前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

[マンガ感想] みなみけ 特別編 「どんな?」

月刊ヤングマガジン2010年8月号に掲載されている「みなみけ」 特別編 『どんな?』の感想です。

月刊ヤングマガジン2010年8月号 / みなみけ 特別編 「どんな?」

以下、マンガの内容に触れています。未読の方はご注意ください。



「みなみけ」クリアファイル

月刊ヤングマガジン8月号で「みなみけ」クリアファイルの絵柄が公開されました。詳細は下記の記事をご覧ください。


「みなみけ」特別編 ストーリー&感想

とある熱帯夜、小学生たちが南家にご一泊。
(扉ページの柱文)
深夜なのに目が爛爛ランラン。眠れぬ次女カナのくだらんひと言。おまけに三女チアキのプライドが邪魔しちゃって納涼怪談。開催決定。
(2ページ目の柱文)
真のお泊まり会ついにキタ━━゜+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゜━━ ッ !

「みなみけ」で お泊まり会とかいうと第44話『フェスティバル』第45話『心にくい』がありますが、参加者が(三姉妹を含めて)布団を敷いて寝ている描写は今回が初めてです。

みなみけ 特別編 「どんな?」 ある夏の日の夜、南家マンションでは、お泊まり会が開催されていた。参加者はトウマ、内田、吉野の女子小学生三人。チアキの部屋に布団を敷き、全員すやすや熟睡中・・・と思いきや、内田は暑さで眠れないらしい。隣で横になっているチアキに声をかけ、ウザがられている。すると突然、引き戸が開きカナが登場。「寝苦し夜は怪談なんてどうよ?」と、定番のイベントを提案しやがります。どうやらカナは、チアキの部屋のようすを探っていたもよう。さすがキャラ紹介に「くだらん遊びばかり思いつくおバカさん」と書かれるだけのことはありますな(笑)。

で、その提案に対して チアキは「ばかばかしい」と一刀両断。そそくさと眠りにつこうとするんだけど、カナに「怖いんだろ」と煽られたことで、俄然やる気満々に。いかにも意地っ張りなチアキらしい行動だが、内心は怖さで一杯らしい。眠そうなハルカ姉さまを無理くり連れてきて、自分の横に座らせていることからも明らかだ。もっとも、そのハルカ姉さまは体育座りの姿勢で熟睡中ですが・・・。

怪談話の一番手は内田。しかし怪談と昔話を勘違いして、敢えなく玉砕。けっきょく内田の口から怖い話は語られず、チアキは一安心。「その程度の実力で私がビビるとでも思ったか!?」と強がりを見せる。一方、チアキが連れてきたハルカ姉さまは、いつの間にか体を横たえ 「すやすや」と気持ちのよさそうな寝息をたて始めていた。

 カナが現れたコマで、襖らしき引き戸を開けているため、チアキの部屋と思われます。もしリビングで寝ているなら、向かって右側の戸が片開きドアになっている必要があります。ちなみに、原作とアニメ1期では チアキの部屋はリビングの隣にあり、襖で仕切られています。アニメ2期とか3期みたいに、廊下側のドアから直接入ることはできません。

みなみけ チアキの部屋(原作・アニメ第1期)
チアキの部屋の入口と間取り (左から第7話『やさしくしよう』第32話『明かそうぜ』
第80話『態度には』アニメ第1期の設定/DVD第1巻のブックレットから

 第44話『フェスティバル』第45話『心にくい』では5年1組の少女A・少女Bもお呼ばれしてたけど、今回 5年1組からの参加はトウマだけ。かなり前からトウマはチアキや内田たちと一緒に行動することが多くなっているので、仕方ないっちゃ仕方ないか・・・。でも、その当時とはコハル先生の絵柄が変化しているので、内田よりも不安なコ(少女A)、気弱な子(少女B)の近況も見てみたいっす。

 また、最近の話でパジャマを着るエピソードというと第139話 『だらだら』がありますが、あの回ではハルカ姉さまが第一ボタンを外していました。晩秋だというのに!しかるに今回は全てのボタンを留めている。夏なのに!!寝苦しい夜なのに!!!orz


みなみけ 特別編 「どんな?」 二番手に指名されたのはトウマ。「呪いの冷蔵庫」 「悪魔の洗濯機」 「恐怖の掃除機」という三つの選択肢を挙げる。それを聞いた三女と次女の反応が、実に対照的だ。チアキはタイトルだけでビビり始め、「身近な道具で恐怖を誘う趣向か・・・」と虚勢を張り、カナは「選択肢 家電しかないのか?」と、もっともなツッコミを入れている。そのカナが三択から選んだのは「恐怖の掃除機」。「おっとカナ・・・・!そこか!?そこを選ぶか!?」と真剣な顔でつぶやき、強がっているチアキが可愛い

