前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

[CDレビュー] 今日の5の2 Friends ラストミニアルバム 「FRIENDSHIP」

9月30日にリリースされたFriendsのラストミニアルバム「FRIENDSHIP」のレビューです。

今日の5の2  Friends ラストミニアルバム FRIENDSHIP
開封前のジャケット



ジャケット、DISCレーベル

今日の5の2  Friends ラストミニアルバム FRIENDSHIP
開封後のジャケット表側
今日の5の2  Friends ラストミニアルバム FRIENDSHIP
開封後のジャケット裏側
今日の5の2  Friends ラストミニアルバム FRIENDSHIP
DISCレーベル

ジャケット写真はミニアルバムのタイトルどおり「卒業」を意識したものになっています。ファーストアルバムとは異なり、全員おそろいの制服姿。ケースの裏側(インレイ外側)にはアニメの画像がフィルム形式で印刷されています。

なお、撮影に使ったデジカメの特性で、ジャケットに使われている絨毯の色が鮮やかな赤になっていますが、実物はもう少し落ち着いた色合いです。

ブックレット

今日の5の2  Friends ラストミニアルバム FRIENDSHIP
ブックレット(P.2~3)
今日の5の2  Friends ラストミニアルバム FRIENDSHIP
同・裏表紙(P.12)

ブックレットはオールカラーの全12ページで、下表のような構成になっています。

 ページ  内容 (敬称略) 備考
1 表紙 集合写真
2 収録曲INDEX 集合写真
3 歌詞カード① 写真なし
4 卒業記念写真(小林ゆう)  
5 卒業記念写真(下田麻美)  
6 卒業記念写真(MAKO)  
7 卒業記念写真(明坂聡美)  
8 卒業記念写真(阿澄佳奈)  
9 卒業記念写真(本多陽子)  
10 歌詞カード② 写真なし
11 歌詞カード③/アルバム制作スタッフ一覧 写真なし
12 裏表紙 集合写真

ファーストアルバムのブックレットはポップな感じでしたが、今回はラストアルバムということもあり、可愛らしさの中にもしっとりした情感があふれる仕上がりです。特に個人別の卒業記念写真は超絶キャワワ♥ 気になる方は是非ミニアルバムを購入してご確認ください。

収録曲

ミニアルバムなので、収録されているのは通常アルバムの半分の5曲のみ。ただ、曲数こそ少なくなっていますが、どの曲もFriendsメンバーの約1年間の想いが込められた熱唱で彩られていて、このミニアルバムにかけた気持ちがすごく伝わってきます。

 TRK.  曲名 収録時間
1 キタカゼ Friends 04:17
2 GAMBAらなくちゃね Friends 04:44
3 ふられ気分でRock’n’Roll Friends 04:33
4 笑顔日和 Friends 04:20
5 my graduation Friends 05:46
合計 23:40

ちなみに、今回は全ての曲をFriendsの6名が歌っていて、ユニット内ユニットの曲はありません。できれば、チームスペクラの新曲を聴きたかったにゃん。

各曲について

各曲のデータや感想を列記しておきます。歌詞担当パートの分析に関しては、これが限界でした。何かお気付きの点がありましたが、その旨コメントください。m(_ _)m

1. キタカゼ
作詞:只野菜摘/作・編曲:YUPA/歌:Friends
分類:オリジナル曲
感想:10月6日に発売される受注限定生産 DVD付き漫画文庫 「今日の5の2」宝箱(仮)受注限定生産 DVD付き漫画文庫 「今日の5の2」宝箱(仮)「今日の5の2」OAD[AA]の主題歌。TV版のオープニング曲「ニセモノ」と比べると、少し懐かしい感じのする歌謡ポップスという印象。「スタチャマニア」に掲載されていたプロデューサーのインタビュー記事によると「誰もがノスタルジックになったり昔に戻れたりする曲を歌ってもらおうと思ってカバー曲をチョイスしました」ということなので、オリジナル曲もそのポリシーに基づき制作したのでしょうね。最初聴いた時には意外な感じを受けましたが、何度も聴いていると懐かしく心地よいメロディーや歌詞が心に染み渡ります。
歌詞担当パート:冒頭のソロパートは下田さん→明坂さん→小林さん→本多さん→MAKOちゃん→阿澄さんの順番かな?もしかしたら本多さんと阿澄さんは逆かもしれませんが・・・。10月のライブがDVD化されればはっきりするので、是非発売して欲しいですね。で、ソロパートの後のサビは全員のユニゾン。2番になると2名ずつのユニゾンが始まりますが、このあたりになると完全にお手上げ\(^O^)/
 
