前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

[マンガ感想] みなみけ 第154話 「よく焼いた」

ヤングマガジン2010年No.33に掲載されている「みなみけ」第154話『よく焼いた』の感想です。

週刊ヤングマガジン2010年No.33 / みなみけ 第154話 「よく焼いた」

以下、マンガの内容に触れています。未読の方はご注意ください。



「みなみけ」 第154話 ストーリー&感想

週刊ヤンマガNo.31の告知には「次回登場は8/2発売号」と書かれていたけど、どうやら誤植だったもよう。正しくは「次回登場は8/2号」で、「発売」の2文字が余計でした(笑)。まあそのおかげで、3週連続で「みなみけ」の新作が読めたので、結果オーライっすね。
何事にも加減は大切です。
(扉ページの柱文)
混乱を招く先輩ハヤミの「焼き加減」話。まともにつき合ってると頭がショートしちゃうので、つき合い方はお好みで。
(2ページ目の柱文)
 今回の扉絵は保坂で、扉絵登場は5回目となります。保坂単独では第108話「希望の光が」以来の2回目。目立つキャラの割には、扉絵は意外と少ないんですよ。

 また、ここ最近の保坂と速水の登場回は第145話 「考えて」第150話 「旬のもの」→第154話 「よく焼いた」となっています。第153話と第154話の間に発表された特別編 「どんな?」を連載シリーズに含めると、保坂と速水は5話おきに登場していることになりますね。この法則が続くとすると、次は第159話に登場?

みなみけ 第154話 「よく焼いた」 今回の物語は高校が舞台。「今朝 目玉焼き焼いたんスけど なんか いまいちだったなぁ・・・・」というヒトミちゃんの一言からスタートする。聞き役のハルカが理由を尋ねたところ、どうやら焼き時間が短すぎて生卵ぽかったらしい。実にせっかちな娘である。一方、二人の会話を窓にもたれながら聞いていた速水。「私はよく焼いたのが好きかな」と言うが、夏の日差しの直撃を受けて、今はその速水自身が焼けそうだ。窓際に近寄ったヒトミちゃんも、その強烈な陽光で肌がチリチリ焼けそうになっている。

そんな状況下 「私は焼いたのも嫌いじゃないけどねぇ」と、「目玉焼き」なのか「日焼け」のことなのか、どっちともとれる発言をする速水。微笑みのトラブルメーカーの異名を持つ速水のことなので、面白い方向に話を進めようとして、わざと明言は避けているようだ。その証拠に、この後 ハルカに向かい「よく焼けたの好き?」と曖昧な質問をしやがります。訊かれた方のハルカは、咄嗟のことだったので、思わず「き・・嫌いじゃないです・・・・?」と答えてしまう。ハルカの返事を聞いた速水は、ほくそ笑みながら その場を後に。面白いネタを仕入れることが出来て嬉しそうだ。

 ヒトミちゃんの登場は、今回で6回目となります。ヒトミちゃんとの共演(同じ回に登場)しているキャラは下表のとおり。ハルカとナツキは皆勤賞の100%で、保坂も50%に達しています。意外なことに速水との共演は今回が初めてで、アツコに至ってはまだ1度もありません。

話数 サブタイトル 登場キャラキター
ヒトミ ハルカ カナ チアキ ナツキ マキ アツコ 保坂 速水
103 その目        
108 希望の光が        
124 好み        
135 マジな      
147 恥じること          
154 よく焼いた        
登場回数 6 6 3 1 6 4 0 3 1
共演率 - 100% 50.0% 16.7% 100% 66.7% 0.0% 50.0% 16.7%
注)この表では第103話の藤岡、ヒロコ、ユウは除外してあります


みなみけ 第154話 「よく焼いた」 場面が変わり、3年生の教室。保坂が自分の席に座り、サニーサイドアップターンオーバーといった目玉焼きの焼き方をブツブツつぶやいている。そんな独り言タイム真っ最中の保坂のところに、速水が現れる。速水は 今さっき仕入れたばかりの新鮮なハルカ情報を保坂に耳打ち。「ハルカちゃんは『よく焼けたのは嫌いではない』とのこと」――それを聞いた保坂は、「そうだったのか!?」と感嘆の叫びとともに、思わず立ち上がってしまう。

