースが多かったせいか、私のコハル時計がまた狂ったようです。助かりました。

小生はかつて一度だけヤンマガを買い忘れたことがあります。
同じ轍を踏まないように、今はメモ帳、スケジュールソフト、カレンダーに発売日を書き込んでいますw


> >まさか原作に北大路魯山人というか海原雄山ネタが出て来るとは ( ̄□ ̄;)!!
> あ~、2回くらい出てましたね雄山。懐かしいw
> 南ハルカへの愛が、すごい回り道になってるよ!!5の2男子に「それでとうとう皿まで作っちまうんだぜ!?」みたいに噂されてるにちがいないです。

保坂のことなので、器の次は食材作りとかしそうですね。


> >皿がパカッと真っ二つに割れてしまったのだ
> 急展開に吹きましたw。すごい力技で保坂の頭の中を捻じ曲げたマキちゃんご苦労様です。

あの場面、マキの表情の変化が面白いですね。


> >第102話『オレと仲良く』(単行本・第6巻収録)でも、3姉妹は出てないッスよ!
> ああ~、その話がありましたか。いえ私の場合「初?」って言われた時、過去にもっとあったような気がしたんですけど、いざ思いだそうとすると全然でてこなかったのに驚いてたところです。
> おかげさまでわかりました。ありがとうございます。
> ハルカ姉さまとチアキが出ててカナが出てない話もレアなんでしたよね~。今後も気をつけてみてみます。

記憶が定かではありませんが、アニメのオリジナル話にもあったような気がします。
もう一つの南家のエピソードだったような・・・


> >気象学でいう「秋」とは9月・10月・11月のことですよ!!
> ホント、もうすぐ冬になってしまいますからね…。秋の前に冬が来てみろ?冬眠前のリスたちにエサはなく……(←言いたかっただけ)

実は気象学の秋ではなく、Autumn Quarter(10月・11月・12月)だったというオチかもw

| 三四郎. | 2011/11/21 | URL













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/690-22c443d2

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事