前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

[マンガ感想] そんな未来はウソである 第20話

別冊少年マガジン2011年5月号(通巻20号)に掲載されている「そんな未来はウソである」 Vol.20 『やっぱり』の感想です。

別冊少年マガジン2011年5月号(通巻20号) そんな未来はウソである Vol.20 『やっぱり』

以下、マンガの内容に触れていますので、未読の方はご注意ください。



「そんな未来はウソである」 Vol.20 『やっぱり』

やっと作品解説ページが付いた

できることなら いつも楽しい未来を見ていたい・・・・・・。
(扉ページ[P.627]/アオリ文)

2ページ前(624ページ)に相関図&あらすじが載ってます。チェックしてね!
(2ページ目[P.628]/柱文)

ひとり孤独な時間を取り戻すため、ミツキと高山をくっつけるべく奮闘する佐藤アカネ。しかしウマクいかず、どんどんクラスメイトの輪の中に巻き込まれていく。孤独から遠ざかることに焦りを感じたアカネは、くっつき作戦の一環としてミツキの水着姿を高山に見せて、モチベーションを上げさせようと試みるのだが・・・・!!
(解説ページ[P.624]/前回までのあらすじ)
「そんな未来はウソである」は、別マガ創刊号から連載されている作品なんだけど、ちゃんとした作品解説ページが付くのは今回が初めて。更に、マンガ本編の後には緊急告知特別編も掲載!表紙を見れば、ミツキちゃん&アカネのキービジュアルが印刷されている。単行本・第1巻が売れているので、編集さんが やっと本気モードになったのかもね。その証拠に、扉ページのキャッチフレーズまで かなり強気な内容に変わっている(下表参照)。

話数
(Vol.)
サブタイトル キャッチフレーズ 備考
1 ひょっとして 新感覚学園ショートコメディ新連載!! キャッチフレーズが1行
2 わかったの? 新感覚 学園コメディ!!
桜場コハル最新作10P!!
「新感覚」と「学園」の間にスペースが入っている
3 すみませんでした 学園コメディ+少しだけファンタジー!!
桜場コハル最新作10P!!
「少しだけファンタジー」の文字サイズが小さい
4 つきあって! 『みなみけ』桜場コハルの最新作!!
新感覚学園ショートコメディ10P!!
 
5 全部ウソでーす 『みなみけ』桜場コハルの最新作!!
新感覚学園ショートコメディ10P!!
 
6 明日はもっと 『みなみけ』桜場コハルの別世界アナザーワールド!!
新感覚学園ショートコメディ10P!!
 
7 不幸なこと 『みなみけ』の桜場コハルPRESENTS!
新感覚学園ショートコメディ10P!!
これ以降、1行目文末の「!」マークが1つになる
8 トリコに 『みなみけ』桜場コハルの意欲作!
新感覚学園ショートコメディ10P!!
 
9 第1話 『みなみけ』桜場コハルの注目作!
新感覚学園ショートコメディ10P!!
 
10 大人だったら 新感覚学園ショートコメディ!
今回は放課後スペシャルな4P!!
 
11 奇跡的現状維持 『みなみけ』桜場コハルの話題作!
新感覚学園ショートコメディ10P!!
 
12 ものは試し 『みなみけ』桜場コハルの注目作!
新感覚学園ショートコメディ10P!!
 
13 してみよう 桜場コハルのちょいファンタジー作!
新感覚学園ショートコメディ10P!!
 
14 それってつまり 『みなみけ』桜場コハルの別世界アナザーワールド
新感覚学園ショートコメディ10P!!
 
15 そのテンション 『みなみけ』桜場コハルのヤル気作!
新感覚学園ショートコメディ10P!!
 
16 ハッキリさせる 『みなみけ』桜場コハルの話題作!
新感覚学園ショートコメディ10P!!
 
17 やりたいこと 『みなみけ』桜場コハルの奇抜作!
新感覚学園ショートコメディ10P!!
 
18 100% 『みなみけ』桜場コハルの意欲作!
新感覚学園ショートコメディ10P!!
 
