前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

[レビュー] みなみけ 第8巻 (初回限定版・通常版)

3月4日に発売された「みなみけ」第8巻(初回限定版・通常版)のレビューです。
ヤンマガ掲載時からの修正箇所も調べてみました。

みなみけ 第8巻 (初回限定版・通常版)



初回限定版と通常版の違い

「みなみけ」単行本・第8巻にはドラマCD付き初回限定版通常版という2つのエディションがあります。特典の有無だけでなく、単行本自体にもエディションによる差異が存在しているので、まずは その違いから見ていきましょう。

みなみけ 第8巻 (初回限定版)
初回限定版 (左から カバー[表][背][裏]、本体[表][背][裏])
みなみけ 第8巻 (通常版)
通常版 (左から カバー[表][背][裏]、本体[表][背][裏])

表紙イラストは両エディション共通ですが、表紙カバーのカラーリング等が部分的に異なっています。主な相違点は下表のとおり。

 装丁  初回限定版 通常版
表紙
カバー
表紙 イラスト チアキ(共通)
タイトル
ロゴ
ゴールド 濃いピンク
巻数 ゴールド 濃いピンク
エディション
表記
[ドラマCD付き初回限定版] (なし)
著者(英字) 青/黄色 ピンク/黄色
背表紙 作品
タイトル
ドラマCD付き
初回限定版
8
ヤンマガKC
8
イラスト チアキ(共通)
裏表紙 イラスト 目玉焼き(共通)
エディション
表記
Premium Edition (なし)
ISBN、他 (なし) (あり)
単行本
本体
表紙(表1) デザインは表紙カバーと同じ
(インク色:薄いオレンジ系)
デザインは表紙カバーと同じ
(インク色:薄いピンク系)
裏表紙(表4)
(なし) 赤/オレンジ系
キャッチコピー
(なし)
月刊ヤンマガに掲載された
放課後編も特別収録!
ほぼ毎日女子会。
ドラマCD付き
初回限定版も発売中

上記以外では奥付の表記も異なっていて、初回限定版は「CD付き みなみけ⑧限定版」になっていました。また、今回の巻頭描き下ろしも第7巻同様、折り込みピンナップ2枚です。1枚目には悪魔&天使チアキ、2枚目には南家3姉妹+ふじおか1号+トウマ+藤岡の2頭身SDキャラが描かれています。絵柄は買ってからのお楽しみ!マンガ本編は、エディションによる違いはありません。

ドラマCD(初回限定版)

初回限定版のドラマCDについては、次のレビュー記事をご覧ください。


収録エピソード

第8巻に収録されているエピソードは第142~第159話+放課後編の全19話です(初回限定版・通常版共通)。この19本という収録本数は第1巻、第7巻と並んで これまでで最小です。単行本各巻の収録本数(収録範囲)は次の通り。

巻数 収録範囲(話数) 話数
小計
巻頭 備考
1 1~19 19 描き下ろしマンガ
(2色・4頁)
巻末に「今日の5の2」課外授業(8頁)
2 20~39 20 総扉(カラー・1頁)
+口絵(カラー・3頁)
巻末に「コワイオンナ」(8頁)
3 40~60 21 総扉(カラー・1頁)
+口絵(カラー・3頁)
 
4 61~81 21 総扉(カラー・1頁)
+口絵(カラー・3頁)
 
5 82~101 20 総扉(カラー・1頁)
+口絵(カラー・3頁)
巻末に「好きって言え」(8頁)
6 102~122 21 総扉(カラー・1頁)
+口絵(カラー・3頁)
 
7 123~141 19 折り込みピンナップ
(カラー・2枚)
 
8 142~159 放課後編 19 折り込みピンナップ
(カラー・2枚)
 

内容について簡単に触れておくと、この第8巻では次にあげるような初めて聞くような設定とか、意外な展開が多々あります。どれも「みなみけ」のコアなファンにとっては、感慨深いものがありますね。
  • 藤岡がケータイを持っていた。
  • 出入り禁止になっていたマコトが南家マンションを訪問。
  • 久々にチアキの「バカ野郎」発言が炸裂。
  • リコとチアキの誕生日の星座が判明。
  • マコちゃんが水着姿を披露。
  • プレーンヨーグルトの生存を確認。
  • ハルカ姉さまがカナの幼少期の出来事を暴露。
  • チアキに「怖がり」属性。
各話の詳細につきましては、ヤンマガ掲載時の感想記事をご覧ください。

