前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

[マンガ感想] みなみけ 第176話 「余った」

週刊ヤングマガジン2011年No.29に掲載されている「みなみけ」第176話『余った』の感想です。

週刊ヤングマガジン2011年No.29 みなみけ 第176話 「余った」

以下、マンガの内容に触れていますので、未読の方はご注意ください。



単行本・第9巻は年内発売か?

今年も残り半分。年内に単行本をもう一冊出せるようにがんばるぞ!!

あと2話で第9巻収録分がたまります。
年内の発売を目指すために
桜場さんにがんばってもうらうぞ!!
(扉ページ[P.247]のアオリ文)
編集さんが書いたアオリ文によると、単行本・第9巻の収録話数は全19本に決まったもよう(表1参照)。第7巻以降は19本がデフォになったんですかね。

No. 話数 サブタイトル ヤンマガ発売日 備考
1 160 足りない 2010年10月18日  
2 161 わかったぞ 2010年11月01日  
3 162 実験してみる 2010年11月15日  
4 163 見つかった 2010年11月29日  
5 164 あげる 2010年12月13日  
6 165 結果的に 2011年01月08日  
7 166 恐るべき頭脳 2011年01月24日  
8 167 もらって 2011年02月07日  
9 168 最低っス 2011年02月21日  
10 169 食べるため 2011年03月07日  
11 170 レッツ お野菜 2011年03月19日  
12 171 ここだけの話 2011年04月04日  
13 172 おいしかったよ 2011年04月18日  
14 173 蹴りグセ 2011年05月09日 GW合併号の影響で3週開いた
15 174 謎です 2011年05月23日  
16 175 もめたら 2011年06月06日  
17 176 残った 2011年06月20日  
18 177 (未定) 2011年07月04日  
19 178 (未定) 2011年07月16日 7/18(月)は海の日なので土曜発売か?
表1.「みなみけ」単行本・第9巻の収録エピソード

「年内」といっても幅がありますが、営業面を考慮すると12月でしょうね。何しろ、その頃には「そんな未来はウソである」単行本・第2巻のストックが貯まりますから(表2参照)。「みなみけ」第8巻「そんみら」第1巻の時みたいに、2冊同時発売した方が相乗効果で売上げが伸びるでしょうし。

No. 話数
(Vol.)
サブタイトル 別マガ発売日
累積頁数
1 15 そのテンション 2010年11月09日 10
2 16 ハッキリさせる 2010年12月09日 20
3 17 やりたいこと 2011年01月06日 30
4 18 100% 2011年02月09日 40
5 19 いいと思う 2011年03月09日 50
6 20 やっぱり 2011年04月09日 60
7 21 誰のせい 2011年05月09日 70
8 22 まかせた 2011年06月09日 80
9 23 (未定) 2011年07月08日 90
10 24 (未定) 2011年08月09日 100
11 25 (未定) 2011年09月09日 110
12 26 (未定) 2011年10月08日 120
13 27 (未定) 2011年11月09日 130
14 28 (未定) 2011年12月09日 140
表2.「そんな未来はウソである」単行本・第2巻の収録エピソード(推定)

で、仮に12月に出版するとなると、第178話がヤンマガに掲載されてから5ヵ月後。そして、これまでの慣例からすると、第9巻にも初回限定版(特装版)が出るのは確実です。ただ、5ヵ月でアニメ(OAD)やフィギュアを作るのは無理なので、限定版の特典はドラマCDでしょうか?てか、是非ドラマCDにしてください! もちろん脚本はアニメ1期のスタッフで!!

第176話 『余った』 ストーリー&感想

食い意地の張った少女たちの熱き戦い。
(扉ページ[P.247]の柱文)

勝利のためには手段を選ばぬ策士カナ。勝率100%の必殺技イカサマ、炸裂!! ただ食べ物の恨みは怖いぞ~。
(2ページ目[P.248]の柱文)
今回の「みなみけ」は第146話「知ってたよ」と同様、残ったドーナツがテーブルの上から忽然と消えるお話であります。第146話では内田のドーナツを横取りしたカナですが、さて今回は如何に!? 冒頭の扉絵が全てを物語っていますが・・・(笑)。

