前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

[マンガ感想] そんな未来はウソである 第16話

別冊少年マガジン2011年1月号(通巻16号)に掲載されている「そんな未来はウソである」 Vol.16 『ハッキリさせる』の感想です。

別冊少年マガジン2011年1月号 「そんな未来はウソである」 Vol.16 『ハッキリさせる』

以下、マンガの内容に触れていますので、未読の方はご注意ください。



「そんな未来はウソである」 Vol.16 『ハッキリさせる』

パーティー主催者の目に涙! 泣かしちゃったのは誰だ!?
(扉ページ[P.45]のアオリ文)

将来、クラスメイトの高山と結婚する自分の未来を見てしまった大橋ミツキ。そのきっかけを作ってしまった佐藤アカネは、意識することで未来が変わってしまわぬよう、高山とミツキをくっつけるべく奮闘する。そんな中、2人の仲を取り持つためにパーティーを開くことになったアカネ。孤独を愛する女が主催する、高校生パーティーが始まる!
(2ページ目[P.46]の柱文/前号までのあらすじ)
今月の別マガでは、「そんな未来はウソである」が2番目に掲載されている。前号は3番目、前々号は18番目、2010年6月号に至っては最後から2番目だった。少年ジャンプとは違い、掲載順に意味は無さそうだけど、どういった基準で台割しているのだろう。巻頭作品、カラー作品は最初から決まっている筈だが、その他の作品は入稿の早い順なのだろうか?

▊ パーティー恐るべし!

「そんな未来はウソである」 Vol.16 『ハッキリさせる』 パーティー開催が決定した その日の放課後。アカネたちはピザの材料調達のため、学校帰りにスーパーに立ち寄る。ミツキが 江口やマドカのわがままなリクエストに賛同したため、カゴの中はコーンやツナ、お菓子等でいっぱいだ。

買い物を済ませた一同は高山の自宅へ到着。アカネとミツキは台所に入り、ピザトースト作成の準備に入る。ところが、食パンを目にしたミツキは、しょんぼりうつむき加減に・・・。丸いピザだと思っていたのに、目の前にあるのは四角い食パン。これでは「丸いピザを分け合うことで仲良くなれる」※1計画が実行できなくなってしまう。意気消沈したミツキに対して、理由を尋ねるアカネ。しかし、丸いピザで頭がいっぱいなミツキはアカネの質問には答えず、その代わりに「そうだ」と呟き、あるアイデアを思い付く・・・。実は初読の際、「そうだ」の意味が分からず「?」となったが、読み進んでいくうちに理解できたのは、ここだけの話だ(笑)。

その頃、畳敷きの居間では江口、マドカ、高山が談笑中だった。江口はマドカと高山の会話から、この二人とミツキの複雑な人間模様を初めて知ったらしく、興味津々のようす。しかし、事情がよく飲み込めず、「私も(高山君と)つきあった方がいいの?」とトンチンカンなことを言い出しやがります。まあ、当の高山もワケワカラン状態なので、江口の発想もさもありなんだけどね(笑)。

そうこうしているうちに、台所ではピザトーストが完成。焼き上がったばかりのピザをお皿に載せ、アカネは居間へと向かう。するとそこでは、江口を巻き込み、何やら妙な展開になっているではないか。話の前後関係が分からないアカネは「高山君に彼女が増えたと!?」と勘違い。「パーティー恐るべし!」と心の中で驚きの声を上げる。そして その横で、「アカネちゃんピザさめちゃうよ」と言っているミツキのツッコミが可愛い

ピザを載せたお皿は、早速テーブルの上に置かれる。ミツキの強い要望(前述のアイデア)を受け、食パンを丸く切って五等分したというアカネ。ピザ大好き娘の江口は、「かわいー 一口サイズだ」大喜びだ。するとそれを聞いたアカネは「一口サイズなので、一口でどうぞ!」と、上から目線の物言いで食べ方を強要しやがります。何と迷いのない瞳!第13話の冒頭シーンみたいに、ドSモード全開だ(笑)。で、焼きたてのピザを一口で食べたため、言い出しっぺのアカネも含め、お口の中は熱々状態。全員の口から「あっくい!」という言葉が飛び出す。

そんな中、ミツキは丸いピザの効力(仲良くなれる力)が気になるらしい。隣に座っている江口に向かい「どれくらいで効いてくるの?」と尋ねる。しかし、訊かれた方の江口は、真剣な顔にミツキに対して、あれは冗談とは言えず、「2時間後ぐらいかな?」とテキトーに取り繕う始末。この時の時刻は午後4時。2時間後の午後6時に何が起きるのだろう?!(はい、ここ伏線ね)

ところで、焼き上がったピザって1枚だけなの?買ってきた食パンは1斤あったけど、6枚or8枚切りのパンを全部重ねて層を作り、圧縮してピザにしたのだろうか?!

