前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

[マンガ感想] みなみけ 第145話 「考えて」

ヤングマガジン2010年No.12に掲載されている「みなみけ」第145話『考えて』の感想です。

週刊ヤングマガジン2010年No.12 / みなみけ 第145話 「考えて」

以下、マンガの内容に触れています。未読の方はご注意ください。


ストーリー&感想

女子高生の爽やかな登校風景!!
(扉ページ[P.359]の柱文)

本日の主役はハルカでもカナでもなくアツコ。真面目で控えめな女の子。だが今回、その長所が仇に!
(2ページ目[P.360]の柱文)
編集さんが書いた柱文や扉絵を見ればわかるとおり、今回はアツコにスポットが当てられている。ちなみに、アツコの扉絵登場は第105話「扱い」以来で、今回ので累計6回目(単独では3回目)だ。

▊ そもそもの始まりはマキの新しいコート

みなみけ 第145話 「考えて」 1ページ目1コマ目 アツコ&マキ お話は、とある冬の日の登校風景からスタート。アツコはマキと待ち合わせしていたらしく、一足早く通学路に到着。そこに少し遅れてマキが登場する。アツコはマキのコートが新しくなっていることに気付くが、その時点では特にそれには触れず、二人は並んで歩き、高校へと向かうことに。キャピキャピ(←死語w)した女子高生であれば、新しいコートを見た直後にそれを話題にするはずだが、それをしないのが奥ゆかしいアツコの可愛らしさ。(*´Д`*)

マキ「アツコのマフラー モコモコして暖かそうだだね?ね?」

おニューのコートについて気付いて欲しいマキは、それとなくアツコに話題をふる。「ね?」を2回言ってるのが、いかにもマキらしい(笑)。一方、話を振られたアツコは、たった今気付きましたとばかりに新しいコートについて触れ、『マキは質問の意図がわかりやすいなぁ』と笑顔になりながら、心の中でつぶやく。しかしその直後、マキの口から予期せぬ言葉が・・・

マキ「アツコは質問の意図をちゃんと汲んでくれて助かるなぁ」

アツコの性格を把握しているマキは、アツコの反応をあらかじめ予測し、質問を投げかけたもよう。マキの洞察力恐るべし。カナ同様、“バカを演じる天才”なのかもしれない(笑)。

▊ 速水と保坂から謎の二択

みなみけ 第145話 「考えて」 5ページ目3コマ目 アツコ&保坂 場面が変わり、高校の廊下。アツコは速水とバッタリ遭遇し、突然訳の分からない質問を投げかけられる。

速水「味の薄いミルクココアと クリームを入れ過ぎたコーヒー どっちがいいと思う?」

速水の意図が皆目読めないアツコは、ココアとコーヒーは何かのたとえであると判断。味が薄いのは足せばいいが、入れ過ぎたものをちょうど良くするのは難しい・・・という結論に達し、ココアを選択する。ところがその直後、速水の口から出たのは・・・

速水「マキの新しいコートは『味の薄いミルクココア色』で決まり!」

ここでもアツコにとって予期せぬ展開が待ち受けていたのだ(笑)。『どっちを選んでもダメだったのか・・・・・・・・』―真面目なアツコは、速水のバカバカしい二択にショックを受け意気消沈。そして、そんな彼女の前に今度は保坂が登場。またしても意味不明の二択問題が提示される。

保坂「果たしてあれは かぶってるのか?かぶってないのか?」

それに対して、アツコは速水の質問の轍を踏まないよう、ダメもとで「ひょっとして どちらでもないのでは・・・・?」と返答。すると保坂からは「ある意味正解だ」とのお言葉が!どうやら、マキの新しいコートの色がハルカのコートの色(保坂曰く『甘いカフェラテの色』)とかぶっているように見えて、それが気になって仕方ないらしい。それにしても、今回の保坂のセリフはやたらと長いなぁ。

