前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

[マンガ感想] みなみけ 第181話 「どことなく」

週刊ヤングマガジン2011年No.40に掲載されているみなみけ」第181話『どことなく』の感想です。

週刊ヤングマガジン2011年No.40 みなみけ 第181話 「どことなく」 扉絵

以下、マンガの内容に触れていますので、未読の方はご注意ください。



コミックス第9巻(初回限定版)の+α特典

初回限定版第⑨巻は、ドラマCD2枚組と2012年カレンダー付き!!
前回お伝えできなかった
第⑨巻の初回限定版に付く+αプラスアルウァの部分ですが、
2012年『みなみけ』カレンダーに決定しました。
(扉ページ[P.261]のアオリ文)
前回の記事で「2012年卓上カレンダー」とテキトーに予想したら、本当にカレンダーだったでござるの巻。卓上なのか壁掛けなのかは不明だけど、商品の流通を考慮すると、単行本と同程度のサイズと思われます。

一番気になるのはカレンダーの絵柄ですね。描き下ろしを期待したいところだけど、単行本の口絵とか、クリアファイルで使われたイラストの流用になりそうな予感。

第181話 『どことなく』 ストーリー&感想

マキの口もとに注目!!ゴミじゃないよ。
(扉ページ[P.261]の柱文)

相変わらずトークが‶舌好調″のマキ。本日はしゃべりだけでなく、見た目でもキラリと輝いてます。
(2ページ目[P.262]の柱文)
今回の扉絵はマキだけど、物語は ほぼ全編に渡りアツコ主観で進みます。こういった展開は、第145話 「考えて」以来かな。いやそれにしても、周囲に翻弄されるアツコが可愛すぎて生きるのが辛い。(*´Д`*)

▊ ごはんつぶおにぎり美人

高校の昼休みの時間。窓際のマキの机にはハルカとアツコが集まり、三人で談笑しながら昼食タイムだ。そんな中、アツコがふとマキの顔を見ると、口元にごはんつぶが付いてるではないか!

アツコはそれを伝えるべく、マキに声をかけようとするが、逆にマキから「さっきから何か言いたげだけど・・・」「私が美人だからしょうがないけどさ―」云々とボケをかまされてしまう。指摘しようとした矢先に話の腰を折られた為、おとなしく押しの弱い性格のアツコは、ごはんつぶの件を言い出すことができない。

みなみけ 第181話 「どことなく」 本編 一方、アツコとは対照的にハキハキした性格のハルカ。唐突に「今 気付いたんだけどさ」と前置きし、「マキって どことなく おにぎりに見える」と笑顔で言い放つ。それを聞いたアツコは『それって ごはんつぶに気付いてるの!?気付いてないの!?』とモノローグでツッコミを入れ、おにぎりに例えられたマキは「何それ――美人ってこと?」と高度なノリツッコミ(?)を返しやがります(左図参照)。

そうこうしていると、3人の前にヒトミちゃんが登場。ハルカたちの おかずをあさりに来たという。しかし、ランチタイムはとうに終了していて、おかずはゲットならず。その反動なのか、ヒトミちゃんの口から「なんか今日はいつにも増して・・・・おにぎりっぽいっスね」という発言が飛び出す。ハルカに続き ヒトミちゃんまで「おにぎり」と言い出した為、『やっぱり そう見えるのだろうか!?』と、やや肯定的なイメージを抱き始める傍観者アツコ。そしてヒトミちゃんはというと、ヨダレを出して今にもマキに食らいつきそうな雰囲気だ。

☞ ハルカたちの教室でのランチタイム描写は、今回ので4回目なんすね。もっとあるのかと思ったら、意外と少ない。過去の3回は、第4話「不満だらけ」第8話「バレー部に入ろう」第42話「こんな日のために」です。

☞ 2ページ目(P.262)の3コマ目のマキの顔だけど、これは何顔?第176話 「余った」と;第177話 「そろそろ本気」で見受けられた新シリアス顔(リアル顔)とは違い、瞳がスクリーントーンになっていない。しかし、最近の絵柄の通常顔(瞳が丸くクリクリした顔)とも違う。半シリアス顔とでも呼べばいいのだろうか?

☞ 絵柄の変化と言えば、アツコから色気が消え失せてしまった印象あり。単行本・第3巻の頃のアツコには、ほんのりとした色気とムチムチ感の絶妙のバランスがあった。一方、最近の絵柄のアツコは、内田とか吉野ちゃんたち小学生キャラの中に混じっても、ぜんぜん違和感なさそう。それから、アツコの髪型がヒトミちゃんと同じに見える。ヒトミちゃんの髪型をそのまま黒髪にしたって感じ。もしかして「みなみけ」の世界で流行っている髪型なのだろうか?
アツコ。
ハルカの同級生。容姿端麗で誰もが認める美人。おっとりした性格。バストは成長中。

マキ
ハルカの同級生。アツコとは中学生からの友達。小柄だが態度はデカめ。おしゃべり好き。
(3ページ目[P.263]のキャラ紹介)
「小柄だが態度はデカめ」って・・・。編集さんが書くキャラ紹介は、相変わらず容赦ないっスね(笑)。

▊ 究極の弁当は おにぎり?

