前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

[アニメ感想] DARKER THAN BLACK 流星の双子 第10話 「偽りの街角に君の微笑みを・・・」

第10話 「偽りの街角に君の微笑みを・・・」

DARKER THAN BLACK 流星の双子 第10話 偽りの街角に君の微笑みを・・・」

以下、アニメの内容に触れていますので、まだ見ていない方はご注意ください。


あらすじ

第10話のあらすじ、主要スタッフはアニメ公式サイトから引用しておきます。
蘇芳は、母の話から過去に隠された秘密を知る。ショックを受けた蘇芳の小さな身体は震えた。しかし、唯一の心の拠り所の黒は姿を消したまま…。予言された未来が近づいていた。
脚本:岡田麿里 絵コンテ:岡村天斎 演出:比嘉直 作画監督:小平佳幸・長谷部敦志

ストーリー&感想

第10話のポイント
  • ついに明かされる蘇芳の過去。しかし、それが真実の記録なのか偽りの記憶なのか、謎は深まるばかり・・・。
  • マオは足首フェチの外人、蘇芳パパは“組織”の一員だった。
  • 肉まん(゚Д゚)ウマーで、未咲さん死亡回避。
  • またしても、巨乳キャラ死亡。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。
  • 蘇芳の恋愛フラグ再び。これにより蘇芳ルート確定。未咲さん2期も涙目。
  • ほのめかされる紫苑の能力。そして月見草の地にイザナミ(?)が出現。
ストーリー的には急展開かつ濃い内容なんだけど、何だろう、このモヤモヤ感は・・・。1期の終盤は見ていてワクワクしたけど、2期にはそういった胸躍るような展開が欠落しているように思える。これはやはり2期が1クールであること。それに伴い、1話(前後編)完結というスタイルを変更したことが大きいのだろう。ターニャたんさえ生きていれば、こういった印象も多少薄れたかもしれないけどね。(←けっきょくそこかよ!)

アバンタイトル

▊ 偽りの記憶

DARKER THAN BLACK 流星の双子 第10話 偽りの街角に君の微笑みを・・・」

未咲Side
BK201に拉致られた耀子。未咲は羽田空港周辺の道路を緊急封鎖したが、依然としてBK201の行方は掴めていない。ところが、それを上司の小林課長に報告したところ、BK201はボートを使い海へ逃走したという。鎮目によると、三号機関にはドールシステムがあり、所属メンバーは観測霊により常に監視されているらしい。ただ、そのご自慢のシステムをもってしても、未だBK201を捕捉することが出来ないようだ。ヘイが契約者の能力を失ったからなのか、それとも別の要因があるのか・・・。

蘇芳・麻子Side
実の母親(牧宮麻子)の口から飛び出した衝撃の言葉―「私の蘇芳は・・・もう死んでいる」。それを聞いた蘇芳は驚きを隠せないが、ママの勘違いかもしれないと推測。幼い日の水族館での出来事を話す。しかし、蘇芳の期待に反して、ママはそんな事実は無いと否定。気が動転した蘇芳は、車を飛び出してしまう。ジュライも彼女を追い降車するが、マオはそのタイミングを逃し、そのまま車に乗せられ麻子の自宅へ向かうことに・・・。

Aパート

▊ 突然の出会い

DARKER THAN BLACK 流星の双子 第10話 偽りの街角に君の微笑みを・・・」

麻子の車を降り、首都高速の路肩を歩く蘇芳とジュライ。蘇芳は真実を確かめるため、思い出の水族館を目指していた。ところが、そんな二人を監視する者がいた。三号機関が放った観測霊だ。もっとも、それに気付かないジュライ君ではない。さすがMI6のエージェント。ジュライは観測霊をハッキングし、三号機関のドールシステムに穴を開けることに成功。臨海地区の監視網を失った三号機関は大混乱に陥り・・・。

一方、羽田空港を後にした未咲さん。BK201と耀子の行方を追うため、闇雲に都内を走り回っていたが、その途中で蘇芳とジュライを発見して保護。一方、未咲さんの車の中で目覚めた蘇芳。母親から聞いた話や、自分の思い出を未咲さんに話すが、未咲さんの口から出たのは母親の言葉を裏付ける情報であった。サンシャインシティ水族館の周囲は13年前から立ち入り禁止区域に指定されているらしい。

このシーンの冒頭に、マダムの双子(アリエル、ベレニス)がジュライの思念を逐一読み取っているカットが挿入されていた。彼女たちは、ドールの意識にアクセスできる能力者(契約者orドール)ってことでFA?