19 いいと思う 『みなみけ』桜場コハルの入魂作!
新感覚学園ショートコメディ10P!!
 
20 やっぱり 『みなみけ』をもシノぐ話題作!
新感覚学園ショートコメディ10P!!
 
「そんな未来はウソである」キャッチフレーズの変遷(VOL.1~VOL.20)

ストーリー&感想


▊ 気分はもう海の家

そんな未来はウソである Vol.20 『やっぱり』 とある日の放課後。舞台はVol.18 『100%』と同じ喫茶店。アカネがバイトをしているお店だ。この間と同じ窓際の席に陣取った江口、マドカ、ミツキの3人は、海へ行く話題で盛り上がっている(左図参照)。

するとそこにアカネが登場。バイト中なので、ロングヘアーをポニーテルにまとめ、エプソン姿でのお出ましだ。アカネは つっけんどんな物言いで3人にオーダーを訊くが、それに対して江口はビーチボールを出したり、マドカがビニールシートを広げようとしたり、アカネを煽るような行為をしやがります。「気分はもう海の家」のご様子。あれ?それはそうと秋吉さんはお休みッスか?

☞ アカネが江口が「○○的なもの」というフレーズを使っているが、「みなみけ」第150話『旬のもの』でチアキが言っていた「チョコ的なもの、チップス的なもの」を彷彿させる。「みなみけ」には第73話『うわっ』の“板系”とか、第138話『ますか?の“炭系”等の「○○系」的な言い回しも見られ、会話の中に独特のリズム感、「いとをかし」な風情を醸し出していると思う。

☞ マドカって、KY(死語)でお馬鹿っぽいイメージがあるけど、実はかなり気が利く娘ですな。今回もVol.18 『100%』に引き続き、ミツキのためにオレンジジュースをオーダーしてあげてる。お姉ちゃんの教育の賜物かもしれない。

☞ マドカが江口のことを「注文の多いお客様」と呼んでいるのは、江口がVol.18 『100%』の中で、ナポリタン、カルボナーラ、エビグラタン、ボンゴレスパゲティ、ドリンク類(100%オレンジジュースではなさそう)をオーダーしたことに由来。今回はカレー、ラーメン、かき氷、焼きはまぐりといった、海の家的な品を注文している。

▊ 海に行って楽しい未来

翌日の高校。自分の席に座り、ほおづえをつくアカネ。昨日の出来事――浮かれまくる江口たちのこと――を思い出し、海へ行く効果を改めて実感しているようだ。高山とミツキの仲を深める またとないチャンス到来ということで、楽しいイベントにする決意を 固める。アカネ本人は、海で遊ぶことに全く興味が無いようすだけど。

一方、アカネの席の隣では、マドカがミツキにダイエットの話題を振っていた。先日購入した水着を活かすため、美しいボディーラインをゲットする算段らしい。マドカはミツキのことを男をトリコにする達人と勘違いしていて(Vol.8『トリコに』参照)、その手の話題に疎いミツキは言葉につまる。「マドカちゃんはそのままで素敵だと思う」と言うのが精一杯だった。

そんなマドカとミツキのやりとりを横目で見ていたアカネ。喫茶店でマドカがブラックのアイスコーヒーを注文した件が脳裏に浮かび、あれはダイエットの一環であったことを知り、一人ほくそ笑む。そしてふと、ミツキの顔を見ると、同じようにニヤニヤしているではないか。理由を尋ねたところ、ミツキは「なんでもない」と言葉を濁す。しかし、ウソ検知能力を持つアカネを欺くことは不可能だ。アカネはミツキを問い質し、「海に行って楽しい未来」があることを知る。ミツキが正直に答えなかったのは、口外することで未来が変わることを避けたかったらしい・・・。

