前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

Aチャンネル アニメ・原作対応表 (第3話)

「Aチャンネル」のアニメ・原作対応表の続き。今回はChannel 3『同級生 All good to go』で使われた原作をまとめてみました。

「Aチャンネル」 Channel 3 『同級生 All good to go』



Aチャンネル アニメ・原作対応表(第3話)

はじめに

  • アニメ「Aチャンネル」第3話/Channel 3『同級生 All good to go』で使われた原作の一覧です。アニメ側から見た原作エピソードを紐付けしてあります。
  • アニメの各場面については 時系列順にキャプチャ画像を掲載してあります。アニメをご覧になっていた方なら、どのシーンなのかは頭に浮かぶと思うので、その場面の代表的なカットだけをキャプチャしました。
  • 原作(「まんがタイムきららキャラット」で連載されている4コマ漫画)には正式な話数表記が無いので、単行本掲載順に連番を振りました。「まんがタイムきらら」2009年7月号に出張掲載された話(第1巻P.73~78)は11番目に収録されているので、第11話としました。
  • ただし、単行本に収録されている「巻頭カラー」「web A channel」「Mチャンネル」「描き下ろし」等の作品には話数を振ってません。
  • 原作(4コマ漫画)の各話先頭のエピソードにはサブタイトルがありません。なので、対応表の中では【扉4コマ】と表記しました。同様に、サブタイトルの無い作品は、その種類を【  】で括って表記してあります。(例:巻頭カラー → 【巻頭カラー】)
  • アニメでは原作の1つのエピソードを分割して、複数の話で使用している場合があります。
  • アニメは必ずしも原作準拠というわけではないので、違い等があれば備考欄に記載しておきました。その他、気付いた点についても備考欄に書いてあります。

アニメ・原作対応表(第3話)

ID アニメ 原作 備考
場面 (代表的なカット) 巻数 話数 サブタイトル
01 「Aチャンネル」 Channel 3 『同級生 All good to go』 1 2 さっそく アニメのアバン。
原作では塀の所に「ちかん注意!」の貼り紙がありますが、アニメにはありません。Channel6に「ちかんに注意!」看板が出て来るので、意図的にスルーしたのかも。
るんがトオルと小学生を間違える
02 「Aチャンネル」 Channel 3 『同級生 All good to go』 1 7 【扉4コマ】 ここからアニメのAパート。
サブタイトル表示前のシーン(自販機前でお喋り/るんが階段で落書きを見つける)はアニメオリジナルです。
るん「トオルって意外と優等生なんだよ」
03 「Aチャンネル」 Channel 3 『同級生 All good to go』 1 7 いい子 アニメでは鬼頭先生になっていましたが、原作は男性教師です。
トオル「いえ とんでもないです」
04 「Aチャンネル」 Channel 3 『同級生 All good to go』 1 7 みえない
この子
原作に出て来る教科書は「現国」、アニメの教科書は「精選 国語総合 現代文編 改訂版」。「現国」は通称なので、リアリティを重視して修正されたのかも。
ユタカ「今日コンタクトも忘れちゃってー」
05 「Aチャンネル」 Channel 3 『同級生 All good to go』 1 7 あだ名 「私ユタカっていいます」というセリフは、原作では吹き出しの外に書かれています。
ユタカ「トオルン」
06 「Aチャンネル」 Channel 3 『同級生 All good to go』 1 7 矛先 ナギが黒板を消している描写はアニメオリジナル。
ユー子「なんか しめてへん?」
07 「Aチャンネル」 Channel 3 『同級生 All good to go』 1 9 なにかが
おかしい
ナギが佐藤先生の柄シャツにツッコミを入れていたけど、これは原作には無いモノローグ。
ナギ「るんが変な男と話してる!」
08 「Aチャンネル」 Channel 3 『同級生 All good to go』 1 9 佐藤先生です アニメは原作4コマを分割して、その間に第10話『視界の隅に』、第10話『入ってくるな』の一部を挿入しています。
第9話『佐藤先生です』(1~2コマ目)

第10話『視界の隅に』(1~3コマ目)

第10話『入ってくるな』(1コマ目※)

第10話『視界の隅に』(4コマ目)