▊ それぞれの過去

DARKER THAN BLACK 流星の双子 第10話 偽りの街角に君の微笑みを・・・」

蘇芳たちと離ればなれになったマオは、仕方なく麻子の自宅マンションに潜入。そこでたまたま麻子の足首を見て、自分がまだ人間の体を持っていた頃の記憶が蘇る。マオがかつて来日していた際、池袋で麻子と出会ったいたのだ。時期は東京にゲートが出現する数日前。しかも麻子はヘルズゲートの出現を予言していたのだ。

ここで突然、玄関のベルが鳴りって未咲さん登場。パブリチェンコ博士の名前を出したところ、麻子の態度が豹変。未咲さんのことを“組織”の人間と勘違いしたようだ。

マンションの廊下には、未咲さんに付いてきた蘇芳とジュライの姿もあった。二人を見つけたマオは、自分と麻子の意外な接点を語り始める。そして、麻子も未咲さんに対して過去の出来事を告白し始める。曰く・・・
  • パブリチェンコ博士は“組織”に所属し、モスクワの大学で、ある研究をしていた。
  • しかし、その研究の全貌を知る者は“組織”でもごく一部。マオは“組織”内の別の派閥の命令を受け、潜入調査を行っていた。
  • 麻子はその日、蘇芳と紫苑を連れて大学を訪れていたが、“組織”の内紛による爆弾テロが発生。麻子と紫苑は難を逃れたが、蘇芳は巻き込まれて死亡。
  • 猫に憑依していたマオも命だけは助かったが、人間の身体の方は爆発に巻き込まれて失ってしまった。
マオの過去話やっとキタ━━゜+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゜━━ ッ ! 外人だったのは実に意外。足首フェチって相当なマニアですな。太ももを含めた脚全体じゃなくて、足首の一点買いですからね(笑)。それはそうと、博士が“組織”の一員で、しかもゲートの出現を予言していたって、こっちもまさかの展開。ME技術を使い、何者かの未来の記憶を取りだしたって話になるのか、それともゲートを出現させたのは実は博士という超展開が待っているのか。DTBのことなので、最後には投げっぱなしというオチも、かなりの確立でありそうですが・・・(笑)。

Bパート

▊ 未来の記憶、過去の記憶

DARKER THAN BLACK 流星の双子 第10話 偽りの街角に君の微笑みを・・・」

ヘイSide
廃院になった歯科医院らしき建物。診察椅子に縛られているのは、拉致られた耀子。朦朧とした表情をしているので、何らかの薬物を注入されているもよう。ヘイイン(イザナミ)の居場所を吐かせるため、耀子に対して尋問を開始。耀子は恐怖に満ちた表情で、イザナミに関する断片的な情報を語り始める。曰く・・・
  • イザナミをイザナギに会わせると大きな災厄が発生する
  • 進化
  • 未来の記憶を持つ老婆
  • 彼女が記憶していた何通りもの未来
  • 世界は三鷹文書に記された恐ろしい記憶に向かって走り出している
  • 葉月を守らなければならない
  • イザナミは契約者を殺す
  • 18号研究棟
  • 止めないと葉月が危ない
そんなこんなで、イザナミの居場所は18号研究棟と判明。ヘイは耀子を放置して建物の外に出るが、そこにマダム登場。まずは、ヘイが蘇芳を東京へ連れてきたことに対して礼を述べる。そして、FSBのエージェント(ターニャ)を射殺したのが蘇芳ではないこと、更に蘇芳が三号機関の手に落ちたことも仄めかす。マダム恐るべし!