■ [マンガ感想] みなみけ 第142話 「鬼教官」
■ [マンガ感想] みなみけ 第143話 「おとずれ」
■ [マンガ感想] みなみけ 第144話 「らしく」
■ [マンガ感想] みなみけ 第145話 「考えて」
■ [マンガ感想] みなみけ 第146話 「知ってたよ」
■ [マンガ感想] みなみけ 第147話 「恥じること」
■ [マンガ感想] みなみけ 第148話 「ウソでした」
■ [マンガ感想] みなみけ 第149話 「アレルゲン」
■ [マンガ感想] みなみけ 第150話 「旬のもの」
■ [マンガ感想] みなみけ 第151話 「絶対アレ」
■ [マンガ感想] みなみけ 第152話 「今を楽しむ」
■ [マンガ感想] みなみけ 第153話 「変」
■ [マンガ感想] みなみけ 第154話 「よく焼いた」
■ [マンガ感想] みなみけ 第155話 「ラッキー」
■ [マンガ感想] みなみけ 第156話 「いたから」
■ [マンガ感想] みなみけ 第157話 「こう!」
■ [マンガ感想] みなみけ 第158話 「忘れるもの」
■ [マンガ感想] みなみけ 第159話 「神になる」
■ [マンガ感想] みなみけ 特別編 「どんな?」 (月刊ヤンマガ掲載時は「特別編」でした)

ヤンマガ掲載時と単行本の違い

ヤングマガジン掲載時からの変更箇所を調べてみました。作画の修正(加筆)はありませんでしたが、例によって吹き出し文字(写植)の修正はいくつかありました。以下、その調査結果です。

ご覧のとおり、今回は修正が少なめです。「ハルカ姉様」という誤植を「ハルカ姉さま」に修正するという、毎度お馴染みの変更はありませんでした。ヤンマガ掲載時のチェックが厳しくなったのかも。