2. GAMBAらなくちゃね
作詞:渡瀬マキ/作曲:小柳昌法/編曲:DECKY/歌:Friends
分類:カバー曲
原曲収録CD:FINAL BESTFINAL BESTFINAL BEST[AA]、②LINDBERG XX(DVD付)LINDBERG XX(DVD付)LINDBERG XX(DVD付)[AA]
感想:原曲は1994年にリリースされたLINDBERG19枚目のシングル。今回のミニアルバムに収録されている曲のアレンジは、2002年に発売されたPritsのアルバムCherry blossomCherry blossomCherry blossom[AA]に収録されているカバー曲「GAMBAらなくちゃね~Prits Emotion~」と同じです。Prits版とFriends版と同時再生したら、見事にシンクロしましたから。【参考:STARCHILD:Prits
なお、「Sakura Revolution」や「願い」もそうでしたが、歌に関しては全般的にFriendsの方が上手いですね。これはCDだからというわけではなく、ライブDVDを見てもFriendsのコーラスワークはなかなかのものだと思います。
歌詞担当パート:冒頭のソロパートは小林さん→下田さん→MAKOちゃん→明坂さん→阿澄さん→本多さんの順番でしょうか?この後に全員のユニゾンが入って2番へ突入し、1番と同じ順番でソロパートが続いています。3番の頭は何人かのユニゾンパートになっていますが、自分のダメ絶対音感ではMAKOちゃんと明坂さんの声しか識別できません(笑)。ちなみに、Pritsの冒頭ソロは小林由美子さん→桑谷夏子さん→望月久代さん→水樹奈々さん→2名ずつのユニゾンという順番です。どちらも少年系ボイスの小林さんが最初で、2番手が正ヒロイン役のメンバー(桑谷さん、下田さん)、3番目はロリ系キャンディーボイスのメンバー(望月さん、MAKOちゃん)、4番目は歌姫(水樹さん、明坂さん/明坂さんは絶対音感の持ち主)となっていて、なかなか興味深い割り振りです。
 
3. ふられ気分でRock’n’Roll
作詞・曲:TOM/編曲:YUPA/歌:Friends
分類:カバー曲
原曲収録CD:ベストベストベスト[AA]、②ポプコン・マイ・リコメンド TOM☆CATポプコン・マイ・リコメンド TOM☆CATポプコン・マイ・リコメンド TOM☆CAT[AA]
感想:原曲はTOM★CATのデビューシングルで、1984年の発売。明坂聡美の超ラジ!Girls (2009年9月24日)参考】によると、ミニアルバム収録曲は約10年単位でチョイスしているらしく、言われてみれば確かに「GAMBAらなくちゃね」の10年前の曲です。また、下田麻美の超ラジ!Girls (2009年9月28日)の中でMAKOちゃんが一番好きな曲と言ってました。【参考】 「学園天国」や「フレンズ」同様、ライブでは盛り上がりそう。
歌詞担当パート:出だしのサビの部分は全員のユニゾン。その後、小林さん→MAKOちゃん→阿澄さん→本多さん→明坂さん→下田さん。更に小林さん→MAKOちゃん→阿澄さん→本多さんと続き、サビが全員のユニゾン。曲名にも使われている「Rock’n’Roll」のソロは下田さんでしょうか?
 