ところが、いざトウマが掃除機の怪談を始めようとしたところ、内容を失念。怪談話が始まらないと知ったチアキは、「まったくコケおどしだな」と強気に出て、「すごいのはタイトルだけか?」とバッサリ。しかし この発言により、タイトルだけで縮み上がっていたことが発覚。早速、カナのツッコミを受けることになるが、チアキはそれを否定。そればかりか、カナの指摘を吹き飛ばそうとしてか、早く怪談話を始めるよう催促してしまう。墓穴を掘るとは知らずに(笑)。

チアキに促されたトウマは、それならばと「呪いの冷蔵庫」と「悪魔の冷蔵庫」の二択を提示。「恐怖の掃除機」は ど忘れしたけど、残りの二つの話は憶えていたらしい。そんな予期せぬ展開に対して、「掃除機がいい!」と抗うチアキ。だが、この主張が更なる自縄自縛を招いてしまう。「その話なら 私 知ってるよ」と、吉野がニコニコ顔で言い放ったのだ。ブラック吉野ちゃん久々の降臨!抗う術を失ったチアキは涙目に(笑)。

そんなこんなで、「恐怖の掃除機」を語り始める吉野。いつもの ほんわか口調なので、全然怖くないけど(笑)。一方、先刻は内容を失念していたトウマであったが、吉野の語り冒頭部を聞いたことで内容を思い出したらしい。吉野の話の一部に自分の記憶と異なる部分があり、それを指摘している。そしてカナもこの話を知っていたようだが、それを確認するために、話のオチまで口に出してしまう。こうして怪談話は、いつのまにか各自の記憶の確認大会と化していたが、チアキはそれすらも怖いらしい。寝ているハルカ姉さまのお腹に顔を埋めて(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル状態だ。

カナと愉快な仲間たちは、チアキを放置して「恐怖の掃除機」について論争を繰り広げていた。そんな中、部屋の中に「う うう ・・・・ う う」という唸るような音が聞こえ始める。その音は徐々に大きくなり、ついにはこの世のものとは思えない唸りへと変わる。「まさか掃除機が」と騒然となるカナたち。そして次の瞬間、「うわっ!?」という声が響き渡る!予期せぬ出来事に一同愕然となり、恐怖を感じた内田は涙目に。

実はこれ、掃除機とは関係なく、ハルカ姉さまが飛び起きた際の叫び声だったのだ。どうやら悪夢を見ていたらしく、それに怯えて目覚めもよう。眠りの浅い状態で悪夢を見たので、思わず体が反応してしまったようだ。チアキがお腹の上に頭を埋めていたので、それが原因で悪い夢を見たのかもしれない。・・・といった感じでハルカ姉さまの叫び&チアキ失神オチで特別編は終了。最終ページの柱文にも書かれているけど、やっと寝られて良かったね! > チアキ

 ヤングマガジンNo.29に掲載されたヤンマガ30周年記念 合作マンガ 『アゴなしゲンと30周年物語』では変質者(?)の出現を前に、カナに抱きついていたチアキ。しかし、今回ばかりは強がった手前、カナに抱きつくわけにもいかず、ハルカ姉さまに頼りっきり。つか、抱きつき要員としてハルカ姉さまを連れてきたもよう(笑)

 チアキが怖いモノ苦手っていうエピソードは意外と少なく、『アゴなしゲンと30周年物語』以外ではホラー顔のナツキに恐怖した第116話『お願いが』と、怖いモノとはちょっと違うけど、カナが帰ってこない夢を見てしおらしくなった第101話『たまには』ぐらいしかありません。正面切って取り上げ、それをメインに据えたのは、今回が初めてです。「怖がり」という新たな属性は、今後も カナがチアキいじりをする際のネタ等に使われそうですね。

 まだ気が早いけど、この特別編で単行本化ストックが14本たまりました。『アゴなしゲンと30周年物語』を加えると15本になります。単行本・第9巻の収録本数が19~21本と仮定すると、数字上は あと4~6話なので、今年の11月頃には単行本化できます。ただ、特典とか出版するタイミングとか色々あるので、実際に単行本化されるのは来年の7月頃でしょうけど・・・。

次回掲載号

次回の「みなみけ」は週刊ヤンマガ8月2日発売号に掲載されます。

ヤンマガNo.31に書かれていた次回告知は誤植だったもよう。
 誤:次回登場は8/2発売号
 正:次回登場は8/2号(7月17日[土]発売のNo.33)

No.33に第154話『よく焼いた』が掲載されてました。

【関連記事】
■ [マンガ感想] みなみけ 第153話 「変」
■ [マンガ感想] みなみけ 第154話 「よく焼いた」
■ [マンガ感想] そんな未来はウソである 第11話