耀子の情報は、視聴者を惑わすミスリードの可能性もあるけど、素直に解釈するとこんな感じでしょうか。
  • 契約者やドールは、人類の進化の過程で出現した副産物。
  • イザナミとイザナミの邂逅は更なる進化への起爆剤となる。それは既存の人類にとっては災厄に等しい。
  • アンバーもしくは星見様は、幾通りもの未来を見て記憶している。
  • 三鷹文書に記されているのは、その中でも最悪の未来。
  • 葉月死亡フラグ(イザナミに殺される?)

蘇芳Side
ここでAパートラストの続きになり、麻子や蘇芳の身に起きた悲劇が描かれていく。
蘇芳を探していた麻子は、蘇芳の遺体をMEにかけよとしているパブリチェンコ博士を発見する。博士の行為や言葉に狂気を感じた麻子は、マオの援軍もあり、蘇芳の遺体の奪取に成功。蘇芳を抱き上げ、そのまま建物の外へ脱出する。しかし、安心したのも束の間、紫苑のが見当たらない。そんな中、何者かの視線を感じて、ふと建物を見上げると、そこには紫苑の姿が・・・。紫苑は母親よりも父親を選んだのであった。その後、麻子は蘇芳を火葬し、遺骨を持って日本に帰国したという。そんなわけで、目の前に現れた蘇芳そっくりの少女は偽物。紫苑の能力で作られた蘇芳のコピーだと言い放つ。

一方、麻子の告白をマンションの廊下で聞いていた蘇芳。母親から「(パブリチェンコ博士の)心の歪みが産みだしたモンスター」と言われ、もはやその場にとどまることもできず、逃げるように走り去るしかなかった。それを見た未咲さんは麻子への聞き込みを切り上げ、蘇芳の後を追うことに。ところが、蘇芳は逃げた訳ではなく、マンションの入り口付近で未咲さんの到着を待っていた。「逃げる場所なんて無い」と言い、「思ってたよりショックじゃない」と嘯く。

未咲さんは蘇芳の安全を保証し、とりあえずこの場を離れようとするが、そこにヘイさん登場。マダムに煽られ、三号機関に捕まった蘇芳を助けにきたようだ。ヘイは未咲さんの姿を見て驚くが、三号機関の一員とあっては容赦できないらしい。未咲さんをあっという間にのし、とどめをさそうとする。蘇芳が「肉まんをくれた」と言い、未咲さんを庇い、何とか事なきを得たが・・・。

これはヒドイ!未咲さん可哀想・・・(つд`)
それそうと、紫苑の能力は物質(生物)をコピーすることらしいけど、ぜひターニャのコピーを作ってくれ!!

▊ 交錯する思惑

DARKER THAN BLACK 流星の双子 第10話 偽りの街角に君の微笑みを・・・」

水無Side
耀子が拉致監禁されていた現場に踏み込んだ三号機関。しかし、耀子は拷問により惨殺されていた・・・。水無は耀子の亡骸に口づけし、BK201への復讐を誓う。

状況的に、耀子の居場所を三号機関(小林、水無)に密告したのはマダムの線が強そう。耀子殺害容疑者の筆頭は鎮目ですかね。葉月たちが踏み込んだ時に居なかったし、三号機関とは一歩距離を置いた行動をとっているし、どこかの組織の二重スパイという可能性も否定できない。殺害目的はイザナミの居場所を聞き出し耀子が用済みとなった、あるいは耀子が喋らなかったので拷問がエスカレートしてしまい、その結果として死に至らしめてしまったかのどちらか。鎮目の裏で糸を引いているのは、おそらくマダム、そしてCIA(ジョン・スミス)かもしれない。殺害犯が鎮目でないとすると、紫苑が送り込んだ第三者(あっと驚くエージェント)とか?あと、これは考えすぎかもしれないけど、死亡した耀子は実はコピーという可能性もありそう。目的は水無の復讐心を煽り、ヘイを戦わせることか?つか、もう何でもありの状況だね(笑)。