なお、チェック漏れ等がありましたら、その旨コメントください。m(_ _)m

第142話 「鬼教官」

左側がヤンマガ掲載時のコマ、右側が単行本に収録されているコマです(以下同様)。

みなみけ 第8巻 ヤンマガ掲載時と単行本の違い

改行位置の変更

みなみけ 第8巻 ヤンマガ掲載時と単行本の違い

「ご飯を食べて」→「ごはんを食べて」

みなみけ 第8巻 ヤンマガ掲載時と単行本の違い

「おいしいよ」→「美味しいよ」

みなみけ 第8巻 ヤンマガ掲載時と単行本の違い

「昼めしに」→「昼メシに」

第143話 「おとずれ」

みなみけ 第8巻 ヤンマガ掲載時と単行本の違い

改行位置の変更

みなみけ 第8巻 ヤンマガ掲載時と単行本の違い

ルビを追加 「報われよう」→「むくわれよう」

第144話 「らしく」

みなみけ 第8巻 ヤンマガ掲載時と単行本の違い

「気づいて」→「気いて」

第145話 「考えて」

みなみけ 第8巻 ヤンマガ掲載時と単行本の違い

ルビを追加 「速水先輩」→「速水はやみ先輩」

みなみけ 第8巻 ヤンマガ掲載時と単行本の違い

ルビを追加 「秘訣が」→「秘訣ひけつが」

第146話 「知ってたよ」

みなみけ 第8巻 ヤンマガ掲載時と単行本の違い

「気がつくか」→「気がくか」

第147話 「恥じること」

修正箇所は見つかりませんでした。

第148話 「ウソでした」

みなみけ 第8巻 ヤンマガ掲載時と単行本の違い

ルビを追加 「どんな罰を」→「どんなばつを」

みなみけ 第8巻 ヤンマガ掲載時と単行本の違い

「真実を混ぜる」→「真実をぜる」

第149話 「アレルゲン」

修正箇所は見つかりませんでした。

第150話 「旬のもの」

修正箇所は見つかりませんでした。

第151話 「絶対アレ」

修正箇所は見つかりませんでした。

第152話 「今を楽しむ」

修正箇所は見つかりませんでした。

第153話 「変」

みなみけ 第8巻 ヤンマガ掲載時と単行本の違い

「ゆでたけど」→「でたけど」

みなみけ 第8巻 ヤンマガ掲載時と単行本の違い

「おいしい」→「美味しい」

第154話 「よく焼いた」

修正箇所は見つかりませんでした。

第155話 「ラッキー」

修正箇所は見つかりませんでした。

第156話 「いたから」

修正箇所は見つかりませんでした。

第157話 「こう!」

修正箇所は見つかりませんでした。

第158話 「忘れるもの」

修正箇所は見つかりませんでした。

第159話 「神になる」

みなみけ 第8巻 ヤンマガ掲載時と単行本の違い

ルビを追加 「邪魔する」→「邪魔じゃまする」

放課後編 「どんな?」


みなみけ 第8巻 ヤンマガ掲載時と単行本の違い

話数表記の変更 特別編→放課後編

放課後編「どんな?」は巻末に収録されていますが、ヤンマガ掲載時の順番は第153話「変」第154話「よく焼いた」の間です。第156話「いたから」の中に、「(内田が)この間うちに泊まった時」というカナのセリフがありますが、たぶんこの放課後編のことと思われます。単行本化に際して順番を入れ替えてしまったので、分かりにくくなっちゃいましたね。

「どんな?」のマンガ本編に関しては、修正箇所は見つかりませんでした。

第8巻の登場キャラ一覧

単行本・第7巻の各話に登場しているキャラは下表のとおり。○印が登場、空白は未登場を表します。なお、シュウイチ、アキちゃん(アキラの女装)等の未登場キャラは掲載していません。

話数 サブタイトル キャラクター






使









































142 鬼教官                                      
143 おとずれ                                    
144 らしく                                  
145 考えて                                    
146 知ってたよ                                    
147 恥じること                                        
148 ウソでした                                    
149 アレルゲン                                      
150 旬のもの                                        
151 絶対アレ                                  
152 今を楽しむ                                    
153                                    
154 よく焼いた                                    
155 ラッキー                                      
156 いたから                                      
157 こう!                                    
158 忘れるもの                                  
159 神になる                                  
放課後編 どんな?                                      
登場回数 13 16 15 1 1 1 1 4 2 6 4 2 10 5 4 3 3 2 3 2 4 4 2 1

第7巻同様、トップ3は南家3姉妹。上から順にカナ(16回)、チアキ(15回)、ハルカ姉さま(13回)となっています。ハルカ姉さまは第143話「おとずれ」の最終コマで声(セリフ)だけ登場していて、これを含めれば14回になりますが、順位的には3位のままですね(泣)。

3姉妹以外では第4位の内田が2桁登場となっていて、他のサブキャラを圧倒しています。一方、第8巻でも出番がなかったシュウイチですが、第157話「こう!」のマコちゃんのセリフの中に名前だけ登場していました(笑)。

単行本・第9巻の発売時期を予想

気が早いかもしれませんが、単行本・第9巻の発売時期を予想してみます。第9巻も全19話収録であると仮定すると、ストックが貯まるのは今年の7月中旬となります(下表参照)。

  話数 サブタイトル ヤンマガ発売日
(一部推測)
備考
1 160 足りない 2010年10月18日  
2 161 わかったぞ 2010年11月01日  
3 162 実験してみる 2010年11月15日  
4 163 見つかった 2010年11月29日  
5 164 あげる 2010年12月13日  
6 165 結果的に 2011年01月08日  
7 166 恐るべき頭脳 2011年01月24日  
8 167 もらって 2011年02月07日  
9 168 最低っス 2011年02月21日  
10 169 食べるため 2011年03月07日  
11 170 (未定) 2011年03月19日 3/21(月)が春分の日なので土曜発売
12 171 (未定) 2011年04月04日  
13 172 (未定) 2011年04月18日  
14 173 (未定) 2011年05月09日 GW合併号の影響で3週間開く
15 174 (未定) 2011年05月23日  
16 175 (未定) 2011年06月06日  
17 176 (未定) 2011年06月20日  
18 177 (未定) 2011年07月04日  
19 178 (未定) 2011年07月16日 7/18(月)は海の日なので土曜発売

また、過去の単行本の発売時期(ストックが貯まってから発売される迄の期間)は、最短で14日(第5巻)、最長で204日(第7巻)です(下表参照)。

単行本発売のタイミングは、限定版の有・無、限定版の特典の内容、アニメとの兼ね合い等、様々な要素が複雑に絡んでくるので難しいのですが、ここ最近は ほぼ半年前後になってますね。