「やあ」と言いながら、今度は速水先輩が登場。ヒトミちゃん同様、おかずをあさりに来たもよう。さすが「みなみけ」で一二を争う食いしん坊キャラだ。だがしかし、おかずにはありつけず、その影響なのか「なんだか今日のマキってば・・・・すごく遠足に持って行きたい雰囲気!」と言い放つ。「おにぎり」とは言わない点が、いかにも変化球発言の得意な速水らしい。そのため、マキは自分から「おにぎりじゃないですよ!」と否定する羽目に陥る。こうなったら、速水の独断場。「キミはうめぼし?それともシャケ?」と一気にたたみ掛け、マキは窮地に追い込まれる。

みなみけ 第181話 「どことなく」 本編 今にも食いつきそうな速水とヒトミちゃんの魔の手から逃げ出したマキ。2年生の教室を出て、廊下を所在なげに歩いている。その後ろには傍観者アツコの姿があり、『よし・・・・今度こそ教えてあげないと』と決意を固めている。そして「ごはんつぶ」の件を指摘するため、マキに声をかけようとするが、ここで保坂が出現!

保坂はアツコには目もくれず、「究極の弁当はなんだと思う?」という質問をマキに投げかける(右図参照)。突然の問いかけに、答えに窮してゲンナリするマキ。すると、マキの顔を見た保坂は、天啓を得たかのように「そうかおにぎりか」と自儘に得心。またしても「おにぎり」と言われた為、マキはカチン。保坂に強く抗議をするが、当の保坂は「おにぎりではないとしたらお前は一体誰なんだ!」と、とりつくしまもない。これには さしものマキも怒髪天を衝き、保坂を一喝しやがります。

そんなこんなで、なんとか保坂をやり過ごしたマキ。それでも「おにぎり」呼ばわりされる理由は分からず、むしゃくしゃが晴れず ついには涙目に・・・。ところがそれが幸いしたもよう。右手で頬を拭おうとした際、偶然ごはんつぶがとれ、脱・おにぎりに成功。その様を見たアツコは、傍観者を返上し「もう大丈夫 大丈夫だよ」とマキを励ますのであった。もっとも、マキは「?」状態だけど。

で、この後 ハルカが再登場し、マキの顔を見るなり「今晩は たこやき しようかな」と発言。通常時のマキは、たこやきを連想する顔だったらしい。まあ確かに丸いしね(笑)。それより、晩ご飯が「たこやき」って・・・。もしかして主食にするつもりですか?ハルカ姉さま!

☞ マキ、アツコ、速水先輩、保坂、ヒトミちゃん。高校生サブキャラの全員登場(ナツキを除く)は、今回が初めての筈。第171話 「ここだけの話」の最後のコマ(全員集合・お花見シーン)にヒトミちゃんはいなかった。

☞ 今回はアツコの登場場面がやたらと多かったけど、その大部分がモノローグだった。実際に声に出したセリフは①「ねぇ」、②「あ・・・・」、③「うん・・・・」(以上2ページ目)、④「マ・・・・」、⑤「保坂先輩!?」(以上6ページ目)、⑥「もう大丈夫 大丈夫だよ」(最終ページ)の6つしかない。
おにぎり、たこやき、自称美人。いつもわかりやすいマキなのに、今日はまったく実態が掴めません。
(最終ページ[P.268]の柱文)
一部のコンビニで売ってる「たこ焼き入り おにぎり」で手を打とうじゃないか。

次回掲載号

次回登場は9/17発売号。南家に少し早く会える土曜発売です。
(最終ページ[P.268]の欄外より)
ということで、次回の「みなみけ」はヤンマガ9月17日発売号(No.42)に掲載されます。 週刊ヤンマガは通常 毎週月曜発売だけど、再来週の月曜日(9月19日)は敬老の日なので、2日前倒しされております。ご注意くだされ。

【関連記事】
■ 「みなみけ」「今日の5の2」「そんな未来はウソである」関連記事まとめ (関連記事の総目録

■ [マンガ感想] みなみけ 第180話 「冷やしてやろう」
■ [マンガ感想] みなみけ 第182話 「忘れたい」
■ [レビュー] ねんどろいどぷらす ぬいぐるみシリーズ みなみけ 南千秋
■ [レビュー] みなみけ ふじおかぬいぐるみ(りあるさいず)
■ [レビュー] みなみけ 第8巻 (初回限定版・通常版) (単行本のレビュー
■ [レビュー] みなみけ 第8巻(初回限定版) ドラマCD
■ みなみけ(原作) モブキャラに関するまとめ
■ みなみけ(原作) 速水先輩が開眼した場面まとめ

