前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

[マンガ感想] みなみけ 第161話 「わかったぞ」

週刊ヤングマガジン2010年No.48に掲載されている「みなみけ」第161話『わかったぞ』の感想です。

週刊ヤングマガジン2010年No.48 みなみけ 第161話 「わかったぞ」

以下、マンガの内容に触れていますので、未読の方はご注意ください。



第161話 『わかったぞ』 ストーリー&感想

座布団から生まれた ふじおか2号登場!
(扉ページ[P.209]の柱文)

早速、悪戯イタズラを思い付いたカナだが、いつものキレがないような気がするぞ。どうかしたのカナ?
(2ページ目[P.210]の柱文)
まさかの続編!そして、2ページ目の柱文に まさかの語尾ダジャレ(「どうしたのカナ?」)。今回の「みなみけ」は、いつもと何かが違う予感!

▊ いつもと違う何か

みなみけ 第161話 「わかったぞ」 『ふじおか2号』を持参し、南家マンションにやって来たトウマ。それを見たカナは、あまりの出来映えに驚きを隠せない。ちなみに、『ふじおか2号』とは前回、トウマが兄貴たちに女らしさを証明するため作ったぬいぐるみである。材料は座布団で、姿・形が『ふじおか』にそっくりなことから、編集さんにより『ふじおか2号』と命名された(作中での正式名称ではない)。なお、トウマの当初の目的は叶わず、現在は兄貴たちの枕として大活躍中らしい。

カナは『ふじおか2号』がオリジナルにそっくりなことをいいことに、早速 イタズラを画策する。2号とオリジナルをすり替え、チアキをからかう魂胆だ。一方、トウマは カナのようすがいつもと違うことに気付く。しかし、何がどう違うのか分からないようす(右図参照)。男性は女性の外見の変化に気付かないことが多いが、そういった意味ではトウマは正真正銘の漢ですな(笑)。

この直後、チアキが登場。テーブルの上に置かれていた『ふじおか2号』を手に取り、愕然となる。ところが、何がどう違うのか言葉にすることが出来ない。その挙げ句の果てに、カナが『ふじおか』に何か細工をしたものと勘違い。「お前 何かしたか?」とカナに詰め寄る。だがしかし、チアキの物言いに対し、「具体的に言ってみろ!」と歯牙にもかけないカナ。痛いところをつかれたチアキは反撃することもできず、一言も言い返せない有り様だ。天下無敵のお利口さんともあろう者が、いったいどうしたことか・・・。第29話『似合─う』の中で、カナが「チアキの目が半分閉じてるのは見たくない物を見ないため」と言ってたけど、観察力も奪ってるんじゃなイカ?マコちゃんの正体も見破れないし、あながち否定できないでゲソ。

▊ 変化を受け入れろ

みなみけ 第161話 「わかったぞ」 カナとチアキが対峙していたところ、突然トウマが「わかったぞ!」と叫び声を上げる。そして「今日テンション低いだろ?」とか「血圧か?」といった、カナがいつもと違って見えた理由を挙げていくんだけど、どれもこれも大ハズレ。カナからは「テンションは平年並み」、「血圧なら お前が間違うたびに上がっていく」と言い返される始末だ。このあたりの会話のやりとりは、いかにも「みなみけ」といった感じで思わずニヤニヤ。平年並みのテンションという発想は、普通のマンガでは絶対に出て来ない。

閑話休題。トウマがあまりにも的外れなことを言うので、カナは懐疑心を抱き始める。「変化に気付いていて、当てないつもりだな」と。更に、そっちがそのつもりならということで、カナは「答えは言わない」宣言を発布。予期せぬ事の成り行きに焦ったトウマは、チアキに助けを求める。然るに、ここでまたしても 予想外の展開が待ち受けていた。チアキは「人を取り巻く状況は刻一刻変化していく」云々と言い出し、「変化を受け入れろ」と上から目線の教訓を垂れやがったのだ(左図参照)。しかも、チアキの腕の中には『ふじおか2号』が!そんな言行一致のチアキ先生のお姿を見て、トウマは決意を固める。カナの変化については「もう気にしない」と。そしてチアキに古着の礼を言い、颯爽と立ち去ろうとするが・・・。

