前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

[マンガ感想] みなみけ 第170話 「レッツ お野菜」

週刊ヤングマガジン2011年No.16に掲載されている「みなみけ」第170話『レッツ お野菜』の感想です。

週刊ヤングマガジン2011年No.16 みなみけ 第170話 「レッツ お野菜」

以下、マンガの内容に触れていますので、未読の方はご注意ください。



第170話 『レッツ お野菜』 ストーリー&感想

ませた口振りですが、味覚はまだまだお子様です。
(扉ページ[P.213]の柱文)

強がっているけど、野菜を食べられるようになりたいんだ。チアキ、子どもだましの催眠術に一発KOノックアウト!!
(2ページ目[P.214]の柱文)
今回の「みなみけ」は、チアキと保坂の第4次接近遭遇を描いたものです。また、前回の怪談話同様、第8巻 ドラマCD収録エピソードの続編的な話でもあります。

▊ レッツお野菜@南家

みなみけ 第170話 「レッツ お野菜」 舞台は南家マンションのリビングルーム。「観たら絶対 野菜を食べられるようになる子供番組があるらしいよ」と、チアキに教えるカナ。そんな姉のお節介に対して、「どのような子供だましか 私が見極めてやろう」と、虚勢を張るチアキ。平静を装いつつも、内心では野菜嫌いを克服したいのだろう。

くだんのTV番組には、カボチャのお面を被ったパンプキンマンが登場。視聴者カメラに向かい、紐につるされた5円玉らしきものを揺らしながら、「さあ みんなで レッツお野菜!」なる暗示を掛けている。見るからに“子供だまし”な映像だが、アッサリと催眠術に引っ掛かるチアキ。大人ぶっていても、まだまだ中身はお子ちゃまってことか(笑)。

で、チアキの口から飛び出たのは「野菜食べたいな」という、野菜嫌い姫にあるまじきお言葉。左右の瞳は催眠術の影響で、グルグル渦巻き状態だ。一方、張本人であるカナは、ただただ驚きを隠せないようす。そして、野菜を所望する姫の言葉に気圧され、野菜スティックを用意しやがります。するとどうだろう。姫はにんじんスティックを1本つまむや、ボリボリと無表情で囓り始めたではないか!さすがの策士カナも、この展開には付いていけず、ことの推移を見守ることしかできなかった・・・。

☞ 今回初めて気づいたんだけど、南家リビングに設置されてるTVが地デジ対応になってるじゃないか。気になったので、過去に遡って調べてみたところ、前回の7ページ目に地デジ対応TVが登場していた。更に溯ったところ、第143話 「おとずれ」の7ページ目にTVのリモコンが描かれている。今回登場したリモコンに似ているので、この頃にはもう地デジカがやって来ていたもよう。それより古い話でTVが登場しているのは第113話「妖精」なんだけど、画面に丸みがあるので、まだブラウン管TVっぽい。以上のことから、第113話~第143話の間に地デジ対応TVを購入したものと思われる。

☞ 「みなみけ」で棒状に切られた野菜というと、第75話「当たったろう」に登場していたにんじんスティック。今回再び登場したことからして、南家では定番の食材なのかもしれない。基本的に野菜を切るだけなので、料理下手なカナでも簡単に作れそうだし(笑)。

▊ レッツお野菜@高校

舞台は翌日の高校へと移る。昼休みを迎えた3年生の教室で、保坂が速水に声をかけていた。「野菜スティック弁当だ」「さあ めし上がれ」――いつにも増して、押し付けがましい態度の保坂。さすがの速水もタジタジで、「お弁当が手抜きっぽい」とツッコミを入れるのが精一杯だ。更に意外だったのは、速水のツッコミに対する保坂の反応。いつもの保坂であれば、大上段に構えた華麗なる反論をする筈だ。ところが、今回は暫しの沈黙の後、突然 野菜スティックを1本つまむや、無理矢理 速水に食べさせようとする始末。予期せぬ展開に、涙目になり逃げ回る速水。もはやこれまでかと思われたその時、意外な救世主が現れる。速水を訪ねに、3年生の教室にやって来たヒトミちゃんである。

速水はヒトミちゃんを盾にし、保坂の野菜スティック攻撃をかわすことに成功。その一方で、盾となったヒトミちゃんの口には、野菜スティックが!!ところが、ここで一騒動が起きるのかと思いきや、事態は意外な方向へ。ヒトミちゃんはそれをボリボリ囓り始め、ついには全て平らげてしまったのだ。保坂が野菜スティックの感想を訊くと、ヒトミちゃんは目を瞑りながら腕組みし、沈思黙考。そして突然目を見開くや、「もう少し野菜の味がするといいっスね!」と言い放つ。ヒトミちゃんの左右の瞳は、チアキと同じグルグル渦巻き状態。いつの間にか催眠術に掛かってしまったらしい。よく見ると、騒ぎの張本人=保坂の瞳もグルグル渦巻き。どうやら、保坂も例の子供番組を見ていたもよう。キャラ紹介文(P.215の柱)にも「料理に関する情報は、なんでもチェックしてるぜ!」と書かれている(笑)。