なお、保坂と速水の登場は、第136話「ゆかいな」以来となり、約4ヶ月半ぶりだ。それと、速水と保坂の二人が揃って登場する回は過去10回(下記参照)あるんだけど、同一コマの中に二人が描かれていないのは今回が初めて。第21話では二人の直接的な絡みが無いが、それでも同じコマの中に二人が一緒に描かれている。
  1. 第8話「バレー部に入ろう」
  2. 第21話「守らなくては」
  3. 第30話「全開ですよ」
  4. 第42話「こんな日のために」
  5. 第79話「何者かを」
  6. 第82話「生まれかわる」
  7. 第102話「オレと仲良く」
  8. 第113話「妖精」
  9. 第119話「いただこう」
  10. 第136話「ゆかいな」
今回、速水と保坂が別々に登場したのは、別個にアツコを翻弄させることが目的だけど、うがった見方をすれば速水の保坂離れ、ひいては保坂の立ち位置の変化を示唆しているのかもしれない。

▊ アツコがモテる理由

みなみけ 第145話 「考えて」 7ページ目6コマ目 アツコ&カナ その日の放課後、南家マンションを訪れたアツコ。速水と保坂の二択問題をまだ引きずっているらしく、『何も考えないようにしてみよう』と自分に言い聞かせている。そんなアツコに、たまたま遊びに来ていた内田が「正直モテるでしょ?」と唐突な質問を投げかけて来た。意識的に何も考えず、上の空状態だったアツコは、内田の質問内容を吟味せず、うっかり「うん・・・・・・」と答えてしまったからさあ大変。アツコが肯定したと勘違いしたカナから「どうやったらモテるの?」と更に突っ込んだ質問を受けることに・・・。

ようやくその時点で、二人から何か尋ねられていることに気付いたアツコ。「何も考えてなかった」と謝るが、この咄嗟に出た言葉が却ってカナに誤解を与えてしまう。

カナ「おい 内田 何も考えてなくてもモテるらしいぞ!?」
内田「いやいや 絶対何かモテる秘訣があるんだよ!」

この後、カナと内田は意気投合し、「そのへんどうですか!?」とアツコ先生に迫るが、状況を把握できないアツコはしどろもどろ。「 ロイヤルミルクティー色 のコートとか・・・・?」と答えるのが精一杯だった。ミルクココアでもカフェラテでもなく、ロイヤルミルクティが出て来たってことは、アツコは紅茶派ってことなのかな?まあそんな感じで、控えめで真面目、周囲の状況に翻弄されやすいというアツコに、物事を深く考えすぎるという属性が追加された第145話でした。

月間新人漫画賞募集のお知らせ

ヤングマガジン2010年No.12 / 月間新人漫画賞募集のお知らせ 今週号P.216に掲載されている月間新人漫画賞募集の告知に、「みなみけ」第140話 『教えて』の1コマ(7ページ目の2コマ目)が使用されている。

ヤングマガジン2009年No.302009年No.51でも「みなみけ」の1コマが使われていたが、どちらも吹き出し内のセリフが募集告知向けに変更されていた。それに対して、今回はセリフの変更が一切無く、そのまま流用されている。

告知の中に「『いつか漫画家になれますように・・・・』って?」というアオリ文があり、それに対するアンサー的な意味合いなのでしょう。でもカナに「甘ったれるな!」と言われてもなぁ(笑)。

次回掲載号

次回登場は3/8発売号。春はもうすぐそこですね。
(最終ページの柱文[地]より)
ということで次回の「みなみけ」はヤンマガ3月8日発売号(No.14)に掲載されます。
そしてその翌日(3月9日)には、「そんな未来はウソである」第7話が掲載される別冊少年マガジン4月号が発売!3月の暦の並びは2月と同じなので、コハル先生の新作がまたまた2日連続で読めますね!

【関連記事】 マンガの感想記事は直近の3話分だけリンクを張ってあります。
■ [マンガ感想] みなみけ 第144話 「らしく」
■ [マンガ感想] みなみけ 第143話 「おとずれ」
■ [マンガ感想] みなみけ 第142話 「鬼教官」

■ [マンガ感想] そんな未来はウソである 第6話
■ [マンガ感想] そんな未来はウソである 第5話
■ [マンガ感想] そんな未来はウソである 第4話

■ みなみけ(原作) キャラクターの連続登場話数を調べてみた
■ 「みなみけ」「今日の5の2」ほか、桜場コハル作品に登場する大人キャラ
■ みなみけ(原作) チアキの「バカ野郎」発言に関するまとめ
■ みなみけ(原作) 下着回に関するまとめ
■ みなみけ(原作) お風呂回に関するまとめ
■ みなみけ(原作) 水着回に関するまとめ

