前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

[アニメ感想] ゼーガペイン - ZEGAPAIN - 第24話 「光の一滴」

第24話 「光の一滴ひとしずく

ゼーガペイン - ZEGAPAIN - 第24話 「光の一滴」

アニメの内容に触れていますので、まだ見ていない方はご注意ください。



あらすじ

第24話のあらすじ、主要スタッフはアニメ公式サイトから引用しておきます。
脚本:桶谷 顕 絵コンテ:黒木 冬 演出:雄谷 将仁 作画監督:牧 孝雄(キャラ)、有澤 寛(メカ)

孤軍奮闘するも、QL切れでオケアノスへ帰還するゼーガペイン・フリスベルグ。ジフェイタスの電脳空間でアンチゼーガ・マインディエの猛攻にさらされるゼーガペイン・アルティール&ガルダ。
事ここに至り、シマは最終作戦の失敗を認め、舞浜サーバーへの総員退避を命じる。
「今日まで……そばにいて……くれて、ありがとう」
シマの優しい言葉に、思わずシマにすがりついて涙にむせぶミナト。瀕死のシマとA・I達を残し、次々と転送消滅するシズノ達。すると、シマも光と化して、いずこかへ転送されていく。
電脳空間内でも、ピンチのアルティール&ガルダが光となって消滅した。驚くアビス&シンだが、すぐにその探査に取りかかる。

ストーリー&感想


最終回間近で、まさかの禅問答!少しは空気読め(笑) > オリジナル・シマ

前回までの激しいバトルからは一転し、ルーシェンのBLカミングアウトとオリジナル・シマの禅問答が炸裂した第25話。特にルーシェンのガチホモ描写は唐突かつ強烈で、シマ死亡やAIたちの涙ぐましい死闘が全部吹き飛んでしまった。いちおう、過去の話でそれらしき伏線は張られていたけど、なぜこの段階で?!という疑問は拭えないッス。ガルズオルムの異空間に取り込まれた際に、妙なウエットダメージでも負ったのだろうか?あるいは無尽蔵なQLがBLエネルギーを増幅したとか?。戦闘中に、カップリングとかいう、それらしい用語も使ってたし(笑)。

一方、敗戦濃厚なシリアスな状況下で、オヤジギャグ(「何の小錦」等)を連発するキョウちゃん。これこそがゼーガ・クオリティ(いい意味で)。こうした地道な描写の積み重ねが、最終回のアレに繋がっているのかもしれない(笑)。

Aパート

ゼーガペイン - ZEGAPAIN - 第24話 「光の一滴」
※キャプチャ画像はテレ東で放映された時のものです(以下同様)

突然消失したアルティールとガルダ。フリスベルグが孤軍奮闘するも、戦力の差を埋めることはできず、窮地に陥るオケアノス。シマは最終作戦=プロジェクト・リザレクションの失敗を悟り、オケアノス乗組員に総員退艦&舞浜サーバーへの退避命令を下す。そして、イリエ、クロシオ、ミナトに別れの言葉をかけ、シズノに対しては曰くありげな目配せをし、シマの幻体はついに寿命を迎えるのであった。乗組員はシマに敬礼を捧げ、命令に従い舞浜サーバーへ退避。オケアノスにはシマとAIだけが残されたが、そこに前回艦内を彷徨いていた黒猫が姿を見せる。それに気付いたシマ(実はまだ生きていた)は「やっと来たか」と呟き、安寧の表情を浮かべて幻体崩壊。シマの最期をみとった黒猫は、何処かへと転送していった。