▊ 画期的システム

そんな未来はウソである Vol.20 『やっぱり』 別の時間帯の教室。江口に向かい、ポッキーもどきのお菓子を振る高山の姿があった(右図参照)。すると江口は、まるで街灯に吸い寄せられる蛾のように近づきパクリ。それを見た高山は「それをタダでやるとは言ってない」と、非情の言葉を吐きやがります。まさかの展開に、江口は「私お金 無いです」と涙目に・・・。

高山にとっては、まさにしてやったり、作戦大成功!早速、「聞きたいことがある」と切り出し、「お前から見て佐藤と大橋は仲良くしてるか?」と江口に質問を投げかける。かなり唐突な問いかけで、質問の意図も不明ではあるが、お菓子を食べてしまった手前、「(ミツキにとって)アカネちゃんは特別みたい」と答える江口。高山は予想したとおりの答えが返ってきて、妙に納得した表情を浮かべているが、わざわざ他人に聞くほどのことだろうか?(笑)

一方、簡単な質問に答えただけで、好物のお菓子をゲットできた江口さん。急に思案顔になったかと思うと、「アカネちゃんととミツキちゃんが仲良くしてると 私がお菓子をもらえるという画期的システム!」と、都合のいい解釈を披露。高山のお菓子を箱ごと強奪するのであった。やるな江口!!

☞ ポッキーもどきのお菓子は江口のデフォルトの好物。ほぼ毎回登場しているので、高山が釣り餌として使ったのもうなずける。ちなみに商品名の頭3文字は「Roc」なので「Pocky」ならぬ「Rocky」と思われる。今回はスティックがベタ塗りされているのでチョコレート味Vol.11 『奇跡的現状維持』ではベタ塗りされていなかったので苺味か?

▊ 絵日記かよ!

校舎屋上のベンチに一人で座り、手に持った紙をまじまじと眺めているアカネ。そこに書かれていたのは、ミツキが見たという楽しい未来だった。アカネが未来の出来事を尋ねたところ、ミツキは「口ではうまくく説明できない」と言い、絵日記みたいなものを書いてよこしたらしい。しかし、小学生が描いたような絵と、「みんなで泳いだ 楽しかった。みんなでごはん食べた 楽しかった。みんな笑った 楽しかった」という抽象的な文章があるだけで、さっぱり要領を得ない。「楽しい未来」を「それを上回る楽しい未来」にしようと画策していたアカネは、完全に肩すかしを食らった格好だ。

アカネが屋上で溜息をついていた頃、ミツキは教室に一人で残っていた。「自力で未来を作る」というアカネの言葉に感銘を受けたらしく、頬を赤らめながら『やっぱりアカネちゃんはすごい』とモノローグるのであった・・・。

最終コマはサービス!サービス!

☞ 最終コマのアカネは、「今回は水着回だろう」と期待していた読者への心づくしですな。でも、前回あれほどネタにしていたヒモ的な水着でなかったのは、ちょっと残念。アカネの足下にぬいぐるみが3体置いてあるが、右下のパンダはVol.13『してみよう』にも登場していた。

☞ マンガの内容とは直接関係ないけど、今回は紙の色が途中から変わってますね。P.627~P.630は薄い黄色、P.631以降は薄い緑色の紙に印刷されております。「そんみら」では過去一度も無かったことだけど、台割の都合でそうなったのか、紙不足の影響なのか、それとも自分が買った別マガが たまたまそうだったのか。皆さんが買った別マガはどうでしたか?

別マガ5月号 特大アンケートプレゼント

別冊少年マガジン2011年5月号 特大アンケートプレゼント 「そんみら」関係のプレゼントは、今月号も別マガ特製のクオカでござるの巻。絵柄はアカネとミツキちゃんのツーショットが描かれたキービジュアルイラスト。

セット内容は「そんみら」 「マルドゥック・スクランブル」「進撃の巨人」の3枚で、抽選で20名様に当たる。応募締切は5月8日(日)の午後9時。詳細は今月号のP.692で ご確認くだされ。

次号発売日

次号「別冊少年マガジン6月号」は5月9日(月)発売。

小林尽先生の新連載「一路平安!」がスタートするらしいッス!

