前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

[マンガ感想] みなみけ 第177話 「そろそろ本気」

週刊ヤングマガジン2011年No.31に掲載されている「みなみけ」第177話『そろそろ本気』の感想です。

週刊ヤングマガジン2011年No.31 みなみけ 第177話 「そろそろ本気」

以下、マンガの内容に触れていますので、未読の方はご注意ください。



単行本・第9巻の続報

単行本第9巻も初回限定版を作ることが決定!特典は何にしようかな?
フィギュア、ドラマCD、からぁの~
なんでしょうね?
皆さんの期待値も高いだけに悩みます。
(扉ページ[P.297]のアオリ文)
第9巻にも初回限定版が制作されるそうです。「みなみけ」の限定版(特装版)は毎回特典が異なっていて、既刊のアイテムは下記のとおり。行頭の番号は巻数で、価格は税込みです。このうち第3巻の特装版には「限定」という文字がついていません。そのため、第3巻の特装版は初版が発売されてから約3週間後に増刷されています。
  1. 通常版のみ
  2. 桜場コハルPACK (限定特装版) 3,000円
  3. 桜場コハルSpecial Booklet (特装版) 800円
  4. 通常版のみ
  5. TVアニメ「みなみけ~おかわり~」第1話DVD (限定特装版) 980円
  6. OAD「みなみけ べつばら」DVD (初回限定版) 3,700円
  7. みなみけ3姉妹特製フィギュア (初回限定版) 1,500円
  8. ドラマCD (初回限定版) 1,700円
この流れから行くと、第9巻も過去の特典とは全く異なるモノになりそうな予感。アオリ文ではまだ未定のような印象を受けますが、「読者の希望を募ります」的なことを書いていないので、編集さんの心の内には既に有力候補があるのかも。

第177話 『そろそろ本気』 ストーリー&感想

ポキポキ、コキコキ。まさかケンカか!?
(扉ページ[P.297]の柱文)

ナツキの意外な弱点、発覚。覚醒したはずなのに、目が点。このままでは数学Iは赤点!?
(2ページ目[P.298]の柱文)
今回のサブタイトルは、ネットでよく見かけるフレーズ「そろそろ本気出す」をネタにしたもの。南家3姉妹の平凡な日常を淡々と描き、世の中の流行り廃りとは一線を画した「みなみけ」にしては珍しいかも。 お話の方はというと、もうひとつの南家4兄妹の噛み合わない日常をまったりと描いています。扉絵にはスカした顔のアキラが描かれてますが、いったい何があったのか!?

アキラの扉絵登場はかなりレアで、これが2回目。約2年前の第132話「それ いきましょう」以来でござる。

▊ そろそろ本気出す
みなみけ 第177話 「そろそろ本気」
舞台は、もうひとつの南家の茶の間。ナツキが何やら拳を「ポキポキ」、首を「コキコキ」と鳴らしている。トウマが理由を尋ねたところ、テストが近いので勉強に本腰を入れるため、気合を入れていたらしい。それにしても、この場面のトウマは超絶キャワワすぎる♥ タンクトップ+短パンのボーイッシュな服装なんだけど、膨らみかけた胸とか腰チラを披露!まるで「こんな可愛い子が女の子のはずがない」を地で行く倒錯したガチな美少女っぷりだ。(^ω^)ペロペロ

そんな可愛らしい妹には目もくれず、ナツキは数学Iの教科書を取りだすや、「そろそろ本気出す」と宣言。そして右手にシャーペンを握り、いざ問題に着手するが、気合とは裏腹にいきなり険しい表情に・・・。おっと!前回のチアキとカナに引き続き、シリアス顔再び!!「みなみけ」初期や「今日の5の2」のシリアス顔は造型がリアルになったり、顔に陰影が付けられていたけど、新たなシリアス顔は瞳の3分の1がベタ塗り、残りの3分の2がトーン&斜線になるみたい。従来の作画とは明らかに違うので、勝手ながらシリアス顔2.0と呼ぶことにします。

閑話休題。「本気を出したらどうなるんだ?」と素朴な疑問を口にするトウマ。ナツキは「本気を出したら一発だ」云々と勇ましい口振りだが、教科書の中身はまったく理解できないようす。見かねたハルオが教師役を買って出るが、「本気を出す」と言った手前、断固拒否しやがります。長男に対する ぞんざいな態度は相変わらずのようだ。一方、トウマの興味の対象はナツキからハルオへと向かっていた。長兄の顔をしげしげと眺めていたトウマは、唐突に「ハルオちょっと太ったか?」と口にする。ハルオは「気のせいだろう」と否定するも、運動不足気味であることは認め、「そろそろ本気で運動するのもいいだろう」と取り繕う。その結果、今すぐここで腹筋をする羽目に・・・。

▊ 誰が女にモテないって!?