蘇芳・ヘイSide
ヘイと蘇芳は再び合流。バスに乗り隠れ家を目指すが、その中で大宮公園での勘違いを遠回しに謝罪するヘイさん。蘇芳は特に気にする様子もなく淡々とそれに応じ、一緒に行動していたジュライ君は疲れてネムネムなご様子。ショタ属性の人にとっては堪えられない描写ですな(笑)。

紫苑Side
どこかの水族館には、いつものように紫苑と博士の姿が・・・。二人の会話を聞くと、紫苑が能力を使い何かをコピーしたらしい。そのまんま捉えれば画面に映っていたクジラと思われるが、なんか苦しそうな顔をしている。そこまでして蘇芳を駆り立てるのは何だろう?対価は払い終えた筈だし・・・。

それはさておき、この後の紫苑のセリフで、蘇芳の記憶(幼い日の水族館の出来事)が偽物であることが判明。更に、紫苑が蘇芳を憎んでいる節も窺える。

蘇芳・ヘイSide
夜になり、ヘイたちの一行隠れ家に到着。そこで唐突に、蘇芳はヘイに向かい、自分の名前を呼ぶように懇願。ヘイは「俺にとっての蘇芳はお前だ・・・蘇芳」と朴訥に言い、蘇芳の頭を撫で撫で。ヘイがそんなことをしたものだから、蘇芳は涙を流してキュンキュン状態。当のヘイさんは、蘇芳に自分自身の不完全さを投影していたらしい。本当、罪なお人です(笑)。

「DARKER THAN BLACK-黒の契約者-」OFFICIAL FANBOOKの岡村監督インタビューによると、ズバリ『流星の双子』のテーマは『恋』とのことですが、この発言がネタでないとしたら、DTBのことなので悲恋になりそうな予感。蘇芳死亡もしくはそれに近い状態になり、夢の中で願いが叶うって展開がありそうで怖い。

エピローグ

▊ 弓張り月の下で

DARKER THAN BLACK 流星の双子 第10話 偽りの街角に君の微笑みを・・・」

夜空に出現したオレンジ色の弓張り月。どこかのビルの屋上に座り、それを見上げるマダム、アリエル、ベレニスの三人。月見草の咲く場所には、それに呼応するように巨大な青いつぼみが現れ、中からインちゃんによく似た少女が登場。耀子が言ってた「進化」に関連した何かなのか?

次回予告


DARKER THAN BLACK 流星の双子 第10話 偽りの街角に君の微笑みを・・・」

予告ナレ「黄金色のスープに潜む隠し味は、苦い思い出と、甘酸っぱい予感。頬張るとこぼれる塩辛い涙。そして最後の幕が上がる・・・」
  • 料理に余念がないヘイ
  • 本編中で未咲さんが語っていたように、廃墟と化したサンシャインシティ水族館。
  • 自らの能力で武装し、何かを探して歩き回る鎮目。
ここしばらく、回を追う毎に減少している予告映像のカット数。意図的な編集なのか、制作スケジュールの都合なのか・・・。

銃器チェック

第10話に登場した銃器をテキトーに鑑定しておきます。何かお気付きの点がありましたら、コメントください。m(_ _)m

耀子のフラッシュバックに登場したハンドガン


DARKER THAN BLACK 流星の双子 第10話 偽りの街角に君の微笑みを・・・」

ヘイが耀子を尋問している際、フラッシュバックの中に登場したハンドガン。全体像が見えないので鑑定は困難ですが、テイクダウンボタンの位置と形、スライドやフレイム先端形状を見るとベレッタM92シリーズのどれかでしょう。

未咲さんのハンドガン


DARKER THAN BLACK 流星の双子 第10話 偽りの街角に君の微笑みを・・・」

さんざん既出の未咲さんのハンドガンは、S&W M3913 TSW(Team Smith & Wesson)と思われます。鑑定理由は第5話 「硝煙は流れ、命は流れ・・・」の感想をご覧ください。

