前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

[マンガ感想] みなみけ 第171話 「ここだけの話」

週刊ヤングマガジン2011年No.18に掲載されている「みなみけ」第171話『ここだけの話』の感想です。

週刊ヤングマガジン2011年No.18 みなみけ 第171話 「ここだけの話」

以下、マンガの内容に触れていますので、未読の方はご注意ください。



第171話 『ここだけの話』 ストーリー&感想

はなの命は約10日とおか。悩んでいる暇はないぞ!
(扉ページ[P.329]の柱文)

必ずと言っていいほど、みんなに広がる「ここだけの話」。人間スピーカー内田、本日も〝絶口調〟!!
(2ページ目[P.330]の柱文)
第171話の扉絵はカナ。直近の扉絵(第164話「あげる」)では不機嫌そうな表情を浮かべていたが、今回は打って変わり、何やらしたり顔でニンマリ微笑んでいる。はたして、その理由とは・・・!?

▊ ここだけの話@女子小学生withカナ

みなみけ 第171話 「ここだけの話」 「みなみけ」の世界にも桜の咲く季節が到来。そんなある日の南家マンション。イベント好きのカナは、花見がしたくて仕方ないようす。しかし、誘っても乗って来そうな者はいないので、溜息混じりの表情を浮かべている。そんなカナとは対照的なのが、内田ユカさん。「ここだけの話だけどさ――」と満面の笑みを浮かべ、トウマの失敗談を暴露しやがります。何でも小学校の男子トイレに間違えて入ったらしい(右図参照)。

一方、噂の主であるトウマは顔は真っ赤にして怒り心頭。「ここだけの話にしてくれ」と念を押していたのに、内田のバカ野郎がまさかの口外。しかも本人がいる目の前で!トウマは内田を突き飛ばすが、当の内田はあっけらかん。まったく悪びれたようすがない。そんなバカ野郎どもの興宴を見たチアキは あきれ顔になり、「普通トイレ間違えないだろ・・・」とツッコミを入れる。 するとどうしたことだろう。さっきまで羞恥心で顔を赤らめていたトウマが、「間違えるだろ!?年2回のペースで!」と反論。気の強さは相変わらずで、かえって墓穴を掘る羽目に・・・。そして、それを横で見ていた内田は「男子トイレって滝みたいなのあるよね!」と全然関係の無い話題を持ち出している。例によって、誰も相手にしてないけど(笑)。

・・・と、ここまで女子小学生たちの会話を微笑ましく見守っていたカナ。やはり春はバカに拍車をかけるらしく、「私なんか小5の時は3回間違えたぞ!」と自慢話を始める。さすがのトウマも、これには失笑。たった1回の差しかないのだが、小学生女子様にとっては大きな違いのようだ。

☞ 久々にチアキのバカ野郎発言が炸裂!直近では第162話 「実験してみる」の中で、「そんなバカ野郎が現実にいるはずがない!」と言っていたが、あれは抽象的な人物に対する「バカ野郎」である。それに対して、今回は目の前のトウマに面と向かって「バカ野郎」と言っている。第155話 「ラッキー」以来となる、真正バカ野郎発言だ。

☞ ふじおか1号・2号が揃って登場。たぶん第162話「実験してみる以来と思われ。今回、チアキが腕の中に抱きしめているのは2号の方。1号はテーブル(コタツ)の上に放置されている。第167話「もらって」第169話 食べるため」では1号を抱いていたので、どちらか一方を寵愛しているわけではなく、その時の気分次第なのかもしれない。

☞ トウマが男子トイレに間違えて入った際、その直後のリアクションが気になる。普通の女子なら「キャッ!ごめんなさない」と顔を赤らめ、そそくさと立ち去るものだ。トウマの場合はそのまま堂々と入って用を足しそうだけど、両手で顔を覆い、言葉にならない悲鳴を上げながら逃げ出すに一票。ギャップ萌えですよ、ギャップ萌え。(*´Д`*)

▊ ここだけの話@女子中学生withカナ

舞台は中学校の教室に移る。冒頭、「ここだけの話だけどさ――」と言うミユキちゃんが登場。リコが編み物上手である話題を、リコ本人とカナがいる前で暴露しちゃいます。編み物の件は、以前 リコが「ここだけの話」ってことで、ミユキちゃんにこっそり教えていたらしい。まさかの口外に、リコは赤面。更に「私の特技は活かせたことないですよ!」とつぶやき、自虐モードに突入する。

そんな二人のやりとりを微笑ましく見守っていたカナ。「ここだけの話」が露見したことよりも、その話の本質=リコがどれだけ編み物が得意なのかが気になるらしい。「私にも何か編んで――」とワクワク顔でおねだりしやがります。しかも、品目を指定せず、「何ができるか楽しみにしておきたい」と純真な眼差しでキッパリだ。藤岡にそれを言われたのなら天にも昇る気持ちになるが、カナに言われても嬉しくも何ともない。リコが涙目になったのは言うまでもない。

☞ ミユキちゃんの本編登場は今回で5回目。新参キャラだけど、ヒロコ・ユウ・熊田先生の4回を抜きました。あと1回で、プレーンヨーグルトの6回に並ぶよ!