■ 月刊ヤングマガジン8月号で「みなみけ」クリアファイルの絵柄が公開!
■ [レビュー] みなみけ 第7巻 (初回限定版・通常版)
■ [レビュー] みなみけ 3姉妹特製フィギュア (みなみけ第7巻・初回限定版)
■ みなみけ 自作壁紙 1枚目 (南春香)

■ みなみけ(原作) 藤岡のカナ呼称問題に関する考察
■ みなみけ(原作) キャラクターの連続登場話数を調べてみた
■ みなみけ(原作) チアキの「バカ野郎」発言に関するまとめ
■ みなみけ(原作) 水着回に関するまとめ
■ みなみけ(原作) キャラクターの扉絵登場回数を調べてみた
■ みなみけ(原作) キャラクターの本編登場回数を調べてみた
■ みなみけ(原作) 南家三姉妹の登場回に関するまとめ
■ みなみけ(第1期) DVD作画修正チェック 第1巻~第2巻

【関連サイト】
■ 月刊ヤングマガジン (講談社コミックプラス)
■ みなみけ (講談社コミックプラス)
■ みなみけ (StarChild 公式)
■ みなみけ (Wikipedia)



みなみけ(7)フィギュア付き初回限定版 (プレミアムKC)

桜場 コハル

みなみけ(7)フィギュア付き初回限定版 (プレミアムKC)

Amazon.co.jpで見る

   

みなみけ(7) (ヤングマガジンコミックス)

桜場 コハル

みなみけ(7) (ヤングマガジンコミックス)

Amazon.co.jpで見る

   
みなみけ 1 (期間限定版)
みなみけ 1 (期間限定版)
Powered by
スポンサーサイト

| みなみけ | この記事のURL | comments:9 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT

>※カナが現れたコマで、襖らしき引き戸を開けているため、チアキの部屋と思われます。もしリビングで寝ているなら、向かって右側の戸が片開きドアになっている必要があります。ちなみに、原作とアニメ1期では チアキの部屋はリビングの隣にあり、襖で仕切られています。アニメ2期とか3期みたいに、廊下側のドアから直接入ることはできません。

ですよね、南家マンションに限らず(学校とかも)舞台の間取りは重要です、ホントに…。
舞台が南家のシーンに限って言うと、ジャンル的に、所謂「お茶の間コント」の要素が強いですよね。
懐かしい話をすれば、「欽ドン」とか「やっぱり猫が好き」のようなw
ですので、キッチンとリビングも隣接していることが、とても重要かと思います。
ハルカのポジションが、この2箇所なわけで、キッチンが隣接していることで、ハルカの位置に関わらず自然と、三姉妹が基本的に同じ空間内に居る、という状況になるんですよね。
リビングとキッチンの間に、廊下と壁2枚があると、この状況が崩れてしまうわけで、2期はともかく3期では、原作通りに再現すると状況的におかしくなる話もありましたが…。
でもあれ、間取りが合ってない、という事をさして気にして作られていなかったのかもしれませんね。

>二番手に指名されたのはトウマ。「呪いの冷蔵庫」 「悪魔の洗濯機」 「恐怖の掃除機」という三つの選択肢を挙げる。それを聞いた三女と次女の反応が、実に対照的だ。チアキはタイトルだけでビビり始め、「身近な道具で恐怖を誘う趣向か・・・」と虚勢を張り、カナは「選択肢 家電しかないのか?」と、もっともなツッコミを入れている。

とにかく、台詞と言うか、単語の選び方がなんとも可笑しいですよねw
こう、反応が対照的だな、で読み取り作業(?)が終わらずに、この後こう言うだろうか、こういう台詞に繋がりそう、まで雰囲気をトレース出来る方に、この作品の脚本はお願いしたいですよね…次があるならば、ですがw

>「その話なら 私 知ってるよ」と、吉野がニコニコ顔で言い放ったのだ。ブラック吉野ちゃん久々の降臨!抗う術を失ったチアキは涙目に(笑)。
>そんなこんなで、「恐怖の掃除機」を語り始める吉野。いつもの ほんわか口調なので、全然怖くないけど(笑)。

脳内再生してみましたが、どんなに状況設定を変えても、豊崎愛生さんだとちっとも怖くないですw
他にも幾人かいらっしゃいますが、怖い話に全く向いてない声質の声優さんですよねww

| 長男 | 2010/07/17 | URL

◆長男さんへ

コンビニで今日発売のヤンマガNo.33をチェックしたら、「みなみけ」154話が載ってました。
「次回登場は8/2号」と書くところを、間違えて「次回登場は8/2発売号」って書いちゃったみたいですね。

