前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

[レビュー] バステティシャン (マンサンコミックス)

実業之日本社から絶賛発売中の「バステティシャン」(大島永遠先生・作)のレビューです。

バステティシャン (大島永遠/マンサンコミックス)



概要

バステティシャン (大島永遠/マンサンコミックス)
カバー(表・帯なし)
バステティシャン (大島永遠/マンサンコミックス)
カバー(裏・帯なし)
バステティシャン (大島永遠/マンサンコミックス)
本体(表紙)
バステティシャン (大島永遠/マンサンコミックス)
本体(裏表紙)
百合でもバカ!!
乳(バスト)専門エステサロンどつき合い奮闘記!!

ファン必携の豪華装丁&カラー満載!

フルカラーマンガ「ちちぶっ!」収録!!
(帯・表側から引用)

バスト専門のエステサロン「バストニア」で働く新人の凸凹コンビ、貧乳の心愛と巨乳の真海。
この二人のライバルがカリスマバステティシャンの更紗とともにバストに悩む女性の悩みを痛快なアイディアで解決していく百合テイストおバカギャグ!!
おっぱいいのふくらみにキミは宇宙を見る

(表紙カバー・裏側から引用)
バステティシャン (大島永遠/マンサンコミックス) 本作は「comicキャンドール」他で連載されていた作品ですが、決して成人向け漫画ではありません。上記キャッチコピーのとおり、おっぱい星人必見の百合バカ漫画であります。おっぱい好きの百合好きには、それはもう堪えられないエピソードが満載だ!

総扉ページには、透け透けバストのキャミソールを着た主人公・心愛ここあさんが登場(右図参照)。実はこれ、キャミの部分だけが半透明のトレーシングペーパーに印刷されているのだ。少しめくれば俺達の知らない夢の世界が広がってるんだぜ!?Aカップだけどな!!

キャラクター

バステティシャン (大島永遠/マンサンコミックス) 心愛 (ここあ)
本作の主人公。バスト専門のエステサロン「バストニア」に勤務している新人のバステティシャン(研修生)。たまたまTVで見かけたカリスマ・バステティシャンの更紗に憧れ、お近づきになるためバストニアに就職した。夢は 更紗におっぱいを揉んでもらうこと。おバカな行動に走りがちで、失敗も多いが、仕事に関しては一生懸命な娘だ。ちなみに、バストは残念なAカップで、真海からは「まな板 梅干し」と称されたこともある。
バステティシャン (大島永遠/マンサンコミックス) 真海 (まみ)
心愛と同期の新人バステティシャン(研修生)で、典型的なライバル・キャラ。更紗に想い焦がれているので、百合的な意味でもライバルである。研修期間中なので、心愛と一緒にいることが多く、彼女の暴走によく巻き込まれる。乳のサイズは、心愛とは対象的な爆乳Fカップ
バステティシャン (大島永遠/マンサンコミックス) 更紗 (さらさ)
心愛と真海の先輩で、「バストニア」の主任バステティシャン。マスコミでも大きくとり上げられ、指名客も多い。穏和な外見とは裏腹に、乳に対する情熱は凄まじく、特にヌーブラとか豊乳手術等の偽乳には手厳しいカップ数は不明であるが、どんなに少なく見積もってもGカップはありそう。
バステティシャン (大島永遠/マンサンコミックス) 朝陽 (あさひ)
更紗と同期のバステティシャンで、更紗からは「乳のエキスパート」と称されている。見た目どおりのガチ百合なキャラ(タチ属性)で、そのテクニックをお客に対しても駆使することがある。後輩バステティシャンの羽蘭(うらん)を子猫ちゃんにしているようだ。真海級の巨乳であるが、カップ数は不明
バステティシャン (大島永遠/マンサンコミックス) 羽蘭 (うらん)
朝陽の後輩で、ガチ百合(ネコ属性)なバステティシャン。心愛と真海からは先輩にあたる。かなり軽いノリのキャラであるが、朝陽が他の女性に近づくと途端に嫉妬深くなる。登場場面が極端に少なく、そのどれもが胸元を隠しているため、残念ながらおっぱいの大きさは分からない(泣)。

ストーリー&感想

「ちちぶっ!」

バステティシャン (大島永遠/マンサンコミックス) 「バステティシャン」の外伝というか、プロローグ的な作品。オールカラーの全4頁で、心愛たちの高校時代を描いたエピソードになっております。

扉ページで「乳部」なる出オチギャグをかましてますが、これって最近の大島先生作品ではよく見かけますな。「女子高生Girls-Love」1時限目でも、「ガールズ裸部」とかやってましたっけ。

