前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

[マンガ感想] みなみけ 第172話 「おいしかったよ」

週刊ヤングマガジン2011年No.20に掲載されている「みなみけ」第172話『おいしかったよ』の感想です。

週刊ヤングマガジン2011年No.20 [マンガ感想] みなみけ 第172話 「おいしかったよ」

以下、マンガの内容に触れていますので、未読の方はご注意ください。



第172話 『おいしかったよ』 ストーリー&感想

幸も存在感も薄い男が久しぶりにやってきた。
(扉ページ[P.325]の柱文)

頼りなくても大切なスポンサーおじさん。うまいものにありつくためなら、ウソ涙だって流すぞ。
(2ページ目[P.326]の柱文)
扉絵はチアキ&ふじおか。第161話 「わかったぞ」の時は2号だったけど、今回は久々の1号だ。どれくらい久しぶりかというと、約4年3ヵ月前の第72話「お前か?」以来でござる。ちなみに、“ふじおか”を抱えたチアキの絵は、扉絵オチというか伏線にもなっている。

▊ 回るアレ

[マンガ感想] みなみけ 第172話 「おいしかったよ」 とある日の南家マンション。この日は休日なのか、タケルおじさんの姿がある。ハルカ姉さまはマキ、アツコと買い物に出掛けて不在らしい(右図参照)。そんな中、「きっと 気の利いたパスタ的なものを食べてるんだろうよ!」と言い放ち、何かを訴えかけるような眼差しをタケルに向けるカナ。ハルカ姉さまは妹たちのために昼食を用意している筈だが、カナ的には外で「ささやかな贅沢がしたい」ようす。訴求力を高めるため、目にはウソ涙まで浮かべていやがります。まったく とんでもない策士だよ!

一方、タケルの脳裏には1年半前の悪夢がよぎったのだろう。再びカモにされてはかなわないということで、くるっと180度回転し、カナに背を向けちゃいます。しかし、結果的には その拒絶行為が墓穴を掘ることとなる。その動作を見ていたチアキが「回るものを見るとアレが食べたくなるな」とつぶやいたからだ。そんなわけで、タケルはカナとチアキを連れ、回転寿司屋へ行く羽目に陥る。しかも、絶妙のタイミングで吉野・内田・トウマもやって来たため、結果的には中学生女子様1名、小学生女子様4名の引率役スポンサーに・・・。

傍目には 5人のうら若き乙女たちと一緒に食事が出来、うらやましい限りだが、タケル本人にとっては金銭的な大ピンチだ。「みんな 1人千円までだよ!それは絶対に守ろうね!」と、いつになく真剣な表情で要請せざるを得なかった・・・。

☞   タケルおじさんは第167話 「もらって」に登場したばかり。単行本・第2巻~第8巻の範囲では、タケルおじさんが出て来る話は各巻1回だけなので、単行本・9巻では ついにタケル登場の法則が破られた!

タケルは第3巻(第57話『ケンカでも』)、第4巻(第73話『うわっ』)、第5巻(第89話『これは』)、第6巻(第104話『別のもの』)、第7巻(第138話『「ますか?』)、第8巻(第156話『いたから』)に登場している。

☞   ハルカ姉さまがマキ、アツコとショッピングに行くというシチュエーションは、原作では初めてじゃないか?ハルカが妹たちを留守番させ、買い物に出掛ける展開は第101話『たまには』にもある。しかし、その回ではアツコたちと一緒なのか、ハルカ単独なのかは明示されていなかった。原作・第101話をアニメ化した「みなみけ おかえり」最終回では、マキ&アツコと一緒に出掛けていたが、あれはアニメオリジナルであります。まあ何にせよ、女子高生3人組のキャッキャウフフなショッピング描写を、いつの日か見てみたいものだ。

☞  「○○的なもの」というフレーズは、コハル先生作品でよく見かけますな。直近では「そんな未来はウソである」Vol.20『やっぱり』のアカネのセリフ(ビニール的なもの、ビニールシート的なもの)、その前は「みなみけ」第150話『旬のもの』のチアキのセリフ(チョコ的なもの、チップス的なもの)があった。ここ最近、「みなみけ」と「そんみら」には相互作用的な描写が増えていて、その代表格がこのフレーズでしょうか。

▊ チアキちゃん 計算が怪しいね?

