前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

Aチャンネル アニメ・原作対応表 (第9話)

「Aチャンネル」のアニメ・原作対応表の続き。今回はChannel 9『プレゼント Abstract art』で使われた原作をまとめてみました。

「Aチャンネル」 Channel 9 『プレゼント Abstract art』



Aチャンネル アニメ・原作対応表(第9話)

はじめに

  • アニメ「Aチャンネル」第9話/Channel 9『プレゼント Abstract art』で使われた原作の一覧です。アニメ側から見た原作エピソードを紐付けしてあります。
  • アニメの各場面については 時系列順にキャプチャ画像を掲載してあります。アニメをご覧になっていた方なら、どのシーンなのかは頭に浮かぶと思うので、その場面の代表的なカットだけをキャプチャしました。
  • 原作(「まんがタイムきららキャラット」で連載されている4コマ漫画)には正式な話数表記が無いので、単行本掲載順に連番を振りました。「まんがタイムきらら」2009年7月号に出張掲載された話(第1巻P.73~78)は11番目に収録されているので、第11話としました。
  • ただし、単行本に収録されている「巻頭カラー」「web A channel」「Mチャンネル」「描き下ろし」等の作品には話数を振ってません。
  • 原作(4コマ漫画)の各話先頭のエピソードにはサブタイトルがありません。なので、対応表の中では【扉4コマ】と表記しました。同様に、サブタイトルの無い作品は、その種類を【  】で括って表記してあります。(例:巻頭カラー → 【巻頭カラー】)
  • アニメでは原作の1つのエピソードを分割して、複数の話で使用している場合があります。
  • アニメは必ずしも原作準拠というわけではないので、違い等があれば備考欄に記載しておきました。その他、気付いた点についても備考欄に書いてあります。

アニメ・原作対応表(第9話)

ID アニメ 原作 備考
場面 (代表的なカット) 巻数 話数 サブタイトル
01 「Aチャンネル」 Channel 9 『プレゼント Abstract art』 1 10 呪いの人形 OP前のアバン(ナギとユー子の登校シーン)、Aパート冒頭の「朝から熱血」の話題はアニメオリジナルです。

不気味なぬいぐるみを発見した後、ユー子が「もしかしてハロウィンのあれちゃうん?」云々と言ってますが、原作にはハロウィンの話題は出て来ません。ていうか季節が違っています。
ナギ「私の机に不気味な ぬいぐるみが…!」
02 「Aチャンネル」 Channel 9 『プレゼント Abstract art』 1 10 で、これは? ユー子のセリフが原作よりも長くなっています(青字の部分)。

「いやこの目がギョロ・・・っやなくて、くりくりしてる所とか・・・そや!この口元、パックリ開いてる所がメッチャ特徴的やな

何とか取り繕うとして、あたふたした感じがユー子らしい。
この後のナギ&ユー子のモノローグ、ナギのセリフもアニメ独自のものです。また、昼休みの屋上でハロウィンパーティーの約束をする描写もアニメオリジナル。
ユー子「え? るんが作ったん? あのぬいぐるみ」
ナギ「ご、ごめん ひどい事 言って!」
03 「Aチャンネル」 Channel 9 『プレゼント Abstract art』 1 15 首つっこんで
しまった
原作では「絵しりとり」だけど、アニメでは「お絵描きしりとり」に変更。
ナギ「あのぬいぐるみ事件再び…!!」
04 「Aチャンネル」 Channel 9 『プレゼント Abstract art』 1 15 理解不能な
ものは苦手
るんの「大サービスだよ」というセリフはアニメオリジナル。 TVアニメ公式ガイドブックの福原香織さんインタビューによると、このセリフの演技で監督に褒められたらしいッス。
ナギ「え! 食用!?」
るん「大サービスだよ」
05 「Aチャンネル」 Channel 9 『プレゼント Abstract art』 1 10 価値 ナギとトオルが、明日の待ち合わせ場所を決めている部分はアニメオリジナル。
ナギ「ト、トオル! そっ、それ!」
06 「Aチャンネル」 Channel 9 『プレゼント Abstract art』 1 10 よく見えてきた アニメでは原作・第10話「よく見えてきた」と第15話「正体」を融合しています。
第10話「よく見えてきた」(1~3コマ目)