収録範囲 各巻の
最新話
各巻最新話の
ヤンマガ掲載日
A
単行本発売日
B
単行本発売に
掛かった期間
B-A
(参考)限定版特典
1 1~19 19 2004年10月09日 2004年11月05日 27日 (通常版のみ)
2 20~39 39 2005年08月29日 2005年11月04日 67日 桜場コハルPACK
3 40~60 58 2006年07月24日 2006年11月06日 105日 桜場コハル
Special Booklet
4 61~81 81 2007年05月28日 2007年09月06日 101日 (通常版のみ)
5 82~101 101 2008年03月03日 2008年03月17日 14日 DVD(アニメ2期・第1話)
6 102~122 122 2009年02月23日 2009年06月23日 120日 DVD(新作OAD)
7 123~141 141 2009年12月14日 2010年07月06日 204日 南家3姉妹
特製フィギュア
8 142~159
+放課後編
159 2010年10月4日 2011年03月04日 151日 ドラマCD
単行本化に際して話数の順番が入れ替えられました。第58話はヤンマガ掲載時には第61話でした。

第8巻(初回限定版)の特典はアニメ1期のスタッフを起用したドラマCDで、ファンの間では評判は上々です。ヤンマガ編集部もファンが求めているモノが何なのか分かった筈なので、次回も限定版特典はドラマCDになりそうな予感。

で、仮にドラマCDであるとすると、今回同様、単行本化のストックが貯まってから4~5ヵ月以内に発売されるんじゃないかなぁ。つまり、単行本・第9巻の発売日は年内(11月~12月) ではないかと思われます。

【関連記事】
■ [レビュー] みなみけ 第8巻(初回限定版) ドラマCD
■ [レビュー] みなみけ 第7巻 (初回限定版・通常版)
■ [コミックスレビュー] みなみけ 第6巻 (通常版)
■ 「みなみけ」原作・第5巻(通常版&限定特装版)を購入
■ [レビュー] 桜場コハルSpecial Booklet (単行本 第3巻・特装版)
■ [レビュー] 桜場コハルPACK (単行本 第2巻・限定特装版)
■ [レビュー] みなみけ+今日の5の2 キャラファンBOOK
■ [レビュー] そんな未来はウソである 第1巻 (KCデラックス)

■ 「みなみけ」「今日の5の2」「そんな未来はウソである」関連記事まとめ (関連記事の全目録

【関連サイト】
■ ヤングマガジン みなみけ 作品紹介 (講談社コミックプラス)
■ みなみけ (StarChild 公式)
■ みなみけ (Wikipedia)



CD付き みなみけ8巻 限定版 (ヤングマガジンコミックス)
CD付き みなみけ8巻 限定版 (ヤングマガジンコミックス)
  みなみけ(8) (ヤングマガジンコミックス)
みなみけ(8) (ヤングマガジンコミックス)
  そんな未来はウソである(1) (KCデラックス)
そんな未来はウソである(1) (KCデラックス)
  【講談社ZIPPO】 ヤングマガジン 30周年記念 みなみけ ジッポー ZIPPO
【講談社ZIPPO】 ヤングマガジン 30周年記念 みなみけ ジッポー  ZIPPO
スポンサーサイト

| みなみけ | この記事のURL | comments:4 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT

この記事を拝見するまで、通常版の購入を忘れておりましたっ!不覚w

>内容について簡単に触れておくと、この第8巻では次にあげるような初めて聞くような設定とか、意外な展開が多々あります。どれも「みなみけ」のコアなファンにとっては、感慨深いものがありますね。

チアキのバカ野郎増量が、個人的には一番嬉しいトコロですね。
カナの昔話は映像化してほしいッス!

>第8巻(初回限定版)の特典はアニメ1期のスタッフを起用したドラマCDで、ファンの間では評判は上々です。ヤンマガ編集部もファンが求めているモノが何なのか分かった筈なので、次回も限定版特典はドラマCDになりそうな予感。

あるいは…w
まあとにかく、違和感なく台詞をいじる技術的なものが、コハルワールドは、他のメディア化した場合、出来を大きく左右することを、痛感されたのではないかと。

| 長男 | 2011/03/09 | URL

◆長男さんへ

> この記事を拝見するまで、通常版の購入を忘れておりましたっ!不覚w

通常版は帯が付いてるので重要です!(キリッ


> >内容について簡単に触れておくと、この第8巻では次にあげるような初めて聞くような設定とか、意外な展開が多々あります。どれも「みなみけ」のコアなファンにとっては、感慨深いものがありますね。
>
> チアキのバカ野郎増量が、個人的には一番嬉しいトコロですね。
> カナの昔話は映像化してほしいッス!

