前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

[マンガ感想] そんな未来はウソである 第2話

別冊少年マガジン2009年11月号(創刊2号)に掲載されている「そんな未来はウソである」Vol.2『わかったの?』の感想です。

そんな未来はウソである Vol.2 わかったの?

以下、マンガの内容に触れています。未読の方はご注意ください。


キャラクターのフルネーム判明

登場人物(3名)のうち、佐藤さん、大橋さんのフルネームが判明しました。

キャラクター 紹介文(柱文から引用)
そんな未来はウソである 佐藤アカネ 佐藤さとうアカネ (高1)
他人がウソをつくと、それがウソだとわかってしまう。
それを除けば、ちょっとキツめな普通の女の子。
そんな未来はウソである 大橋ミツキ 大橋おおはしミツキ (高1)
他人と目が合うと、その人の未来が少し見えてしまう。
それを除けば、ちょっと大人しめな普通の女の子。

下の名前がカタカナ表記になっていますが、これは「今日の5の2」形式ですね。「みなみけ」の場合は、主要キャラに漢字とカタカナ二つの表記があります(例:南春香/南ハルカ)。「みなみけ」に倣って漢字を推測すると、「アカネ」は「茜」や「明音」。「ミツキ」は「深月」とか「美月」あたりでしょうか。

あと、江口さんの下の名前は不明ですが、「みなみけ」の吉野嬢みたいに、なかなか明かされない可能性が高そうです(笑)。

ストーリー&感想

別マガ創刊号に掲載された第1話 『ひょっとして』は12ページでしたが、今月号は2ページ少ない10ページ。お話の方は前回の翌日という設定で、百合百合した雰囲気が前面に出て来ました。(*´Д`*)

そんな未来はウソである Vol.2 わかったの? アカネとミツキが初めて会話を交わした、その翌日。教室の片隅には、机に突っ伏して涙を流すアカネの姿があった。好むと好まざるとに関わらず、他人のウソを見抜くことができるアカネ。その能力を有したがため、中学時代にはクラスメイトとの間でいざこざが発生。その結果、友達づきあいを敬遠するようになったようだ。

自らの能力に葛藤する主人公の描写は、古今東西、超能力(テレパス)もののお約束ですね。「七瀬ふたたび」の火田七瀬しかし、「NIGHT HEAD」の霧原直也しかり。

そんな未来はウソである Vol.2 わかったの? そんな折り、江口とミツキの会話がアカネの耳に飛び込んできた。江口は昨日の占いが当たったことをミツキに報告。そして、そのお礼として食べかけのスナック菓子をミツキに進呈していた。菓子の容器を手に取り、呆然となるミツキ。

その様子を横で見ていたアカネは、突然トランプを取り出すと、それをミツキにプレゼント。占いの道具として使えということらしい。とりあえずトランプを受け取ったミツキはアカネに礼を言い、江口の食べかけのお菓子の意味をアカネに尋ねる。

「プレゼントをもらってってことは・・・・・・それはもう友達と考えていいのかな?」

その質問に対するアカネの回答は肯定。江口にとって食べ物の共有(シェア)は重要な愛情表現っぽいと見て取ったからだ。傍目にはテキトーに答えてるっぽいが、それを聞いたミツキは真顔になり別の質問を投げかける。

「私と佐藤さんも、もう友達?」

ところが、アカネの口から出た言葉は「大した意味無いよ」という実にあっさりしたもので、ミツキは少なからずショックを受けたようすだ。

江口がミツキにプレゼントしたカップ入りポテトスナック「じゃがが」は、容器のデザインがカルビーの「じゃがりこ」っぽい。

(画像のリンク先は楽天市場)
もしかしたら、コハル先生のお気に入りなのかもしれませんが、「じゃがりこ」には肉じゃが味はありません。これを機会に発売されるといいですね。


そんな未来はウソである Vol.2 わかったの? 一方、激しく残念がるミツキを横目で見たいたアカネ。これはまずいと思ったのか、少し間をおき
「友達ってのはさあ・・・・・・相手のこと知っていくうちに自然となるもんじゃない?」とボソリ。

