前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事

[マンガ感想] みなみけ 第135話 「マジな」

ヤングマガジン2009年No.43に掲載されている「みなみけ」第135話『マジな』の感想です。

みなみけ 第135話 「マジな」

以下、マンガの内容に触れています。未読の方はご注意ください。


「みなみけ」第135話

あおり文


みなみけ 第135話 「マジな」

編集さんが書いた扉ページの「あおり文」に、コハル先生のFriends Final Live ~Graduation~参戦告知が!そういえば、ヤンマガNo.13の目次ページには、今年2月1日に開催された「みなみけ!5の2!歌祭りだょ!放課後大爆発!!」の観戦コメントが掲載されてましたね。(下記参照)
「みなみけ」「5の2」合同ライブ最高でした!  「ヤングマガジン」No.13の目次コメントから

ストーリー&感想

扉絵にも描かれているように、今回はヒトミちゃんが久々の登場第124話 『好み』以来なので11話振りですね。また、ヒトミちゃんが出るということで、もはや彼女と一蓮托生ともいえる、意中のクラスメイト=ナツキも登場。こちらは第132話 『それ いきましょう』以来となります。

お話の方はというと、ハルカ姉さまが入手した映画チケットが各所で思わぬ波紋を呼ぶというもの。そして、その涙のチケットの第一の受難者となったのは硬派なシャイボーイ、ナツキ。彼には、歓喜の極みから失意のどん底への急転が待ち受けていました(笑)。

みなみけ 第135話 「マジな」 高校の廊下で、ハルカとバッタリ出くわしたナツキ。ハルカから「映画とか好き?」と尋ねられ、とりあえず「わりと」と答えたところ、映画のチケットを手渡されましたが・・・。

みなみけ 第135話 「マジな」 ナツキは、その映画チケットをハルカからのデートのお誘いと勘違いしたもよう。映画の内容も聞かず、即座に「行くっス」と返事をしたものの、教室に戻りしげしげと眺めると、そこには「イマコイ」なるタイトルが・・・。しかし、ナツキは無類の映画好きというわけでもなく、どんな映画なのかさっぱりわかりません。

みなみけ 第135話 「マジな」 そんな折り、1年の教室にやって来たマキがヒトミちゃんを呼び出し、映画のお誘いをかけます。その映画のタイトルは「イマコイ」。偶然二人の会話を耳にしたナツキが聞き耳を立てると、その映画は「恋愛のかなり泣ける話らしい」とのこと。

ハルカから映画デートに誘われたと思い込み、しかもそれが「恋愛の泣けるマジなやつ」ということで、ナツキは愕然(内心大喜び?)。そして、改めてチケットを眺めますが、ここで意外な事実に遭遇。嬉しさを押し殺した驚愕の表情が、みるみるうちに困惑の表情へと塗り替えられ・・・。

みなみけ 第135話 「マジな」 一方、マキのお誘いを「そういうの興味ないっスね―」と断ったヒトミちゃん。マキが帰った直後、ふとナツキの方を見ると、そこにはうちひしがれ悲しい目をしたナツキの姿が・・・。

「瞳を見ればヒトミはわかる」のキャッチフレーズ(第124話 『好み』の柱文)は伊達じゃありません(笑)。

みなみけ 第135話 「マジな」 心配するヒトミちゃんをよそに、ナツキはどこか遠い目をしながら、突然こう語りかけます。「ヒトミ お前 映画好きか?」

そんな唐突な質問に対して、とりあえず「まあわりと」と適当に答えるヒトミちゃん。するとナツキはヒトミちゃんにチケットを手渡し、それを受け取ったヒトミちゃんはデートのお誘いと勘違いして赤面。ナツキに向かってただ一言、「行く」と告げ、まるで先刻のハルカとナツキをなぞったような展開に・・・。

みなみけ 第135話 「マジな」 その日の下校途中、南家マンションに立ち寄ったヒトミちゃん。カナとチアキを前にして、映画に誘われたことを報告。相手のことを知りたがるカナを軽くあしらいつつも、映画のタイトルは超本気の「イマコイ」ということで、ヒトミちゃんのノロケが爆発。

一方、タイトルを知ったカナの反応は「あーこれ恋愛のかなり笑えない話だ!」。マキの説明―「恋愛のかなり泣ける話」―をカナ流に言い換えるとそうなるようです。まあ、確かに矛盾はしていません(笑)。

