前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

[アニメ感想] ゼーガペイン - ZEGAPAIN - 第4話 「上海サーバー」

第4話 「上海サーバー」

ゼーガペイン - ZEGAPAIN - 第4話 「上海サーバー」

アニメの内容に触れていますので、まだ見ていない方はご注意ください。


あらすじ

第4話のあらすじ、主要スタッフはアニメ公式サイトから引用しておきます。
脚本:久保田 雅史 絵コンテ:凛々 雅由紀 演出:凛々 雅由紀 作画監督:佐村 義一(キャラ)、松田 寛(メカ)

メイウー・メイイェン姉妹の故郷である上海付近を飛行するオケアノス。
同じ頃、キョウは舞浜南高校のプールで、前回の戦闘終了後にゼーガペイン・アルティールから降りた際、自分の手首が消えた理由について考えていた。
そして、「ゼーガペインの戦闘はリアルなヴァーチャルゲームだった」という結論に到達し、飛び込み台からダイブしたとたん、額にセレブアイコンが出現して、キョウはオケアノスへと転送されてしまう。
折しも会議を終えて現れたシズノに疑問をぶつけると、「キミの知りたいコトは、全てあのゲームに入っているわ」と言われる。早速ゲームを始めるキョウ。
一方、メイウーとメイイェンは、上海サーバーからのデータのサルベージをシマに直訴し、許される。ところが、ゼーガタンクで出動したメイウーとリチェルカが見たものは、上海サーバー付近で侵食拡大中のデフテラ領域だった。

ストーリー&感想

第1話第6話をゼーガペインの第1部とすると、今回の話は第1部における起承転結の「承」の終わりあたり。新たな伏線は「PAIN OF ZEGA」をサクサクとプレイするカミナギぐらいで、既出の伏線回収フェーズに突入ってところでしょうか。何気に見所なのは、フォセッタやリチェルカといった戦闘用AIの活躍シーン。特に、キョウにお尻をタッチされた際のフォセッタの反応がイイ.ヽ(≧▽≦)ノ.

Aパート

ゼーガペイン - ZEGAPAIN - 第4話 「上海サーバー」
※キャプチャ画像はテレ東で放映された時のものです(以下同様)

上海の上空を飛行する母艦オケアノス。メイウー、メイイェン姉妹は廃墟と化した上海の街を前に、家族の写真を見つめ、帰郷の報告する。一方その頃、キョウは「最新式のバーチャルゲーム」内での不可解な出来事―「ミテイルセカイヲ シンジルナ」という謎のメッセージ―について考えていた。すると、そんな彼の額に突如としてセレブアイコンが出現。キョウはシズノの力を借りずにオケアノスに転送されてしまった。

オケアノスでは、キョウがゼーガペイン・アルティールの外に出た件で会議が開かれていた。キョウがこの世界の真実を知った時の精神的なダメージを懸念するミナト。シマもそれに同調し、暗にシズノを非難する。それに対しシズノは「こうなったのは誰のせい?」と反論。会議の場は険悪な雰囲気になり、シズノはいきなり立ち上がり退席しかける。シマはシズノを呼び止め、「自らの覚醒できない場合、彼に全てを明かしてもかまわない」と今後の対応を一任したが、シズノは「勝手ね」と言い残して会議室を後にするのであった。

シズノたちがオケアノスの艦橋に戻ると、そこには海パン一丁のキョウの姿が・・・。こっちのことを考えていたら、いつの間にか転送されていたという。そしてキョウは、この戦闘の目的をシマたちに質問。するとミナトからは「あなたの知りたいことは全てあのシミュレーターの中に入っている」と、つっけんどんな回答が返ってきた。それを聞いたキョウは無駄足だったとぼやくも、その直後にセレブアイコンが再び現れ、元の世界へ逆戻り。キョウはミナトに言われたとおり、「PAIN OF ZEGA」の続きをプレイするべく、カミナギのマンションに立ち寄る。

 ミナトがキョウの精神的なダメージを心配しているけど、これも伏線といえば伏線になりますね。理由は第9話で明かされます。

ゼーガペイン - ZEGAPAIN - 第4話 「上海サーバー」

上海サーバーの回収をシマ司令に具申し、その許可を得たメイウー&メイイェン姉妹。メイウーは戦闘AIのリチェルカと共にゼーガタンクに搭乗し、いざ上海サーバーを目指すが、その途中でサーバーを浸食しようとしているデフテラ領域に遭遇する。

同じ頃、カミナギのマンションでは、キョウが「PAIN OF ZEGA」で格闘中だった。カミナギの意見を無視し、QLの残量を考慮せず力任せな攻撃を繰り返すキョウ。敵メカにパンチを浴びせ、何とかステージ4のクリアに成功する。
閉ざされた未来。形の喪失。そして種の超越。ガルズオルムとの激闘は続く・・・。
セレブラントたちよ!残されし希望、ホロニック・ローダーを駆れ!
My thoughts never to be erased ! (消されるな、この想い)
My pain never to be forgotten (忘れるな、我が痛み)
ステージ・クリア後に流されたそんなナレーションに聞き入るキョウであったが、戦闘目的はさっぱり分からず終い。キョウは途中でゲームを投げ出し、その続きはカミナギがプレイすることに。ヘッドマウントディスプレイを装着したカミナギは、黙々とゲームを進めていく・・・。

 前述したとおり、「PAIN OF ZEGA」をプレイするカミナギは、彼女の未来を示唆する伏線といえます。ナレーションの中にある「閉ざされた未来」と「形の喪失」はキョウたちの置かれている状況を、「種の超越」というフレーズはガルズオルムの目的を暗示しているのかな?でも、このナレーションで戦いの理由を理解しろって言われても、まあ無理でしょうね。