【関連記事】
■ [マンガ感想] そんな未来はウソである 第19話
■ [マンガ感想] そんな未来はウソである 第21話
■ [レビュー] そんな未来はウソである 第1巻 (KCデラックス)
■ そんな未来はウソである キャラクター呼称表

■ [レビュー] みなみけ 第8巻 (初回限定版・通常版) (単行本のレビュー
■ [レビュー] みなみけ 第8巻(初回限定版) ドラマCD
■ みなみけ 自作壁紙 2枚目 (南家3姉妹)

■ 「みなみけ」「今日の5の2」「そんな未来はウソである」関連記事まとめ (関連記事の全目録

【関連サイト】
■ そんな未来はウソである (講談社コミックプラス)
■ そんな未来はウソである (Wikipedia)
■ 桜場コハル (Wikipedia)



別冊少年マガジン 2011年 05月号 [雑誌]
別冊少年マガジン 2011年 05月号 [雑誌]
    そんな未来はウソである(1) (KCデラックス)
そんな未来はウソである(1) (KCデラックス)
    別冊少年マガジン 2009年 12月号 [雑誌]
別冊少年マガジン 2009年 12月号 [雑誌]
    CD付き みなみけ8巻 限定版 (ヤングマガジンコミックス)
CD付き みなみけ8巻 限定版 (ヤングマガジンコミックス)
スポンサーサイト

| そんな未来はウソである | この記事のURL | comments:2 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT

順調に青春してますね~但し、何かが所々ズレていますがw

>あれ?それはそうと秋吉さんはお休みッスか?

出番無くて残念でした。
というか、海の家でも働いてましたみたいな、サプライズ希望します。

>会話の中に独特のリズム感、「いとをかし」な風情を醸し出していると思う。

ですよね、テキストだけ見ても、コハルテイストを感じます。

>マンガの内容とは直接関係ないけど、今回は紙の色が途中から変わってますね。P.627~P.630は薄い黄色、P.631以降は薄い緑色の紙に印刷されております。「そんみら」では過去一度も無かったことだけど、台割の都合でそうなったのか、紙不足の影響なのか、それとも自分が買った別マガが たまたまそうだったのか。皆さんが買った別マガはどうでしたか?

私のも同様になってます。

| 長男 | 2011/04/11 | URL

◆長男さんへ

> 順調に青春してますね~但し、何かが所々ズレていますがw

その「ズレ」を狙ってやってるのか、計算しているのか、まったく分からない点が
コハル先生作品の面白いところです。


> >あれ?それはそうと秋吉さんはお休みッスか?
>
> 出番無くて残念でした。
> というか、海の家でも働いてましたみたいな、サプライズ希望します。

しかも、ヒモ的な水着を着て登場するわけですね。(*゚∀゚)=3


> >会話の中に独特のリズム感、「いとをかし」な風情を醸し出していると思う。
>
> ですよね、テキストだけ見ても、コハルテイストを感じます。

「○○的な」の部分を「○○みたいな」にしてもニュアンスは通じますが、「○○的な」の方が
会話の妙が引き立ちますね。


> >マンガの内容とは直接関係ないけど、今回は紙の色が途中から変わってますね。P.627~P.630は薄い黄色、P.631以降は薄い緑色の紙に印刷されております。「そんみら」では過去一度も無かったことだけど、台割の都合でそうなったのか、紙不足の影響なのか、それとも自分が買った別マガが たまたまそうだったのか。皆さんが買った別マガはどうでしたか?
>
> 私のも同様になってます。

先月号、先々月号を調べてみたら、途中で紙の色が変わっている作品がありました。

 先月号:「浪漫三重奏」 オレンジ色/薄い黄色
 先々月号:「ネギほ(幼)文」 薄い緑色/薄い黄色

ということで、紙不足では無さそうです。^_^;
「そんみら」のVol.1~Vol.19が全ページ同じ紙色だったのは、実は奇跡の出来事だったのかも。

| 三四郎. | 2011/04/11 | URL













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/559-ede357cc

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事