ことここに至り、トウマが本当に変化に気付いていなかったことを知るカナ。ここで帰られたら目覚めが悪いと思ったのかもしれない。トウマを呼び止めるや、すかさず正解(髪を結ぶ位置が低くなっている件)を教えちゃいます。トウマは諦めていた答えを知ることができ、カナも心残りが無くなり、お互いにハッピー×ハッピーな結末。南家リビングは二人の笑い声で包まれ、カナの変化問題は一件落着を迎えるのであった。めでたしめでたし。

ただその一方で、チアキだけはテーブルに座ったまま絶句していた。カナが立ち上がった際、隠していた『ふじおか』がテーブルの上にゴロンと転がり、姿を見せたからだ。変化を受け入れたチアキにとって『ふじおか』とは『ふじおか2号』のこと。つまり、オリジナルの『ふじおか』は、もはや『ふじおか』(=2号)によく似た別のものでしかないのだ。なので、チアキがオリジナルに向かい「誰だ!?」とつぶやいたのは、ごくごく自然な流れと言えよう。もしかしたらこれは、常に身の回りで起きているといわれる『カップ焼きそば現象』の一種なのかもしれない(笑)。

今回のカナの髪型は二つ結びと言うそうだ。ツインテールは「左右に分けた髪を耳より高い位置で結んだ髪型」のことなので、髪型マニアの間では区別されているらしい。

次回掲載号

次回登場は11/15発売号。単行本限定版の準備始めました。
(最終ページより)
ということで、次回の「みなみけ」はヤンマガ11月15日発売号(No.50)に掲載されます。
そして、まさかの単行本・第8巻の情報が!今回は「まさか」の連続ばかりでゲソ。あ、限定版の特典は吉野ちゃん・内田・トウマのフィギュアでお願いします。

単行本・第8巻の収録範囲を予想

早くも8巻の季節到来ということで、収録される範囲を推定してみようじゃなイカ。まず、既刊(第1巻~第7巻)の収録話数は下表のとおり。第6巻までは20本または21本で推移していたが、第7巻では19本に減少している。

巻数 収録範囲 収録話数計
1 第1~19話+描き下ろし1話 20
2 第20~39話 20
3 第40~60話 21
4 第61~81話 21
5 第82~101話 20
6 第102~122話 21
7 第123~141話 19

単行本・第8巻のストックは、今回の第161話で21本貯まった(下表参照)。問題は第160話と第161話の扱いだけど、この2本は『ふじおか2号』に関する続き物なので、泣き別れ(別々の巻に収録)になるとは考えににくい。よって、8巻の収録範囲は第159話 「神になる」迄の全19本、もしくは今回の話(第161話)迄の全21本になりそうな気がする。あと、ヤングマガジン2010年No.29に載っていた合作マンガ「アゴなしゲンと30周年物語」は、「みなみけ」本編が19本なら再録される余地がありそう。

  話数 サブタイトル 掲載誌
1 142 鬼教官 週刊ヤングマガジン2010年No.05+06
2 143 おとずれ 週刊ヤングマガジン2010年No.08
3 144 らしく 週刊ヤングマガジン2010年No.10
4 145 考えて 週刊ヤングマガジン2010年No.12
5 146 知ってたよ 週刊ヤングマガジン2010年No.14
6 147 恥じること 週刊ヤングマガジン2010年No.16
7 148 ウソでした 週刊ヤングマガジン2010年No.18
8 149 アレルゲン 週刊ヤングマガジン2010年No.20
9 150 旬のもの 週刊ヤングマガジン2010年No.23
10 151 絶対アレ 週刊ヤングマガジン2010年No.25
11 152 今を楽しむ 週刊ヤングマガジン2010年No.29
12 153 週刊ヤングマガジン2010年No.31
13 特別編 どんな? 月刊ヤングマガジン2010年08月号
14 154 よく焼いた 週刊ヤングマガジン2010年No.33
15 155 ラッキー 週刊ヤングマガジン2010年No.35+36
16 156 いたから 週刊ヤングマガジン2010年No.38
17 157 こう! 週刊ヤングマガジン2010年No.40
18 158 忘れるもの 週刊ヤングマガジン2010年No.42
19 159 神になる 週刊ヤングマガジン2010年No.44
20 160 足りない 週刊ヤングマガジン2010年No.46
21 161 わかったぞ 週刊ヤングマガジン2010年No.48


