前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

[アニメ感想] ゼーガペイン - ZEGAPAIN - 第10話 「また、夏が来る」

第10話 「また、夏が来る」

ゼーガペイン - ZEGAPAIN - 第10話 「また、夏が来る」

アニメの内容に触れていますので、まだ見ていない方はご注意ください。


あらすじ

第10話のあらすじ、主要スタッフはアニメ公式サイトから引用しておきます。
脚本:村井さだゆき 絵コンテ:下田 正美 演出:工藤 寛顕 作画監督:鎌田 祐輔

夏休み前、映研部屋の整理中に、「世界の終わりの夏の一日」と題した先輩・河能亨の自主映画ディスクを見つけるリョーコ。それは淡々と無人の舞浜の景色を映しただけの退屈な作品だったが、圧倒されるような不思議な実在感を放っていた。
自らの自主映画の主役を探しに、キョウたちのいるプールへやってきたリョーコは、終業式の夜に行われる夏祭りへ一緒に行く約束をする。その際に、河能のことをシズノに尋ねると、「……河能くんは病気で休んでいるわ。2学期になったら出てくるんじゃないかしら」
シズノの反応に違和感を覚えたキョウに、シマたちは「河能は戦死したセレブラント」であると告げる。この世界は、セレブラントの死を事故死、転校、あるいはハヤセの恋人の津村さち子のような「いるけれどなぜか会えない人」といった様々な形で受け入れることで、矛盾を最小限にとどめようとしているのだ。

ストーリー&感想

この第10話は ほぼ日常(仮想世界)の話だけで構成されていて、戦闘シーンが一切無し。それなのに これだけ面白いのは、ストーリーが非常に練られていること、各話ごとに脚本家の個性が出ていて、全体を通して一本調子でないこと等があげられます。ジオングの整備兵の名言を借りれば「戦闘シーンなんて飾りです」ってところでしょうか。また、花火のクオリティがハンパ無い出来だったけど、戦闘シーンのCG予算を全て花火に注ぎ込んだとか?(笑) (以下ネタバレ反転)それにしても、サブタイトルがスゴイ伏線です。何しろ「また、夏が来る」ですから。そういえば昨年、某有名アニメ作品が似たようなことを何度もやっていましたね。BS11がゼーガ初視聴でも、勘の鋭い人は この先の展開に気付きそう。

Aパート

ゼーガペイン - ZEGAPAIN - 第10話 「また、夏が来る」
※キャプチャ画像はテレ東で放映された時のものです(以下同様)

▊ 封印された作品

夏休みの前。映研の部室に集まり、自主制作映画の準備をするカミナギたち。たまたまミズキがロッカーの中から封印作品集を発見する。その中には「世界の終わりの一日」というタイトルの作品があり、制作者は15期(現在3年生)の河能亭となっていた。興味を持ったカミナギはそれを自宅に持ち帰り、パソコンで再生して中身を確認。その作品には見慣れた舞浜市の街角の風景が映っているだけだが、カミナギはその画面に圧倒される。「そして世界は 終わりの日を迎えた」 「ぼくらは明日、夢の存在になる」――挿入されるテロップには、何かを暗示したようなメッセージが書き込まれていた。

▊ 姿を見せない3年生

別の日、舞浜南高校のプール。カミナギ、ミズキ、トミガイは自主制作映画「この海と空の出会う場所ところ」の主役を探しにやって来た。女装したトミガイとのキスシーンをキョウが拒み降板したため、カミナギはハヤセに白羽の矢を立てたようだ。ところがプールにいたのはキョウただ1人で、ハヤセの姿はない。プールサイドでしばらく待っていると、シズノが登場。少し遅れてウシオとカワグチもやって来て、いつしか夏祭りの話題となり、この場にいるメンバーで繰り出す約束をとりつける。

一方その頃、ハヤセは3年A組前の廊下で津村さち子を待っていた。しかしいつまでたっても姿を見せず、ハヤセのケータイには「ちょっと急用。さき帰っちゃった♥」とのメールが届く。ウシオ曰く、ハヤセと津村は4月から同じ学校になったのに、まだ一度も会えていないという。

3年生の話題が出たので、カミナギはそれに便乗して「河能亮」のことをシズノに尋ねる。シズノによると、河能は病欠していて2学期になったら出てくるらしい。それを横で聞いていたキョウには、思い当たる節があるらしく、少し複雑な表情に・・・。