☞ 不覚にも、保坂の瞳がグルグル渦巻きだった件は、速水がP.217の6コマ目で指摘するまで気づかなかった・・・。マンガ雑誌で使われている紙(印刷せんか紙)は品質の良い紙ではないので、インクがにじみやすい。なので瞳の作画が小さいと、インクのにじみでベタ塗りみたいになってしまう。単行本で使われている嵩高中質紙なら、保坂が最初に登場したコマ(P.215の4コマ目)の時点で気づいた筈(キリッ

☞ ヒトミちゃんはTV番組を見たのだろうか?最初に登場したコマ(P.216の5コマ目)はロングショットで瞳がほぼ点だし、野菜スティックを突っ込まれたコマ(同・6コマ目)は横顔なので瞳が見えない。登場時に「のこのこ」という擬態語が付けられているのを見ると、催眠術に掛かってる感じはしないんだよね~。まさか、野菜スティックを食べたことで催眠術に掛かったとか?!そんなバカな・・・いや保坂ならありえるか(笑)。

▊ レッツお野菜@スーパー

みなみけ 第170話 「レッツ お野菜」 その日の放課後。場所は いつものスーパー。催眠術にかかった状態ではあるが、チアキと保坂が第4次接近遭遇を迎えていた。チアキが野菜を吟味していたところ、その横にカレーの妖精が現れたのだ。接近遭遇とは言っても、会話を交わすわけではない。保坂が料理のウンチクをぶつぶつ呟き始め、チアキはそれに耳を傾けるという、いつもの構図である。

今回、保坂の心を捉えているのは野菜。料理によって野菜の味を引き出すべく、意気込みを語っている。そんなカレーの妖精の心意気に、チアキは感銘を受けたもよう。そして、何だかよく分からないけど、その流れに乗って、妖精と姫の見事なコラボレーション(?)が実現する。スーパーの店頭で、「レッツお野菜!」フュージョンの発動だ!これは久々に見るシュールな描写で、第104話「別のもの」の「カップ焼きそば現象!」級と言っても過言ではない(笑)。

そんなこんなで、この後 保坂とチアキは ある食品を試食して催眠術が解けるんだけど、詳細はヤンマガでご確認くだされ。チアキに掛けられた強力な催眠術を解いたということで、だいたい想像つくと思いますが。

☞ チアキが保坂のことを「カレーの妖精」と呼んでいるが、これはつまり、チアキが保坂の顔を記憶していたってことですな。第2次~第3次接近遭遇(後述)では、そういったそぶりを見せていなかったので、意外と言えば意外。第8巻 ドラマCDTRACK.3 「旬のもの」の中で、チアキが保坂のことを「カレーの妖精」と呼んでいたので、それを考慮した後追い設定かもかもしれない。ちなみに、原作・第150話 「旬のもの」の中に「カレーの妖精」というセリフは無い。

☞ 「みなみけ」原作における保坂とチアキの接近遭遇の歴史
第1次接近遭遇
第113話 「妖精」:スーパーに買い物に来たチアキ。しかしハルカから渡されたメモには、謎の商品名が羅列されていた。困惑したチアキが、その商品名をひとりごちていたところ、たまたまそこにいた保坂の耳に入る。保坂はチアキの口から出た商品名からインスパイアを受け、即興で考えたカレーの歌を唄い始める。すると、それを聞いたチアキは、メモに書かれていた商品がカレーの材料であることを知り、保坂をカレーの妖精と命名するのであった。(二人とも会話無し)
第2次接近遭遇
第119話 「いただこう」:肉じゃがの食材を買うためスーパーにやって来たチアキ。ニンジン嫌いなチアキは、げんなりした顔で野菜売場に到着するが、そこに保坂が登場。ニンジンに関するウンチクをぶつぶつ語り始める。保坂の気宇壮大な弁舌に少し心を動かされたのか、チアキはニンジンを買い物かごに入れる。(二人とも会話無し)
第3次接近遭遇
第150話 「旬のもの」:いつものスーパーで必要な買い物を済ませたチアキ。ハルカ姉さまから「好きなものをひとつ買ってもいい」と言われたため、何を買おうか迷っていたところ、背後から「そら豆だ」という声が聞こえてくる。チアキが振り向くと、そこにいたのは保坂。どうやら、そら豆を使った料理のメニューで悩んでいるらしい。けっきょく、あれこれ考えた末、メニューはパスタ(そら豆とキャベツのペペロンチーノ)に決定。それを聞いたチアキはヨダレをたらし、駄菓子ではなくキャベツを買い物かごに入れるのであった。(第8巻ドラマCDではチアキと保坂が普通に会話していたが、原作では会話しているようでしていないように見える)