みなみけ 第177話 「そろそろ本気」 ところが ハルオは運動音痴らしく、一人では腹筋運動が出来ないらしい。そこでトウマに足を持つよう頼むが、この妹ときたら仰向けに寝た兄の両脚を垂直に立たせる始末。ボケではなくマジでやってそうに見えるので、本当に愉快な奴である。もしかしたら、藤岡との特訓では、この方法(足90度)がデフォルトなのかもしれない。

そんなわけで困ったハルオはアキラに声をかけるが、三男坊は忙しくて それどころではないという。どうやらマンガを熟読中らしい。それを見たトウマは思わず「マンガ読むの忙しくて持てないのか・・・・」と呟いてしまう。

ここでアキラの勘違いが発生。「持てない」を「女にモテない」と受け取り、仏頂面になってトウマに噛みつきやがります。トウマは否定し、ハルオは落ち着くように諭すが、さりげなく「落ち着かないとモテねーぞ」と言ってるナツキがヒドイ(笑)。

アキラといえば第127話「はじめました」第131話「絶対計画」第132話 それ いきましょう」で藤岡の恋愛アドバイザーをやり、成果を上げていたが、自分のことに関しては からっきしダメ。そこに降って湧いたのが、コンプレックスをえぐるようなトウマの発言だ。勘違いとはいえ、自尊心を傷つけられたアキラは「そろそろ本気出すぞ!」と息巻き始める。しかし、トウマに具体的に何をするのかと尋ねられると、言葉に詰まる有り様。第51話「手は出しません」の中で、「オレは常にどうすれば彼女ができるか考えてます」と言明していた筈だが、所詮π=2hの中坊か(笑)。

で、アキラはナツキのみならずハルオにもニヤニヤされ、恥ずかしさで赤面しちゃいます。ハルオのニヤニヤには前フリがあり、第167話「もらって」でバレンタインチョコを貰っていた。誰からの贈り物かは不明だったけど、意外とモテるのかもしれない。ハルオは謎の多い人物であるが、ここ最近は登場する度に設定が追加されてますな。

そんなことがあった後日。トウマは南家マンションを訪れ、三姉妹と一緒に宝くじの話題で盛り上がっていた。だがしかし、トウマが「5枚」買った件を口にした途端、三姉妹の表情がフリーズ。場の空気が変わったことに気付いたトウマは、「そろそろ本気で当たらないかな―」と照れ笑いを浮かべるが、これが却ってヤブヘビになってしまう・・・。

実は南家三姉妹は宝くじに並々ならぬ情熱を注いでおり、5枚ごときで本気だなんてマジで片腹痛いレベル。 カナとチアキは、口々に トウマたちアナザー南家の甘ったれた覚悟を糾弾し始める。ハルカ姉さまに至っては、「うちが毎回 どれだけ全力で当てにいってることか・・・・」とつぶやき涙目に。 たかが宝くじ、されど宝くじ。三姉妹から宝くじの厳しさを教わったトウマは、「そろそろ本気」という言葉を軽々しく使ってはならないことを学びとる。そして帰宅するや、アキラに向かい「そろそろ全開でモテろよ!」という声援を贈るのであった・・・。てか、何で「全開」なんだろう?意味的には間違ってないが、「全力」と「全開」を聞き違えたとか?
最後に見せた本気の涙。3姉妹は宝くじを何枚買ったんだろうね。そしてアキラは本当にモテないんだね。
(最終ページ[P.304]の柱文)
ハルカ姉さまの言う「全力」とやらが仮にサマージャンボ100枚だとすると、諭吉先生3人分の値段になる。そういえば第58話「待ってみたら」家計が火の車と言ってたけど、あれは宝くじに大金を注ぎ込んだせいかもしれない(笑)。

次回掲載号

次回登場は7/16発売号。土曜日発売だから気をつけて。
(最終ページ[P.304]の欄外より)
ということで、次回の「みなみけ」はヤンマガ7月16日発売号(No.33)に掲載されます。ヤンマガの発売日は通常は月曜日ですが、7月18日(月)は祝日(海の日)なので前倒し発売となります。ご注意あれ。

【関連記事】
■ [マンガ感想] みなみけ 第176話 「余った」
■ [マンガ感想] みなみけ 第178話 「しまらない話」
■ [マンガ感想] 今日のみなみけ (漫画文庫版「今日の5の2」描き下ろし)