▊ 例の店のドーナツ消失事件

みなみけ 第176話 「余った」 とある日の南家リビングルーム。一つ余った例の店のドーナツをめぐり、カナ・チアキ・トウマの三人がジャンケン勝負をすることとあいなった(左図参照/左端の黒髪短髪はトウマです念のため)。その結果は、姑息な後出しをしたカナの大勝利。柱文に書かれているとおり、勝率100%のイカサマ炸裂である。てか、後出しジャンケンなんて、策士でも何でもねぇ!!(笑)

勝利に気をよくしたカナは、お茶のおかわりを淹れるため、キッチンへと向かう。ところが、リビングに戻ってみると、今さっきまであったドーナツが皿の上から消滅しているではないか! もっとも犯人はバレバレだ。カナは とりあえず 「どこへお散歩?私のドーナツちゃん」と糸目笑顔でつぶやき、チアキとトウマにドーナツの行方を尋ねる。するとチアキは「ずっと読書をしていた」と答え、トウマに至っては「ずっとチアキの読書の邪魔をしていた」と言い切りやがります。

チアキたちが表情をほとんど変えることなく淡々と言うので、思わず信じそうになってしまうカナ。しかし、ふと我に返るやチアキとトウマを糾弾し始める。これぞボケツッコミの基本なわけだ(笑)。で、カナは二人のうちのどちらかが犯人だと言い詰め寄るんだけど、チアキはそれを逆手にとって反論。「どちらかが食べたのなら 食べてないほうがいいつけるだろ」と、まるで弁護士のような物言い。さすが天下無敵のおりこうさんである。

▊ シナモンの香りを漂わせるカナ

みなみけ 第176話 「余った」 カナの動揺を見て取ったチアキは、更に たたみ掛けるようにこう断言する。「最初からドーナツなどなかった」と。 おっと!チアキの顔がシリアス顔(リアル顔)じゃないか。絵柄が変わってから、こういった表情を見るのは久しぶりのような気がする。

片や、チアキの言葉に愕然となったカナは、空の皿を見つめながら『幻だったのか・・・・?』と自問を始める。されど、ここで終わらないのが天才策士と称される所以だ。カナは皿をペロッと一舐めするや「粉砂糖の味」云々とシリアス顔でつぶやき、更に「お前たちが最初に食べたドーナツには粉砂糖がかかっていなかった」と言及。チアキたちに言い逃れのできない物証を突きつけちゃいます。そしてトドメは、口のまわりに付いた粉砂糖を調べるための方法。「私がお前らの口を味見します!」の一言だった(右図参照)。

カナに(^ω^)ペロペロされてはかなわない、ってことであっさり白状するチアキとトウマ。どうやら二人で分けて食べたらしい。カナはというと、涙目になったチアキたちを見て、もはやドーナツのことなど どうでもよくなったみたい。(^ω^)ペロペロする気満々な態度で、二人に迫りやがります。チアキとトウマは、各々ふじおか1号2号を投げつけ、(^ω^)ペロペロ星人を近づけまいと抵抗するが、二人の純潔は風前の灯火だ。

そんな中、チアキたちの前に救世主が降臨! 高校から帰宅したハルカ姉さまである。リビングルームでの騒ぎに驚いたハルカ姉さまがカナに理由を尋ねたとろ、カナはよくぞ聞いてくれましたってな顔で、ドーナツの件を思わずぽろり。ところが、これがとんだヤブヘビに・・・。一つ余っていたドーナツは、実はハルカ姉さまの分だったのだ!! ハルカ姉さまのスイーツが無くなるってエピソードっていうと、最近では第130話「忘れてた」のアイスがあった。あの時は、ハルカ姉さま自身が買ったアイスのことを完全に失念していて、カナたちは事なきを得たが、今回はそうはいきそうもない(笑)。

この難局を乗り切るため、「ドーナツなんか食べてないよ・・・・」と言い逃れをするカナ。だがしかし、 お菓子マエストロのハルカ姉さまを誤魔化せるわけがない。何しろ、カナの周囲にはシナモンの香りが漂っていたのだ。シナモンの香りを指摘されたカナは、とうとう苦し紛れに「私自身シナモンみたいなもんだし・・・・」と言い出す始末である。つまり、カナはカレーのスパイスになれる女ってことか。(._.) φ メモメモ