しかし冷静に考えてみれば、「よく焼けた」が何を指しているのかまるで分からない。勢いよく立ち上がったはいいが、その後が続かないわけだ。パーフェクトな情報では無かったわけだ。自分の両手を見つめつつ、それを悟った保坂は、何がよく焼けたのかを速水に尋ねることに。そしてそれは、保坂が速水の策略に陥る瞬間でもあった。したり顔の速水から「目玉焼きかもしれないし、男の日焼け加減かもしれない」と聞かされた保坂。速水の追加情報で、得心がいったのだろう。それだけ聞けば十分といった表情をし、席を離れると、何処かへと向かうのであった・・・。

その頃、2年生の教室では、大あくびをしているナツキもとを ヒトミちゃんが訪れていた。ヒトミちゃんは「突然だけど」と前置きし、目玉焼きの焼き具合の好みをナツキに質問。ナツキからは「焼きすぎないほうがいい」との答えが返ってきた。ところが、ここでヒトミちゃんの妄想が爆発。自分で目玉焼きの話をふっておきながら、脳内では日焼けの話に変換。「日焼けしていない今の私は ちょうどいい感じで」と、おかしなことが頭をもたげて 思わず赤面。一方、目玉焼きの話をふられたナツキの方は、そんなことは露知らず。目玉焼きのことで頭がいっぱいに。その思いが、目玉焼きを食べたそうな目として現れる。しかしながら、おかしな妄想に浸っているヒトミちゃんにしてみれば、ナツキのその目は自分のことを食べたい目にしか見えない。ヒトミちゃんは恥ずかしさから体をそむけ、ますます顔を赤らめちゃってます。(*´Д`*)

で、保坂はどうしたのかというと、校内のどこかで人間目玉焼き(?)を演じておりました(笑)。
卵も人も好き嫌いは焼き加減で決まる!?距離の縮まらない恋に身を焦がす男の発想、恐るべし。
(最終ページの柱文)
 確信犯的なトリックスター=速水と、無自覚なトリックスター=ヒトミちゃんの初共演でしたが、意外とシンプルな展開になりました。物語の途中から「速水・保坂」サイドと「ヒトミ・ナツキ」サイドに枝分かれした為でしょう。また、それぞれのサイドで物語を動かしているのは、ハルカ姉さまの何気ない一言「(よく焼けたのは)嫌いじゃないです」と「焼き加減って好みあるよね」なんですよね。ハルカ姉さまのお言葉が、結果として周囲の人間を翻弄しているので、ある意味「魔性の女」(笑)。南ハルカ伝説・新章に突入か!?(笑)

次回掲載号

次回登場は8/2発売号。夏休みの読書に「みなみけ」第7巻を!!
(最終ページの告知)
今度こそ本当に8/2発売号ですよね?!(笑)

【関連記事】
■ [マンガ感想] みなみけ 特別編 「どんな?」 (月刊ヤングマガジン2010年8月号 出張掲載)
■ [マンガ感想] みなみけ 第153話 「変」
■ [マンガ感想] みなみけ 第155話 「ラッキー」

■ 月刊ヤングマガジン8月号で「みなみけ」クリアファイルの絵柄が公開!
■ [レビュー] みなみけ 第7巻 (初回限定版・通常版)
■ [レビュー] みなみけ 3姉妹特製フィギュア (みなみけ第7巻・初回限定版)

■ みなみけ 自作壁紙 1枚目 (南春香)
■ みなみけ(原作) 藤岡のカナ呼称問題に関する考察
■ みなみけ(原作) チアキの「バカ野郎」発言に関するまとめ
■ みなみけ(原作) 水着回に関するまとめ
■ みなみけ(原作) キャラクターの扉絵登場回数を調べてみた
■ みなみけ(原作) 南家三姉妹の登場回に関するまとめ