[マンガ感想] みなみけ 第172話 「おいしかったよ」 カナたち一行が入った店のメニューには、100円~500円の5段階のランクがあった。皿の色と値段は次のとおりで、1皿につき2貫乗っている。

   ・ まっ白 ¥100
   ・ オシャレな縁取り ¥200
   ・ そこそこの高級感 ¥300
   ・ なかなかの重厚感 ¥400
   ・ 豪華な模様 ¥500

で、合計1,000円以内であればOKというお達しなので、各自銘々に、お好みの皿を選び始める。吉野ちゃんは いきなり500円の大トロ2皿を注文(左図参照)。実に お嬢様キャラらしい、ブルジョワな選択である。隣に座った内田は、玉子・茶わんむし・イクラなどをゲット。とにかく卵系が好物のようだ。トウマ名前の分からない白いヤツを食している。その寿司ネタの食感は、モチモチでサクサクでフワトロらしい。そして、そんな3人に対して、いちいち軽いツッコミを入れるタケルおじさんが面白い。タケルというと“ぼやき”キャラのイメージが強いが、第138話 「ますか?」のあたりから、妙な間合いのツッコミを覚えたみたいだ(笑)。

一方その頃、カナは策士としての本領を発揮していた。手元にあるイカ1貫(推定1皿・100円)をチアキの甘エビ1貫(同・200円)と交換。更にそれを皮切りに、トウマのホタテ1貫(同・300円)→内田のイクラ1貫(同400円)といった具合に交換を重ね、その度にワンランクずつアップ。ついには吉野の大トロ1貫(同・500円)を手に入れることに成功する。編集さんが柱文(P.332)に書いているとおり、まさにわらしべ長者作戦である。

知略を駆使する“バカ野郎”なカナと対象的なのが、自称 “天下無敵のおりこうさん”のチアキ。こちらの女子小学生様は100円、200円、300円の皿を各1枚取ったのに、合計300円だと主張。見かねたタケルに やんわりと諭されるが、そんな言葉には耳もかさずの悪行三昧。確信犯的な所行を続け、「100円の皿2枚に 200円の皿1枚 300円の皿2枚・・・・これだけ食べて まだ500円か!」などと、のたまう始末である。

そんなこんなで、みなさん食べ終え、タケルは会計へ。千円×6人だから6千円の筈であるが、お会計総額は何故か7千円。千円のオーバーである。そして犯人はすぐに発覚した。チアキだ。最後に2連続で、500円の皿を平らげていたのである。それを知ったカナは久しぶりに姉らしい態度を示し、「なんでルール守らないの?」とチアキを問い詰めるが、チアキにとってはどこ吹く風。謝るどころか、憮然とした表情に・・・。そして答えに窮すると、今度は完全に開き直り、「それは ふじおかの分だ!」と主張し始める。意地でも非を認めないつもりらしい。

南さんちのの三女さんは、どこかの長女みたいに、まったく とんでもない雌豚食いしん坊だよ!(苦笑)

☞ トウマが食べた白いヤツは一体なんだろう?タケルが指摘しているとおり、寿司には白っぽい色をしたネタが多い。具体的にあげると、エンガワ、鯛、ハマチ、かわはぎ、コチ、ヒメ、すずき、白子、生たこ、イカ、つぶ貝など。この中には冬場が旬のネタもあるが、最近の冷凍技術なら、鮮度や持ち味を壊すことなく寿司ネタとして使える筈。つまり季節による判定は難しい。トウマの食感(モチモチでサクサクでフワトロ)だけが唯一の手掛かりとなる。また、名前が分からないということなので、外観から見分けがつかないネタである可能性が高そうだ。そうなると、イカとかタコとか白子は見た目で判別できるので、白魚的なヤツかもしれない。適度な歯応えと脂が乗ったトロリとした食感のあるエンガワか?

