前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

[マンガ感想] ファントム~Requiem for the Phantom~ 第11章 (コミックアライブ2010年2月号)

コミックアライブ2010年2月号に掲載されている「ファントム~Requiem for the Phantom~」 第11章の感想です。

ファントム~Requiem for the Phantom~ 第11章 (コミックアライブ2010年2月号)

以下、マンガ、原作ゲーム、小説等の内容に触れていますのでご注意ください。


第11章 『後続~ツァーレンシュヴェスタン~』

ストーリー&感想

前号で原作ゲームの第1章~第2章(L.A.編)が終了し、物語は再びゲーム第3章(日本編)へ。今回は久しぶりにサブタイトルが付いていました。これまでの「あらすじ」は柱文から引用しておきましょう。
梧桐組とサイスの告発によって、明らかになったクロウディアの陰謀。その協力者として追われる身になった玲二。アジトは爆破されキャルは消息不明に。そんな中エレンと再会した玲二は、二人で組織から逃げる事を決意する―。
(コミックアライブ2月号/P.743の柱文から)
んでもって、お話の方はというと、ここに来てまさかのオリジナル展開!!原作ゲームにある、礼拝堂での一騎打ち(玲二vsドライまたはエレンvsドライ)がスルーされて、いきなりツァーレンシュヴェスタン(数字ねーちゃんズ)の出陣です。この時点で、アイン、ツヴァイ、ドライの三人が生き残っているので、この先の展開がまったく読めなくなりました。

ファントム~Requiem for the Phantom~ 第11章 (コミックアライブ2010年2月号)
左:ドライの回想シーン/爆破されたアジトでサイスと対面するキャル(P.741)
中:ツァーレンシュヴェスタンに出陣を告げるサイス(P.751)
右:サイスの術中にはまり篠倉学園に誘き出された玲二とエレン(P.756)

マンガ版と原作ゲームの違いを整理するため、数字ねーちゃんズが出陣した時点での各キャラの動きをまとめておきます(下表参照)。ただし、美緒ルート(「桜舞い散る道を」ED)は割愛しました。マンガ版の美緒は第3章『銃声~崩れる日常~』で事実上退場しているためです。

キャラ マンガ版 原作ゲーム(PS2版)
アインルート ドライルート
蒼穹の道を 月輝る夜に独り 砂塵の道を
ツヴァイ
(玲二)
サイスの罠にひっかかり、篠倉学園へ。校内でエレンと再会するが、すでに周囲はサイスたちに包囲されていた。 ドライとタイマン勝負になり、ドライを射殺。梧桐組のと銃撃戦となるが、エレンと共に校舎内に逃げ込む。 ドライとのタイマン勝負で、わざと負けて死亡。 エレンとドライの一騎打ちに介入。ドライを庇い、エレンが投げたナイフを背中で受けとめ失神。その直後、梧桐組の襲撃を受けるが、ドライに抱えられて、篠倉学園の教室へ退避する。
アイン
(エレン)
サイスの罠にひっかかり、篠倉学園へ。校内で玲二と再会するが、すでに周囲はサイスたちに包囲されていた。 礼拝堂に乱入してきた梧桐組と銃撃戦となり、玲二と一緒に裏口から脱出。校舎内へ逃げ込む。 玲二との結婚式をあげ、その直後に姿を消している。 ドライとタイマン勝負となるが、玲二の介入および梧桐組の乱入で勝負は中止。深手を負った玲二をドライに任せ、たった一人で梧桐組の襲撃を食い止めようとするが・・・。
ドライ
(キャル)
サイスとは離れて単独行動をとっていたが、サイスに呼び出されて篠倉学園へ向かう。 礼拝堂でエレンと一騎打ちとなり、死亡。 サイスからインフェルノへの復帰を呼びかけられるが、それを拒否。サイスとツァーレンシュヴェスタンに牙をむく。 エレンの要請を受け、重傷の玲二を抱えて篠倉学園の校舎へ退避。玲二を守るため、ツァーレンシュヴェスタンと対決することに。
サイス 玲二とエレンを罠にかけ、二人を篠倉学園におびき出し、ツァーレンシュヴェスタンとの対決をくわだてる。 ツァーレンシュヴェスタンを率いて篠倉学園へ出陣。梧桐組の志賀から玲二たちの始末を一任される。 ツァーレンシュヴェスタンを率いて篠倉学園へ出陣。ドライにインフェルノへの復帰を持ちかける。 ツァーレンシュヴェスタンを率いて篠倉学園へ出陣。アイン、ツヴァイ、ドライの共闘に興ざめし、この三人を始末しようとする。
リズィ サイスの独断行動を牽制するが、無視される。 ドライの暴走を食い止めようとしたが、ドライに撃たれて瀕死の重体となっている。その後の生死は明示されていない。(アニメ版では死亡、小説版では一命をとりとめる)

