前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

[マンガ感想] 女子高生Girls-Love (COMICすもも VOL.1)

COMICすもも VOL.1に掲載されている大島永遠先生の新作「女子高生Girls-Love」の感想です。

COMICすもも VOL.1 女子高生Girls-Love (COMICすもも VOL.1)

以下、マンガの内容に触れていますので、未読の方はご注意ください。なお、「COMICすもも」Vol.8掲載の7時限目
以降、作品タイトルが「女子高生Girls-Live」に変更されました。単行本・第1巻も新タイトルで出版されています。


概要

大島永遠先生の代表作「女子高生」が約3年振りの復活!!.ヽ(≧▽≦)ノ.

物語の舞台は、前作「女子高生Girls-High」と同じ山咲女子学園富士高等学校(通称・咲女)。制服のデザインや校舎、校章等を見比べてもらえれば一目瞭然だ。ただし、タイトルが「女子高生Girls-Love」となったことからも分かるとおり、キャラクターは一新されている。残念ながら、絵里子や由真、香田たちバカ軍団は登場しない。もっとも「女子高生」の売りであるバカで下品でハイテンションギャグは健在。なので、前作のファンも すんなりと受け入れることができる筈。なお、頁数は全部で16ページで、前作の1話分よりちょっと少なめ。冒頭の2ページ目~5ページ目はCOMICすもも公式サイトで試し読みできる。

女子高生Girls-High 第2巻 巻末漫画『女子高生番外編 大地のゆううつ。』 そんな感じの、懐かしくも新しい「女子高生Girls-Love」だけど、実は女子高生 2 新装版 (アクションコミックス)女子高生 2 新装版 (アクションコミックス)女子高生 2 新装版 (アクションコミックス)[AA]の巻末漫画『女子高生番外編 大地のゆううつ。』で予告されていた(右図参照)。

その巻末漫画は 女子小学生が女子高生の真の姿を知り愕然となるという話で、最後のコマが「近い将来 彼女も周りに感化され絵里子たち同じ道を歩むことになるのだが――それはまた別のお話」と締めくくられていたのだ。ただ、まさか本当に続編が描かれるとは思ってなかったので、こうして読むことができて実に感慨深いッス!

 作品タイトルはアニメと原作で微妙に異なり、アニメは「女子高生GIRL'S-HIGH」だけど、原作は「女子高生Girls-High」であります。

キャラクター

前述したとおり、メインのキャラクターは前作とは異なる。バカ軍団(1軍・2軍)が総勢5名いた前作と比べると、今回は3人だけ。これは少子化の影響だろうか?ちなみに、この3人はトンチキ軍団とかヘンタイ軍団と呼ばれている。

女子高生Girls-Love 田中花子 田中花子
本作の主人公。咲女の1年生で、クラスは高一蘭。亜季子、真理子とつるんでいて、三人の中ではリーダー格的な存在。前作の絵里子と香田を足して2で割ったようなキャラである。高橋大地とは幼なじみという設定なので、『女子高生番外編 大地のゆううつ。』に登場していた女子小学生のなれの果てと思われる(右図参照)。一人称は「あたし」で、身長は三人の中では真ん中。ブラのカップ数はCカップ。作中では兄の存在も語られている。
女子高生Girls-High 田中花子と思われる少女
小学時代?
女子高生Girls-Love 山田亜季子 山田亜季子
花子と真理子の友達で、クラスは同じ「高一蘭」に所属。三人の中では一番身長が高いが、今回のエピソードを見る限り、一番影が薄い。胸は残念なことにAカップで、貧乳は本人もかなり気にしているようだ。一人称は「あたし」。
女子高生Girls-Love 渡辺真理子 渡辺真理子
花子と亜季子のクラスメイトにして友人。三人の中では一番身長が低く、パッと見はピッグテール髪の小川ちゃん。小柄でロリな外見とは裏腹に爆乳の持ち主で、ブラのカップ数はFカップ!作中では「知識の真理子」と呼ばれ、メモをとったり、各種データを披露している。ただ、花子のアホな提案にそのまま乗っていて、バカなのか利口なのかよく分からない。一人称は「私」。
女子高生Girls-Love 高橋大地 高橋大地
前作の主人公・高橋絵里子の弟で、前作では小学生6年生だった(右図参照)。花子とは幼なじみであるが、現在はいいようにこき使われ、パシリの日々を送っている。一人称は「俺」。
女子高生Girls-High 高橋大地(小6)
小学時代

ストーリー&感想

女子高生Girls-Love 作品タイトルこそ「女子高生Girls-Love」だけど、初っ端から いい意味で予想を裏切られる。Girls-Loveとはガチ百合ではなく、ガールズ裸部らぶのこと。前作に出て来たセレ部みたいな非公式の部活動だ。常日頃、ブラで乳を締め付けられ、キツイし暑いし苦しいっていう現状を打破することが目的だとか。

中でも、この部活の言い出しっぺである花子は年季の入った下着嫌いで、「乳丸出しで歩いた方がマシだ!」と宣言するほどである。また、情報通にして爆乳Fカップの真理子は、ブラによる乳ガン発生リスク、肩こり問題を取り上げて花子の主張に賛同。貧乳Aカップの亜季子は、ぶっちゃけブラを付けようと付けまいと一緒なんだけど、花子の反骨精神に感動。乳サイズの違う三人は妙なところで意気投合し、「脱ごう!なくそう!乳バンド!レッツ!ノーブラワールド!!」なるキャッチコピーを掲げ、咲女内を練り歩き始める。