次回掲載号

次回登場は4/4発売号。大量の花粉は笑いで吹き飛ばそう!!
(最終ページ[P.220]の欄外より)
ということで、次回の「みなみけ」はヤンマガ4月4日発売号(No.18)に掲載されます。
震災の影響で発売日等が変更される可能性もありますので、ヤンマガ公式サイトで適宜ご確認ください。

【関連記事】
■ [マンガ感想] みなみけ 第169話 「食べるため」
■ [マンガ感想] みなみけ 第171話 「ここだけの話」

■ [レビュー] みなみけ 第8巻 (初回限定版・通常版) (単行本のレビュー
■ [レビュー] みなみけ 第8巻(初回限定版) ドラマCD
■ [レビュー] そんな未来はウソである 第1巻 (KCデラックス)

■ みなみけ(原作) 速水先輩が開眼した場面まとめ
■ みなみけ(原作) キャラクターの連続登場話数を調べてみた
■ みなみけ(原作) キャラクターの南家マンション訪問回数ランキング
■ みなみけ(原作) 水着回に関するまとめ
■ みなみけ(原作) チアキの「バカ野郎」発言に関するまとめ
■ みなみけ 自作壁紙 1枚目 (南春香)

■ 「みなみけ」「今日の5の2」「そんな未来はウソである」関連記事まとめ (関連記事の全目録

【関連サイト】
■ ドラマCD付き「みなみけ」限定版公式サイト (講談社 特設サイト)
■ みなみけ (StarChild アニメ公式)
■ みなみけ (Wikipedia)



CD付き みなみけ8巻 限定版 (ヤングマガジンコミックス)

CD付き みなみけ8巻 限定版 (ヤングマガジンコミックス)

Amazon.co.jpで見る

    みなみけ(8) (ヤングマガジンコミックス)
みなみけ(8) (ヤングマガジンコミックス)
   

そんな未来はウソである(1) (KCデラックス)

そんな未来はウソである(1) (KCデラックス)

Amazon.co.jpで見る

   

みなみけ 1 (期間限定版) [DVD]

みなみけ 1 (期間限定版) [DVD]

Amazon.co.jpで見る

スポンサーサイト

| みなみけ | この記事のURL | comments:4 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT

催眠術ネタは、桜場コハル作品では初めてではないでしょうか?最初に読んだ時、意外な感じがしました。

>今回初めて気づいたんだけど、南家リビングに設置されてるTVが地デジ対応になってるじゃないか。

おお、言われて初めて気付きました。
ちなみに自分の部屋は、DVDレコのチューナーで、ブラウン管テレビで見ていますw

カレーの妖精とチアキの遭遇は、やはり会話が成立してるようでしていない、という按配が、一番しっくりくるかなと思います。

| 長男 | 2011/03/21 | URL

◆長男さんへ

> 催眠術ネタは、桜場コハル作品では初めてではないでしょうか?最初に読んだ時、意外な感じがしました。

手品ネタ(マコトの着替え)、超能力(そんみら)、超能力っぽい力(ヒトミちゃんの魔眼、タケルおじさんのペン)、
超常的キャラの登場(天使&悪魔チアキ)はありましたが、催眠術は初めてですね。


> >今回初めて気づいたんだけど、南家リビングに設置されてるTVが地デジ対応になってるじゃないか。
>
> おお、言われて初めて気付きました。
> ちなみに自分の部屋は、DVDレコのチューナーで、ブラウン管テレビで見ていますw

そういえば、アニメでは1期の時から地デジ対応でしたっけ。サイズは19V型~22V型ぐらい。
アニメ3期になると、少し大きくなって26V型以上ありました。
2期は覚えてませんw


> カレーの妖精とチアキの遭遇は、やはり会話が成立してるようでしていない、という按配が、一番しっくりくるかなと思います。

御意に。この妙な展開とか間合いが、チアキと保坂の遭遇の妙だと思います。

| 三四郎. | 2011/03/21 | URL

こんにちはー。
はじめまして!
いきなりで申し訳ありませんが当サイトと相互リンク頂けませんでしょうか?
ご返事は私のサイトのコメント欄に下さるとうれしいです。
ご検討宜しくお願い申し上げます。

| 漫画好き | 2011/03/23 | URL

◆漫画好きさんへ

> こんにちはー。
> はじめまして!
> いきなりで申し訳ありませんが当サイトと相互リンク頂けませんでしょうか?
> ご返事は私のサイトのコメント欄に下さるとうれしいです。
> ご検討宜しくお願い申し上げます。

相互リンクのご連絡をいただき、ありがとうございます。
早速リンクを張りましたので、ご確認ください。
リンクは画面右側中央にあります。

| 三四郎. | 2011/03/23 | URL













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/549-ae0176f9

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事