■ みなみけ(原作) キャラクターの扉絵登場回数を調べてみた
■ みなみけ(原作) キャラクターの本編登場回数を調べてみた
■ みなみけ(原作) 南家三姉妹の登場回に関するまとめ
■ みなみけ(原作) アツコがトウマを男の子と勘違いするに至った経緯
■ [レビュー] グッドスマイルカンパニー みなみけ ねんどろいど 南千秋

【関連サイト】
■ みなみけ (StarChild 公式)
■ みなみけ おかえり (テレビ東京 公式)
■ みなみけ (Wikipedia)



みなみけ(7)フィギュア付き初回限定版 (プレミアムKC)

みなみけ(7)フィギュア付き初回限定版 (プレミアムKC)

Amazon.co.jpで見る

   

みなみけ(7)通常版
(ヤングマガジンコミックス)

みなみけ(7) (ヤングマガジンコミックス)

Amazon.co.jpで見る

   
スポンサーサイト

| みなみけ | この記事のURL | comments:2 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT

最初から最後までアツコ尽くし!素晴らしいww
アツコで始まりアツコで終わる回は、初めてですよね。
決して自己主張せず、あくまで受身なアツコいいなぁ(*´Д`)

保坂がアツコとの絡みのみ、とは珍しい…のかな?
まあ、速水先輩に煽られてばかりでは、ワンパターンすぎますし、いいんではないでしょうかw
また、長い台詞で超どうでもいいことを、何故かカッコよく言う保坂は好きですw
しかし、ハルカのコートの色に反応とか、ピュアですよね保坂。
こんな些細なことで、で行き場のない気持ちを抱いちゃう保坂は、妄想で接吻とかするはずないですよね~w
とりあえず、マキとハルカのコートが、甘いカフェラテの色でかぶった場合、行き場のない気持ちは、髪型の違いにぶつけてみるのがいいでしょう。
するとどうだ、南ハルカの流れるようなロングヘアの魅力を、再確認できたではないか!
あ…今回当のハルカ姉さまが出ていない(´・ω・`)

| 長男 | 2010/02/23 | URL

◆長男さんへ
> 最初から最後までアツコ尽くし!素晴らしいww
> アツコで始まりアツコで終わる回は、初めてですよね。
> 決して自己主張せず、あくまで受身なアツコいいなぁ(*´Д`)

同じ優等生系キャラなのに、ドSな吉野ちゃんとの違いが
ますます鮮明になりましたね!w

> 保坂がアツコとの絡みのみ、とは珍しい…のかな?
> まあ、速水先輩に煽られてばかりでは、ワンパターンすぎますし、いいんではないでしょうかw

保坂がアツコに話しかけるのは、かなりレアですね。
第30話「全開ですよ」と第102話「オレと仲良く」ぐらいだったと思います。

> また、長い台詞で超どうでもいいことを、何故かカッコよく言う保坂は好きですw

漫画を読んでいて、脳内では小野Dの声で再生されましたw

> しかし、ハルカのコートの色に反応とか、ピュアですよね保坂。
> こんな些細なことで、で行き場のない気持ちを抱いちゃう保坂は、妄想で接吻とかするはずないですよね~w
> とりあえず、マキとハルカのコートが、甘いカフェラテの色でかぶった場合、行き場のない気持ちは、髪型の違いにぶつけてみるのがいいでしょう。
> するとどうだ、南ハルカの流れるようなロングヘアの魅力を、再確認できたではないか!

本当、保坂ってピュアボーイですよね。
たとえ似た色のコートを着ていても、胸の大きさを見れば一目瞭然なのに! バキッ!!☆/(x_x)

> あ…今回当のハルカ姉さまが出ていない(´・ω・`)

保坂登場回なのに、ハルカ姉さまが出て来ないのは珍しいですね。
ちょっと調べてみたところ、保坂とハルカ姉さまが二人とも登場する回は過去15回。
そのうちハルカ姉さま未登場なのは第102話「オレと仲良く」、第122話「できること」の2回だけでした。

| 三四郎. | 2010/02/23 | URL













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/343-da905b3d

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事