▊ ここだけの話@女子高生withカナ

みなみけ 第171話 「ここだけの話」 舞台は再び南家マンションに戻る。学校帰りに立ち寄ったマキが 「ここだけの話――」と話を切り出している。どうやら今回のお話では、バカ野郎キャラ・天然キャラがネタ振り要員になっているもよう。で、肝心の暴露ネタがこれまたスゴイ!

アツコの胸がまた一段階アップしました!

それを聞いたハルカは「どれどれ」と言いつつアツコに近づき、制服の上から育ちざかりの胸にタッチ!他人の胸が気になるお年頃のカナも それに便乗。いくら女同士とはいえ、揉乳されたことの恥ずかしさで、アツコは恥ずかしさでいっぱい。思わず両手で顔を覆っちゃいます。

トウマの男子トイレ騒動、リコの編み物上手、アツコの胸のランクアップ――立て続けに「ここだけの話」を聞かされたカナは、ようやくその効力に気づいたらしい。これを逆手に取れば、念願のお花見を開催できる!カナはマキに向かい「ここだけの話があります!」と真顔で話しかけ、「向こうの丘にすごくいいお花見スポットがある」件を伝える。その翌日にはミユキちゃんと内田にもお花見スポットを吹聴。その際、「秘密の場所だから誰にも言わないでね。ここだけの話だよ!」と付け加え、策士的にはぬかりがない。その結果、どうなったかというと、最終コマがスゴイことに!ほぼ全てのキャラが、お花見スポットに集合!「みなみけ」史上初めての壮挙でござるの巻。

☞ マキがわざわざ“一段階”って用語を使ってるので、これはカップ数のことと見て間違いないだろう。第139話「だらだら」の着替えシーンを見る限り、どんなに少なく見積もってもDカップは鉄板。それが一段階アップしたってことは、Eカップ以上になったってことですな。むふー( ̄・・ ̄)

☞ 更にオッパイ星人からのお願い!このエピソードがアニメ化された際には、ハルカ姉さまとカナがアツコの乳を揉みしだく、キャッキャフフフ描写を入れて欲しいッス!!

☞ 一般的に「ここだけの話」には尾ひれ付き、勘違い系のストーリーになりがちだけど、そうならない点が如何にも「みなみけ」らしい展開だと思う。

人間スピーカーたちを手玉に取った天才策士カナ。『みなみけ』メンバー勢揃いで、桜も笑顔も満開だ。
(最終ページ[P.336]の柱文)
「みなみけ」(原作)の本編で、実際に花見が開催されたのは、今回が初めてじゃないか? 第76話「いくよ」第149話 「アレルゲン」では花見の話題が出て来たが、花見の描写は無い。せいぜい単行本・第8巻の挿絵(第149話の後日談)で、内田とマコトが二人で花見をしている絵ぐらいだ。アニメではおかわり第10話のオリジナル展開の中に、花見の描写がある。桜は咲いてないけどな!(笑)。

最後のコマに描かれているキャラは、左から順に――
  • カナ
  • リコ
  • ???
  • ミユキ
  • ケイコ (ロングショットなのでメガネは省略?)
  • 藤岡
  • 内田
  • 吉野
  • マコト
  • 保坂
  • チアキ
  • ナツキ
  • トウマ (小学校の制服姿、黒髪短髪、ナツキの隣にいる点から)
  • マキ
  • ハルカ
  • 速水 (短髪で長身なので)
  • アツコ
保坂!後ろ!後ろ! スーパーで見かける小学生が・・・
藤岡!右!右! 女子の制服を着たサッカー好きの小学生が・・・
アツコ!左!左! 胸に顔を埋めた小学生が・・・

ところで、リコの右腕とミユキちゃんの背中の間にロングの黒髪らしきものが描かれているが、いったい誰?位置的にリコの髪でないのは明らか。ヒロコ、ユウ、柔道部エース、剣道部エースは黒髪ロングではないので、彼女たちでもない。「みなみけ」で黒髪ロングの女子キャラというと、あとは5年1組の少女B(気弱な子)ぐらいしか思い付かないんだけど・・・。

 トウマのクラスメイト。第36話「どんな関係?」第44話「フェスティバル」第45話「心にくい」第52話「どうしたいんだよ」に登場。

次回掲載号

次回登場は4/18発売号。上のコマ、誰がいるかわかるかな?
(最終ページ[P.336]の欄外より)
ということで、次回の「みなみけ」はヤンマガ4月18日発売号(No.20)に掲載されます。

【関連記事】
■ [マンガ感想] みなみけ 第170話 「レッツ お野菜」
■ [マンガ感想] みなみけ 第172話 「おいしかったよ」

■ [レビュー] みなみけ 第8巻 (初回限定版・通常版) (単行本のレビュー
■ [レビュー] みなみけ 第8巻(初回限定版) ドラマCD
■ [レビュー] そんな未来はウソである 第1巻 (KCデラックス)

