前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

[アニメ感想] フラクタル - FRACTALE - 第10話 「僧院へ」

第10話 「僧院へ」

フラクタル - FRACTALE - 第10話 「僧院へ」

以下、アニメの内容に触れていますので、まだ見ていない方はご注意ください。



あらすじ

第10話のあらすじ、主要スタッフはアニメ公式サイトから引用しておきます。
ついにロスミレ派と僧院の全面戦争が始まってしまった。僧院を急襲するロスミレ艦隊、応戦する僧院、そのさなかに、飛行船に乗ったクレインとネッサがやってきて、グラニッツと合流する事に……!?

脚本:岡田麿里 絵コンテ:伊藤智彦 演出:伊藤智彦 作画監督:田中裕介・林勇雄 美術監督:袈裟丸絵美

ストーリー&感想

フラクタル - FRACTALE - 第10話 「僧院へ」

箇条書き五つでわかるフラクタル第10話

  1. 停戦を呼びかけるため、僧院へ向かったフリュネ。その後を追ったクレインとネッサは、僧院とロスミレ艦隊の戦闘に巻き込まれ、命からがらダナンに到着。ことの次第をスンダに伝える。(以上アバン)
  2. 祭司長モーランに謁見したフリュネは、ロスミレへの攻撃停止およびネッサへの不干渉を要請。それが聞き入れられないなら、自害も辞さない構えだ。しかし、モーランはその願いを一蹴。フラクタルが この世界に必要不可欠な存在であることを諭し、フリュネの気勢をそぐことに成功する。
  3. ダナンではクレインがスンダに詰め寄っていた。スンダたちは「人殺し」ではあるが、クレインにとってもフリュネにとっても、初めてできた「仲間」。だから、自分も一緒に行き、戦いを止めさせたいと言う。そんな折、腹に一物ありそうなディアスが、協力の名乗りを上げてきた。スンダとクレインは二人で飛行艇に乗り込み、フリュネとの合流を目指して僧院へ乗り込む。(以上Aパート)
  4. フリュネもモーランも、僧院が神と呼ぶ少女(オリジナル・フリュネ)のクローン。そして、モーランは「鍵」に成れなかったクローン個体だった。そのことに屈辱を感じていたモーランは突如フリュネの首を絞め、屈折した心情を吐露し始める。しかし、モーランの隙を見てフリュネは逃走。クレインを探し、僧院の中を駆けめぐる・・・。一方その頃、ダナンに残ったネッサは、クレインたちの所へ行くと言いだしエンリを困らせていた。時を同じくしてトリスタン(アラバスターの飛行船)からは僧院への突入要請が入り、エンリはダナンを僧院へと向かわせる。
  5. だがしかし、エンリとネッサは僧院の衛兵に捕まってしまう。多勢に無勢であるが、決死の覚悟で銃を乱射するクレイン。アラバスターの加勢もあり、何とかネッサたちの救出に成功する。ところが その直後、ディアスの策略が露呈。それはフリュネを殺し、フラクタルを再起動できなくすることだったのだ。そんなことは露知らず、一足先にネッサの手を取り、その場を離れたクレイン。透明な壁で仕切られた部屋でフリュネと再会を果たすが、フリュネは再びバローに捕らわれてしまう。僧院の中枢では、モーランが神産みの儀の執行を宣言していた・・・。

伏線とか謎の回収


▊ フリュネと祭司長モーラの関係
「母さま・・・いえ、姉さまなら、きっと私の気持ちを理解してくれるはずだから。私たちは・・・私たちは元は同じフリュネだったのだから」
(Aパート後半のフリュネのセリフ)
「姉さまは過去、フリュネだった。フラクタルが再起動したとしても、この世界は、また数百年後には同じことを繰り返さねばなりません。新しい鍵を作り、再起動を続けなければ、フラクタルの世界は維持ができない。その度に新しい私たちが生み出されるのです。鍵に見合う個体となるのか、実験を受けるのです」
(Bパート冒頭のフリュネのセリフ)
前回のモーラとバローの会話で仄めかされていたが、モーラがオリジナル・フリュネのクローンで「鍵」になれなかった女であることが確定。

また、前回の話で、僧院の実権を握っているのはバローであることが判明したけど、公的な場所では祭司長のモーラに従うようだ。黒幕キャラにはよくあること。

▊ ディアスがフラクタル端末を除去していなかった件

フラクタル - FRACTALE - 第6話 「最果ての街」
第6話 「最果ての街」(Bパート)の当該シーン

それらしき伏線が第6話 「最果ての街」の中あった。具体的にいうと、電波塔の男(クレインの父)が作り出した幻の街を見て、「なぜ電波が?まだ全員に処置を終えていないのに・・・」とつぶやいていた。ただ、第6話の当該シーンは非常にあっさりと描かれていたので、伏線としては全く機能していないと思うぞ。

▊ フリュネとネッサの歌

フラクタル - FRACTALE - 第10話 「僧院へ」
回想シーン

挿入歌『昼の星』は、その昔 フラクタルシステムが出来た頃の流行歌。フラクタルの再起動に関係のある歌かと思ったら、とんだミスリードだったでござるの巻。「神産みの儀」とやらを見るまでは、確定ではないけど・・・。