第15話「正体」

第10話「よく見えてきた」(4コマ目)
ナギ「実は私も同じようなの貰ったんだけど…」
トオル「大きい!!」
07 「Aチャンネル」 Channel 9 『プレゼント Abstract art』 1 15 正体 原作のこの話にユー子は未登場。

アニメのナギは ぬいぐるみの正体に気付いてませんが、原作では最後のコマで勘付いてるっぽい。
ナギ「小動物系は可愛くて好きだな。リスとか」
トオル「あー可愛いよねリス」
08 「Aチャンネル」 Channel 9 『プレゼント Abstract art』 1 3 【扉4コマ】 ここからアニメのBパート

原作のナギは、トオルと待ち合わせをしているわけではなく、偶然出会うという設定です。また、原作4コマ目にあるナギのツッコミ(吹き出し外モノローグ)がアニメでは省略されています。
トオル「あ、ナギ…」
09 「Aチャンネル」 Channel 9 『プレゼント Abstract art』 1 3 座敷童子 「商店街を抜ける道は、るんの自宅への遠回りルート」という設定はアニメ独自のもの。
ナギ「というか全然買ってねぇ!」
10 「Aチャンネル」 Channel 9 『プレゼント Abstract art』 1 3 二人で
お買い物
トオルの「まだ時間があるから本屋さんに寄る」というセリフはアニメオリジナル。

BDのオーディオコメンタリーでも話題になってましたが、本屋で立ち読みしてるだけなのに、ナギとトオルの関係が上手く描かれてますね。
本屋に立ち寄るナギとトオル
11 「Aチャンネル」 Channel 9 『プレゼント Abstract art』 1 3 好みの女 エロい漫画の表紙絵は、ほぼ原作準拠。作品名は「少女とXXX」となってますが、原作では「少女と」の部分しか見えません。作者名の「白田cc」はアニメオリジナルです。
トオル「このマンガ…表紙の子 ユー子に似てる」
12 「Aチャンネル」 Channel 9 『プレゼント Abstract art』 1 3 ずっと俺の
ターン!
お菓子がホットケーキに決まる迄のくだりはアニメオリジナル。原作ではホットケーキであることは明示されていません。アニメのスタッフが材料から推測したのでしょう。

なお、アニメでは るんが割烹着を、ユー子がエプロンを着ていますが、原作は普段着のまま料理しています。割烹着の元ネタは原作・第23話『サカナ』ですね。
るん「この前 卵片手で…」
ユー子「るん そろそろ次のステップに…」
13 「Aチャンネル」 Channel 9 『プレゼント Abstract art』 1 3 ベタベタ 原作では、るんが仰向けに倒れ、そのままユー子の頭を直撃しています。一方アニメでは、いったんユー子がるんを支えますが、安心した直後にホットケーキの材料を頭に被っています。
るんがつまずいて仰向けに倒れかかる
14 「Aチャンネル」 Channel 9 『プレゼント Abstract art』 1 3 ※後でスタッフが
おいしく以下略
この場面の最後のセリフ、「どないしょ?」と「お風呂入る?」はアニメオリジナル。
るん「そうだよ…! 私が被害者になるべきなんだ! えいっ!!」
15 「Aチャンネル」 Channel 9 『プレゼント Abstract art』 1 3 名字の 原作ではユー子の肌の露出度が高く、お尻、おへそ、腰周り、太ももがバッチリですが、アニメでは抑えられた表現になっています。第2話のお風呂シーン同様、監督がブレーキをかけたものと思われます。
るん「ユー子ちゃんスタイルいいよね~」
ユー子「そんなことないよ~」
るん「やっぱりペット飼ってるから?」
16 「Aチャンネル」 Channel 9 『プレゼント Abstract art』 1 3 音読 ナギのセリフ「さっきからユー子のために練習してたから聞いてあげて」が、わざと棒読みっぽくなっていて面白い。
トオル「ダイナマイトッ」
ユー子「きてたの!?」
17 「Aチャンネル」 Channel 9 『プレゼント Abstract art』 1 3 素直じゃない 原作の初期の頃は、作風が完成していないためなのか、今よりもエッチい話が多いですね。