☞ 偶然見つけた封印されたビデオ、存在するのに姿を見せない生徒、夏休み前日のお祭り、etc... 冒頭からいきなりジュブナイルっぽい展開。いかにも村井さだゆき氏らしい構成ですな。

ゼーガペイン - ZEGAPAIN - 第10話 「また、夏が来る」

▊ セレブラントの目覚め

生徒会室に集まったセレブラントのメンバーたち。キョウはそこで、津村さち子と河能亮が戦死したセレブラントだったことを知らされる。事故死、転校、存在するのに会えない人・・・この世界は、セレブラントの死を様々な形で受け入れていたのだ。ハヤセのような一般の幻体は その事実を知る術もなく、量子コンピュータが作り出した偽りの情報をそのまま受け入れるしかないようだ。

シマの説明によると、その矛盾に気付いた者がセレブラントとして目覚めるらしい。また、セレブラントに目覚めるメカニズムは今のところはっきりせず、シズノは「世界の歪みを引き受ける者」と考え、クロシオは「仮想世界の矛盾を調整する者」と解釈。キョウはセレブラントの存在に改めて疑問を抱くが、カミナギに目覚めの兆候があることを知り愕然となる。

▊ 虹色の貝殻を拾った少年

自宅マンションに戻ったカミナギは、再び河能亮が撮影したビデオを見ていた。「記録することに何の意味なんて ない」――うら寂しくも圧倒的な映像にマッチしたテロップ。自主制作映画のシナリオ改稿に行き詰まったカミナギは、何か感じ入るところがあり、台本をゴミ箱に投げ捨てる。そして、ベッドに仰向けに寝そべり、新たなシナリオのアイデアを思い描き始める・・・。
虹色の貝殻を拾った朝、彼女は浜辺で一人の少年と出会う。
その少年は自分の記憶を無くしていた。
彼女の家で生活を始めた二人は、やがて恋に落ちるのだけど・・・
この直後、ふとモニターに映った河能亮の作品を遠目に眺めると、そこには異様に曲がった虹がある風景。「それでも僕は世界を記録する」 「世界が終わる 瞬間まで ――という、河能亮のメッセージが映し出されていた。

☞ カミナギの隠れ巨乳再び!まったくもって、けしからん乳だ!!何度も書くけど、どんなに小さく見積もってもCカップは鉄板でしょう。(*´Д`*)

▊ 第一次オスカー攻略戦

ここで舞台はオケアノスのブリッジへ。シマ司令たちの会話によると、河能亮は第一次オスカー攻略戦で死亡。津村さち子も同作戦でデータが大破し、修復不能な状態らしい。二人は舞浜では生きていることになっているが、これは死亡者が多いと不自然だからという理由から。

そして、河能の周りの人間は彼が消えたことに気付かず、映研の後輩にあたるカミナギもこれまで注意を払っていなかった。そのカミナギが河能亮の存在に気付いたのは、自分が舞浜に降りた影響では?と疑うシズノ。一方、シマはカミナギの覚醒の兆候だと悟り歓迎する。なお、河能が撮影したビデオは、彼が舞浜サーバーに入る直前、現実の舞浜をカメラに収めていたものらしい。

☞ ある日突然、周囲の人間が消えた際、一種の情報操作で乗り切ることが明らかになった。普通に考えれば、消えた本人のバックアップを使えばいい話だけど、第9話で語られていたとおり それは不可能だ。何しろ量子テレポートはオリジナルが移動するシステムであり、当然、消えた人間の代わりを配置することはできない。ここで興味深いのは、情報操作で完璧に無矛盾な状態を作ることもできるのに、敢えてそれをやっていない点。たとえば津村さち子に関する全ての情報を削除することも理論上は可能なのに、わざわざ「会うことが出来ない」という宙ぶらりんな状態を作り出している。考えられる理由の一つは量子コンピュータの処理能力の限界。記憶に関するデータ、津村さち子が残したモノ等に関するデータ、それらを全て検索して削除するのは量子コンピュータでも容易では無いし、負荷が掛かりすぎるのだろう。また、わざと情報に綻びを残すことで、誰かがそれに気付くように仕向けているのかもしれない。つまりセレブラント覚醒を促すための仕組みみたいなものだ。・・・と、ここまで書いて思ったんだけど、そういった意図があったとしたら、ゼーガペインのSF考証とか設定は本当ハンパ無いっすね。

☞ 現実の舞浜の人々が舞浜サーバーに入った経緯は、ドラマCD 「OUR LAST DAYS」EPISODE 3 『our last days』で描かれている。自称セレブラムの人は必ず聴くように!