そしてミツキはというと、アカネの言葉で完全復活。頬を赤らめながら、まずは自分の名前を告げようとしますが、今度はアカネの側から質問を投げかけられ・・・。

このあたりの展開は、もう完全に百合マンガですね!特にミツキが自分の名前を伝えようとして、アカネにスルーされる描写はガチ。(*´Д`*)

そんな未来はウソである Vol.2 わかったの? 「占いじゃないとしたら何なの?」というアカネの直球の問いかけに対して、正直にプレコグニション能力のことを伝えるミツキ。ところが、そんな非日常的な話をミツキがあっさりと納得したため、ミツキは戸惑いを隠せないようすだ。

この後、アカネのことを『きっとダマされやすい人なんだ』と推測したミツキは、「私は絶対に友達にウソをつかない」と断言。すると、それを聞いたアカネは自分の能力を悟られたと勘違い。「なんで私がウソが分かることわかったの?」と、つい口を滑らしてしまう。

そんな予期せぬアカネの反応に、今度はミツキがビックリ。無意識にアカネの方に顔を向け、彼女の瞳を覗いてしまった。そこで見えたアカネの未来とは?!《この続きは別マガでご確認ください》

終盤は百合分増大!終始アカネの目を見ないようにしていたミツキが、偶然目を合わせてしまってからのくだりは最高です。これを見ると、アカネとミツキの関係が、今後どのように進展していくのか気になってしかたありません。

創刊記念プレゼント

創刊号に引き続き、アンケート回答者に抽選で豪華プレゼントが当たります。「そんなウソ未来はウソである」関係では、別マガ特製クオカード(3枚組)が20名様に!応募の締切は2009年11月6日PM9:00で、応募に際しては別マガ携帯サイトへの会員登録が必要です。

別冊少年マガジン2009年11月号(創刊2号) クオカード
別マガ特製クオカード(3枚組)

別マガ表紙&次号予告

別冊少年マガジン2009年11月号(創刊2号) 表紙
別マガ創刊2号(表紙・背表紙)
    別冊少年マガジン2009年11月号(創刊2号) 次号予告
次号予告

今月の表紙は「じょしらく」の女子落語家、蕪羅亭魔梨威さん。この表紙イラストが印刷された特製クオカード全員サービスもあります。応募(購入)方法の詳細は別マガで!

次号「別冊少年マガジン創刊3号」は2009年11月9日(月)発売。
表紙は「そんな未来はウソである」です。

もしかして今月のページ数が10ページだったのは、表紙イラストの制作スケジュールが入ったためでしょうか。

【関連記事】
■ [レビュー] そんな未来はウソである 第1巻 (KCデラックス)

■ [マンガ感想] そんな未来はウソである 第1話
■ [マンガ感想] そんな未来はウソである 第3話
■ そんな未来はウソである キャラクター呼称表

■ [マンガ感想] みなみけ 第136話 「ゆかいな」
■ [アニメ感想] 今日の5の2 宝箱 (DVD付き漫画文庫)
■ [DVDレビュー] 今日の5の2 冬(初回限定版)
■ [アニメ感想] みなみけ べつばら (コミックス第6巻・DVD付き初回限定版)
■ [DVDレビュー] みなみけ おかえり 第4巻 (初回限定版)

【関連サイト】
■ 桜場コハル (Wikipedia)



そんな未来はウソである(1) (KCデラックス)

そんな未来はウソである(1) (KCデラックス)

Amazon.co.jpで見る

   

別冊少年マガジン 2009年 11月号 [雑誌]

別冊少年マガジン 2009年 11月号 [雑誌]

Amazon.co.jpで見る

   

受注限定生産 DVD付き漫画文庫 「今日の5の2」宝箱

桜場 コハル

受注限定生産 DVD付き漫画文庫 「今日の5の2」宝箱

Amazon.co.jpで見る

   

みなみけ ねんどろいど 南千秋 (ノンスケールABS & PVC塗装済み可動フィギュア)

みなみけ ねんどろいど 南千秋 (ノンスケールABS & PVC塗装済み可動フィギュア)

Amazon.co.jpで見る

スポンサーサイト

| そんな未来はウソである | この記事のURL | comments:0 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/263-826d7e61

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事