ページ数は少ないけど、キャラの特徴が濃縮されていて、なかなかいい感じです。真海の爆乳Fカップ(トップレス)をカラーで拝めるのは、このエピソードだけ!!(*´Д`*)

「バステティシャン」

バステティシャン (大島永遠/マンサンコミックス) A-cup 『バステティシャンへの道』
第1話ならぬA-cup、本作の話数表記は数字ではなく、カップ数でござるの巻(笑)。お話は、心愛がバストニアに勤務して2ヵ月目のある日。新人研修で講師を務める更紗さんが、乳の揉み方のお手本を示すことになり、そのモデル(被験者)に心愛が立候補するが・・・という感じでスタートする。

第1話・・・じゃなかったA-cupからいきなり大島先生節が全開!どのページにも、これでもかと言うぐらい柔らかそうなオッパイが乱舞してるんだけど、全然エロさを感じません。逆に、心愛と真海のおバカな行動に大爆笑すること間違いなしですぜ!真面目な顔をしてオッパイを揉みまくる更紗さんも素敵♪素敵♪

バステティシャン (大島永遠/マンサンコミックス) B-cup 『偽乳ギニュー特戦隊只今参上!!』
グラビアアイドルの叶あんずが、飛び込みで来店。更紗を指名するが、あいにく本社の会議に出掛け不在だった。他の先輩スタッフも予約でいっぱいだったため、心愛と真海が対応することになったが・・・。

サブタイトルが示唆しているとおり、偽乳ネタ。心愛が偽乳を見破るくだりが、兎に角アホすぎて面白い。更紗さんの「あらあら」は口癖?あらあらうふふ。

バステティシャン (大島永遠/マンサンコミックス) C-cup 『艶乳アデニュー開発計画プロジェクト
「おっぱいの感度をよくしたい」という客が来店。 彼氏に乳房を揉まれても全く感じなかった為、彼氏の態度が冷たくなり、何とかしたいという。 心愛は「乳房は性感帯じゃない!」といきり立つが、更紗は「いかなるバストの悩みにも お答えるするのがバステティシャンの使命!」と静かに燃え上がり、乳肉開発プロジェクトを立ち上げる・・・。

乳房は性感帯ではない!感じるのは乳首!!
AV女優が乳を揉まれて喘いでいるのは全部演技。ちぃ、おぼえた!


バステティシャン (大島永遠/マンサンコミックス) D-cup 『乳タレの憂鬱』
最近、巷で大人気のグラビア・アイドル、小出凛。その完璧すぎるルックス&スタイルから、CGで合成されたアイドルでは?と噂されるほどだ。そんな凛が 友人らしき女性を伴い、バストアップバストニアに来店したところから物語は始まる。凛が希望したのは、なぜか豊乳のためのバストアップコース。当然のことながら、心愛は必要なしと判断し、別のコースを勧める。ところが、ここで意外な事実が発覚する。何と!「小出凛」は、実は小出圭(一緒に来店した女性)と安斎凛の合名。Gカップだけど顔がイマイチの小出がボディを担当、可愛いけどAカップの安斎が顔を担当していて、本当に合成されたグラビア・アイドルだったのだ!

この回の見所は、更紗さん顔負けのテクニックを駆使する圭。ねっとしりた手つきで、凛のオッパイや、女の子の一番ビンカンな部分もマッサージしちゃってます。ギャグメインの本作にあって、珍しく(;´Д`)ハァハァできるエピソード。

バステティシャン (大島永遠/マンサンコミックス) E-cup 『湯煙乳頭乳ゆけむりにゅうとうちち乱舞』
バストニアの社員旅行出張宣伝で、乳頭温泉にやって来た心愛たち。温泉に入れば、更紗の裸体を視姦できるため、心愛と真海のテンションは上がりまくるが・・・。一方、更紗は旅館のロビーで、肩こりで困っている女性客2名を見かける。どうやら、入浴直後に締め付けのきついファッションブラを着用していることが原因らしい。バステティシャン魂を刺激された更紗は、早速二人に声をかけ、出張施術を始めることに・・・。

更紗さんすげぇぇぇぇえええええ!!
浴衣の上から高速片手ブラ・ホックはずし×2人同時とか、まじパネエっす!

バステティシャン (大島永遠/マンサンコミックス) F-cup 『美乳革命』
世の中で微乳ブームが巻き起こり、閑古鳥が鳴き始めたバストニア。開店休業状態なのに、心愛と真海は危機感のかけらもない。しかし、更紗から閉店の可能性が仄めかされ、愕然となる。なぜなら、閉店→従業員解雇→更紗とお別れ、という負の連鎖が待ち受けているからだ。そしてそんな中、意外な客がバストニアを訪れる。その客の要望は、豊乳の逆。巨乳を真っ平らにして欲しいというのだ・・・。

何!?この感動的なガチ百合エピソード!それも、おっぱいの話なのに!!