女子高生Girls-Love そんなトンチキ軍団の前に、なぜか男子生徒が登場。女子高なのに何事かと思ったら、花子に忘れものの弁当を届けにきたという。つか、よく校内に入れたな(笑)。まあそれはともかく、このイケメン男子生徒は、花子の幼なじみの高橋大地。前作の主人公・高橋絵里子の弟だ。現在は花子のパシリをやらされているらしい。

で、大地は弁当を花子に渡し、そそくさと撤退しようとするが、そうは問屋が卸さなかった。花子がメンズブラを試着しろと言い出したのだ。乳バンドを装着することの苦しみを、男の大地にも身をもって体験させたいらしい。もちろん大地は拒絶するんだけど、花子はどうしてもブラの苦痛を伝えたい。そこで、男にも想像しやすいたとえで説明し始める(右図参照)。

ぎゃぁぁぁぁぁあああああ!それはキツイ!大地でなくても、下半身が苦しくなるわ(笑)。女子のみなさんは毎日大変なんですね。もういっそのこと、花子が主張しているとおり、みんなノーブラになっちゃえよ!!

閑話休題。この後は、大地も交えて裸部の打合せみたいな展開となり、セレ部の古文書なる書物が登場。その中で香田のヌーブラ騒動が取り上げられている。花子はセレ部をバカにしているが、やっていることは香田と大して変わらない。いや、一人でノリツッコミしている点は、ボケ専門の香田を凌駕している(笑)。

そして話題はブラだけに留まらず、パンティーにまで及び、ついには「女子高生」ではお馴染みの生○用品ネタも飛び出す。前作を知らない男性読者が、いきなりこの作品を読んだら、ドン引きすること間違いなしだろう(笑)。逆に前作のファンにとっては懐かしのノリとテンションなので、幻滅必至の女子高生ライフを心ゆくまで堪能できる筈。今回は読み切りだけど、隔号とかでもいいので、是非とも連載化して欲しいッス!

【関連記事】
■ [マンガ感想] 女子高生Girls-High スペシャル読み切り (漫画アクション2011年No.21)
■ [マンガ感想] 女子高生Girls-Love 2時限目 『Girls-Vibration』 (COMICすもも VOL.2)
■ COMICすももVol.4で「女子高生Girls-Love」が休載

■ [マンガ感想] コミックハイ!2007年4月号 女子高生Girls-High 72限目
■ [マンガ感想] コミックハイ!2007年5月号 「女子高生Girls-High」
■ [レビュー] 少年シリウス2007年7月号 「女子高生番外編」
■ [レビュー] 「コミックハイ!2007年7月号」ほか
■ [レビュー] コミックハイ!2007年9月号

■ 女子高生GIRL'S-HIGH 自作壁紙 10枚目
■ [壁紙制作] 女子高生GIRL'S-HIGH (自作壁紙1枚目~9枚目)

■ 女子高生Girls-High 鈴木由真の一人称に関する考察
■ 女子高生GIRL'S-HIGH(アニメ版) 鈴木由真の一人称に関する考察

■ [レビュー] バステティシャン (マンサンコミックス)

【関連サイト】
■ TOWA OSHIMA official website TOWA OSHIMA official website (大島永遠先生 公式サイト)
■ TVアニメ「女子高生 GIRL’S-HIGH」 TVアニメ「女子高生 GIRL’S-HIGH」 (アニメ公式サイト)
■ COMICすもも VOL.1 (双葉社 コミックハイ!公式サイト)
■ 女子高生 (Wikipedia)



女子高生Girls-Live(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

大島 永遠

女子高生Girls-Live(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

Amazon.co.jpで見る

   

アクション増刊 COMICすもも

アクション増刊 COMICすもも

Amazon.co.jpで見る

   

女子高生 4 (双葉文庫 お 28-4 名作シリーズ)

大島 永遠

女子高生 4 (双葉文庫 お 28-4 名作シリーズ)

Amazon.co.jpで見る

   

大島永遠作品集・とわRemix (IDコミックス DNAメディアコミックス)

大島 永遠

大島永遠作品集・とわRemix (IDコミックス DNAメディアコミックス)

Amazon.co.jpで見る

スポンサーサイト

| 女子高生GIRL'S-HIGH | この記事のURL | comments:2 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT

女子高生の新作・感想で探してたどり着きました。
ちょっとヤバイくらい笑えますねー。
全然売ってないんですが、もう少しメジャーになってもいいはずw

| ユズ | 2011/10/14 | URL

◆ユズさんへ

> 女子高生の新作・感想で探してたどり着きました。

どもども、いらっしゃいませ~

> ちょっとヤバイくらい笑えますねー。
> 全然売ってないんですが、もう少しメジャーになってもいいはずw

前作とは、また違った下品パワーが炸裂してますよねw
今月はGirls-Highの新作漫画が2本も読めるので、今から楽しみです。

| 三四郎. | 2011/10/14 | URL













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/436-5cb6f4bd

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事