Bパート

ゼーガペイン - ZEGAPAIN - 第10話 「また、夏が来る」

▊ 瓦礫の街

日曜日の舞浜。カミナギはミズキを誘ってロケハンへと向かう。河能が撮影したビデオ「世界の終わりの一日」を観て感じた違和感。その正体を探るのが目的だ。河能のビデオに映っていた場所に到着したカミナギは、早速撮影を開始する。もずく通り、タコのオブジェがある公園、運河と場所を移動し、南舞浜駅前通りで撮影した最中、それは突然やって来た。デジカムのファインダー越しに見た風景に、瓦礫の街と化したビジョンがオーバーラップしてきたのだ。

▊ ミズキの決意

ロケハンが終了した夕方。カミナギとミズキは河の土手に座り、涼をとりながら一休み。カミナギとキョウが喧嘩している話題をきっかけに、二人の会話はミズキ主導の恋バナへ。ミズキは、ハヤセに彼女がいることを知りショックを受けたことを打ち明け、祭りの夜にダメもとで告白すると宣言する。

▊ 虹の記憶

その日の夜。カミナギは、ロケハンで撮影した風景と河能のビデオに映っていた風景を比較。ここで初めて、河能のビデオには人が居ないことに気付き、河能が世界をより深く描こうとしているのだという結論に達する。それに対して、自分が描きたかったことは何なのか?カミナギは自問自答し、先日 脳裏に浮かんだシナリオの続きを考える・・・。
少年は廃墟の世界の戦場から逃れてきた戦士。
でも、転送の際のエラーで記憶を無くしてしまった。
虹の貝殻は彼の記憶のストレージ。
少年は仲間と一緒に自分の世界に帰ることになる。
でも今戻ると、こちらの世界の記憶が消えてしまう。
彼は虹の貝殻に自分の記憶を詰め、それを彼女に託して戦場に戻っていった。
翌朝、カミナギの机の上には、完成したばかりのシナリオ「虹の記憶」の原稿が置かれていた。

☞ ミズキが祭りの夜に告白しようとしたのには、実は理由がある。「ゼーガペイン ビジュアルファンブック」によると、下記の裏設定があるらしい。
この夏祭りは舞浜南高校の生徒にとってカップル成立の確率が高い重要なイベントでもある。
(ゼーガペイン ビジュアルファンブックから引用)

ゼーガペイン - ZEGAPAIN - 第10話 「また、夏が来る」

▊ 夏祭り

舞浜南高校では1学期の終業式が終了。そしてその日の夜、キョウやカミナギ、ウシオたちは浴衣に着替えて夏祭りに繰り出す。会場にはシマ、ミナト、シズノの姿もあった。ところが、シズノはキョウたちとは合流せず一人で会場を散策することに。自分がこれ以上関わると、カミナギに更なる影響を与えてしまう考えたようだ。

そうこうしているうちに、夜空には まばゆいばかりの花火が打ち上げられ、祭りは更に熱をおびていく。ミズキはハヤセを呼び出し、橋の上で自分の想いを告げるが敢えなく玉砕。一方、トミガイたちとはぐれ、カミナギと二人きりになったキョウはタコ公園のベンチに座って花火見物。カミナギは自主制作映画のシナリオを一から書き直したことを告げ、そのあらすじを披露する。
この世界を守るために戦場に戻った少年は、戦いが終わって戻ってくるの。
そこは何十年も未来の世界。
そこで少年は彼女との思い出を封じ込めた虹の貝殻を見つけるの。
そして、そっと耳にあててみるんだけど・・・
貝殻は壊れてて、何も・・・何も聞こえない。
「悲しい終わり方だな」――キョウはそんな感想をつぶやくが、自分が主役に復帰することを宣言。カミナギを守るという決意を改めて誓うのだった。

☞ シズノがキョウやカミナギと合流しなかったのは、表向きにはカミナギの覚醒を防ぐことだけど、その裏にはキョウの悲しむ顔を見たくないという乙女心が垣間見えますね~。ただ、キョウがカミナギに惹かれる素地を作ったのは、他ならぬシズノなんですけどね(詳細は第7話 「迷える魂」のシズノとカミナギの会話を参照)。