4. 笑顔日和
作詞:MIYU/作曲:町田紀彦/編曲:YUPA/歌:Friends
分類:カバー曲
原曲収録CD:笑顔日和 (通常盤)笑顔日和 (通常盤)笑顔日和[AA]、②E ~Complete A side Singles~ (通常盤)E ~Complete A side Singles~ (通常盤)E ~Complete A side Singles~ (通常盤)[AA]
感想:「今日の5の2」のEDテーマになった「secret base~君がくれたもの~」、「大爆発 NO.1」、阿澄さんと本多さんのチームが歌った「一雫」に続き、ZONEから4曲目のカバーです。原曲はZONEのラストシングルで、リリースされたのは2005年。前出の「スタチャマニア」によると、ファンからの要望に応える形で選曲したとか。それにしてもZONEとFriendsのシンクロ率の高さは異常。プロデューサーの先見の明には感服します。
歌詞担当パート:全員のユニゾンで始まり、MAKOちゃん→本多さん→阿澄さん→明坂さん→小林さん→下田さんのソロパートが続き、3名ずつのユニゾンへ。最後は再び全員のユニゾンという流れのようです。
 
5.my graduation
作詞・曲:伊秩弘将/編曲:YUPA/歌:Friends
分類:カバー曲
原曲収録CD:my graduationmy graduationmy graduation[AA]、②RISERISERISE[AA]、③MOMENTMOMENTMOMENT[AA]
感想:最後の曲はズバリ卒業を意味する「my graduation」。1998年にリリースされたSPEED6枚目のシングルです。かなり有名な曲ですが、原曲の雰囲気を壊さず、Friendsらしく歌いあげていていますね。おそらく10月のライブでは一番最後にこの曲が歌われるんでしょうが、それを考えると涙が・・・(つд`)
歌詞担当パート:1番は小林さん→明坂さん→本多さん→MAKOちゃんのソロで始まり、転調したところで小林さん→下田さん→MAKOちゃん→明坂さん→阿澄さん→本多さん→全員。最後に阿澄さん→下田さんのソロで、全員のユニゾンで締めくくるという流れ?
 

【Friends関連記事】
■ 「今日の5の2」声優ユニットFriendsのミニアルバムCMがオンエア開始
■ 「今日の5の2」 Friends 制服のアルファベット・ワッペンの秘密
■ [DVDレビュー] みなみけ!5の2!歌祭りだょ!放課後大爆発!!
■ 今日の5の2 Friends ベストアルバム 「BEST FRIENDS」 を購入
■ 「今日の5の2」OP&EDテーマ収録マキシシングル Friends「ニセモノ」を購入
■ 「みなみけ!5の2!歌祭りだよ!放課後大爆発!!」ライブレポートが掲載! Pick-up Voice vol.16を購入
■ 「今日の5の2」声優特集が掲載! Pick-up Voice(ピックアップヴォイス) vol.12を購入
■ ヤンヤンCandy (キャンディー) 創刊号を買ってきた

【5の2関連記事】
■ [アニメ感想] 今日の5の2 宝箱 (DVD付き漫画文庫)
■ 今日の5の2(TVアニメ版) 5年2組の座席表を調べてみた
■ 今日の5の2(TVアニメ版) オープニング絵コンテと映像を比較してみた
■ OAD「今日の5の2」予告映像と原作(3話限定復活)を比較してみた
■ 「今日の5の2」 田中ハルカに関するまとめ
■ [DVDレビュー] 今日の5の2 冬(初回限定版)
■ 今日の5の2 ドラマCD 第2巻 を購入
■ 「TV ANIMATION 今日の5の2 おふぃしゃるふぁんぶっく」を購入
■ [アニメ感想] 今日の5の2 第13話 (最終回)

【関連サイト】
■ Friends (StarChild公式)
■ 今日の5の2 初回限定版コミック ~公式サイト~ (講談社公式)
■ 今日の5の2 (アニメ公式)



FRIENDSHIP

Friends

FRIENDSHIP

Amazon.co.jpで見る

   