一方その頃、アルティールとガルダは、ガルズオルムの異空間に封じ込められていた。キョウたちはアビスとシンが乗るアンチゼーガ・マインディエの攻勢を受け、反攻もままならず防戦一方。マインディエは無限に近いQLを貯蔵し、魔法陣のような量子ポータルを備えているのだから当然といえば当然だ。そして敵の分身に取り囲まれたアルティールとガルダは、絶体絶命のピンチを迎えるが、ここで何者かが強制介入。キョウたちはどこかのサーバー内に転送される。そこは辺り一面が雪景色の世界だった。呆気にとられるキョウ。すると、そんなキョウの足下に、どこからともなく一匹の猫が現れる。シマの最期を見守った、あの黒猫だ。この小さな使者は「ついてこい」と誘い、キョウやカミナギたちは その後を追うことに・・・。

☞ キョウたちが迷い込んだ空間内に、さり気なく登場した馬頭星雲(馬の首星雲)

ゼーガペイン - ZEGAPAIN - 第24話 「光の一滴」

過去の地球に絡ませている点は、諸星大二郎氏のSF伝奇マンガ暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)暗黒神話[AA]とか、宇宙海賊キャプテンハーロックマゾーンを彷彿させる。

☞ ラスボス的位置づけのメカってことで、もう何でもありなアンチゼーガ・マインディエ。量子ポータル等のスゴイ機能(下記参照)を搭載している割には、キョウたちを追い詰めた戦法は高速移動による分身の術(笑)。

ゼーガペイン - ZEGAPAIN - 第24話 「光の一滴」
アンチゼーガ・マインディエ (Anti Zega Mindi)
アンチゼーガの最新型。内部に小型の量子ポータルが搭載されているために、転送設備がなくても自在に転送することができる。複座ではあるが、ひとりでも操縦することができる。また、機体をデーター化することで量子コンピューター内に侵入することもできる。

両手のシールドによって魔法陣のごとき量子ポータルを形成。格闘戦の際は、両手の指から長い爪が伸びて相手の機体を切り裂く。

Bパート&Cパート

ゼーガペイン - ZEGAPAIN - 第24話 「光の一滴」

雪の中をしばし歩き、キョウたち一行が辿り着いたのは、うら寂しい山寺。その寺の前でキョウたちを迎えたのは、僧の姿をしたシマのオリジナルであった。それを見たルーシェンは、子供時代の記憶が蘇る。第15話「リインカーネーション」でも語られていたが、ルーシェンの父親はIAL社のメインスポンサーの総帥であり、幼い頃、父親に連れられIAL社を訪れた際、ナーガとシマのオリジナルと出会っていたのだ。

オリジナル・シマと面会を果たしたことで、作戦はフェーズIIIに突入。シマのオリジナルによると、この場所はコレクションサーバーの一つで、自然遺産を残すためのアーカイブらしい。オリジナル・シマは「見せたいものがある」と言い、キョウたちを何処かへと案内し始める。そして その道すがら、自分が幻体第1号であること。永い瞑想の末、ナーガの考えに疑問を抱くようになったこと。その結果として生まれたのが、クローン幻体のシマであったことを打ち明ける。

更にオリジナル・シマはオケアノスが危険な状態にあることを告げ、リザレクションシステムを持ち帰るには、ゼーガでガルズオルムを殲滅し、別の母艦で運ぶしかないと、妙に達観したような物言い。それを聞いたメイウーは「QL補給すらできないんだから」と、至極まっとうなツッコミを入れるが、オリジナル・シマはQLの積層化技術をオケアノスに送ったと淡々と答える。オケアノスのピンチを知ったキョウは、ゼーガで救援に向かおうとするが、オリジナル・シマとは会話が噛み合わず、禅問答のような展開に・・・。すると、そこにアビスとシンのアンチゼーガ・マインディエが来襲。ルーシェンはキョウに抱きつき、頬にキスをすると、マインディエを迎え撃つためにガルダへ転送。メイウーもその後を追う。研究棟の上空には、いつの間にかオケアノスがやって来ていて、ガルダにQLチャージ。ガルダとマインディエの1対1のガチバトルがスタートする。