雑感

  • 前回の感想にも書いたけど、登場人物の行動とか思想にに「手段の目的化」が蔓延している。フラクタルを崩壊させることに躍起となり、その後の社会構造をどうするのか、途方に暮れる難民達をどうまとめるのか、そういったことに無頓着なロスミレ。モーラを説得する材料も無く、ただ闇雲に僧院に戻ったフリュネ。特にフリュネの突飛な行動に対しては、脚本家自身も手に負えなくなったらしい。Aパートの中で、クレインに「フリュネにしては普通だよ」という自虐的はセリフを吐かせている。まあ裏を返せば、彼女を電波キャラにしたことは、支離滅裂な行動を裏打ちするための保険になったってことですな(笑)
  • 突然、心の内を語り出すモーランだけど、その悲しみや怒りが全然伝わってこない。終始( ゚д゚)ポカーンな状態だ。これまで、彼女の置かれた境遇とか心情が全くといっていいほど描かれて来なかったので、無理がありすぎる。ディアスの「愛」云々という言葉も同じで、もはやツッコミを入れる気力さえ起きない。キャラが立っていないので、いくらカッコイイ台詞を吐いていても、まるで説得力や重みがないんだよね~。この作品で耳に残っている言葉といえば、エンリの「エッチ」発言ぐらいだぜ!
  • 前回ラストや今回は自分の意志を示し、行動を起こしたクレイン。当初の設定ではクレインは「傍観者」的なキャラであり、それに関しては「オトナアニメ」Vol.19の中で、原案の東浩紀氏が「クレインって男の子は主人公に見えますが、実は狂言回しで、ネッサ=フリュネの物語なんですね」と明言している。しかし、こういった手法が使えるのは活字メディアとか、ストーリー重視の一本道AVGであり、アニメという映像メディアでは土台無理があったのだろう。こうしたキャラ設定だけでなく、僧院やロスミレの位置づけ、社会構造の設定、そういった重要な部分が企画段階でちゃんと練られていなかったのかもしれない。「オトナアニメ」Vol.19のスタッフインタビューを再読して、こんなフレーズが頭に浮かんだよ。

    「冒険物アニメ?」っていうと、「冒険物アニメ」っていう。
    「社会派アニメ?」っていうと、「社会派アニメ」っていう。
    「セカイ系アニメ?」っていうと、「セカイ系アニメ」っていう。
    そうして、あとでむなしくなって、「萌えアニメ?」っていうと、「萌えアニメ」っていう。
    こだまでしょうか。いいえ、フラクタル。


    まあ、そうは言っても次回は いよいよ最終回。大どんでん返しとか、SF的な超展開があるかもしれないので、要注目だ!

【関連記事】
■ [アニメ感想] フラクタル - FRACTALE - 第9話 「追いつめられて」
■ [アニメ感想] フラクタル - FRACTALE - 第11話 「楽園」 (最終回)
■ [レビュー] フラクタル 第1巻 (ガンガンコミックスONLINE)
■ 「オトナアニメ」Vol.19を買ってきた

【関連サイト】
■ フラクタル - FRACTALE - (アニメ公式)
■ フラクタル (フジテレビ)
■ ノイタミナ (番組枠公式)
■ フラクタル - 漫画 - (ガンガンONLINE / SQUARE ENIX)
■ フラクタル (テレビアニメ) (Wikipedia)



フラクタル(1) (ガンガンコミックスONLINE)
フラクタル(1) (ガンガンコミックスONLINE)
    ハリネズミ
ハリネズミ
    オトナアニメ Vol.19 (洋泉社MOOK)
オトナアニメ Vol.19 (洋泉社MOOK)
    フラクタル ネッサ (1/8スケールPVC製塗装済み完成品)
フラクタル ネッサ (1/8スケールPVC製塗装済み完成品)
スポンサーサイト

| フラクタル | この記事のURL | comments:2 | trackbacks:2 | ページトップへ↑

COMMENT

第10話ですね。ようやく来ましたここまで!

「この作品で耳に残っている言葉といえば、エンリの「エッチ」発言ぐらいだぜ! 」

自分もその発言しか記憶にありませんww

最終回はまだ観ていませんが、本当に山本監督は、渾身の一作と思える作品に仕上げられたのだろうか?

「フラクタル」を意識し過ぎるあまりに、「アニメ」としての面白い内容が薄れているようにも思います。

| tyrant | 2011/04/11 | URL

◆tyrantさんへ

> 第10話ですね。ようやく来ましたここまで!

第10話になって、ようやく冒険物らしくなってきましたね。

> 「この作品で耳に残っている言葉といえば、エンリの「エッチ」発言ぐらいだぜ! 」
>
> 自分もその発言しか記憶にありませんww

ですよね~w

> 最終回はまだ観ていませんが、本当に山本監督は、渾身の一作と思える作品に仕上げられたのだろうか?
> 「フラクタル」を意識し過ぎるあまりに、「アニメ」としての面白い内容が薄れているようにも思います。

けっきょく「フラクタル」というタイトルも、単なる思いつきで付けたような気がします。

| 三四郎. | 2011/04/12 | URL













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/552-de6f7acf

TRACKBACK

フラクタル 10話

敵地の真っ只中で花澤さんの超絶歌唱力が炸裂する!!というわけで、「フラクタル」10話言う事聞かなかったら話し合うぞの巻。どんな状況になっても対話の道を模索するという、その心意気はご立派ですけど。最...

| アニメ徒然草 | 2011/03/28 09:35 |

フラクタル 第10話 『僧院へ』

三人で静かに暮らそうと思ったら、フリュネが戻ってしまった。そしてフリュネを追ってクレインとネッサも僧院へ向かいます。主人公不在の最終決戦にならなくて一安心。 人殺しだけど仲間だ!! だから死んで欲しくない、僧院と話し合おう。 交渉と言うのは歩み?...

| こいさんの放送中アニメの感想 | 2011/04/01 06:02 |

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事