☞ このエピソードがアニメ化もしくはドラマCD化された時、チアキの腹話術――「オイシカッタヨ」――は、どんな声になるのか、まったく想像できない。チアキ役の茅原実里さんや音響監督も、かなり悩むのではなかろうか。

桜場先生からのメッセージ

がんばろう!日本。 桜場先生からのメッセージをヤンマガHPで公開中!!
(2ページ目[P.326]の欄外)

がんばろう!日本。 ヤングマガジンホームページで、漫画家の先生方の応援イラストを公開しています。ぜひご覧ください。

HP→http://kc.kodansha.co.jp/magazine/index.php/02888
(目次ページ[P.434]の柱文)
桜場先生からのメッセージ(応援イラスト)は次のページに掲載されています。絵柄は1種類ですが、PDF形式のデータが一番高解像度です。

次回掲載号

次回登場は5/9発売号。黄金週間ゴールデンウイーク明けまで待ってね。
(最終ページ[P.332]の柱文より)
ということで、次回の「みなみけ」はヤンマガ5月9日発売号(No.23)に掲載されます。4月25日発売号が合併号となるため、「みなみけ」は3週間空きです。なお、5月9日は「そんな未来はウソである」連載中の別マガ6月号の発売日なので、お忘れなく!

【関連記事】
■ [マンガ感想] みなみけ 第171話 「ここだけの話」
■ [マンガ感想] みなみけ 第173話 「蹴りグセ」

■ [レビュー] みなみけ 第8巻 (初回限定版・通常版) (単行本のレビュー
■ [レビュー] みなみけ 第8巻(初回限定版) ドラマCD
■ [レビュー] そんな未来はウソである 第1巻 (KCデラックス)

■ みなみけ 自作壁紙 1枚目 (南春香)
■ みなみけ 自作壁紙 2枚目 (南家3姉妹)
■ みなみけ(原作) キャラクターの南家マンション訪問回数ランキング
■ みなみけ(原作) 速水先輩が開眼した場面まとめ
■ [レビュー] みなみけ(第1期) ドラマCD

■ 「みなみけ」「今日の5の2」「そんな未来はウソである」関連記事まとめ (関連記事の全目録

【関連サイト】
■ ドラマCD付き「みなみけ」限定版公式サイト (講談社 特設サイト)
■ みなみけ (StarChild アニメ公式)
■ みなみけ (Wikipedia)



CD付き みなみけ8巻 限定版 (ヤングマガジンコミックス)

桜場 コハル

CD付き みなみけ8巻 限定版 (ヤングマガジンコミックス)

Amazon.co.jpで見る

   

みなみけ(8) (ヤングマガジンコミックス)

桜場 コハル

みなみけ(8) (ヤングマガジンコミックス)

Amazon.co.jpで見る

   

そんな未来はウソである(1) (KCデラックス)

桜場 コハル

そんな未来はウソである(1) (KCデラックス)

Amazon.co.jpで見る

   

みなみけ(7)フィギュア付き初回限定版 (プレミアムKC)

桜場 コハル

みなみけ(7)フィギュア付き初回限定版 (プレミアムKC)

Amazon.co.jpで見る

スポンサーサイト

| みなみけ | この記事のURL | comments:2 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT

読んだら、寿司がどうしても食いたくなってしまいますね、もう、スーパーのパックのやつで妥協してもいいくらいの勢いでw

>「回るものを見るとアレが食べたくなるな」
こういう台詞回しが好きです。

>女子高生3人組のキャッキャウフフなショッピング描写を、いつの日か見てみたいものだ。

速水先輩が、居るかどうかで、大幅に展開が変わりそうですな。

カナのわらしべ長者は、とうとう登りつめたね!で思わず噴いてしまいました。
吉野は食べるの遅いのか、普通は回転してないネタなので、注文しないと出てこないのかw

チアキが今回メスb…食いしん坊なのは、クールな優等生、しかし根はお子様という、子供らしさ属性の発揮ですね。
お子様は、回転寿司のギミック的なモノでテンション上がりますし。某長女さんのほうでも、このネタありましたよね。

> トウマが食べた白いヤツは一体なんだろう?