みなみけ 第135話 「マジな」 ところがここで意外な事実が発覚します。ヒトミちゃんがカナに見せびらかしていたチケットが2枚重なっていたのです。湿気とか静電気で紙同士がくっつくことがよくありますが、どうやらそれが起きたもよう。

で、カナの指摘を目の当たりにした、ヒトミちゃんの反応はというと・・・。「なんだあいつ変な奴だな。人を誘うときは相手に1枚渡して自分の分はとっておくだろ?」 これは決してボケなどではなく、心底そう思っての発言。さすが勘違い少女のヒトミちゃんですな(笑)。

一方のカナ。さすがにツッコミを入れることもできず、『これって誘われたわけじゃなくて・・・誰か誘って行けということなのでは?』 そう心の中でつぶやきます。その横に居たチアキもモノローグこそ無いものの、何やら察した眼差しに・・・。

みなみけ 第135話 「マジな」 「そういえばあいつ、ものすごく悲しい目してたけど・・・・・・」 ふと思い出したように、チケットをもらった時の状況を話すヒトミちゃん。

『その相手も気になる女の人からこのチケットをもらったのでは?』 ヒトミちゃんの一言で、このチケットを巡る悲しい歴史を推し量るカナ。チアキも哀れみの眼差しをヒトミちゃんに向けますが、そんな中、ある事実を思い出しました。曰く、「そのチケット、ハルカ姉さまもどこからかもらってこなかったか?」

そして、ため息顔になったチアキたちをよそに、ハルカ姉さまはヒトミちゃんににお茶を出して第135話は終了。けっきょく、ハルカ姉さまが、どこからチケットを入手したのかは不明でしたが、個人的な予想は下記のとおり。

 予想  キャラ 理由
×  保坂 ハルカと話したことのない保坂がチケットを渡せる筈がない。
×  マキ ヒトミちゃんを映画に誘っている時点でありえない。
 アツコ 肯定できる要素も無いが、否定できる要素も無い。
 速水 速水のことなので、何か企んでチケットを渡した可能性がある。
 タケル 元カノのレイコにチケットを渡そうとしたが、それを果たせずハルカへ。ただ、チアキが「どこかからもらってこなかったか?」と言ってることを考えると、タケルでない可能性もありそう。
 トウマ 灯台もと暗しということで、「みなみけ」にありそうな感じ。
 第三者  ハルカがナツキにチケットを渡す際、笑顔であったことを考慮すると、第三者(商店街の福引きの景品とか、近所の人)にもらったと見るのが一番妥当かも。

ヤンマガ表紙&次回掲載号


ヤングマガジン2009年No.43 表紙
ヤングマガジン2009年No.43(表紙)

本屋やコンビニでヤンマガNo.43を探す際には、山本梓ちゃんの表紙が目印!
次回の「みなみけ」はヤンマガ10月5日発売号(No.45)に掲載されます。

【関連記事】 マンガの感想記事は直近の5話分だけリンクを張ってあります。
■ [マンガ感想] そんな未来はウソである 第1話
■ [マンガ感想] みなみけ 第134話 「自己PR」
■ [マンガ感想] みなみけ 第133話 「言っちゃった」
■ [マンガ感想] みなみけ 第132話 「それ いきましょう」
■ [マンガ感想] みなみけ 第131話 「絶対計画」
■ [マンガ感想] みなみけ 第130話 「忘れてた」
■ [コミックスレビュー] みなみけ 第6巻 (通常版)
■ [アニメ感想] みなみけ べつばら (コミックス第6巻・DVD付き初回限定版)
■ [書籍レビュー] TV ANIMATION みなみけ おかえり おふぃしゃるふぁんぶっく
■ [DVDレビュー] みなみけ!5の2!歌祭りだょ!放課後大爆発!!
■ [アニメ感想] みなみけ おかえり 第13話(最終回)

【関連サイト】
■ みなみけ おかえり (StarChild 公式)
■ みなみけ おかえり (テレビ東京 公式)
■ みなみけ (Wikipedia)



以下の商品リンクは広告となります。

みなみけ ねんどろいど 南千秋 (ノンスケールABS & PVC塗装済み可動フィギュア)
みなみけ ねんどろいど 南千秋 (ノンスケールABS & PVC塗装済み可動フィギュア)
Powered by
   
