前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

To LOVEる-とらぶる- バラエティーCD その4 を購入

今更だけどTo LOVEる-とらぶる- Variety CD その4を買ってきました~

To LOVEる-とらぶる- バラエティーCD その4
開封前のパッケージ

実は購入する予定は無かったんだけど、ラジオ番組の中で流された沙姫お嬢様のキャラソン「わたくしナンバーワン!!」が頭の中から離れなくなってしまったのだよw


To LOVEる-とらぶる- バラエティーCD その4
ジャケット裏面
    To LOVEる-とらぶる- バラエティーCD その4
DISCレーベル

CDジャケットの裏面とDISCレーベル面は上記のとおり。沙姫お嬢様が真ん中でないのが少々気になるが、唯とルンが可愛いく描かれているので許すw

To LOVEる-とらぶる- バラエティーCD その4
ブックレット(P.2~P.3)
To LOVEる-とらぶる- バラエティーCD その4
ブックレット(P.4~P.5)
To LOVEる-とらぶる- バラエティーCD その4
ブックレット(P.6~P.7)

ブックレットは全8ページ(表紙・裏表紙含む)。構成はINDEXとスタッフ一覧(P.2~P.3)、お嬢様のキャラソンの歌詞(P.4~P.5)、唯のキャラソンの歌詞(P.6)、ルン/レンのキャラソンの歌詞(P.7)で、残念ながら描き下ろしのイラスト等は無い。ただ、お嬢様の歌詞に2ページ割り当てている点は評価できるぞ!

CDの収録内容は下表のとおり。キャラソン×3、オーディオドラマ×2という、いつも通りの構成だ。

 Track   内容   時間 
 1   CHARACTER SONG 
 わたくしナンバーワン!!
 歌:天条院沙姫(川澄綾子)
 03:19 
 2   AUDIO DRAMA 
 お嬢様(クィーン)の遭難 沙姫篇
 13:31 
 3   CHARACTER SONG 
 まんなかSensitive
 歌:古手川唯(名塚佳織)
 03:58 
 4   AUDIO DRAMA 
 チクタクチクタク恋の音♥ 唯篇
 11:49 
 5   CHARACTER SONG 
 SWITCHIん!
 歌:ルン/レン(大浦冬華)
 03:13 
 収録時間計   35:50 

収録内容に関する個人的な感想は以下のとおり。あまり参考にはならないと思うけどw

CHARACTER SONG 「わたくしナンバーワン!!」 歌:天条院沙姫(川澄綾子)
作詞:矢吹健太朗/作曲:大渕桃子/編曲:大久保薫

これまで川澄さんのキャラソンは何曲も聴いてきたが、この「わたくしナンバーワン!!」ほど強烈な曲は今まで無かったと思う。川澄さんが演じた同じ高飛車お嬢様キャラである師走ミーナのキャラソンが可愛らしいポップスであったのに対して、こちらは沙姫お嬢様の言動をそのまま歌にしたって感じ。“わたくしナンバーワン!”のリフレインや、お嬢様を絶賛する数々のコーラス、途中挿入されるお嬢様のセリフ(ラップ、高笑い)等、一度聴いたら病みつきになること間違いなしw

AUDIO DRAMA 「お嬢様(クイーン)の遭難 沙姫篇」
天条院リゾートのスキー場で沙姫、凛、綾が遭難。助けを呼ぼうにもケータイの電波は届かず、三人の行く手を吹雪が阻む。そんな状況の中、怪我をした綾を背負い、必死に雪原の中を進む沙姫。綾は申し訳なくなり、自分を下ろすように頼むが、正義感の強い沙姫はそれを拒む。「いつも沙姫様に助けられてばかり」と礼を言い、沙姫と出会った幼少の日を回想し始める綾・・・といったお話。アニメではおバカで高飛車なお嬢様キャラとして描かれていたけど、このオーディオドラマでは沙姫お嬢様のやさしい一面を垣間見ることができる。

CHARACTER SONG 「まんなかSensitive」 歌:古手川唯(名塚佳織)
作詞:くまのきよみ/作曲:編曲:大久保薫

唯のキャラソンは「Variety CD その3」に収録されている「清廉潔癖女子。」に続いて2曲目。「その3」は買っていないのでTo LOVEる-とらぶる-バラエティーCD その3To LOVEる-とらぶる-バラエティーCD その3Amazonの商品ページ[AA]で1曲目のキャラソンを試聴したんだけど、メロディーラインが似ていて最初は同じ曲かと思ったよ!! 「まんなかSensitive」自体は 80年代のアイドルポップスを彷彿させる曲で、歌詞もいかにも唯らしい内容。歌声は唯のキャラ声というよりも名塚さんの地声に近いかも。