【関連記事】
■ [アニメ感想] DARKER THAN BLACK 流星の双子 第11話 「水底は乾き、月は満ちる・・・」
■ [アニメ感想] DARKER THAN BLACK 流星の双子 第9話 「出会いはある日突然に・・・」

■ [レビュー] DARKER THAN BLACK 流星の双子 ビジュアルファンブック
■ 「DARKER THAN BLACK-黒の契約者-」OFFICIAL FANBOOKを買ってきた

■ 「DARKER THAN BLACK 流星の双子」に登場した銃器まとめ (ライフル編)
■ 「DARKER THAN BLACK 流星の双子」に登場した銃器まとめ (ハンドガン編)
■ 「DARKER THAN BLACK 流星の双子」に登場した銃器まとめ (サブマシンガン・ショットガン・その他編)

【関連サイト】
■ DARKER THAN BLACK 流星の双子 (アニメ公式サイト)
■ DARKER THAN BLACK ―流星の双子― (MBS公式サイト)
■ DARKER THAN BLACK -流星の双子- (Wikipedia)
■ DARKER THAN BLACK -黒の契約者- (Wikipedia)



DARKER THAN BLACK-流星の双子-オリジナル・サウンドトラック

TVサントラ

DARKER THAN BLACK-流星の双子-オリジナル・サウンドトラック

Amazon.co.jpで見る

   

「DARKER THAN BLACK-黒の契約者-」 オフィシャルファンブック トーキョーエクスプロージョン調査報告

「DARKER THAN BLACK-黒の契約者-」 オフィシャルファンブック トーキョーエクスプロージョン調査報告

Amazon.co.jpで見る

   

ダーカーザンブラック流星の双子 ビジュアルファンブック (Gakken Mook)

ダーカーザンブラック流星の双子 ビジュアルファンブック (Gakken Mook)

Amazon.co.jpで見る

スポンサーサイト

| DARKER THAN BLACK | この記事のURL | comments:4 | trackbacks:4 | ページトップへ↑

COMMENT

>ターニャたんさえ生きていれば、こういった印象も多少薄れたかもしれないけどね。(←けっきょくそこかよ!)

一期では、基本前後編2話で、ゲストキャラは死ぬのがお約束でしたからね。
そして、準レギュラーの死に様はグッとくるのが多かったですよね。
ターニャ。・゚・(ノД`)・゚・。
モヤモヤ感の正体は、今のところ悲しい結末しか想像できないというのも、多分にあるのではないでしょうか。

しかし、黒さんの立ち位置というか役どころ、冤罪で憎まれまくる、というのが徹底してますよね。何か意図がありそうです。
それが誰の意図かは、まだわかりませんが。

紫苑の能力は、有機物(生物)のコピーを作る能力、ということで間違いないのでしょうか。対して蘇芳は無機物(銃)のコピー…なのかなぁ、あれ?…コピーを精製し、召喚してるということでしょうか、弾6発セットでw

とにかく、一話で死んでたパブリチェンコ博士はコピー、だから記憶の抽出が上手くいかなかった、は、ほぼ確定ですよね。
博士の研究って、偽の記憶を植えつける研究だったのですかね、その実験に蘇芳コピーを使っていたということなのかな?
水族館の記憶は、偽の記憶ってことで間違いない…のかなぁwここまできてミスリードってことは、あるかもしれないんですよねえw

まあとにかく、紫苑は人間をコピーできちゃうのは間違いないんで、耀子の死体が本物かどうかも、かなり疑わしいですよね。
「私を味方と思わないほうがいいですよ」
みたいなこと言ってましたし、パブリチェンコ側のエージェントでしたというオチだと予想してみました。
さらに、三号機関に出向してたのがコピーで、本物は他の所に、とかあるかもしれないなぁとかもw
黒さん薬物使ってまで、情報引き出そうとしてましたが、あまり上手くいってなかったですよね、コピーだから記憶が…とかありそうです。
裏でコソコソ鎮目が動き回ってますが、こっちがミスリードなのかとwまぁ、彼は彼で思惑があるんだと思いますが。