■ [レビュー] みなみけ 第8巻 (初回限定版・通常版) (単行本のレビュー
■ [レビュー] みなみけ 第8巻(初回限定版) ドラマCD
■ [レビュー] そんな未来はウソである 第1巻 (KCデラックス)

■ みなみけ(原作) モブキャラに関するまとめ
■ みなみけ(原作) キャラクターの南家マンション訪問回数ランキング
■ みなみけ(原作) チアキの「バカ野郎」発言に関するまとめ
■ みなみけ(原作) 下着回に関するまとめ
■ みなみけ(原作) お風呂回に関するまとめ
■ みなみけ(原作) 水着回に関するまとめ

■ 「みなみけ」「今日の5の2」「そんな未来はウソである」関連記事まとめ (関連記事の全目録

【関連サイト】
■ ドラマCD付き「みなみけ」限定版公式サイト (講談社 特設サイト)
■ みなみけ (StarChild アニメ公式)
■ みなみけ (Wikipedia)



みなみけ(8) (ヤングマガジンコミックス)

みなみけ(8) (ヤングマガジンコミックス)

Amazon.co.jpで見る

 

CD付き みなみけ8巻 限定版 (ヤングマガジンコミックス)

CD付き みなみけ8巻 限定版 (ヤングマガジンコミックス)

Amazon.co.jpで見る

 

みなみけ ねんどろいど 南千秋

みなみけ ねんどろいど 南千秋 (ノンスケールABS & PVC塗装済み可動フィギュア)

Amazon.co.jpで見る
2011年8月25日再販予定

 

ねんどろいどぷらす ぬいぐるみシリーズ42 みなみけ 南千秋

ねんどろいどぷらす ぬいぐるみシリーズ42 みなみけ 南千秋

Amazon.co.jpで見る
2011年8月25日発売予定

スポンサーサイト

| みなみけ | この記事のURL | comments:2 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT

「そろそろ本気出す」のフレーズは、最近各所でよく見かけるようになった気がします。気のせい…じゃないですよね?w
こっちの南家三兄貴は、よく見かける用法通り、本気出すことは無さそうですなw

>第51話「手は出しません」の中で、「オレは常にどうすれば彼女ができるか考えてます」と言明していた筈だが、所詮π=2hの中坊か(笑)。

この発想自体は、なかなか見所があると思うんですけどねw馬鹿のプロ的な意味でww
今読むと、107話の「なに!?天才かお前!」のフレーズが浮かびます。
これ、流行りそうな名フレーズだと思ったんですが、アニメでは単なる途中経過っぽく、あっさり流されて印象に残らず残念でした。

>この流れから行くと、第9巻も過去の特典とは全く異なるモノになりそうな予感。

何でしょうね?
OADはもう既出ですが、何処の誰が作るか、によって、全く異なるモノになると思いますが…w

| 長男 | 2011/07/07 | URL

◆長男さんへ

> 「そろそろ本気出す」のフレーズは、最近各所でよく見かけるようになった気がします。気のせい…じゃないですよね?w
> こっちの南家三兄貴は、よく見かける用法通り、本気出すことは無さそうですなw

グーグルで「そろそろ本気」と入力すると途中で検索候補が出て来ますが、
その中に「そろそろ本気出す ほむら」というフレーズがありましたw


> >第51話「手は出しません」の中で、「オレは常にどうすれば彼女ができるか考えてます」と言明していた筈だが、所詮π=2hの中坊か(笑)。
>
> この発想自体は、なかなか見所があると思うんですけどねw馬鹿のプロ的な意味でww

そこはかとなく中坊が考えつきそうなエロスを感じます。


> 今読むと、107話の「なに!?天才かお前!」のフレーズが浮かびます。
> これ、流行りそうな名フレーズだと思ったんですが、アニメでは単なる途中経過っぽく、あっさり流されて印象に残らず残念でした。

原作読むと、トウマのリアクションもいい味出してますよね。


> >この流れから行くと、第9巻も過去の特典とは全く異なるモノになりそうな予感。
>
> 何でしょうね?
> OADはもう既出ですが、何処の誰が作るか、によって、全く異なるモノになると思いますが…w

チアキ「逆・カップ焼きそば現象!どちらも同じ商品形態をとるが、中身は似て非なる別の物!」
トウマ「あ!それすごいわかるぞ。D社とA社、あれはもう別のアニメだもんな」
チアキ「そうだろトウマ」

| 三四郎. | 2011/07/07 | URL













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/605-f1bdf146

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事