前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

「GOSICK -ゴシック-」(第18話)に登場した銃器まとめ

TVアニメ「GOSICK -ゴシック-」第18話にヴィンテージ物の銃が出て来たので、調べてみました。

「GOSICK―ゴシック―」(第18話)に登場した銃器まとめ



「GOSICK -ゴシック-」第18話に登場した銃器

  • 「GOSICK -ゴシック-」第18話『漆黒の列車はいくつかの嘘を運ぶ』に登場した銃器の一覧です。ハンドガンが2種類だけですが・・・。
  • メカ・プロップデザイン担当の田中俊成さんが、ご自身のTwitterで情報公開している場合は、その名称を引用させていただきました。
  • 以下のキャプチャ画像には、銃の細部をはっきりさせる為、トリミング、トーンカーブ修正などを加えてあります。

ハンドガン

銃の名称 ワルサー モデル2
使用者 木こり
キャプ画像 「GOSICK―ゴシック―」(第18話)に登場した銃器まとめ
備考 外観から判断すると、第1話『黒い死神は金色の妖精を見つける』と第3話『野兎達は朝陽の下で約束をかわす』に登場していた自動拳銃と同じですね。第1話と第3話の拳銃に関しては、メカ・プロップデザイン担当の田中俊成さんが、ご自身のTwitter内でワルサーモデル2と明記されています。
資料画像 ワルサー モデル2
ワルサーモデル2
参考文献
(外部リンク)
ワルサー (Wikipedia)
Walther arms (Wikipedia)

銃の名称 ウェブリー&スコット MkVI
使用者 孤児
ヴィクトリカ・ド・ブロワ
久城一弥 (ヴィクトリカをサポート)
キャプ画像 「GOSICK―ゴシック―」(第18話)に登場した銃器まとめ
備考 この中折れ式リボルバーも過去の話数で既出。第2話『死者の魂が難破船をおしあげる』と第3話『野兎達は朝陽の下で約束をかわす』に出て来たウェブリー&スコット MkVIです。田中俊成さんのTwitterに、第2話の銃は「ウェブリーmkⅥというイギリスの拳銃で一次大戦に大量生産された物です」と書かれています。
資料画像 ウェブリー&スコット MkVI
ウェブリー&スコット MkVI
参考文献
(外部リンク)
Webley & Scott (Wikipadia)
Webley Revolver (Wikipedia)

上記の内容につきまして、何かお気付きの点がありましたらコメントください。m(_ _)m

なお、この作品には 第18話以外にも銃器が登場しているエピソードがあります。それらについても、いずれ機会をみて まとめ記事を作成したいと思います。

【関連記事】
■ 神のみぞ知るセカイII(第9話)に登場した銃を鑑定してみた
■ 花咲くいろは(第7話)に登場した銃器まとめ
■ 「TIGER & BUNNY」(第1話)に登場した銃器まとめ
■ Dororonえん魔くん メ~ラめら(第6話)に登場した銃器まとめ
■ 「魔法少女まどか☆マギカ」に登場した銃器・兵器まとめ

■ 「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」に登場した銃器まとめ
■ 「DARKER THAN BLACK 流星の双子」に登場した銃器まとめ (ライフル編)
■ 「AIKa R-16:VIRGIN MISSION」に登場した銃器まとめ
■ 「マイアミ☆ガンズ」に登場した銃器まとめ (ハンドガン編)
■ 「ナジカ電撃作戦」に登場した銃器まとめ (ハンドガン編)
■ パンティ&ストッキングwithガーターベルトに登場した銃器を鑑定してみた

■ [レビュー] カラー詳解 ヒーローたちのGUN図鑑
■ [レビュー] HEROES Gunバトル ヒーローたちの名銃ベスト100

【関連サイト】
■ GOSICK―ゴシック― (アニメ公式)
■ GOSICK -ゴシック- (Wikipedia)



【Amazon.co.jp限定ヴィクトリカ コルクコースター付】 GOSICK-ゴシック-BD版 第1巻 [Blu-ray]

【Amazon.co.jp限定ヴィクトリカ コルクコースター付】 GOSICK-ゴシック-BD版 第1巻 [Blu-ray]

Amazon.co.jpで見る

   

GOSICK-ゴシック-BD版 第2巻 [Blu-ray]

GOSICK-ゴシック-BD版 第2巻 [Blu-ray]

Amazon.co.jpで見る

   

GOSICKVI ―ゴシック・仮面舞踏会の夜― (角川文庫)

桜庭 一樹

GOSICKVI ―ゴシック・仮面舞踏会の夜― (角川文庫)

Amazon.co.jpで見る

   

GOSICK スポーツタオル

GOSICK スポーツタオル

Amazon.co.jpで見る

スポンサーサイト

| GOSICK -ゴシック- | この記事のURL | comments:2 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT

おお~、W&S MkⅥは、なんとなくアタリは付いていたんですが、オートマチックのほうは、わかんなかったんですよ。
ワルサー製だったんですね。
FNブローニングの古いやつかと推測して、調べてはみたんですが、てんで見当違いだったようですw

ツイッターでつぶやいてくれなかったら、正直わからなかったですよね。
と言うか、田中俊成氏はマニアックなお方のようですね…ヴィクトリカちゃんの他に、新たな見所を発見しました。

| 長男 | 2011/05/26 | URL

◆長男さんへ

> おお~、W&S MkⅥは、なんとなくアタリは付いていたんですが、オートマチックのほうは、わかんなかったんですよ。
> ワルサー製だったんですね。
> FNブローニングの古いやつかと推測して、調べてはみたんですが、てんで見当違いだったようですw

ハンマー内臓式だったので、ベレッタの古い銃(M1915あたり)かな?と思ってました。^_^;


> ツイッターでつぶやいてくれなかったら、正直わからなかったですよね。

おっしゃるとおり、田中氏のつぶやきが無ければ、分かりませんでした。


> と言うか、田中俊成氏はマニアックなお方のようですね…ヴィクトリカちゃんの他に、新たな見所を発見しました。

自分は原作未読なので、ワルサーモデル2が原作どおりなのか、田中氏のチョイスなのかは
分かりませんが、田中氏の選択であるとすると、相当なマニアですね。
何しろ資料自体が少ないし、自分が調べた範囲では動画は皆無です。
もしかしたら、モデル2を参考に作られたMGC製のモデルガン(ワルサーVP-Ⅱ)を持ってるのかも。

| 三四郎. | 2011/05/26 | URL













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/582-6c0c1776

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事