エンガワか鯛か…回転してるところは、そんなにマイナーなのは…とも思ったんですが、最近は回転してるほうがメニュー豊富なんですね、侮りがたしw

>このエピソードがアニメ化もしくはドラマCD化された時、チアキの腹話術――「オイシカッタヨ」――は、どんな声になるのか、まったく想像できない。

一つの解答として、いかのも即興で取って付けたような裏声で、という感じでやると、いかにも悪あがきしてるな、という感じが出てよいのではないでしょうかw
というか、もしあるなら、あおしま氏か鴻野氏がやってくれますよね、大丈夫ですよね。
カナは迷惑なキャラ、というような間違った解釈をしてる方々の場合、尺伸ばしで、内田あたりからネタ強奪とかやって、わらしべ長者展開と矛盾作ったりしないだろうな、とか余計な心配がw
あの、タコヤキが暗喩になっているのに気付かなかったのは、単なる迷惑行為をしているとしか、捉えられなかったからでしょうし。

| 長男 | 2011/04/19 | URL

◆長男さんへ

> 読んだら、寿司がどうしても食いたくなってしまいますね、もう、スーパーのパックのやつで妥協してもいいくらいの勢いでw

ここ最近、週に1回はスーパーのパック寿司を食べてます。
スーパーと回転寿司を比べると、やっぱり回転寿司の方が美味いですねw


> >「回るものを見るとアレが食べたくなるな」
> こういう台詞回しが好きです。

それに対するカナの相づちも、いい感じです。
カナは答えを知ってて、わざと知らないふりをしてますよね。
タケルを追い込むためにw


> >女子高生3人組のキャッキャウフフなショッピング描写を、いつの日か見てみたいものだ。
>
> 速水先輩が、居るかどうかで、大幅に展開が変わりそうですな。

アツコの胸が更に大きく育ち、みんなで新しいブラを買いに行くという話が見たいです。
速水先輩が登場すると、ブラの選択がスゴイことになりそう。


> カナのわらしべ長者は、とうとう登りつめたね!で思わず噴いてしまいました。

ナイスツッコミ!タケルおじさん!!


> 吉野は食べるの遅いのか、普通は回転してないネタなので、注文しないと出てこないのかw

いかにも吉野ちゃんらしい選択だと思いました。
安い皿を何枚も取る姿は、全く想像できません。

そういえば吉野ちゃんは1貫食べる度に、お茶を飲んでますね。
彼女のお嬢様っぷりを描くと同時に、時間経過も表し、コマ割りにリズム感があって、
なかなか上手い構成だと思います。


> チアキが今回メスb…食いしん坊なのは、クールな優等生、しかし根はお子様という、子供らしさ属性の発揮ですね。

食べ物が絡むと、途端に子供っぽさが出ますね。
緑黄色野菜の件とか、松茸の件とかもありましたしw


> お子様は、回転寿司のギミック的なモノでテンション上がりますし。某長女さんのほうでも、このネタありましたよね。

あちらの三姉妹が行った店は、ほぼ50円刻みでランクアップしてましたっけ。

金 330円
銀 280円
黄 220円
赤 150円
白 100円


> > トウマが食べた白いヤツは一体なんだろう?
>
> エンガワか鯛か…回転してるところは、そんなにマイナーなのは…とも思ったんですが、最近は回転してるほうがメニュー豊富なんですね、侮りがたしw

お店によっては、生のエンガワと炙ったエンガワの2種類ありますよね。


> >このエピソードがアニメ化もしくはドラマCD化された時、チアキの腹話術――「オイシカッタヨ」――は、どんな声になるのか、まったく想像できない。
>
> 一つの解答として、いかのも即興で取って付けたような裏声で、という感じでやると、いかにも悪あがきしてるな、という感じが出てよいのではないでしょうかw
> というか、もしあるなら、あおしま氏か鴻野氏がやってくれますよね、大丈夫ですよね。
> カナは迷惑なキャラ、というような間違った解釈をしてる方々の場合、尺伸ばしで、内田あたりからネタ強奪とかやって、わらしべ長者展開と矛盾作ったりしないだろうな、とか余計な心配がw
> あの、タコヤキが暗喩になっているのに気付かなかったのは、単なる迷惑行為をしているとしか、捉えられなかったからでしょうし。

今回の話は、後半のテンポが早いので、そこに余計なネタを入れると大失敗しそうです。
アニメで尺を伸ばすのなら前半部分。ハルカ姉さまたちの買い物シーンを、要所要所に
入れるといい感じに仕上がりそう。ていうか、是非入れてくださいw

| 三四郎. | 2011/04/20 | URL













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/563-f932ec21

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事