【関連サイト】
■ ドラマCD付き「みなみけ」限定版公式サイト (講談社 特設サイト)
■ みなみけ (StarChild アニメ公式)
■ みなみけ (Wikipedia)



みなみけ(8) (ヤングマガジンコミックス)

桜場 コハル

みなみけ(8) (ヤングマガジンコミックス)

Amazon.co.jpで見る

 

ねんどろいどぷらす ぬいぐるみシリーズ42 みなみけ 南千秋

ねんどろいどぷらす ぬいぐるみシリーズ42 みなみけ 南千秋

Amazon.co.jpで見る

 

みなみけ ふじおかぬいぐるみ(りあるさいず)

みなみけ ふじおかぬいぐるみ(りあるさいず)

Amazon.co.jpで見る

 

【再販】 みなみけ ねんどろいど 南千秋 (ノンスケールABS & PVC塗装済み可動フィギュア)

みなみけ ねんどろいど 南千秋 (ノンスケールABS & PVC塗装済み可動フィギュア)

Amazon.co.jpで見る

スポンサーサイト

| みなみけ | この記事のURL | comments:2 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT

+αはカレンダーでしたね。
正直なところ、変な物じゃなくてホッとしてます。
絵柄は…新規に描き下ろしてくれることを祈るのみw
そして、ドラマCDの脚本が誰か?が、まだ不明ですし、一抹の不安が消え去らないんですよね…。

>「小柄だが態度はデカめ」って・・・。編集さんが書くキャラ紹介は、相変わらず容赦ないっスね(笑)。

柱文にも
相変わらずトークが〝舌好調〟のマキ。
とありますが、何と言うか、ウザカワイイ、ですよね。
カナもですよね、可愛さの分類をすれば。
ゆるゆりの京子見てて思ったんですが、一期のスタッフは、このウザカワイイを表現するのが、とても上手いんだと思います。
今回の話なんか、すごく見たいです、アニメで。
台詞回しも、「キミはうめぼし?それともシャケ?」のように、こういう頓知の利いた台詞自体が、ニヤニヤしてしまうポイントなのを、ちゃんとわかっている作りでw

>それより、晩ご飯が「たこやき」って・・・。もしかして主食にするつもりですか?ハルカ姉さま!

まあ、炭水化物ですし?w
もしかしたら、たこやき焼き器が南家にある、という伏線の可能性もあるかなとw
そういう話がいつかあるんじゃないでしょうか?トウマとか喜びそうですよねw

| 長男 | 2011/09/08 | URL

◆長男さんへ

> +αはカレンダーでしたね。
> 正直なところ、変な物じゃなくてホッとしてます。
> 絵柄は…新規に描き下ろしてくれることを祈るのみw
> そして、ドラマCDの脚本が誰か?が、まだ不明ですし、一抹の不安が消え去らないんですよね…。

ドラマCDの収録は、もう終わってるんでしょうね。
正直、ビッグプロジェクトよりも、ドラマCDの脚本家の方が気になります。


> >「小柄だが態度はデカめ」って・・・。編集さんが書くキャラ紹介は、相変わらず容赦ないっスね(笑)。
>
> 柱文にも
> 相変わらずトークが〝舌好調〟のマキ。
> とありますが、何と言うか、ウザカワイイ、ですよね。
> カナもですよね、可愛さの分類をすれば。
> ゆるゆりの京子見てて思ったんですが、一期のスタッフは、このウザカワイイを表現するのが、とても上手いんだと思います。
> 今回の話なんか、すごく見たいです、アニメで。

ウザカワといえば、宮下@みつどもえもそうですね。
そういえば、ウザカワ属性キャラのウザカワ度と、おっぱいのサイズは反比例するらしいッスw
マキはそこそこのウザカワ度なので、胸はそれなりの大きさ。(*´Д`*)


> 台詞回しも、「キミはうめぼし?それともシャケ?」のように、こういう頓知の利いた台詞自体が、ニヤニヤしてしまうポイントなのを、ちゃんとわかっている作りでw

「みなみけ」を分かってない脚本家が書くと、勝手に「ツナマヨ」とか「昆布」とか追加しそうw


> >それより、晩ご飯が「たこやき」って・・・。もしかして主食にするつもりですか?ハルカ姉さま!
>
> まあ、炭水化物ですし?w
> もしかしたら、たこやき焼き器が南家にある、という伏線の可能性もあるかなとw
> そういう話がいつかあるんじゃないでしょうか?トウマとか喜びそうですよねw

カナがタコ焼き好きそうですし、チアキもB級グルメにうるさそうなので、
「南家にはタコ焼き器がある」に一票。

| 三四郎. | 2011/09/08 | URL













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/647-a837f377

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事