■ [マンガ感想] そんな未来はウソである 第11話
■ そんな未来はウソである キャラクター呼称表

【関連サイト】
■ みなみけ (StarChild 公式)
■ みなみけ (Wikipedia)



みなみけ(7)フィギュア付き初回限定版 (プレミアムKC)

桜場 コハル

みなみけ(7)フィギュア付き初回限定版 (プレミアムKC)

Amazon.co.jpで見る

   

みなみけ(7) (ヤングマガジンコミックス)

桜場 コハル

みなみけ(7) (ヤングマガジンコミックス)

Amazon.co.jpで見る

   
スポンサーサイト

| みなみけ | この記事のURL | comments:2 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT

>週刊ヤンマガNo.31の告知には「次回登場は8/2発売号」と書かれていたけど、どうやら誤植だったもよう。正しくは「次回登場は8/2号」で、「発売」の2文字が余計でした(笑)。まあそのおかげで、3週連続で「みなみけ」の新作が読めたので、結果オーライっすね。

嬉しい誤算でしたねw

>ヒトミちゃんの登場は、今回で6回目となります。ヒトミちゃんとの共演(同じ回に登場)しているキャラは下表のとおり。ハルカとナツキは皆勤賞の100%で、保坂も50%に達しています。意外なことに速水との共演は今回が初めてで、アツコに至ってはまだ1度もありません。

アツコとは一度も絡んでないんですね。
ここは一つ、大人な女性について、ヒトミはアツコに尋ねてみるべき。
アツコ「年下の男の子の可愛さに気付くこと、かなぁ…」
ヒトミ「タメ年じゃダメっスか!?」
うん、パラダイスな光景ですw

ところで、ヒトミは、ナツキの目を見て考えてることが判る特殊スキルの故、この方向で行けば、ネタを作りやすいキャラですよね。
今期、別の三姉妹アニメを担当されている脚本陣で見てみたいです、はい。
あ、こっちの記事、作成されるんでしょうか?

>ハルカ姉さまのお言葉が、結果として周囲の人間を翻弄しているので、ある意味「魔性の女」(笑)。南ハルカ伝説・新章に突入か!?(笑)

高校組みは、このパターンが多くなるんでしょうか。
ハルカはもうちょっと、ヒトミの世話を焼いてもいい気がします。
そして、ハルカに怒られてもいい気がしますw

| 長男 | 2010/07/19 | URL

◆長男さんへ

> 嬉しい誤算でしたねw

たまたまコンビニに行き、たまたまヤンマガを手にとっていなければ
買い逃していた可能性が大でした。特に土曜発売だと、売り切れるのが
早いんですよね。^_^;

> アツコとは一度も絡んでないんですね。
> ここは一つ、大人な女性について、ヒトミはアツコに尋ねてみるべき。
> アツコ「年下の男の子の可愛さに気付くこと、かなぁ…」
> ヒトミ「タメ年じゃダメっスか!?」
> うん、パラダイスな光景ですw

あと、ヒトミちゃんも参加した非力アピールPART2も見てみたいですね~

> ところで、ヒトミは、ナツキの目を見て考えてることが判る特殊スキルの故、この方向で行けば、ネタを作りやすいキャラですよね。

今回の話では、ヒトミちゃんの妄想スキルも、いい味だしてましたね。

> 今期、別の三姉妹アニメを担当されている脚本陣で見てみたいです、はい。
> あ、こっちの記事、作成されるんでしょうか?

BS11で第1話見ました。アニメ向けに変更されている箇所もありましたが、上手くまとめ
られていて面白かったです。声優さんも、まったく違和感無かったです。
2週遅れでなければ、感想記事を書こうと思っていたのですが・・・

> 高校組みは、このパターンが多くなるんでしょうか。

ヒトミちゃん登場回は、ハルカ姉さまの言動がキッカケとなり、進行していくパターンが多いですね。

> ハルカはもうちょっと、ヒトミの世話を焼いてもいい気がします。
> そして、ハルカに怒られてもいい気がしますw

「初代番長が2代目番長を叱る!」ですねw

| 三四郎. | 2010/07/19 | URL













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/416-ea063674

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事