第9話『佐藤先生です』(3~4コマ目)
印のコマにはアニメ独自のアレンジあり。
ナギ「うさん臭い外見でさー でも女子に人気出そうな感じで」
09 「Aチャンネル」 Channel 3 『同級生 All good to go』 1 10 視界の隅に 原作・第9話『佐藤先生です』とは関係ない話ですが、アニメでは統合。
佐藤先生「さっきから何か動いて…」
10 「Aチャンネル」 Channel 3 『同級生 All good to go』 1 10 入ってくるな トオルがるんをガードしている描写は原作の1コマ目と同じですが、原作は佐藤先生がるんをお寿司に誘う話です。
トオル「るんちゃんに馴れ馴れしくするな」
11 「Aチャンネル」 Channel 3 『同級生 All good to go』 1 7 No music 原作では携帯音楽プレイヤーのことを「iBod」と呼んでいますが、アニメには商品名が出て来ません。また、限定カラーという設定はアニメオリジナルです。
るん「ノーミュージック ノーライフ~♪」
12 「Aチャンネル」 Channel 3 『同級生 All good to go』 1 7 破壊  
テレビのように45°でたたく
13 「Aチャンネル」 Channel 3 『同級生 All good to go』 1 7 羨ましいんだよ るんがパソコンを持っていないという設定はアニメオリジナル。
ナギ「素人に直せると思ってるのか!?」
14 「Aチャンネル」 Channel 3 『同級生 All good to go』 1 8 【扉4コマ】  
ユタカ「休み時間の度どこに出かけているんですか?」
15 「Aチャンネル」 Channel 3 『同級生 All good to go』 1 8 途中下車 原作にはトオルの『構わないでください』『戻らないけど』というモノローグ・ツッコミがあります。
ユタカ「ユタカがお連れいたします!」
16 「Aチャンネル」 Channel 3 『同級生 All good to go』 1 8 同学年プレイ 原作のトオルのセリフは「移動教室だっけ」ですが、アニメではBパートが体育なので「体育の授業だっけ」に変更されました。
トオル「…そっか次 体育の授業だっけ」
17 「Aチャンネル」 Channel 3 『同級生 All good to go』 1 11 つい熱くなった ここからアニメ・Bパート。
ナギが演説している場面の効果音が、ストパンを意識したプロペラ音。
ナギ「パンツじゃないから恥ずかしくない?恥ずかしいわ!!」
18 「Aチャンネル」 Channel 3 『同級生 All good to go』 1 11 準備体操 るんとユー子が背中合わせになる場面で、おっぱいの大きさを比較できます(左図・下段参照)。るんは意外と発育していて、「胸のサイズはC~Dカップ」というアニメ独自の設定もあるほどです。詳細はTVアニメ公式ガイドブックの設定資料(P.98)でご確認くだされ。
ユー子「これ引くんやっけ?」
Aチャンネル」 Channel 3 『同級生 All good to go』
るんはC~Dカップ、ユー子はEカップ
19 「Aチャンネル」 Channel 3 『同級生 All good to go』 1 10 ただ叫びたい 原作の1コマ目にはユー子のブラチラ&胸の谷間あり。
るん「…はいてない」
20 「Aチャンネル」 Channel 3 『同級生 All good to go』 1 10 四次元 原作には「四次元ブルマ・・・?」というツッコミ(吹き出し外のモノローグ)があります。
るん「ただのワンピース!」
21 「Aチャンネル」 Channel 3 『同級生 All good to go』 1 12 至福のひととき 原作のこの話にナギは登場しません。ユー子がナギを保健室へ連れて行く描写はアニメオリジナルです。
るんが佐藤先生の頭を踏む
22 「Aチャンネル」 Channel 3 『同級生 All good to go』 1 12 聞かなきゃ
よかった
原作のるんは途中で保健室を退出。ユー子と佐藤先生が二人きりになり、ユー子が質問を振ります。
佐藤先生「あと天然Sっぽいしおデコ綺麗だし」
23 「Aチャンネル」 Channel 3 『同級生 All good to go』 1 9 スパルタと ミホと話している女子生徒は、ミホのすぐ後ろの席に座っている子ですね。TVアニメ公式ガイドブック(P.111)に設定資料が載ってます。
ミホ「私だったら ほっぽり出しちゃうよ」
女子生徒「たしかに」
24 「Aチャンネル」 Channel 3 『同級生 All good to go』 1 9 ない、絶対 ミホがユタカを連行した後、自分の席の所で叱っている描写はアニメオリジナル。
ミホ「ユタカ 最近トオルさんの邪魔しすぎ」

Channel 3で使われた原作話は全部で24本。これまでで最多の本数です。この回の特徴は、原作のチョイスが第2話・第7話・第8話・第9話・第10話・第11話・第12話と多岐に渡っている点。それから、原作・第9話『佐藤先生です』、第10話『視界の隅に』、第10話『入ってくるな』の順番を入れ替えたり、色々とアレンジを加えている点ですね。

上記の内容につきまして 何かお気付きの点がありましたらコメントください。m(_ _)m

【関連記事】
■ Aチャンネル アニメ・原作対応表 (第2話)
■ Aチャンネル アニメ・原作対応表 (第4話)
■ 「+Aチャンネル」(だい6わ)に登場した銃を鑑定してみた
■ [レビュー] セガプライズ Aチャンネル EXフィギュアVol.1 るん
■ [レビュー] セガプライズ Aチャンネル EXフィギュアVol.1 トオル
■ [レビュー] Aチャンネル TVアニメ公式ガイドブック -colorful days collection-
■ [レビュー] Aチャンネル.zip 「Aチャンネル」ビジュアルファンブック

【関連サイト】
■ Aチャンネル 公式サイト (アニプレックス)
■ Aチャンネル [番組公式] (毎日放送)
■ まんがタイムきららWeb (芳文社)
■ Aチャンネル (Wikipedia)



Aチャンネル (1) (まんがタイムKRコミックス)

黒田 bb

Aチャンネル (1) (まんがタイムKRコミックス)

Amazon.co.jpで見る

 

Aチャンネル (2) (まんがタイムKRコミックス)

黒田 bb

Aチャンネル (2) (まんがタイムKRコミックス)

Amazon.co.jpで見る

 

Aチャンネル [2012年 カレンダー]

Aチャンネル [2012年 カレンダー]

Amazon.co.jpで見る

 

Aチャンネル TVアニメ公式ガイドブック -colorful days collection- (まんがタイムKRコミックス)

Aチャンネル TVアニメ公式ガイドブック -colorful days collection- (まんがタイムKRコミックス)

Amazon.co.jpで見る

スポンサーサイト

| Aチャンネル | この記事のURL | comments:2 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT

Google検索から来ました
キレイにまとめてあってとても見やすいです
次の話も楽しみにしてます

| 名無し | 2011/09/17 | URL

◆名無しさんへ

> Google検索から来ました

いらっしゃいませ~

> キレイにまとめてあってとても見やすいです
> 次の話も楽しみにしてます

ありがとうございます。m(_ _)m

比較表を作るため、細かい部分をチェックしてみると、アニメのシナリオ構成力には
只々驚くばかり。アニメ独自の話も違和感なく、浦畑氏の脚本はスゴイの一言です。

| 三四郎. | 2011/09/17 | URL













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/652-bda25437

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事