この後は、チアキとカナの暴露合戦になり、その際 カナの口から「ハルカの分とっておくの忘れてて・・・」という発言が飛び出しちゃいます。それを聞いたハルカ姉さまは大ショック!唯一の救いは、例の店のドーナツであることを知らなかったっぽい点。もし知っていたら、それはそれはスゴイことになっていたかもね!例えば、ハルカ姉さまがカナを(^ω^)ペロペロとか。
寛容で甘~いお姉さまも、今回へヘコんだぞ。忘れられた寂しさで、心におっきな穴が開いたぞ。
(最終ページ[P.254]の柱文)
最終コマのハルカ姉さまの涙目しょんぼり顔が素敵♪素敵♪超絶キャワワすぎる 擬音の「プスー」もいい味出してます。それにしても、最近ハルカ姉さまが若返る回幼顔になる回が時々ありますな。直近では第133話「言っちゃった」でチアキをなだめる場面、第139話「だらだら」の寝顔、第141話 何をする」の扉絵&最終コマ、第153話 変」の全般など。 これらの絵を見ると、ロリ顔の巨乳キャラとしても十分やっていけそうですよ!ハルカ姉さま!!

次回掲載号

次回登場は7/4発売号。ハルカは立ち直れるかな。
(最終ページ[P.254]の柱文より)
ということで、次回の「みなみけ」はヤンマガ7月4日発売号(No.31)に掲載されます。

【関連記事】
■ [マンガ感想] みなみけ 第175話 「もめたら」
■ [マンガ感想] みなみけ 第177話 「そろそろ本気」
■ [マンガ感想] そんな未来はウソである 第22話

■ [レビュー] みなみけ 第8巻 (初回限定版・通常版) (単行本のレビュー
■ [レビュー] みなみけ 第8巻(初回限定版) ドラマCD
■ [レビュー] そんな未来はウソである 第1巻 (KCデラックス)

■ みなみけ(原作) モブキャラに関するまとめ
■ みなみけ(原作) キャラクターの南家マンション訪問回数ランキング
■ みなみけ(原作) チアキの「バカ野郎」発言に関するまとめ
■ みなみけ(原作) 下着回に関するまとめ
■ みなみけ(原作) お風呂回に関するまとめ
■ みなみけ(原作) 水着回に関するまとめ

■ 「みなみけ」「今日の5の2」「そんな未来はウソである」関連記事まとめ (関連記事の全目録

【関連サイト】
■ ドラマCD付き「みなみけ」限定版公式サイト (講談社 特設サイト)
■ みなみけ (StarChild アニメ公式)
■ みなみけ (Wikipedia)



みなみけ(8) (ヤングマガジンコミックス)

みなみけ(8) (ヤングマガジンコミックス)

Amazon.co.jpで見る

 

みなみけ ねんどろいど 南千秋

みなみけ ねんどろいど 南千秋 (ノンスケールABS & PVC塗装済み可動フィギュア)

Amazon.co.jpで見る
2011年8月25日再販予定

 

ねんどろいどぷらす ぬいぐるみシリーズ42 みなみけ 南千秋

ねんどろいどぷらす ぬいぐるみシリーズ42 みなみけ 南千秋

Amazon.co.jpで見る
2011年8月25日発売予定

   
フィギュアなどキャラ&ホビー格安。あみあみ楽天
スポンサーサイト

| みなみけ | この記事のURL | comments:2 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT

>「年内」といっても幅がありますが、営業面を考慮すると12月でしょうね。

おそらくそうでしょうね。

>もちろん脚本はアニメ1期のスタッフで!!

OADでもいいですよwてか、これで“2期”のテストにするとか、歓迎なんですがww

>例の店

駅前の角のあの店とはまた違う、別の店なんでしょうねw

>おっと!チアキの顔がシリアス顔(リアル顔)じゃないか。絵柄が変わってから、こういった表情を見るのは久しぶりのような気がする。

ホント久しぶりですね。3巻以来?いや、4巻のバックドロップを、最終奥技として伝授する、チアキのアップもリアル顔になるのかな?
とにかく、この演出は面白いので、是非継続をw
某アニメでも、これをやれば、良い原作補完になったであろう話もありましたね。
「なんだこれは!?」
「お見合いだ!」
「なぜだ!?」
のあたりとか、スイカやカレーのスプーンで、マキにいじられる藤岡とか、リンゴをおすそ分けに来た内田の恐怖体験とか。
確かに原作通りに、淡々と進みましたが、会話のリズムと間と演出を、ちゃんと笑い所を計算されたもので、もう1回作りなおしてほしい所です、はい。

>「私がお前らの口を味見します!」の一言だった(右図参照)。

何という俺(三四郎さん)得展開!!と思いきや…

>各々ふじおか1号と2号を投げつけ

このコマ、何だか可愛くて、また可笑しいですよね、二体のふじおか同時攻撃w

>唯一の救いは、例の店のドーナツであることを知らなかったっぽい点。もし知っていたら、それはそれはスゴイことになっていたかもね!例えば、ハルカ姉さまがカナを(^ω^)ペロペロとか。

何という(以下同文
むしろ、罪悪感と愛故に、チアキがペロペロされる役に立候補な展開もアリかとw

>擬音の「プスー」もいい味出してます。

(*´Д`*)

>これらの絵を見ると、ロリ顔の巨乳キャラとしても十分やっていけそうですよ!ハルカ姉さま!!