いつも無表情で契約者っぽい水無さんですが、実は感情豊かですよね、この人w家族の話に動揺したり、愛しの耀子たんの死に復讐を誓っちゃったり。

>ズバリ『流星の双子』のテーマは『恋』とのことですが、この発言がネタでないとしたら、DTBのことなので悲恋になりそうな予感。蘇芳死亡もしくはそれに近い状態になり、夢の中で願いが叶うって展開がありそうで怖い。

いつも涙目の未咲さんにも愛の手を!wせめて、予告の黒さんの手料理を未咲きさんに食わせてあげてクダサイwそのくらいやっても、バチ当たらないですよね。
というか未咲さん、二期終わったら、蘇芳とジュライ引き取っちゃいなYO!この子達を手元に置いとけば、また黒さんに会えるってw

>銃器チェック

耀子の記憶にあった銃は、普通にM92FSということでいいのではないかとw
トリガーガードに指掛けがついてるので、92SBではないですね。
舞ってる空ケースは9×19っぽいかなぁ…アニメだから断定できないですけどw
と、まあ特に奇をてらわず、オーソドックスなところでw

| 長男 | 2009/12/14 | URL

◆長男さんへ
> 一期では、基本前後編2話で、ゲストキャラは死ぬのがお約束でしたからね。
> そして、準レギュラーの死に様はグッとくるのが多かったですよね。
> ターニャ。・゚・(ノД`)・゚・。
> モヤモヤ感の正体は、今のところ悲しい結末しか想像できないというのも、多分にあるのではないでしょうか。

1期は前後編で1エピソード完結、更に全25話を通した謎(伏線)も折り込まれていて
1話あたりのストーリー密度が非常に濃かったですね。
もし2期が同じスタイルで制作されていたとしたら、やっぱりターニャは即死亡だったのかな~(つд`)

そういえば、2期は視聴者の対象年齢を1期よりも下げているそうです。それも、モヤモヤ感の原因かもw

> しかし、黒さんの立ち位置というか役どころ、冤罪で憎まれまくる、というのが徹底してますよね。何か意図がありそうです。
> それが誰の意図かは、まだわかりませんが。

公式ブックによると、2期の構想段階で「黒がとんでもなく悪い奴になっている」という設定だったようです。
女の子が主人公ということで、その対比軸が欲しかったのでしょうか。

> 紫苑の能力は、有機物(生物)のコピーを作る能力、ということで間違いないのでしょうか。対して蘇芳は無機物(銃)のコピー…なのかなぁ、あれ?…コピーを精製し、召喚してるということでしょうか、弾6発セットでw

監督の発言をかき集めると、蘇芳の元ネタはソウルイーターのマカ(大きな武器を振り回すイメージ)で、PTRD召喚は「魔女っ子」だとか。なので、蘇芳に関しては、後付の理由は考えていないのかもしれませんw

> とにかく、一話で死んでたパブリチェンコ博士はコピー、だから記憶の抽出が上手くいかなかった、は、ほぼ確定ですよね。
> 博士の研究って、偽の記憶を植えつける研究だったのですかね、その実験に蘇芳コピーを使っていたということなのかな?
> 水族館の記憶は、偽の記憶ってことで間違いない…のかなぁwここまできてミスリードってことは、あるかもしれないんですよねえw

1話で死亡した博士は偽物で確定でしょうね。ただ、その偽物を暗殺したのが本当に黒なのかどうか・・・
きっと最後まで明かされないような気がしますw
博士の研究はテーマはMEとゲートを結びつける何かで、そこに耀子が言っていた「進化」が絡んで来るのかも。

今回も紫苑と博士が水族館にいましたが、あれも大いなる謎ですよね。サンシャインじゃないとすると
いったい何処なんでしょう?もしかして水族館自体も紫苑のコピーとか?w