BEST FRIENDS

Friends

BEST FRIENDS

Amazon.co.jpで見る

   

みなみけ!5の2!歌祭りだょ !放課後大爆発!! [DVD]

みなみけ!5の2!歌祭りだょ !放課後大爆発!! [DVD]

Amazon.co.jpで見る


受注限定生産 DVD付き漫画文庫 「今日の5の2」宝箱

桜場 コハル

受注限定生産 DVD付き漫画文庫 「今日の5の2」宝箱

Amazon.co.jpで見る

   

今日の5の2 ドラマCD 巻2巻

ドラマ, 小林ゆう, 下田麻美, MAKO, 明坂聡美, 本多陽子, 山戸めぐみ, 高垣彩陽

今日の5の2 ドラマCD 巻2巻

Amazon.co.jpで見る

   

TV ANIMATION今日の5の2おふぃしゃるふぁんぶっく (KCデラックス)

桜場 コハル, OFFICIAL FAN BOOK制作スタッフ

TV ANIMATION今日の5の2おふぃしゃるふぁんぶっく (KCデラックス)

Amazon.co.jpで見る

スポンサーサイト

| 今日の5の2 | この記事のURL | comments:2 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT

オリジナル以外は原曲を壊さず仕上げたという感じですね。
「my graduation」は当時そんなに好きでもなかった曲ですが、
久しぶりに聴いてみるとFriendsが歌ってるせいか、すごく気に入ってしまいました。
特に本多さん、阿澄さんの声がこの曲に合ってますね。
サビ(転調部分)の担当パートがころころ変わる所も結構ありだなと感じました。

あと「笑顔日和」ですが、前の「secret base」や「大爆発No,1」の時から思ってましたが、ZONEの曲は毎回うまくアレンジされてますね。
聴きやすいし、なにより今日の5の2の世界にも合ってます。

1番良かったのはオリジナルの「キタカゼ」。
結構ドラマティック(?)な印象。この曲調は私の好みでした。

総合的に5曲でしたが満足です。
でもこれでラストになるのはもったいないな~・・。

| ケンぞー | 2009/10/03 | URL

◆ケンぞーさんへ
> オリジナル以外は原曲を壊さず仕上げたという感じですね。

カバー曲は、どれもロデューサーさんの思い入れがある曲だそうですね。
その想いが、いい感じに楽曲制作に反映されていると思います。

> 「my graduation」は当時そんなに好きでもなかった曲ですが、
> 久しぶりに聴いてみるとFriendsが歌ってるせいか、すごく気に入ってしまいました。

自分は今回のミニアルバムの中で一番好きな曲です。(*´Д`*)

> 特に本多さん、阿澄さんの声がこの曲に合ってますね。

一雫チームのお二人は、その澄んだ声が魅力的!

> サビ(転調部分)の担当パートがころころ変わる所も結構ありだなと感じました。

原曲のSPEED版を聴き返してみましたが、サビの部分が4人のユニゾンなんですね。

> あと「笑顔日和」ですが、前の「secret base」や「大爆発No,1」の時から思ってましたが、ZONEの曲は毎回うまくアレンジされてますね。
> 聴きやすいし、なにより今日の5の2の世界にも合ってます。

この曲が4曲目で、「my graduation」が5曲目という構成は、なかなか上手いと思いました。

> 1番良かったのはオリジナルの「キタカゼ」。
> 結構ドラマティック(?)な印象。この曲調は私の好みでした。

最初聴いた時には意外な曲調という印象でしたが、何度も聴いてうちに
かなり好きになりました。OADで、どんな映像が付くのか非常に楽しみです。

> 総合的に5曲でしたが満足です。
> でもこれでラストになるのはもったいないな~・・。ケンぞー

ですよね~。これで解散というのは至極残念。(つд`)
今はとりあえず、10月のライブDVDが発売されることを祈るのみです。

| 三四郎. | 2009/10/03 | URL













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/257-07e33e45

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事