☞ 今回のED曲は リトルグッバイリトルグッバイリトルグッバイ[AA]のC/W曲「and you」で、なぜか「ゼーガペイン」オリジナルサウンドトラック「ゼーガペイン」オリジナルサウンドトラック「ゼーガペイン」オリジナルサウンドトラック[AA]とゼーガペイン オリジナル・サウンドラック(2)ゼーガペイン オリジナル・サウンドラック(2)ゼーガペイン オリジナル・サウンドラック(2)[AA]には未収録となっています。

【関連記事】
■ [アニメ感想] ゼーガペイン - ZEGAPAIN - 第9話 「ウエットダメージ」
■ [アニメ感想] ゼーガペイン - ZEGAPAIN - 第11話 「残るまぼろし」
■ [レビュー] ゼーガペイン アンソロジー (電撃コミックスEX)
■ [レビュー] ゼーガペイン ドラマCD 「audio drama OUR LAST DAYS」
■ 「アニメージュオリジナル」 vol.7を買ってきた
■ 「ゼーガペイン ビジュアルファンブック」を購入

【関連サイト】
■ ZEGAPAIN (アニメ公式サイト)
■ ゼーガペイン Blu-ray BOX (バンダイビジュアル)
■ アニメ ゼーガペイン (BS11デジタル)
■ あにてれ ゼーガペイン (テレビ東京)
■ ゼーガペイン (Wikipedia)



ゼーガペイン FILE.04 [DVD]
ゼーガペイン FILE.04 [DVD]
Powered by
   

ゼーガペイン ビジュアルファンブック

ゼーガペイン ビジュアルファンブック

Amazon.co.jpで見る

   

リトルグッバイ

ROCKY CHACK

リトルグッバイ

Amazon.co.jpで見る

スポンサーサイト

| ゼーガペイン | この記事のURL | comments:2 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT

>ジオングの整備兵の名言を借りれば「戦闘シーンなんて飾りです」ってところでしょうか。

こういった日常パートで、シズノ先輩のお茶目な姿なんかを、もっと見てみたいですね。

>何度も書くけど、どんなに小さく見積もってもCカップは鉄板でしょう。(*´Д`*)

データ修復の担当者っているんでしょうか?どうも今後の展開で、カミナギも戦闘に参加しそうですけど、担当者(?)に心付けを渡しておけば、Fカップも夢ではない?w
ざんげちゃんを超えれば、花澤キャラで最大になれるかなとw

>(以下ネタバレ反転)

最初は某歌の歌詞を思い起こしましたけどw…そうですよね、サーバ内のデータな訳ですから、そういうことになりますよね。
"今後"の、水泳部の活動やら部員集めに対しての「残酷だ」という言葉の意味がわかりますね。

| 長男 | 2010/06/14 | URL

◆長男さんへ

> こういった日常パートで、シズノ先輩のお茶目な姿なんかを、もっと見てみたいですね。

ドラマCDでも、アンソロコミックでも、シズノは真面目キャラなんですよ。
ウェットダメージで性格が豹変したシズノを見てみたいですねw

> データ修復の担当者っているんでしょうか?どうも今後の展開で、カミナギも戦闘に参加しそうですけど、担当者(?)に心付けを渡しておけば、Fカップも夢ではない?w

公式設定では身長と体重だけアナウンスされていて、それぞれ160cm/46kgとなっています。
理想体型の計算式にこの数値を入力したところ、スリーサイズ等はこんな感じになりましたw
・B82/W59/H84
・トップバスト82.4~84.8cm
・アンダーバスト69.12cm
・カップ数B~C (トップとアンダーの差13.28~15.68)

ちなみに、カミナギのホロスーツは胸の谷間が見えそうで見えませんorz
やはり着痩せキャラです。

> ざんげちゃんを超えれば、花澤キャラで最大になれるかなとw

ざんげちゃんとデュラララの園原杏里って、どっちが大きいんですかね~(*´Д`*)

> 最初は某歌の歌詞を思い起こしましたけどw…そうですよね、サーバ内のデータな訳ですから、そういうことになりますよね。
> "今後"の、水泳部の活動やら部員集めに対しての「残酷だ」という言葉の意味がわかりますね。

BD-BOXの発送日が9月1日で、プラモの再販も9月。
どちらも2学期になってからですが、これって絶対に狙ってますよねw

| 三四郎. | 2010/06/14 | URL













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/396-4ce9a43c

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事