【関連記事】
■ みなみけクリアファイルが届いた
■ [マンガ感想] みなみけ 第160話 「足りない」
■ [マンガ感想] みなみけ 第162話 「実験してみる」
■ [マンガ感想] みなみけ 特別編 「どんな?」 (月刊ヤングマガジン2010年8月号 出張掲載)
■ [レビュー] みなみけ 第7巻 (初回限定版・通常版)
■ [レビュー] みなみけ 3姉妹特製フィギュア (みなみけ第7巻・初回限定版)
■ [レビュー] グッドスマイルカンパニー みなみけ ねんどろいど 南千秋
■ [レビュー] みなみけ+今日の5の2 キャラファンBOOK

■ みなみけ(原作) アツコがトウマを男の子と勘違いするに至った経緯
■ みなみけ(原作) 南家三姉妹の登場回に関するまとめ
■ みなみけ(原作) 下着回に関するまとめ
■ みなみけ(原作) チアキの「バカ野郎」発言に関するまとめ
■ みなみけ(原作) 藤岡のカナ呼称問題に関する考察
■ みなみけ(原作) キャラクターの南家マンション訪問回数ランキング
■ 「みなみけ」「今日の5の2」ほか、桜場コハル作品に登場する大人キャラ
■ みなみけ 自作壁紙 1枚目 (南春香)

■ みなみけ(第1期) アイキャッチ・エンドカード・提供クレジット集
■ みなみけ(第1期) DVD作画修正チェック 第1巻~第2巻
■ [レビュー] みなみけ オリジナルミニドラマ・サントラ OP/ED リアレンジVer. CD1
■ [レビュー] みなみけ(第1期) ドラマCD

【関連サイト】
■ みなみけ (StarChild 公式)
■ みなみけ (Wikipedia)



みなみけ(7) (ヤングマガジンコミックス)

みなみけ(7) (ヤングマガジンコミックス)

桜場 コハル

Amazon.co.jpで見る

   
   
   
スポンサーサイト

| みなみけ | この記事のURL | comments:3 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT

>天下無敵のお利口さんともあろう者が、いったいどうしたことか・・・。

チアキって、豊富な知識と教養に裏づけされた、インテリさんですけど、周囲の状況に対する洞察力が、なんとも微妙、という感じがします。
意図的ではなく、肝心なトコロも、素でスルーしちゃう感じでw

逆に、知識面は残念だけど、周囲の状況に対する洞察力と適応力がハンパないのがカナなのではないかと。
これが絶妙なバランスというか、みなみけ的ネタを構成する要素になっているんだと思います、はい。
二人が合体したら、完璧超人キャラになるんじゃなイカ?

>平年並みのテンションという発想は、普通のマンガでは絶対に出て来ない。

ニヤニヤが止まらないですよね、ここらへんはw
コハル作品は、この台詞回しのセンスが独特すぎて、この雰囲気をトレースするのが、難易度高杉でゲソ。
二次創作系で、しっくりくる台詞回しには、なかなか出会えないじゃなイカ。

>※今回のカナの髪型は二つ結びと言うそうだ。ツインテールは「左右に分けた髪を耳より高い位置で結んだ髪型」のことなので、髪型マニアの間では区別されているらしい。

「おさげ」じゃダメなんですね…修行しなおしてきます(´・ω・`)

| 長男 | 2010/11/03 | URL

こんにちは
感想おつかれさまです

>どうかしたのカナ?
どうしたもこうしたも、のっけから凄い違和感があったので思わず凝視してしまい、1ページ目で気付きましたw
なんのテコ入れが始まったのかとビックリしたわ!w

>『ふじおか2号』
こちらは、カナの説明がなく冒頭から2号しか出ていなかったら、違和感を抱えたまま本当に気付かなかったかもしれません。
結局トウマのぬいぐるみ作りは「工作」扱いなんですね。
お兄さん達には喜んでもらえたようですが当初の目的とは明らかに違う形であり、得意になっているトウマの姿もやはりとても男の子っぽいわけでw
(でも実にいきいきとしているじゃないのw)

>「人を取り巻く状況は刻一刻変化していく」「変化を受け入れろ」
『みなみけ』自体が、刻一刻と変化する絵柄を受け入れながら読む作品ですからねw
毎回読んでると気付かないけど、単行本単位で較べると結構絵が違ってて驚きます。
そんなわけで、チアキ先生のお言葉にはある意味説得力を感じました。(←なんじゃそら)

>「誰だ!?」
ふじおか(オリジナル)にとって酷過ぎるオチwww

>単行本
よっしゃ来た!
うわーい楽しみー。これまでの登場順を考えると、表紙はチアキでしょうか?