この後、4人でホットケーキを作り直すシーン(劇中歌パート)がありますが、原作には無いアニメオリジナル描写です。

先述しましたが、るんとトオルの割烹着の元ネタは原作・第23話『サカナ』です。『サカナ』は(+Aチャンネル/だい11わでアニメ化されています。
「少女とXXX」(白田cc/まんが社)
「Aチャンネル」 Channel 9 『プレゼント Abstract art』
ユー子「 何コレ― いやぁぁぁ」
18 「Aチャンネル」 Channel 9 『プレゼント Abstract art』 1 3 好きだから アニメではナギとユー子が「超意外」というセリフを声に出していましたが、原作ではモノローグになっています。
ナギ&ユー子「トオル、超意外!」

アニメ・第9話で使われた原作エピソードは全部で18本。アバンとAパート冒頭部に「ハロウィン」に関する前フリ(アニメオリジナル)があるため、原作話はやや少なめになっています。

不気味なぬいぐるみとか、エロ漫画を使ったトオルの責めに目が行きがちですが、最大の見所はトオルのためにホットケーキの作り直しを提案するユー子の気配りだと思うのですよ。ほんま、ええ娘やな~。ユー子はんわ。Aチャンネル.zipのアンケートで、嫁にしたいキャラNo.1になるわけや。

上記の内容につきまして 何かお気付きの点がありましたらコメントください。m(_ _)m

【関連記事】
■ Aチャンネル アニメ・原作対応表 (第8話)
■ Aチャンネル アニメ・原作対応表 (第10話)
■ 「+Aチャンネル」(だい6わ)に登場した銃を鑑定してみた

■ [レビュー] セガプライズ Aチャンネル EXフィギュアVol.1 るん
■ [レビュー] セガプライズ Aチャンネル EXフィギュアVol.1 トオル
■ [レビュー] セガプライズ Aチャンネル EXフィギュアVol.2 ユー子
■ [レビュー] セガプライズ Aチャンネル EXフィギュアVol.2 ナギ
■ [レビュー] セガプライズ Aチャンネル EXフィギュアVol.3 トオル
■ [レビュー] セガプライズ Aチャンネル EXフィギュアVol.3 ユー子
■ [レビュー] WAVE BEACH QUEENS Aチャンネル トオル
■ [レビュー] Aチャンネル 設定資料集
■ [レビュー] Aチャンネル 2012年 カレンダー
■ [レビュー] Aチャンネル TVアニメ公式ガイドブック -colorful days collection-
■ [レビュー] Aチャンネル.zip 「Aチャンネル」ビジュアルファンブック

■ [マンガ感想] Aチャンネル (まんがタイムきららキャラット2011年4月号)
■ [マンガ感想] Aチャンネル ~days in junior high school~ (まんがタイムきららカリノvol.1)

【関連サイト】
■ Aチャンネル 公式サイト (アニプレックス)
■ Aチャンネル [番組公式] (毎日放送)
■ まんがタイムきららWeb (芳文社)
■ Aチャンネル (Wikipedia)



[PR] AmazonでAチャンネル関連商品を探す

Aチャンネル 5 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

Aチャンネル 5 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

Amazon.co.jpで見る

 

Aチャンネル 6 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

Aチャンネル 6 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

Amazon.co.jpで見る

 

Aチャンネルぬいぐるみシリーズ1 るん

Aチャンネルぬいぐるみシリーズ1 るん

Amazon.co.jpで見る

 

Aチャンネルぬいぐるみシリーズ2 トオル

Aチャンネルぬいぐるみシリーズ2 トオル

Amazon.co.jpで見る

スポンサーサイト

| Aチャンネル | この記事のURL | comments:0 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/671-e45338dc

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事