> ですよね、南家マンションに限らず(学校とかも)舞台の間取りは重要です、ホントに…。
> 舞台が南家のシーンに限って言うと、ジャンル的に、所謂「お茶の間コント」の要素が強いですよね。
> 懐かしい話をすれば、「欽ドン」とか「やっぱり猫が好き」のようなw

全然別の話ですが、もしもシャフトが「みなみけ」をアニメ化していたら、アニメ版「月詠」みたく
お茶の間がドリフのセットになったり、アニメ版「ひだまりスケッチ」みたいに背景が水玉ハーフ
トーンだらけになったり・・・なんてことを想像してしまいましたw

> ですので、キッチンとリビングも隣接していることが、とても重要かと思います。
> ハルカのポジションが、この2箇所なわけで、キッチンが隣接していることで、ハルカの位置に関わらず自然と、三姉妹が基本的に同じ空間内に居る、という状況になるんですよね。
> リビングとキッチンの間に、廊下と壁2枚があると、この状況が崩れてしまうわけで、2期はともかく3期では、原作通りに再現すると状況的におかしくなる話もありましたが…。
> でもあれ、間取りが合ってない、という事をさして気にして作られていなかったのかもしれませんね。

原作の間取りは、コハル先生が練りに練って考えたものだと思うんですよ。
キッチンの仕切りカーテンにしても、襖一枚で仕切られているチアキの部屋にしても。
アニメ3期で作風をリセットしたなら、間取りの設定もリセットして欲しかったですね。

> とにかく、台詞と言うか、単語の選び方がなんとも可笑しいですよねw
> こう、反応が対照的だな、で読み取り作業(?)が終わらずに、この後こう言うだろうか、こういう台詞に繋がりそう、まで雰囲気をトレース出来る方に、この作品の脚本はお願いしたいですよね…次があるならば、ですがw

アニメ化の際は、呪いの冷蔵庫、悪魔の洗濯機、恐怖の掃除機の具体的なイメージを
描くと思われますが、スタッフのセンス(コハル先生ワールドの理解度)が問われそうですw

> 脳内再生してみましたが、どんなに状況設定を変えても、豊崎愛生さんだとちっとも怖くないですw
> 他にも幾人かいらっしゃいますが、怖い話に全く向いてない声質の声優さんですよねww

普段は、ほんわか声ですが、ブラックモードになった時のギャップも素敵です。
吉野ちゃんしかり、モモ@To LOVEる しかりw

| 三四郎. | 2010/07/17 | URL

はじめまして。

この号をまだお持ちでしたら、カナ以外のキャラ紹介もなんと書かれていたかご紹介いただけませんでしょうか?
うちの方で売ってた号は全部キャラ紹介欄の真ん中あたりで裁断されていまして・・・

| シャーチャ | 2010/08/06 | URL

◆シャーチャさんへ

> この号をまだお持ちでしたら、カナ以外のキャラ紹介もなんと書かれていたかご紹介いただけませんでしょうか?
> うちの方で売ってた号は全部キャラ紹介欄の真ん中あたりで裁断されていまして・・・

自分が買った月刊ヤンマガは、3行目が半分切られていました。
でも何とか文字は判読できたので、以下に記しておきます。

南春香(ハルカ)。南家の長女。高校生。両親がいない南家の大黒柱。若いのに大変だね。
南千秋(チアキ)。南家の三女。小学生。かなりキレ者ではあるが、所詮まだまだ子ども。
内田。チアキの同級生。いつもカナにからまれる。また今回も・・・・。

以上です。

| 三四郎. | 2010/08/06 | URL

三四郎.さんへ

ありがとうございます! 次号の発売日が迫りつつあるのに、他に月刊ヤンマガを置いている店が見つからず、もうこのままわからずじまいかと思っていただけに嬉しいです。

| シャーチャ | 2010/08/06 | URL

◆シャーチャさんへ

> ありがとうございます! 次号の発売日が迫りつつあるのに、他に月刊ヤンマガを置いている店が見つからず、もうこのままわからずじまいかと思っていただけに嬉しいです。

お役に立てて何よりです。^_^;

| 三四郎. | 2010/08/06 | URL

みなみけのクリアファイルがこない・・・

| 俺だけなのか | 2010/09/17 | URL

◆俺だけなのか さんへ

> みなみけのクリアファイルがこない・・・

まだ発送していない筈です。
ヤンマガNo.40に「発送は9月下旬を予定しております」って書いてありましたよ。

| 三四郎. | 2010/09/17 | URL

きてないのは自分だけだと思ってめっちゃあせってました
教えてくださりありがとうございます
めっちゃ返信はやいのでとても助かりました
ほんとありがとうございます(●´ω`●)ノ

| 元 俺だけなのか | 2010/09/17 | URL













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/414-965bd86f

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事