※1ピザを食べたいが為に、江口がミツキに語った戯言。純心なミツキは、それを信じ込んでしまった。(前号の4ページ目(P.94)の1コマ目参照)

▊ お祭り大好きっ子

「そんな未来はウソである」 Vol.16 『ハッキリさせる』 ピザを食べた後は、楽しいおしゃべりタイムへ。そこでアカネの意外な一面が話題に上がり、アカネはパーティー大好きっ子だと思われてしまう。江口的には いい意味で言ったのだが、アカネは頬を紅潮させ、それを全否定。更にテーブルに背を向け、いじけモードに突入。あまつさえパーティー開催の目的(高山とミツキの親睦を深める)も達成できず、お祭り大好きっ子※2の烙印も押さてしまい、思い起こせば、これまでしてきたことは空回りばかり・・・。とうとうアカネは涙目になり、自分の殻に閉じこもってしまう。心配したミツキが声をかけるが、「もう ほっといて」と、一切聞くを耳持ない。さっきまでドSだったのに、意外にメンヘルか、お前は?(←チアキの口調で)

一方、アカネが拗ねた原因の一つが、自分にあることに気付かない高山。しかし、ミツキがアカネを心配していることには気付き、心を痛めたようす。「もしオレが楽しそうな顔をできてなくて それが気に入らないのなら・・・・・・ごめん」と謝り、とりあえず、その場をとりなす。 ところが、突然の、それも訳の分からない高山の謝罪を聞き、アカネはあっけに取られるばかり。間髪おかず、江口とミツキもアカネに謝り始め、しかも高山に輪をかけたような意味不明な謝罪で、もう何が何やら(ちなみにマドカは謝罪していない)。

けっきょく、高山たちのピント外れのとりなしに、落ち込むのもバカらしくなり、アカネの強気モードが復活。「私は全然『お祭り女』じゃないからね!」と、毅然とした表情で言いい放つ。誰も『お祭り女』とは言ってないので、早速ツッコミを受けているが、居丈高になったアカネの耳には届くはずもない。そればかりか、「みんながパーティーやりやいって言ったから 私は仕方なくやってるわけ」と唱える始末である。アカネの主張は事実とは異なるが、これ以上 話をややこしくしたくない江口と高山は、それを受け入れパーティーは無事再開。ミツキにも笑顔が戻る。

そして、ふと時計を見ると午後6時。どうやら江口の「2時間後に仲良くなれる」発言は、嘘から出た誠になったようだ。また、最終コマの会話は、「みなみけ」第144話『らしく』のラスト※3を彷彿させる。つまり今回はオチが二つあるって事でござるな。ストーリーは淡々とした展開なんだけど、構成的には実に深い話じゃなイカ。

※2アカネの脳内で「パーティー」が、いつの間にか「お祭り」に変換されている。なんか「みなみけ」第44話のカナっぽい(笑)。
※3「さあチアキ!遊ぼう!」と言うマコちゃんに対し、チアキが「もう遅いから帰ったほうがいいぞ」と告げるオチ。

別マガ1月号 特大アンケートプレゼント

別冊少年マガジン2011年1月号 特大アンケートプレゼント クオカ3枚セット 「そんな未来はウソである」関連のプレゼントは、毎度お馴染み別マガ特製クオカ3枚セット。「そんな未来は―」の他は「マルドゥック・スクランブル」 「進撃の巨人」であります。

素朴な疑問なんだけど、クオカの絵柄は毎回違うのだろうか?創刊2号の時から、小さな注意書きで「※現在製作中のためデザインは変更になることがあります」と書かれてるよね(笑)。

次号発売日

次号「別冊少年マガジン2月号」は2011年1月6日(土)発売!
9日が日曜なので1日前倒しされてます。ご注意あれ!

なお、次号予告ページ等では、次の4作品の単行本が1月7日(金)に発売されると告知されている。
  • じょしらく (第2巻)
  • マルドゥック・スクランブル (第4巻)
  • 嵐の伝説 (第2巻)
  • ぷあぷあ (第2巻)
残念ながら、「そんな未来はウソである」の単行本情報は何処にも載っていなかった。単行本化のストックは十分あるので、話題性等を考慮して、CD付き みなみけ8巻 限定版CD付き みなみけ8巻 限定版みなみけ第8巻[AA]と同時発売になるのだろうか?!