■ みなみけ(原作) 速水先輩が開眼した場面まとめ
■ みなみけ(原作) キャラクターの南家マンション訪問回数ランキング
■ みなみけ(原作) 下着回に関するまとめ
■ みなみけ(原作) アツコがトウマを男の子と勘違いするに至った経緯
■ みなみけ 自作壁紙 2枚目 (南家3姉妹)

■ 「みなみけ」「今日の5の2」「そんな未来はウソである」関連記事まとめ (関連記事の全目録

【関連サイト】
■ ドラマCD付き「みなみけ」限定版公式サイト (講談社 特設サイト)
■ みなみけ (StarChild アニメ公式)
■ みなみけ (Wikipedia)



みなみけ(8) (ヤングマガジンコミックス)
みなみけ(8) (ヤングマガジンコミックス)
    CD付き みなみけ8巻 限定版 (ヤングマガジンコミックス)
CD付き みなみけ8巻 限定版 (ヤングマガジンコミックス)
    そんな未来はウソである(1) (KCデラックス)
そんな未来はウソである(1) (KCデラックス)
    みなみけ+今日の5の2 キャラファンBOOK (KCデラックス)
みなみけ+今日の5の2 キャラファンBOOK (KCデラックス)
スポンサーサイト

| みなみけ | この記事のURL | comments:2 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT

今回のお話も、いかにも“らしい”展開、流れでしたね。
ですが、最後のページをめくったら
『えっ、最終回!?』かと早合点してしまいましたw

>マキがわざわざ“一段階”って用語を使ってるので、これはカップ数のことと見て間違いないだろう。第139話「だらだら」の着替えシーンを見る限り、どんなに少なく見積もってもDカップは鉄板。それが一段階アップしたってことは、Eカップ以上になったってことですな。むふー( ̄・・ ̄)

アツコ(*´Д`)ハァハァ

>更にオッパイ星人からのお願い!このエピソードがアニメ化された際には、ハルカ姉さまとカナがアツコの乳を揉みしだく、キャッキャフフフ描写を入れて欲しいッス!!

さらに、ハルカとの比較検証をカナが始めるわけですね、わかります。

>ところで、リコの右腕とミユキちゃんの背中の間にロングの黒髪らしきものが描かれているが、いったい誰?

これは、単なるベタで、誰かがいるわけではないのではないでしょうか。
あるいは、そのベタの理由が学生服で、実はアキラがここにいるとかw
あ、リコの肩とミユキの後頭部の間のベタ部分は、ミユキのおさげの左の束でしょう。

| 長男 | 2011/04/05 | URL

◆長男さんへ

> 今回のお話も、いかにも“らしい”展開、流れでしたね。
> ですが、最後のページをめくったら
> 『えっ、最終回!?』かと早合点してしまいましたw

花見に全員集合っていうと、無敵看板娘(アニメ版)の最終回を思い出しました。


> >マキがわざわざ“一段階”って用語を使ってるので、これはカップ数のことと見て間違いないだろう。第139話「だらだら」の着替えシーンを見る限り、どんなに少なく見積もってもDカップは鉄板。それが一段階アップしたってことは、Eカップ以上になったってことですな。むふー( ̄・・ ̄)
>
> アツコ(*´Д`)ハァハァ

Eカップ以上ともなると、バレーボールをする時、大変そうです。
やっぱり部活動中はスポブラを装着してるんでしょうね~

参考:胸揺れシミュレーター(イギリスのスポブラメーカー)
http://www.shockabsorber.co.uk/bounceometer/shock.html
初期画面クリック→カップ数選択→HIGH選択


> >更にオッパイ星人からのお願い!このエピソードがアニメ化された際には、ハルカ姉さまとカナがアツコの乳を揉みしだく、キャッキャフフフ描写を入れて欲しいッス!!
>
> さらに、ハルカとの比較検証をカナが始めるわけですね、わかります。

ついでにマキの乳も揉み、「ぽんぽん」と肩を叩いて、ねぎらいの言葉を掛けるわけですねw


> >ところで、リコの右腕とミユキちゃんの背中の間にロングの黒髪らしきものが描かれているが、いったい誰?
>
> これは、単なるベタで、誰かがいるわけではないのではないでしょうか。
> あるいは、そのベタの理由が学生服で、実はアキラがここにいるとかw
> あ、リコの肩とミユキの後頭部の間のベタ部分は、ミユキのおさげの左の束でしょう。

リコの太ももの右側に、約5mmの輪郭線(実線)がありますよね。
リコの太ももの輪郭線は切れ目無く描かれているので、謎の輪郭線は誰かの足のような気が・・・
左サイドは中学生が固まっているので、黒ベタの正体はアキラかもしれませんねw

| 三四郎. | 2011/04/05 | URL













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/556-55596498

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事