前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

[レビュー] ぽてまよ 第5巻 (アクションコミックス)

5月12日に発売された「ぽてまよ」第5巻(最終巻)のレビューです。


ぽてまよ 第5巻 (アクションコミックス)



概要

「ぽてまよ」って何処から来たの?
「ぽてまよ」って何のために来たの?「ぽてまよ」って


何モノなの?

すべての謎と真実が明らかにんる感動と涙の最終巻!!
(帯・表側から引用)
「ぽてまよ」約1年半振りの新刊は最終巻!ついに「ぽてまよ」も最終回を迎えることとなりました(涙)。

表紙カバーはいつも通りの、☆キラキラ☆仕様。紙の下地には★マークのホログラム(約2mm)が多数印刷されています。カバーを外した単行本の表紙&裏表紙には描き下ろしのマンガが印刷されていますが、特に裏表紙の方は重大なネタバレが満載!単行本の中身を読み終わるまで、絶対に目を通してはいけません!!

ぽてまよ 第5巻 (アクションコミックス) 総扉頁(P.3)~目次頁(P.6)はフルカーラーで、御形屋先生の描き下ろしイラストが載っています。P.4~P.5は見開きイラスト(左図参照)になっていて、成長した「ぽてまよ」と「ぐちゅ子」が可愛いですね

ただ、この2人が成長する展開は、マンガ本編にはありません。御形屋先生の読者サービスと思われますが、あまりにも可愛いのでスピンアウト作品として見たくなってきたッス!

主な内容

そして「ぽてまよ」は何処に帰っていくの?

高校に進学した素直達。新しい仲間達との新しい生活。
それでも相変わらず何も変わらない毎日のようでいて、
でも、やっぱり、確実に少しずつ何かが変化していた。
そして、その変化の先にあるものは、素直にとっても
ぽてまよにとっても、とても大切でとても悲しい・・・・・・。

ほんわかキュートなナゴミ系不思議生物4コマ、完結巻!!
(帯・ウラ側から引用)
第5巻に収録されているのは、「月刊コミックハイ!」で連載されていたPOTE58『ぷちいえでのこと』POTE74『そしてはじまりのこと』の17本と、単行本描き下ろしマンガPOTE 75『みんなのこと』、合計18本のエピソードです。

ぽてまよ 第5巻 (アクションコミックス)
轟高校の制服を着る
ねね様
ぽてまよ 第5巻 (アクションコミックス)
1年A組のクラスメイト
「ぽてまよ」に驚く
ぽてまよ 第5巻 (アクションコミックス)
1年A組の担任
神宮寺先生
ぽてまよ 第5巻 (アクションコミックス)
1年A組のクラスメイト
百ノ瀬さん

単行本の前半は、素直たちの高校入学、新しいクラスメイトたちとの出会いを中心に話が進みます。轟大学付属高校は、中等部からのエスカレーター進級組(内部生)と高校からの入学組である外部生が混在していますが、この手の設定でありがちな 内部生と外部生の確執は一切ありません。当初は「ぽてまよ」に驚いていた外部生も、あっという間に慣れ親しみ、終始和気あいあいとした展開です。

外部生の中には、物語後半で重要なキャラとなる、百ノ瀬さんという女子生徒がいます。初対面の筈の「ぽてまよ」が何故か彼女に懐いたり、素直と一緒にクラスの園芸委員になったりと、色々なフラグを立てまくっています。まさかのライバル出現に、みかんは大わらわ。みかんの弟でシスコンの哉純は大喜びという流れに・・・。

学園生活以外では、ねね様の父親が登場したり、素直の父親が著名な大学教授であることが判明したり、血縁絡みの話も多いですね。百ノ瀬さんが森山父の大ファンだったという設定もあり、物語後半へ向けた重要な伏線の役割を果たしております。

ぽてまよ 第5巻 (アクションコミックス)
実はスゴイ人だった森山父
「ぽてまよ」の謎にも関係!?
ぽてまよ 第5巻 (アクションコミックス)
「ぽてまよ」の正体に
思いを巡らせる素直
ぽてまよ 第5巻 (アクションコミックス)
意味深な発言をする
百ノ瀬さん

後半(POTE67『あるばいとのこと』以降)は、「ぽてまよ」の謎に関するエピソードの比重が高まってきます。 素直やみかん、百ノ瀬さんたちは、森山父の学術調査を手伝うため、夏山を訪れるのですが、そこで伝説の「おしめりさん」なる妖怪(?)と遭遇します。実は、「おしめりさん」は「ぽてまよ」の正体と密接な関係があるらしく、「おしめりさん」の一部(?)を持ち帰った百ノ瀬さんが意味深な発言をしております。

そして、POTE72で「ぽてまよ」の正体が明かされるのですが、意外や意外、SF系の設定。連載時の最終話・POTE73ジュブナイル作品的な、かなり余韻のあるエンディングです。本書の後書きを読むと、御形屋先生は「はっきり終わらせない方がきっといいんだろうな」と悩みつつも、「素直達にちゃんとした着地点をあげたくて」、この終わらせ方にしたとのこと。確かに、シュールで淡々とした日常のまま締めくくるのもありだし、その一方で「ぽてまよ」の正体も気になる読者も多いので、舵取りが難しかったことでしょう。どう受け取るのかは人それぞれですが、綺麗に終わっているので、このエンディングで大正解だと思いますよ。

まとめ

  • 「ぽてまよ」と百ノ瀬さんの真実
  • みかんの素直への想いは成就したのか?
  • むったんと初芝の関係は?
  • 時々出て来るダンディーなおじさんの正体は明かされたのか?!
以上の一つでも気になる方は、今すぐ本屋へGO!!

【関連記事】
■ ぽてまよ 第3巻(アクションコミックス)を購入
■ ぽてまよ 第4巻 (アクションコミックス)を買ってきた

【関連サイト】
■ コミックハイ!公式サイト (双葉社)
■ ぽてまよ アニメ公式サイト (バンダイビジュアル)
■ ぽてまよ (Wikipedia)



ぽてまよ(5) (アクションコミックス)

御形屋 はるか

ぽてまよ(5) (アクションコミックス)

Amazon.co.jpで見る

   

ぽてまよ 4 (アクションコミックス アクションコミックスもえよん)

御形屋 はるか

ぽてまよ 4 (アクションコミックス アクションコミックスもえよん)

Amazon.co.jpで見る

   

EMOTION the Best ぽてまよ DVD-BOX

EMOTION the Best ぽてまよ DVD-BOX

Amazon.co.jpで見る

    ぽてまよ 1/1 ソフビフィギュア 通常版
ぽてまよ 1/1 ソフビフィギュア 通常版
スポンサーサイト

| ぽてまよ | この記事のURL | comments:0 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/594-32377e41

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事