【関連記事】
■ [レビュー] そんな未来はウソである 第1巻 (KCデラックス)

■ [マンガ感想] そんな未来はウソである 第15話
■ [マンガ感想] そんな未来はウソである 第17話
■ そんな未来はウソである キャラクター呼称表
■ マガジンSPECIAL (スペシャル) 2010年No.1を買ってきた

■ [マンガ感想] みなみけ 第163話 「見つかった」
■ [マンガ感想] みなみけ 特別編 「どんな?」 (月刊ヤングマガジン2010年8月号 出張掲載)
■ [レビュー] みなみけ 第7巻 (初回限定版・通常版)
■ [レビュー] みなみけ 3姉妹特製フィギュア (みなみけ第7巻・初回限定版)
■ みなみけクリアファイルが届いた

■ 「みなみけ」「今日の5の2」ほか、桜場コハル作品に登場する大人キャラ
■ みなみけ(原作) キャラクターの南家マンション訪問回数ランキング
■ 今日の5の2 (原作・OVA・TVアニメ・OAD)のライトエッチシーンに関するまとめ
■ 「今日の5の2」 田中ハルカに関するまとめ
■ 「今日の5の2」漫画文庫と単行本の違いを調べてみた

【関連サイト】
■ そんな未来はウソである (Wikipedia)
■ 桜場コハル (Wikipedia)



そんな未来はウソである(1) (KCデラックス)

そんな未来はウソである(1) (KCデラックス)

Amazon.co.jpで見る

   
別冊少年マガジン 2009年 12月号 [雑誌]

別冊少年マガジン 2009年 12月号 [雑誌]

Amazon.co.jpで見る

   
CD付き みなみけ8巻 限定版

CD付き みなみけ8巻 限定版

Amazon.co.jpで見る

   

みなみけ(8) (ヤングマガジンコミックス)

みなみけ(8) (ヤングマガジンコミックス)

Amazon.co.jpで見る

スポンサーサイト

| そんな未来はウソである | この記事のURL | comments:2 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT

本人の意思は全く関係なく、気がつくと周囲の状況がカオスになっている。
こういう流れが桜場作品の特徴の一つですよね。

そしてもう一つが
>「私も(高山君と)つきあった方がいいの?」
に至るまでの台詞の流れですよねw
普通なら、「いいじゃんつきあってるんだから!」の後に
「?どういうこと?」と続くと思うんですよ。
ですが「何その人間もよう!!」という台詞を挟むと
ハイ、桜場作品っぽくなった、と思うんです、はいw

とりあえず、ピザが丸くないと(´・ω・`)ショボーンなミツキが(*´Д`*)

| 長男 | 2010/12/11 | URL

◆長男さんへ

> 本人の意思は全く関係なく、気がつくと周囲の状況がカオスになっている。
> こういう流れが桜場作品の特徴の一つですよね。

そして、傍観者と思われていた人間(今回でいうと江口)が、いい味を出すわけですねw

> そしてもう一つが
> >「私も(高山君と)つきあった方がいいの?」
> に至るまでの台詞の流れですよねw
> 普通なら、「いいじゃんつきあってるんだから!」の後に
> 「?どういうこと?」と続くと思うんですよ。
> ですが「何その人間もよう!!」という台詞を挟むと
> ハイ、桜場作品っぽくなった、と思うんです、はいw

もし仮に、この作品がアニメ化されるとしたら、スタッフをふるいにかける検定問題に
できそうです。

問) 江口の吹き出し(1)(2)にふさわしい台詞を入れなさい

マドカ「いいじゃん つきあってるんだからー」
江口「    (1)     」
マドカ「高山はミツキとつきあうために私とつきあってる」
江口「    (2)     」
高山「オレにもよくわからん」

選択肢 (A)何その人間もよう!! (B)?どういうこと? (C)えー! (D)なんじゃそら~

> とりあえず、ピザが丸くないと(´・ω・`)ショボーンなミツキが(*´Д`*)

アカネに「ミツキー早くおいでー」と呼ばれ、急いで台所に向かうコマもいいですね。
こういった何気ない仕草からも、アカネのことを慕っていることが分かります。

| 三四郎. | 2010/12/11 | URL













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/496-8354978e

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事