受注限定生産 DVD付き漫画文庫 「今日の5の2」宝箱(仮)
受注限定生産 DVD付き漫画文庫 「今日の5の2」宝箱(仮)
Powered by
   

FRIENDSHIP

Friends

FRIENDSHIP

Amazon.co.jpで見る

スポンサーサイト

| みなみけ | この記事のURL | comments:3 | trackbacks:0 | ページトップへ↑

COMMENT

アニメ版の舌足らずなヒトミちゃんが良いですw

>恋愛のかなり泣ける話≒恋愛のかなり笑えない話
そうか、泣けると言う事は笑えないと言う事なのか…。

>チケットの出元
自分も第三者からもらったに一票。
アニメで駄菓子屋のおばちゃんにプールのチケットもらったりしてますからね。

| ちぱ | 2009/09/22 | URL

悪気は無いとはいえ、ハルカ姉さまも罪作りなお方ですねw

>一方、タイトルを知ったカナの反応は「あーこれ恋愛のかなり笑えない話だ!」。マキの説明―「恋愛のかなり泣ける話」―をカナ流に言い換えるとそうなるようです。まあ、確かに矛盾はしていません(笑)。

この、反応の違いが、さり気ない作品の特色というか、実は重要なポイントですよね。

チケットの入手先ですが、本命の第三者1点買いですかね、私はw
速水先輩だとしたら、ハルカではなく保坂に渡すでしょうし、チアキも入手経路が不明ということは、トウマやタケルでもなさそうですし。
個人的には、レイコさん絡みの、トホホなサイドストーリータケル編は捨てがたいんですがw
ところでアツコは、出番増やすぞ的な意味で、意外とあったりするかもしれない気がしてきました…が、話の起点になったことはないキャラなんですよね。

| 長男 | 2009/09/22 | URL

◆ちぱさんへ
> アニメ版の舌足らずなヒトミちゃんが良いですw

アニメのヒトミちゃんのキャスティングは、なかなかのヒットですよね。

> >恋愛のかなり泣ける話≒恋愛のかなり笑えない話
> そうか、泣けると言う事は笑えないと言う事なのか…。

竹中直人のギャグ「笑いながら怒る人」じゃありませんが、「笑いながら泣く人」とかいたら面白そうw

> >チケットの出元
> 自分も第三者からもらったに一票。
> アニメで駄菓子屋のおばちゃんにプールのチケットもらったりしてますからね。

「おかわり」の第8話ですね > 駄菓子屋のおばちゃん

◆長男さんへ
> 悪気は無いとはいえ、ハルカ姉さまも罪作りなお方ですねw

ハルカ姉さまの無意識の行動が波紋を呼ぶって、「みなみけ」ではけっこうありますよね。

> >一方、タイトルを知ったカナの反応は「あーこれ恋愛のかなり笑えない話だ!」。マキの説明―「恋愛のかなり泣ける話」―をカナ流に言い換えるとそうなるようです。まあ、確かに矛盾はしていません(笑)。
>
> この、反応の違いが、さり気ない作品の特色というか、実は重要なポイントですよね。

おっしゃるとおりだと思います。
この一見おバカそうな言い換えこそが、カナのカナたる所以かとw

> チケットの入手先ですが、本命の第三者1点買いですかね、私はw

さすが手堅いw

> 速水先輩だとしたら、ハルカではなく保坂に渡すでしょうし、チアキも入手経路が不明ということは、トウマやタケルでもなさそうですし。
> 個人的には、レイコさん絡みの、トホホなサイドストーリータケル編は捨てがたいんですがw

なるほど。速水ならハルカに直接渡すよりも保坂に渡して、けしかけそうですね。
っていうか、そのネタだけで話が1本作れそうです。

> ところでアツコは、出番増やすぞ的な意味で、意外とあったりするかもしれない気がしてきました…が、話の起点になったことはないキャラなんですよね。

あ!言われてみれば確かに > アツコ
ところで、アツコとマキのバイトの話はどうなったんでしょうねw

| 三四郎. | 2009/09/22 | URL













非公開コメント

コメントは承認制(管理人が内容確認後に公開)になっています。投稿していただいたコメントが公開されるまで多少時間がかかりますが、あらかじめご了承ください。

「非公開コメント」にチェックを入れた場合、コメント一覧には表示されません。また、非公開コメントにはコメント返しをしていません。返信が必要な私信につきましてはメールでお願いいたします。

TRACKBACK URL

このブログへのトラックバックは原則フリーですが、記事と関連性の無いトラックバックは削除させていただきます。

http://346zakki.blog59.fc2.com/tb.php/252-1631fac5

TRACKBACK

前の記事 | ページ選択 | ホーム | 次の記事