>特典は吉野ちゃん・内田・トウマのフィギュアで
それ欲しーw

| ヒツジ | 2010/11/03 | URL

◆長男さんへ

> >天下無敵のお利口さんともあろう者が、いったいどうしたことか・・・。
>
> チアキって、豊富な知識と教養に裏づけされた、インテリさんですけど、周囲の状況に対する洞察力が、なんとも微妙、という感じがします。
> 意図的ではなく、肝心なトコロも、素でスルーしちゃう感じでw
>
> 逆に、知識面は残念だけど、周囲の状況に対する洞察力と適応力がハンパないのがカナなのではないかと。
> これが絶妙なバランスというか、みなみけ的ネタを構成する要素になっているんだと思います、はい。
> 二人が合体したら、完璧超人キャラになるんじゃなイカ?

でも、ハルカ姉さまを超えることは絶対にできません!(キッパリw
特に胸とか胸とか胸とか(*´Д`*)

> >平年並みのテンションという発想は、普通のマンガでは絶対に出て来ない。
>
> ニヤニヤが止まらないですよね、ここらへんはw
> コハル作品は、この台詞回しのセンスが独特すぎて、この雰囲気をトレースするのが、難易度高杉でゲソ。
> 二次創作系で、しっくりくる台詞回しには、なかなか出会えないじゃなイカ。

そう考えると、アニメ1期のオリジナルシナリオは、もう神の領域ですよね。

> >※今回のカナの髪型は二つ結びと言うそうだ。ツインテールは「左右に分けた髪を耳より高い位置で結んだ髪型」のことなので、髪型マニアの間では区別されているらしい。
>
> 「おさげ」じゃダメなんですね…修行しなおしてきます(´・ω・`)

「おさげ」は「三つ編み」にした「二つ結び」のことを指すらしいです。
より限定的な「二つ結び」ってことですね。
髪型の世界は、なかなか奥が深いじゃなイカw


◆ヒツジさんへ

> >どうかしたのカナ?
> どうしたもこうしたも、のっけから凄い違和感があったので思わず凝視してしまい、1ページ目で気付きましたw
> なんのテコ入れが始まったのかとビックリしたわ!w

服装もいつもと違うし、少しお姉さんっぽく見えますよね。

> >『ふじおか2号』
> こちらは、カナの説明がなく冒頭から2号しか出ていなかったら、違和感を抱えたまま本当に気付かなかったかもしれません。
> 結局トウマのぬいぐるみ作りは「工作」扱いなんですね。
> お兄さん達には喜んでもらえたようですが当初の目的とは明らかに違う形であり、得意になっているトウマの姿もやはりとても男の子っぽいわけでw
> (でも実にいきいきとしているじゃないのw)

チアキがプレゼントした古着で何を作るのか気になります。
兄貴たち全員の枕だとすると、ふじおか3号&4号とか?w

> >「人を取り巻く状況は刻一刻変化していく」「変化を受け入れろ」
> 『みなみけ』自体が、刻一刻と変化する絵柄を受け入れながら読む作品ですからねw
> 毎回読んでると気付かないけど、単行本単位で較べると結構絵が違ってて驚きます。
> そんなわけで、チアキ先生のお言葉にはある意味説得力を感じました。(←なんじゃそら)

6巻の頃と比べると、目も少し大きくなってるし、チアキの顔に「ぷにぷに感」がありますね。

> >「誰だ!?」
> ふじおか(オリジナル)にとって酷過ぎるオチwww

今回は分かりやすいオチでしたw

> >単行本
> よっしゃ来た!
> うわーい楽しみー。これまでの登場順を考えると、表紙はチアキでしょうか?

既刊の順番からいくとチアキになりそうですね。
自分の場合、吉野ちゃんでも全然OKですがw
てか吉野ちゃんにして欲しいでゲソ

> >特典は吉野ちゃん・内田・トウマのフィギュアで
> それ欲しーw

吉野ちゃんフィギュアが付くなら3冊は買おうじゃなイカw

| 三四郎. | 2010/11/03 | URL













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/474-c6aaf681

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事