まとめ

大島先生の作品には恋愛系、百合系、エロ系など様々なジャンルがありますが、この「バステティシャン」は「女子高生Girls-High」「女子高生Girls-Love」のノリに近いですね。エロよりもバカ話(←褒め言葉)に重きをおいた作品とでもいいましょうか。そして、単なるコメディ漫画に留まらず、女体(特にオッパイ)に関するウンチクも満載で、男性読者にとっては正に目からウロコ。このあたりは、女性漫画家ならではのアドバンテージですね。

細かいところでは、男性キャラはモブキャラだけで、女同士の絡みがメインである点もポイントが高いです。女同士のキャッキャウフフな展開にニンマリし、ガチ百合系のちょっとエッチな描写に(;´Д`)ハァハァ。更にページをめくるたびに出て来る爆乳・美乳にむふー( ̄・・ ̄) 百合が大好きなオッパイ星人の皆さんには、是非とも読んでいただきたい傑作です。

本書のあとがき(P.164)を読むと、大島先生は続編をやる気満々ですな(下記参照)。
連載は一応終了の形をとりましたが、
「俺達の戦いはこれからだ!」的な最終回にしたので
作者的にはいつでも続編OKな感じです(笑)
おっぱい百合バカ漫画という新ジャンルを これで終わりにするのは実に惜しい!
ということで、是非続編をお願いします!! > comicキャンドールの偉い人

【関連記事】
■ [マンガ感想] 女子高生Girls-Love (COMICすもも VOL.1)
■ [マンガ感想] 女子高生Girls-Love 2時限目 『Girls-Vibration』 (COMICすもも VOL.2)
■ [マンガ感想] 女子高生Girls-Love 3時限目 『Girls-NAIBU』 (COMICすもも VOL.3)
■ COMICすももVol.4で「女子高生Girls-Love」が休載
■ [マンガ感想] 女子高生Girls-Love 4時限目 『Girls-The North Wind and the Sun』 (COMICすもも VOL.5)

■ [マンガ感想] コミックハイ!2007年4月号 女子高生Girls-High 72限目
■ [マンガ感想] コミックハイ!2007年5月号 「女子高生Girls-High」
■ [レビュー] 少年シリウス2007年7月号 「女子高生番外編」
■ [レビュー] 「コミックハイ!2007年7月号」ほか
■ [レビュー] コミックハイ!2007年9月号

■ [壁紙制作] 女子高生GIRL'S-HIGH (自作壁紙1枚目~9枚目)
■ 女子高生GIRL'S-HIGH 自作壁紙 10枚目
■ 女子高生Girls-High 鈴木由真の一人称に関する考察
■ 女子高生GIRL'S-HIGH(アニメ版) 鈴木由真の一人称に関する考察


【関連サイト】
■ TOWA OSHIMA official website TOWA OSHIMA official website (大島永遠先生 公式サイト)
■ バステティシャン (Wikipedia)
■ 大島永遠 (Wikipedia)



バステティシャン (マンサンコミックス)
バステティシャン (マンサンコミックス)
    まんがかぞく 一家4人全員漫画家(1) (アクションコミックス)
まんがかぞく 一家4人全員漫画家(1) (アクションコミックス)
    とわ缶―大島永遠作品集 (マンサンコミックス)
とわ缶―大島永遠作品集 (マンサンコミックス)
    大島永遠作品集・とわRemix (IDコミックス DNAメディアコミックス)
大島永遠作品集・とわRemix (IDコミックス DNAメディアコミックス)
スポンサーサイト

| バステティシャン | この記事のURL | comments:2 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT

実にけしからん作品ですな(*´Д`*)
実業之日本社のマンサンコミックスですね…( ..)φ

大島永遠先生の作品って、いつもすごいテンションですよね。
現在、ファミ痛に隔週連載中の作品も、むしろ心配になってくるレベルです。

| 長男 | 2011/04/30 | URL

◆長男さんへ

> 実にけしからん作品ですな(*´Д`*)
> 実業之日本社のマンサンコミックスですね…( ..)φ

マンサンコミックス自体がマイナーなので、お買い求めは大型書店の漫画コーナー、
漫画専門書店、またはネット書店が確実ですよ~

> 大島永遠先生の作品って、いつもすごいテンションですよね。

あとがきを読むとバスト専門エステって実在するみたいです。
大島先生は妄想を広げるため、敢えて取材には行ってないそうですがw

> 現在、ファミ痛に隔週連載中の作品も、むしろ心配になってくるレベルです。

しとらすは人気もあるし、内容的にもアニメ化できそうですよね。

| 三四郎. | 2011/05/01 | URL













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/568-78577d86

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事