> まあとにかく、紫苑は人間をコピーできちゃうのは間違いないんで、耀子の死体が本物かどうかも、かなり疑わしいですよね。
> 「私を味方と思わないほうがいいですよ」
> みたいなこと言ってましたし、パブリチェンコ側のエージェントでしたというオチだと予想してみました。
> さらに、三号機関に出向してたのがコピーで、本物は他の所に、とかあるかもしれないなぁとかもw
> 黒さん薬物使ってまで、情報引き出そうとしてましたが、あまり上手くいってなかったですよね、コピーだから記憶が…とかありそうです。
> 裏でコソコソ鎮目が動き回ってますが、こっちがミスリードなのかとwまぁ、彼は彼で思惑があるんだと思いますが。

耀子があっさり死亡した点が腑に落ちませんよね。なので、長男さんの予想に一票。

> いつも無表情で契約者っぽい水無さんですが、実は感情豊かですよね、この人w家族の話に動揺したり、愛しの耀子たんの死に復讐を誓っちゃったり。

実は水無が一番分かりやすい契約者かもw
次回は18号研究棟で黒vs水無の死闘が描かれそうですね。
終始、水無が黒を圧倒するも、突然横から出て来たイザナミが契約者殺しの能力を発動。
けっきょく、水無は自害って展開でしょうか・・・。
個人的には、ベタだけど、蘇芳が持っている流星核の力で黒の能力が復活して欲しいんですけどw

> いつも涙目の未咲さんにも愛の手を!wせめて、予告の黒さんの手料理を未咲きさんに食わせてあげてクダサイwそのくらいやっても、バチ当たらないですよね。
> というか未咲さん、二期終わったら、蘇芳とジュライ引き取っちゃいなYO!この子達を手元に置いとけば、また黒さんに会えるってw

そのネタ面白そう。是非OVAで!!

> >銃器チェック
>
> 耀子の記憶にあった銃は、普通にM92FSということでいいのではないかとw
> トリガーガードに指掛けがついてるので、92SBではないですね。

なるほど!トリガーガードは完全に失念致しておりました^_^;
指掛けの形状を見ると、ELITEでも無さそうですね。マウントレールも描かれていませんし。

> 舞ってる空ケースは9×19っぽいかなぁ…アニメだから断定できないですけどw
> と、まあ特に奇をてらわず、オーソドックスなところでw

そうですね~
M92FSにしておきましょうw

| 三四郎. | 2009/12/14 | URL

>それそうと、紫苑の能力は物質(生物)をコピーすることらしいけど、ぜひターニャのコピーを作ってくれ!!

コピーするとターニャの胸が従来の3分の1に・・・Σ(;゜Д゜)
あの鯨みたくw

それにしても巨乳要員が消えてしまいましたね・・・。
耀子を殺したのは明らかに黒ではないと思いますが・・・あの死に方からして
弦馬がやったんじゃないかなぁと予想。
何気に三号機関を裏切ってそうなんですよねあの人・・・

というか黒ヒドイ!!!
美咲さんをいきなり殺そうとするなんて><
くそぉ、黒にとってロリとショタ以外は範囲外なのか!?
地面に這いつくばってる美咲さんはあまりにも可哀想過ぎました(つД`)

そういえば葉月さんもそろそろ死にそうですね^^;
結構気に入ってたんだけどな・・・かっこいいしw
とりあえず銀タソさえ死ななければ他はどうでもい(ry

正直蘇芳は個人的に好きじゃないんですよね・・・
なんというか・・・まぁ確かに女の子らしくなってきて可愛いは可愛いのですが・・・なんでしょうか?
あの電柱を蹴ったシーン辺りで蘇芳が嫌いになりました(ぇ

真ヒロインは銀タソなんだよっ!!(#゜Д゜)

そうそう、最後に出てきた銀の服装が白の服装に凄く似ていた感じがしたのですが・・・
まさかここにきて白が登場とか・・・そんなこと・・・ねぇ?w

| SHUMA | 2009/12/14 | URL

◆SHUMAさんへ
> コピーするとターニャの胸が従来の3分の1に・・・Σ(;゜Д゜)
> あの鯨みたくw

工エエェ(´д`)ェエエ工
それだけはマジ勘弁してください!!