絵だけならいいんですが、私の場合、洩れなくサトリナボイスで脳内再生されますんで、もそっと大人びた感じでないと、違和感が無きにしもあらず、です(;´Д`)

| 長男 | 2011/06/22 | URL

◆長男さんへ

> >もちろん脚本はアニメ1期のスタッフで!!
>
> OADでもいいですよwてか、これで“2期”のテストにするとか、歓迎なんですがww

正直なところ、自分が一番欲しいのは吉野ちゃんと内田とトウマのフィギュアです。
あと、ねんどろいどチアキが再販されますが、これを機にハルカ姉さまとカナも商品化して欲しいッス!


> >例の店
>
> 駅前の角のあの店とはまた違う、別の店なんでしょうねw

過去いくつかスイーツ店が出て来ましたが、第139話に出て来た新しい店かも。

第57話 駅前の角のあの店 (プリン)
第121話 この店 あの店 (チョコ)
第139話 駅前の交差点に新しい甘いものの店 ← 実はドーナツ屋?


> >おっと!チアキの顔がシリアス顔(リアル顔)じゃないか。絵柄が変わってから、こういった表情を見るのは久しぶりのような気がする。
>
> ホント久しぶりですね。3巻以来?いや、4巻のバックドロップを、最終奥技として伝授する、チアキのアップもリアル顔になるのかな?
> とにかく、この演出は面白いので、是非継続をw

5巻あたりの話になると、シリアス顔なのか通常顔なのか判断つかない時がありますね。
今回シリアス顔を登場させたのは、絵柄が初期の頃に近くなってきたことと関係がありそうです。


> 某アニメでも、これをやれば、良い原作補完になったであろう話もありましたね。
> 「なんだこれは!?」
> 「お見合いだ!」
> 「なぜだ!?」
> のあたりとか、スイカやカレーのスプーンで、マキにいじられる藤岡とか、リンゴをおすそ分けに来た内田の恐怖体験とか。
> 確かに原作通りに、淡々と進みましたが、会話のリズムと間と演出を、ちゃんと笑い所を計算されたもので、もう1回作りなおしてほしい所です、はい。

1期のスタッフが制作していれば、やってそうですね > シリアス顔演出


> >「私がお前らの口を味見します!」の一言だった(右図参照)。
>
> 何という俺(三四郎さん)得展開!!と思いきや…

(^ω^)ペロペロ


> >各々ふじおか1号と2号を投げつけ
>
> このコマ、何だか可愛くて、また可笑しいですよね、二体のふじおか同時攻撃w

アニメ化した場合、エヴァのユニゾン攻撃みたいな演出をしたら面白そうw


> >唯一の救いは、例の店のドーナツであることを知らなかったっぽい点。もし知っていたら、それはそれはスゴイことになっていたかもね!例えば、ハルカ姉さまがカナを(^ω^)ペロペロとか。
>
> 何という(以下同文
> むしろ、罪悪感と愛故に、チアキがペロペロされる役に立候補な展開もアリかとw

第12話の続編ですねw
そしてそれを見たカナが「変態に見える」とつぶやくw


> >擬音の「プスー」もいい味出してます。
>
> (*´Д`*)

「そんみら」のお肌がトゥルトゥルといい、このプスーといい、いかにもコハル先生らしい語感w


> >これらの絵を見ると、ロリ顔の巨乳キャラとしても十分やっていけそうですよ!ハルカ姉さま!!
>
> 絵だけならいいんですが、私の場合、洩れなくサトリナボイスで脳内再生されますんで、もそっと大人びた感じでないと、違和感が無きにしもあらず、です(;´Д`)

田中ぷにえ@大魔法峠の声でバイアスを掛ければ大丈夫ですよ!(キリッ

| 三四郎. | 2011/06/22 | URL













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/597-d45feb21

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事