サーバー内に残ったキョウとカミナギは、目的地に到着。だがしかし、そこにあったのは雪の中に咲いた花。オリジナル・シマは「色即是空、空即是色」と絡め、この花を見せたかったらしい。緊迫した状況下で貴重な時間を割いてきた結果が、先刻の禅問答の延長だったため、キョウは唖然。怒りをぶつけるが如く、「仮に束の間でも、俺たちは虚しくなんてならなかったぜ!」と叫ぶ。一方、ナーガの思想とは異なる「今を生きる」という考えを知り、オリジナル・シマはいたく感動(?)。この期に及んで「そういう君だから見せたかった」と呟くのだが、それを聞いたキョウはついにブチギレ。悪ガキのような悪態をつくと、カミナギと一緒にアルティールへと戻る。

ちょうどその頃、オケアノスではAIたちの頑張りで、QL積層化が完了していた。敵の攻撃を受け、AIたちは次々と撃ち抜かれ消えていくが、アルティールへQL補給は無事コンプリート。未だかつて無い溢れそうなQLを受け、キョウとカミナギを乗せたアルティールはアンチゼーガに立ち向かうべく、飛び立つのであった。

☞ ルーシェンの子供時代の回想シーン。シマのオリジナルはナーガの側近だったことが判明したので、一緒に居るのはナーガ本人と思われ。シルエットや顎ヒゲを見る限り 男性に見えるけど、公式設定では性別は明かされていなかったような気がする。

ゼーガペイン - ZEGAPAIN - 第24話 「光の一滴」
ルーシェンの回想

☞ 今回は局所局所でAIの活躍が目立ち、 カミナギもAIのことを気に掛けていたけど、これはある意味、次回の伏線みたいなものか。テレ東での初見時には気付かず、見返して初めて分かる仕込みの多いこと多いこと。

ゼーガペイン - ZEGAPAIN - 第24話 「光の一滴」
AIの安否を尋ねるカミナギと意味深なアップ
それにしても左側の作画が酷い・・・(BS11放送版も同じ)

☞ シマのオリジナルが管理しているコレクションサーバーとリザレクションシステムの外観が登場。どちらも「ゼーガペイン ビジュアルファンブック」に解説が載っていたので引用しておきます。

ゼーガペイン - ZEGAPAIN - 第24話 「光の一滴」
左:コレクションサーバ,中:リザレクションシステム,右:同システム(拡大)

コレクションサーバー 【用語】
シマのオリジナルがジフェイタスの研究棟に設けたサーバーで、地球の自然現象のデータが集められたアーカイブ。

リザレクションシステム 【用語】
人体復元装置のこと。幻体データから遺伝子情報などを抽出して肉体を構築し、人間を完全に復元する。
そういえばコレクションサーバー内では、舞浜サーバ内と同様、カミナギは感情を失ってました。ただ、香菜ちゃんの演技のせいか、雪の中で転んだシーン等で、微妙に感情が表出されていたような・・・(笑)。あと、黒猫が舞浜の公園に度々出没していたのは、舞浜サーバーとコレクションサーバーが同じ研究棟内に設置されていたからでしょうね。アニメ内では特に説明されていなかったけど、辻褄があうように設定されている点は流石。

☞ 最終回目前にふさわしく、積層化QLなるこんなこともあろうかと開発されていたパワーアップ・ガジェットが登場!