マンガ版の展開を読めなくしている、一番の不確定要素はドライでしょうね。彼女はインフェルノ(サイス)に対して反旗を翻したわけでもなし、かといって玲二やエレンと和解したわけでもない。どっちつかずの第三極的な立ち位置なんですよね・・・。まあそんな感じですが、これを踏まえて今後の展開をテキトーに予想しておきます。以下のとおり、自分の予想は小説版EDです。マンガ版ではリズィがぴんぴん元気に生きていますが、うがった見方をすれば、リズィの生存=小説版EDの布告なのではないかと(笑)。

玲二・エレン vs 数字ねーちゃんズ vs ドライという三つどもえの戦いでスタート

三つどもえの死闘の最中、玲二が身を挺してドライを庇う

ドライの誤解がとけ、ドライは玲二と共闘することに

プロトタイプvs量産型の戦いへ移行

玲二とドライは陽動作戦を展開、数字ねーちゃんズの一部を誘き出す

その隙にエレンはサイスを追い詰め、これを倒す

これ以降は小説版(※)と同じ展開

※小説版のラストは原作ゲームのアインルート(「蒼穹の道を」ED)を踏襲していますが、唯一の違いはドライが生き残っている点。ドライは篠倉学園での死闘の後、リズィと一緒に米国へ帰国します。

連載に関する予想

新旧のファントムが一堂に会す!!ついに最終決戦へ―!!
(P.761のあおり文から)
今月号がラスト一つ前と推測していましたが、あおり文に「次回が最終回」と書かれていないので、あと2回ぐらい続きそうですね。ちなみに、今回のページ数は全部で21ページでした。つまり、単行本化にはあと50ページ位必要です。次回(3月号)はそのうちの半分を描き、最終回は次々回(4月号)ってことかな?

次号予告


コミックアライブ2010年2月号 次号予告
次号予告(P.922~923)

次号「コミックアライブ2010年3月号」は1月27日(水)発売!

【関連記事】 マンガ、アニメの感想記事は、直近の3話分だけリンクを張ってあります。
■ [マンガ感想] ファントム~Requiem for the Phantom~ 第10章 (コミックアライブ2010年1月号)
■ [マンガ感想] ファントム~Requiem for the Phantom~ 第9章 (コミックアライブ2009年12月号)
■ [マンガ感想] ファントム~Requiem for the Phantom~ 第8章 (コミックアライブ2009年11月号)

■ [コミックスレビュー] ファントム~Requiem for the Phantom~ 第2巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
■ [コミックスレビュー] ファントム~Requiem for the Phantom~ 第1巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
■ Phantom~Requiem for the Phantom~公式コンプリートブックを買ってきた
■ コンプティーク2009年11月号増刊 ニトロプラスコンプリートを買ってきた
■ [マンガ感想] ファントム・コミックアンソロジー (角川ドラゴンコミックス)

■ [アニメ感想] Phantom~Requiem for the Phantom~ 第26話 「江漣」 (最終回)
■ [アニメ感想] Phantom~Requiem for the Phantom~ 第25話 「決着」
■ [アニメ感想] Phantom~Requiem for the Phantom~ 第24話 「対峙」

■ [フィギュアレビュー] バンダイ ニトロプラスコレクション ファントム-Phantom OF INFERNO- アイン
■ [フィギュアレビュー] バンダイ ニトロプラスコレクション ファントム-Phantom OF INFERNO- ドライ
■ ニトロプラスの「ファントム」がTVアニメ化決定

【関連サイト】
■ 月刊コミックアライブ オフィシャルサイト (メディアファクトリー公式)
ニトロプラス10周年記念 ファントムプロジェクト「ファントム」 (TVアニメ公式)
ファントムシリーズ (ニトロプラス公式)
Phantom -Phantom OF INFERNO- (DVD VIDEO GAME公式/デジターボ)
ファントム-Phantom OF INFERNO- (PS2版公式/プリンセスソフト)
Phantom -Phantom OF INFERNO- (Wikipedia)



以下のリンクは広告となります。

月刊comicalive(コミックアライブ) 2010年 02月号 [雑誌]

月刊comicalive(コミックアライブ) 2010年 02月号 [雑誌]

Amazon.co.jpで見る

   

ファントム―ツヴァイ (角川スニーカー文庫)

虚淵 玄, リアクション

ファントム―ツヴァイ (角川スニーカー文庫)

Amazon.co.jpで見る

   

Phantom Requiem for the Phantom ねんどろいど アイン (ノンスケールABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

Phantom Requiem for the Phantom ねんどろいど アイン (ノンスケールABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

Amazon.co.jpで見る

スポンサーサイト

| ファントム | この記事のURL | comments:0 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/314-2b9a56f7

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事