Bパート

ゼーガペイン - ZEGAPAIN - 第4話 「上海サーバー」

デフテラ領域に浸食される前に、何としてもサーバーを回収したいメイウー。メイイェンとルーシエンのゼーガペイン・ガルダのサポートを受け、サーバーの設置ポイントへと急ぐ。しかし、ガルダはガルズオルムの物量作戦の前に苦戦を強いられる。そんな状況の中、キョウとシズノのゼーガペイン・アルティールが駆けつけ、デフテラ領域のコアの破壊を試みるが、「PAIN OF ZEGA」とは異なり、力任せのパンチは全く効かない。

上海の上空で死闘が繰り広げられている頃、地下ではメイウーたちのゼーガタンクが、上海サーバー設置ポイントに辿り着いていた。そして、タイムリミットぎりぎりでサーバーのデータを回収したメイウーは、迫り来るデフテラ領域を避けるべく脱出。しかしその途中、データが保存されているホロメモリーは、デフテラ領域に呑み込まれ、消失してしまった。ガルダの一撃がデフテラ・コアを破壊したものの、一瞬遅く間に合わなかったのだ・・・。

ゼーガペイン - ZEGAPAIN - 第4話 「上海サーバー」

デフテラ領域の破壊には成功したものの、ミッションの目的である上海サーバーの回収には失敗。オケアノスに帰艦したメイウーは涙を流して立ちすくみ、妹のメイイェンは姉に抱きつき泣き崩れる。

この世界がリアルなゲームだと思い込んでいるキョウは、そんな二人を慰めようとして「次のゲーム、絶対にリベンジしてやろうぜ」と無神経な言葉を掛けてしまう。ところが、メイウーたちは怒りに満ちた険しい表情でキョウを睨み付け、ルーシエンに至っては、いきなりキョウを殴り、無言で立ち去ってしまった。理由が分からず途方に暮れるキョウに対し、シズノは諭すように、こう告げれるのであった。
「これがゲームに見える?作り物の世界に・・・。これは現実よ。全てね」
 4年前、テレ東で第4話が放送された直後は「?????」な状態でした。このゲームの世界が現実だとしたら、説明がつかない点が多すぎるからです。今思えば、前回のラスト、キョウの手がロッカーの中で消えたシーンが、ミスリード的な役目を果たしていたもよう。ゼーガペインのシリーズ構成力、恐るべし!!

そして、今回の脚本は久保田雅史さん。第4話がゼーガペインでの初脚本となり、この先、第7話、第13話、第17話、第22話を担当されています。久保田さんが過去に携わった作品の中で、ちゃんと観たことがあるのは宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ(OVA版2期)ぐらいですが、SFアニメの中で日常系の描写を書くのが上手い人といった印象があります。ゼーガのライター陣の中では、日常に潜む恐怖や謎を描くのが上手い村井さだゆきさんとは対照的ですね。

【関連記事】
■ [アニメ感想] ゼーガペイン - ZEGAPAIN - 第3話 「デフテラ領域」
■ [アニメ感想] ゼーガペイン - ZEGAPAIN - 第5話 「デジャビュ」
■ [レビュー] ゼーガペイン アンソロジー (電撃コミックスEX)
■ [レビュー] ゼーガペイン ドラマCD 「audio drama OUR LAST DAYS」
■ 「ゼーガペイン ビジュアルファンブック」を購入
■ 「アニメージュオリジナル」 vol.7を買ってきた

【関連サイト】
■ ZEGAPAIN (アニメ公式サイト)
■ アニメ ゼーガペイン (BS11デジタル)
■ あにてれ ゼーガペイン (テレビ東京)
■ ゼーガペイン (Wikipedia)
■ 「東京国際アニメフェア2010」レポート【イベント編】-ゼーガペインやガンダム00、四畳半神話大系など (Impress AV Watch)



以下の商品リンクは広告となります。

ゼーガペイン FILE.02
ゼーガペイン FILE.02
Powered by
   
ROBOT魂 ゼーガペイン アルティール
ROBOT魂<SIDE HL> ゼーガペイン アルティール
Powered by
   

ゼーガペイン ビジュアルファンブック

ゼーガペイン ビジュアルファンブック

Amazon.co.jpで見る

スポンサーサイト

| ゼーガペイン | この記事のURL | comments:2 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT

次回から、世界の全容が明らかになるのですね。

>特に、キョウにお尻をタッチされた際のフォセッタの反応がイイ.ヽ(≧▽≦)ノ.

ここ噴いてしまいましたw
というか、キョウがあの格好で基地?をうろついてる絵面が、なんともシュールですよね。
保坂なら、そんなに変じゃないかもしれませんがw

| 長男 | 2010/05/02 | URL

◆長男さんへ
> 次回から、世界の全容が明らかになるのですね。

5話で世界の有り様がそれとなく仄めかされ、6話で明らかにされます。
ただゼーガペインがスゴイのは、それが物語の始まりでしかない点なんですよ。
個人的には11話以降がゼーガの真髄だと思ってます。^_^;

> >特に、キョウにお尻をタッチされた際のフォセッタの反応がイイ.ヽ(≧▽≦)ノ.
>
> ここ噴いてしまいましたw
> というか、キョウがあの格好で基地?をうろついてる絵面が、なんともシュールですよね。
> 保坂なら、そんなに変じゃないかもしれませんがw

お尻タッチは、さすがキョウちゃん!視聴者の期待を裏切りませんw
ただ、一見ギャグっぽく見えますが、AIの説明を兼ねた上手い脚本だなと思います。

| 三四郎. | 2010/05/02 | URL













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/376-8419f37d

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事