ゼーガペイン - ZEGAPAIN - 第24話 「光の一滴」
Layerd QL charge complete

積層化QL 【用語】
シマのオリジナルよりもたらされた新技術。QLを圧縮することによって、より多くのQLが搭載可能となる。モニター上には「Layerd QL」と表示される。これを搭載することによってゼーガペインアルティールはQL残量を気にすることなく活動可能となった。
今回の作画では「Layerd QL」の表示は無かったけど、メーター自体が積層化してますね。

【関連記事】
■ [アニメ感想] ゼーガペイン - ZEGAPAIN - 第23話 「沈まない月」
■ [アニメ感想] ゼーガペイン - ZEGAPAIN - 第25話 「舞浜の空は青いか」
■ [レビュー] ゼーガペイン アンソロジー (電撃コミックスEX)
■ [レビュー] ゼーガペイン ドラマCD 「audio drama OUR LAST DAYS」
■ 「アニメージュオリジナル」 vol.7を買ってきた
■ 「ゼーガペイン ビジュアルファンブック」を購入

【関連サイト】
■ ZEGAPAIN (アニメ公式サイト)
■ ゼーガペイン Blu-ray BOX (バンダイビジュアル)
■ アニメ ゼーガペイン (BS11デジタル)
■ あにてれ ゼーガペイン (テレビ東京)
■ ゼーガペイン (Wikipedia)



ゼーガペイン FILE.09 [DVD]
ゼーガペイン FILE.09 [DVD]
Powered by
   
ROBOT魂 ゼーガペイン アルティール
ROBOT魂<SIDE HL> ゼーガペイン アルティール
Powered by
   
ROBOT魂 ゼーガペインガルダ
ROBOT魂 <SIDE HL> ゼーガペインガルダ
Powered by
   
ROBOT魂 ゼーガペインプリスベルグ
ROBOT魂 <SIDE HL> ゼーガペインプリスベルグ
Powered by
スポンサーサイト

| ゼーガペイン | この記事のURL | comments:2 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT

>最終回間近で、まさかの禅問答!少しは空気読め(笑) > オリジナル・シマ

( ゚д゚)ポカーン ←こんな顔してみてましたw

>特にルーシェンのガチホモ描写は唐突かつ強烈で、シマ死亡やAIたちの涙ぐましい死闘が全部吹き飛んでしまった。

これって、わざとなんでしょうか。
ここに来て、アッー!とか、禅問答とか、こんなしっちゃかめっちゃかな話が挿入されてるってことに、最終回に向けての、演出的意図みたいのがあるのかなぁと。
今回の最重要シーンであろう、シマ死亡が、もはやどうでもよくなるくらいでしたよね。

そういえば、ぬこもシマと一緒に消滅してましたね。

| 長男 | 2010/09/19 | URL

◆長男さんへ

> >最終回間近で、まさかの禅問答!少しは空気読め(笑) > オリジナル・シマ
>
> ( ゚д゚)ポカーン ←こんな顔してみてましたw

このオリジナル・シマから、あの合理的なシマ司令が生まれたというのが信じられませんw

> >特にルーシェンのガチホモ描写は唐突かつ強烈で、シマ死亡やAIたちの涙ぐましい死闘が全部吹き飛んでしまった。
>
> これって、わざとなんでしょうか。
> ここに来て、アッー!とか、禅問答とか、こんなしっちゃかめっちゃかな話が挿入されてるってことに、最終回に向けての、演出的意図みたいのがあるのかなぁと。
> 今回の最重要シーンであろう、シマ死亡が、もはやどうでもよくなるくらいでしたよね。

今回の話を含め、ルーシェン絡みのエピソードは全て桶谷氏が脚本を書いているんですよね。
なので、ルーシェンというキャラに対する、強い思い入れがあったのではないかと。
特に桶谷氏にとっては、この第24話が最後の担当回ですし。
過去の話を見ると、アッー!な伏線は張ってはいるのですが、他の伏線と比べて印象が薄いこともあり
唐突に見えちゃったんでしょうね。

> そういえば、ぬこもシマと一緒に消滅してましたね。

ビジュアルファンブックには「シマによって舞浜サーバーに組み込まれた」云々と
書かれているので、シマの分身みたいなものでしょうか。
シマ亡き後にはオリジナル・シマのエージェントになったようですね。
てなわけで、また出て来ますよ。

| 三四郎. | 2010/09/19 | URL













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/448-0526e83c

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事