カナの昔話を映像化する場合、脚本は鴻野氏ですね。
1期のチビカナ&チビチアキ回は鴻野氏の独断場でしたからw


> >第8巻(初回限定版)の特典はアニメ1期のスタッフを起用したドラマCDで、ファンの間では評判は上々です。ヤンマガ編集部もファンが求めているモノが何なのか分かった筈なので、次回も限定版特典はドラマCDになりそうな予感。
>
> あるいは…w
> まあとにかく、違和感なく台詞をいじる技術的なものが、コハルワールドは、他のメディア化した場合、出来を大きく左右することを、痛感されたのではないかと。

遅きに失した感もありますが、アニメ1期スタッフを召還したことは大英断ですね。
大人の事情よりも、ファンの声を優先させた編集さん(`∀゚)bグッジョブ!

| 三四郎. | 2011/03/09 | URL

こんにちは。単行本の詳細なレビューご苦労様です。
おちついたので、遅ればせながら少しだけコメントをお送りします。
(身の周りでは今のところ被害なしです)

>折り込みピンナップ
1枚目のキャラチョイスが意外で驚きました。(2枚目のSDキャラも意外といえば意外でしたが)
天使チアキがなんとなく小悪魔風で、ちょっとエッチなイラストですな(笑)あんたやっぱり悪魔だねッ!?

>登場キャラ一覧
内田登場数凄いですねえ・・・。吉野の倍ですか。マコちゃんよりマコトが多いのは意外です。女装しないまま南家に行った回が2回あって、マコトもマコちゃんも出てくる回が2回あるからですね。
あ、ひとつだけ指摘させていただくのですが、「アレルゲン」の冒頭で熊田先生は登場していましたよ~

書き足しページは今回も可愛いのが多くて嬉しかったです。
それはそうと、「こう!」の回の後のページで描かれているのは、恐らくあのキャラですよね・・・?
個人的に今回の単行本で一番驚いたポイントでした。後ろ向きで出してはっきり描かないあたり、コハル先生も狙ってやってると見ました(笑)

| ヒツジ | 2011/03/13 | URL

◆ヒツジさんへ

> こんにちは。単行本の詳細なレビューご苦労様です。
> おちついたので、遅ればせながら少しだけコメントをお送りします。
> (身の周りでは今のところ被害なしです)

コメントありがとうございます。
御無事で何よりです。(`・ω・´)


> >折り込みピンナップ
> 1枚目のキャラチョイスが意外で驚きました。(2枚目のSDキャラも意外といえば意外でしたが)
> 天使チアキがなんとなく小悪魔風で、ちょっとエッチなイラストですな(笑)あんたやっぱり悪魔だねッ!?

ここ最近、「みなみけ」にしても「そんみら」にしても、ちょっとエッチい絵が多いですね~。
しかもパンツではなく、ブラチラとかヘソチラとか、けっこうマニアック!(*´Д`*)


> >登場キャラ一覧
> 内田登場数凄いですねえ・・・。吉野の倍ですか。マコちゃんよりマコトが多いのは意外です。女装しないまま南家に行った回が2回あって、マコトもマコちゃんも出てくる回が2回あるからですね。
> あ、ひとつだけ指摘させていただくのですが、「アレルゲン」の冒頭で熊田先生は登場していましたよ~

あ!第7巻レビュー記事の一部をコピペしたので、誤った記述になってしまいました。^_^;
早速、修正しておきました。ご指摘ありがとうございます。m(_ _)m


> 書き足しページは今回も可愛いのが多くて嬉しかったです。
> それはそうと、「こう!」の回の後のページで描かれているのは、恐らくあのキャラですよね・・・?
> 個人的に今回の単行本で一番驚いたポイントでした。後ろ向きで出してはっきり描かないあたり、コハル先生も狙ってやってると見ました(笑)

色々な意味で深いですね~。P.37の挿絵。
本来なら吉野ちゃんがツッコミを入れた方が面白いのですが、男子の着替えシーンなのでそれは無理。
そこで白羽の矢が立ったのが、本編に名前だけ登場した彼。
しかし、コハル先生の遊び心で、後ろ姿だけに。
という流れかもw

| 三四郎. | 2011/03/13 | URL













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/542-7476535a

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事