AUDIO DRAMA 「チクタクチクタク恋の音♥ 唯篇」
恋愛については頑なに拒んできた唯。しかし、夢の中にリトが登場したことで、彼を意識し始めてしまう。偶然会ったヤミからは「あなたは恋をしたことありますか?」と尋ねられドキリ。そして、学校の帰り道にはリトと鉢合わせ。そこに突然の夕立が降り始めた。傘を忘れた唯に対して、リトは自分の傘を広げ中に唯を入れるが・・・といったお話。なんかギャルゲの一場面にありそうないい話だな~。これアニメで見たかったぞ!

CHARACTER SONG 「SWITCHん!」 歌:ルン/レン(大浦冬華)
作詞:くまのきよみ/作曲:南陽子/編曲:大久保薫

ルン/レンのキャラソンもこれが2曲目。1曲目は「Variety CD その2」に収録されている「へーーーーっくち!~ルン時々、レン~」。曲はテクノ調のポップス。歌はルンのパートとレンのパートに分かれていて、大浦さんがキャラ声を使い分けて唄っている。

<まとめ>
キャラソン1曲のために2,940円を出すのは高いと思ったけど、オーディオドラマ(お嬢様だけでなく唯のドラマも!)が良い出来だったので十分元がとれた。 お嬢様信者だけでなく、唯ファンにもオススメできる1枚だと思う。なお、「わたくしナンバーワン!!」は作業用のBGMとして、今も無限ループ状態だw

【関連記事】 旧ブログへのリンクも含まれます
■ To LOVEる-とらぶる- バラエティーCD その5 を購入
■ To LOVEる-とらぶる- バラエティーCD その1 を購入
■ To LOVEる-とらぶる- アニメイラスト集 Cuties! を購入
■ To LOVEる-とらぶる-キャラクターズファイル VOL.4 (初回限定版)を購入
■ To LOVEる-とらぶる-キャラクターズファイル VOL.3を購入
■ To LOVEる-とらぶる-キャラクターズファイル VOL.1/VOL.2を購入
■ バンダイ フィギュアマイスター To LOVEる-とらぶる-2 天条院沙姫 レビュー
■ メガハウス ぷちきゃらランド To LOVEる-とらぶる- 舞い降りた少女たち!?編 (天条院沙姫) レビュー
■ [アニメ感想] To LOVEる-とらぶる- 第26話(最終話)
■ [アニメ感想] To LOVEる-とらぶる- 第25話
■ To LOVEる-とらぶる- 自作壁紙 3枚目



以下のリンクは広告となります。

To LOVEる-とらぶる-バラエティーCD その4

To LOVEる-とらぶる-バラエティーCD その4

Amazon.co.jpで見る by Azmix

   

To LOVEる-とらぶる-バラエティーCD その3

To LOVEる-とらぶる-バラエティーCD その3

Amazon.co.jpで見る by Azmix

   

To LOVEる-とらぶる-バラエティーCD その2

To LOVEる-とらぶる-バラエティーCD その2

Amazon.co.jpで見る by Azmix


To LOVEる-とらぶる-バラエティーCD その1

To LOVEる-とらぶる-バラエティーCD その1

Amazon.co.jpで見る by Azmix

   

To LOVEる-とらぶる-バラエティーCD その5

To LOVEる-とらぶる-バラエティーCD その5

Amazon.co.jpで見る by Azmix

   

To LOVEる-とらぶる-アニメイラスト集Cuties!

To LOVEる-とらぶる-アニメイラスト集Cuties!

Amazon.co.jpで見る by Azmix

スポンサーサイト

| To LOVEる-とらぶる- | この記事のURL | comments:2 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT

CrossDays

SchoolDaysの続編CrossDaysの情報か公開されました。
http://crossdays.0verflow.com/

興味なかったらすみません。

| 全事象 | 2008/11/14 | URL

◆全事象さんへ
ゲームの続編なんですね。
情報ありがとうございます。

| 三四郎. | 2008/11/14 | URL













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/46-94847fd8

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事