> それにしても巨乳要員が消えてしまいましたね・・・。

監督は巨乳嫌いのようです。
公式ブックによると、作画陣が未咲さんの胸を大きく描いたら、監督がリテイクを連発したという
逸話があるとか。

> 耀子を殺したのは明らかに黒ではないと思いますが・・・あの死に方からして
> 弦馬がやったんじゃないかなぁと予想。
> 何気に三号機関を裏切ってそうなんですよねあの人・・・

鎮目も耀子も他の組織の二重スパイと睨んでいるのですが、きっとこれも
ミスリードなんでしょうねw

> というか黒ヒドイ!!!
> 美咲さんをいきなり殺そうとするなんて><
> くそぉ、黒にとってロリとショタ以外は範囲外なのか!?
> 地面に這いつくばってる美咲さんはあまりにも可哀想過ぎました(つД`)

未咲さんは、いじめてオーラが出てますからw

> そういえば葉月さんもそろそろ死にそうですね^^;
> 結構気に入ってたんだけどな・・・かっこいいしw
> とりあえず銀タソさえ死ななければ他はどうでもい(ry

死亡フラグ立ちまくりですからね~
おそらく対価を払いながら(誰かにキスをしながら)死んでいくのでしょう。(つд`)

> 正直蘇芳は個人的に好きじゃないんですよね・・・
> なんというか・・・まぁ確かに女の子らしくなってきて可愛いは可愛いのですが・・・なんでしょうか?
> あの電柱を蹴ったシーン辺りで蘇芳が嫌いになりました(ぇ

2期の主人公が女の子なのは、監督がASUKA版コミックを読んで思いついた設定だそうです。
なんというか、それが全てを物語っていそうw

> 真ヒロインは銀タソなんだよっ!!(#゜Д゜)

激しく同意!!
そして新ヒロインはターニャたん。

> そうそう、最後に出てきた銀の服装が白の服装に凄く似ていた感じがしたのですが・・・
> まさかここにきて白が登場とか・・・そんなこと・・・ねぇ?w

あ!言われてみれば確かに。
どっちもピチピチのウェットスーツみたいなコスチュームですよね。

あと気になるのは、1期・最終回のラストシーン(川のシーン)に出て来た
銀ちゃんみたいな形をした観測霊(?)との関係。
あの謎も、ついに明らかになるのでしょうか。

| 三四郎. | 2009/12/14 | URL













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/303-c072d0fd

TRACKBACK

(アニメ感想) 鋼の錬金術師 -FULLMETAL ALCHEMIST- 第36話 「家族の肖像」

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 5 [Blu-ray]クチコミを見る 人気のない山中で一人佇むホーエンハイム。胸に指を突き立て、体内より赤い血の塊を解き放つ彼の脳裏には、在りし日の家族の思い出が甦っていた。その頃、軍の企みを聞き出そうとレイブンと談笑を続けるオリ...

| ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2009/12/14 03:56 |

DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第10話「偽りの街角に君の微笑みを…」

DARKER THAN BLACK-流星の双子- (1) [DVD](2009/12/23)木内秀信花澤香菜商品詳細を見る 蘇芳・パヴリチェンコは既に死んでいた。母親である麻子は彼女を激...

| 破滅の闇日記 | 2009/12/14 14:25 |

DARKER THAN BLACK -流星の双子- episode 10 

episode 10「偽りの街角に君の微笑みを・・・」

| ハルジオンデイズ | 2009/12/15 20:18 |

DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第10話「偽りの街角に君の微笑みを…」

モモンガが足首マニアだったなんて、ショックです( ノ∀`*) その思い出し方はヒドすぎるw 蘇芳ママ、かわいい人だったんですね。 マオ...

| 空色きゃんでぃ | 2009/12/19 21:45 |

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事